鈴木欠場のヒムナスティックがホーム最終戦で首位ラージョを撃破! 井手口所属のレオネサが敗戦で3部降格が決定…《セグンダ・ディビシオン》

2018.06.03 05:42 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2日にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)最終節の10試合が行われた。

▽日本人DF鈴木大輔の所属する15位のヒムナスティック(勝ち点49)は、首位に立つラージョ・バジェカーノ(勝ち点76)とホームで対戦し、2-0で勝利した。この結果、ヒムナスティックはセグンダ残留を決めた。

▽なお、鈴木は2試合連続のベンチ外となっている。試合が動いたのは12分、右サイドを持ち上がったカカバーゼがバイタエルエリア手前でクロスを供給。これに反応したアルバロ・バスケスがニアサイドからヘディングでゴールに流し込んだ。

▽先制点で勢いづくヒムナスティックは、31分にもカカバーゼの右クロスをバレイロがバイシクルシュートで流し込み、追加点を奪った。

▽結局、後半もスコアは動かず。ヒムナスティックが2-0でホーム最終戦を勝利で飾り、セグンダ残留を決めた。なお、同時刻開催のオビエドvsウエスカは2位のウエスカが1-2と敗戦したため、ラージョがセグンダ・ディビシオン初優勝を飾った。

▽また、日本代表MF井手口陽介の所属する17位のクルトゥラル・レオネサ(勝ち点48)は、敵地でプレーオフを目指す8位ヌマンシア(勝ち点62)と対戦し、1-2で敗戦した。井手口はロシアW杯に出場する日本代表に帯同しているため、欠場している。

▽試合は、7分にヌマンシアがギシェルモのゴールで先制すると、80分にもメディーナのゴールで追加点。レオネサは直後の83分にロドリのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。

▽なお、降格圏を争う14位のアルコルコン(勝ち点49)は、13位レウス・デポルティウに3-0で完勝。一方、19位のアルメリア(勝ち点47)は、12位ルーゴ(勝ち点54)と1-1のドローに終わった。

▽この結果、レオネサとアルメリアが勝ち点48で並んだが、当該成績でアルメリアが1勝1分けのため、レオネサのセグンダB(スペイン3部)降格が決定した。

◆スペイン2部最終節 結果
▽6/2(土)
バジャドリー 2 -0 オサスナ
グラナダ 2 -1 カディス
バルセロナB 0- 2 サラゴサ
コルドバ 3 -0 スポルティング・ヒホン
ルーゴ 1-1 アルメリア
ヌマンシア 2 -1 レオネサ
テネリフェ 1-1 アルバセテ
オビエド 2 -1 ウエスカ
ヒムナスティック 2 -0 ラージョ
アルコルコン 3 -0 レウス・デポルティウ

▽6/1(金)
ロルカ 2 -1 セビージャ・アトレティコ

関連ニュース
thumb

「日本人いるのやばすぎ」現在首位・アーセナルの今季の集合写真が公開! 冨安健洋はどこに?「トミキュート」「誇り」「マジで凄い」

この面々に日本人がいることはやはり驚きを与えている。 4日、アーセナルが2022-23シーズンのチーム集合写真を発表した。 どのクラブでもシーズン毎に撮影するチームフォト。監督を中心に、選手たちが整列して座って撮るものだ。 アーセナルは、今シーズン用のチームフォトを公開。今夏の移籍市場の立ち振る舞いが大きく現れた写真となった。 総勢24名の選手とミケル・アルテタ監督の25名が写っているが、パッと見た印象は他のクラブや過去のアーセナルの写真よりもコンパクトにまとまっている印象だ。 今夏はGKマット・ターナー、DFオレクサンドル・ジンチェンコ、MFファビオ・ヴィエイラ、FWガブリエウ・ジェズス、FWマルキーニョスの5名の獲得の他、マルセイユからDFウィリアム・サリバ、フェイエノールトからMFリース・ネルソンがレンタルバック。昨シーズンから7名が加わった。 一方で、退団選手は多数。GKベルント・レノやFWアレクサンドル・ラカゼットの他、DFヌーノ・タヴァレス、FWニコラ・ペペはレンタル移籍。DFエクトル・ベジェリン、DFパブロ・マリ、MFルーカス・トレイ、MFエインズリー・メイトランド=ナイルズらがレンタル移籍している。 そんな中、注目は日本代表DF冨安健洋。今シーズンはベンチスタートがここまで多い中、それでもアルテタ監督からの信頼は厚く、クローザーとして終盤に投入されることが多い。 昨シーズンは2列目の向かって左から3番目、DFロブ・ホールディングとMFアルベール・サンビ・ロコンガの間に立っていた。 そんな中、今シーズンもなんと昨シーズンと同じ2列目の向かって左から3番目。ただ、隣はDFガブリエウ・マガリャンイスとFWガブリエウ・マルティネッリに変わっていた。 これにはファンも「この中に日本人居るのマジで凄い」、「トミキュート」、「やっぱかっこいい」、「日本人いるのやばすぎ」、「誇りだなと感じる」、「冨安髪セットして」と各国の代表選手の中に冨安がいることは、2年目でも凄いと感じるようだ。 その他「整理されたな」、「すごくコンパクト」、「残った精鋭たちって感じ」、「少数精鋭部隊」と人数の少なさにもコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】冨安はどこ? スッキリした今年のアーセナルの集合写真、別角度も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We are The Arsenal. <a href="https://t.co/Moq46bUBTm">pic.twitter.com/Moq46bUBTm</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1577244985036267521?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjSebriq0Ha/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】昨シーズンの集合写真、冨安はどこにいた?</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUE_cEzqY72/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「カオルは止められない」三笘の“ドリブル無双”に現地のファンも熱狂!「最もエキサイティングなプレイヤーの 1 人」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの公式ツイッターがリバプール戦での日本代表MF三笘薫のプレーをピックアップ。「カオルは止められない」と話題を呼んでいる。 1日、プレミアリーグ第9節でリバプールとアウェイで対戦したブライトン。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなり、ロベルト・デ・ゼルビ新監督の初陣となった。 ベンチスタートだった三笘は、3-2と逆転された直後の65分に左サイドに投入されると、70分過ぎに得意のドリブルからイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとエジプト代表FWモハメド・サラーの2枚を鮮やかに抜き去っていきなり決定機を演出した。 ブライトンが「カオルは止められない」とこのシーンをピックアップすると、「三苫薫はどんなディフェンスラインにも侵入できる」、「彼はワールドクラスのスーパーサブになれる」、「アントニー・クノッカール以来最もエキサイティングなプレイヤーの 1 人」と現地のファンからも驚きの言葉が寄せられている。 その後もチャンスを演出した三笘。83分にはアシストはつかなかったものの三笘のクロスから値千金の同点ゴールが生まれており、ファンとデ・ゼルビ監督の信頼を掴む出来だった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のドリブル無双</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You can&#39;t stop Kaoru. <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> <a href="https://t.co/0Y3to5kuuo">pic.twitter.com/0Y3to5kuuo</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1577251684971171841?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「マコトは素晴らしいプレー」トッテナムを枠内シュート0に抑えた長谷部誠を指揮官が絶賛「選手のみんなを称えたい」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、トッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムをホームに迎えた。 日本代表MF鎌田大地、そしてMF長谷部誠も先発出場した試合。トッテナムがボールを握る中、フランクフルトも反撃に出る展開となる。 後半はフランクフルトも攻撃的に出ると、トッテナムはカウンターで応戦。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠木、ゴールを奪えないまま試合は終了した。 ホームで引き分けに終わったものの、トッテナムの枠内シュートは0。長谷部を中心に高いパフォーマンスを見せた中、グラスナー監督は試合後に選手たちを称えた。 「選手のみんなを称えたい。とても良いパフォーマンスだった。誰もがトッテナムのクオリティを見ただろう。どちらのチームにもチャンスがあり、引き分けは問題ない」 「我々は長い間立ち向かい、勇気を持ち、何度もプレッシャーから解放された。そこに上手く対応できた」 「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした。トッテナムの守備の強さは我々に多くの要求を課していた。これらのゲームに慣れるには、こういったゲームをしなければいけない」 「後半は前半よりも上手くやれる部分があった。このグループは、全てのコーチが言うことを確認する。とてもバランスが取れており、全てが可能となる」 「最終的には直接対決が重要になる場合がある。トッテナムに勝つためには、ロンドンで勝ち点3を獲得したい」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部、鎌田も活躍のトッテナム戦は互いに譲らずドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

漫画級!?久保建英が4人を相手する“決定的瞬間”が話題「囲まれるTAKE!」

レアル・ソシエダの日本語版公式ツイッターがジローナ戦での1枚の写真を投稿。日本代表MF久保建英が相手選手4人に囲まれているように見えると話題を呼んでいる。 ソシエダは2日、ラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦。3-5と撃ち合いとなった試合を制し、今季初のリーグ連勝を飾った。 2トップの一角で先発した久保は、8分にFWアレクサンダー・セルロートの先制点をアシストすると、4-3と1点リードで迎えた85分には今季2ゴール目となるダメ押しの5点目を奪い、3-5の勝利に大きく貢献した。 久保のゴールシーンやアシストのシーンも大きな注目を集めた中、ソシエダは1枚の写真を投稿。相手ボックス手前で仕掛けている久保をジローナの選手4人が囲んでいる瞬間を捉えた。 この漫画のようなシーンにはファンも反応。「4人に囲まれるTAKE!」、「マラドーナか!」、「3人のDFを引き連れてドリブルしながらシュートへもっていったシーンがありましたね!その時の写真ですか!?」とコメントを寄せている。 ソシエダで公式戦3試合連続アシストと好調を維持している久保。4人を相手にしても何とかしてくれるのではないかと少しでも期待させてしまうのはさすがと言ったところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】漫画級!?久保建英が相手4人に囲まれた瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/zTyCDVgnD0">pic.twitter.com/zTyCDVgnD0</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1577418786449375232?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 11:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「何度かボールを取り戻した」ミスで惨敗のスポルティング、それでも守田英正はチーム最高タイの評価

スポルティングCPの日本代表MF守田英正は敗戦の中でも一定の評価を得た。 4日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でスポルティングはアウェイでマルセイユと対戦した。 守田英正はこの試合も中盤で先発フル出場。3連勝を目指すチームも開始1分にフランシスコ・トリンコンのゴールで幸先良くスタートする。 しかし、14分にはGKアントニオ・アダンが蹴り出したボールをアレクシス・サンチェスにブロックされ、そのままゴールイン。16分にはアダンのミスパスをマテオ・ゲンドゥージがカット。最後はアミーヌ・アリがクロスを頭で合わせて一気に逆転され流。 その後もマルセイユに加点を許したスポルティングは、4-1で敗戦。今大会初黒星となった。 ミスで流れを失い、そのまま敗れ去ったスポルティング。ポルトガル『レコルド』も軒並み評価が低く、最高点は先制点のトリンコンの2点(満点5点)となった。 守田はそのトリンコンと同じチーム最高点タイの2点(満点5点)に。「ポゼッションの戦いでは難なくこなしていた。そして、タックルで何度かボールを取り戻した」と、中盤での奮闘が評価されていた。 スポルティングにとっても守田にとっても難しくなった試合。1週間後にホームでリベンジしたいところだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】守田英正はまずまずの評価も、スポルティングCPはマルセイユに惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6LYFLEq_8X4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 10:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly