QPR退団の元イングランド代表DFスティーブン・コーカーがダンディFCへ移籍2018.02.09 00:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽スコットランド・プレミアリーグのダンディFCは8日、元イングランド代表DFスティーブン・コーカー(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年半となり、背番号は4を着用する。

▽トッテナムの下部組織出身のコーカーは、2009年にトップチームデビュー。しかし、その後は国内クラブへのレンタル移籍を繰り返し、2013年にカーディフへ完全移籍。翌年に移籍したQPRでは、初年度こそ公式戦36試合に出場するも、2015年7月にサウンサンプトン、2016年1月にリバプールへレンタルされていた。

▽QPRに復帰した昨シーズンは、序盤こそレギュラーとしてプレーしたものの、徐々にパフォーマンスが低下。リーグ戦13試合に出場に留まると、今シーズンもここまで公式戦わずか3試合の出場に留まり、昨年12月にQPRとの契約を解消していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元イングランド代表監督マクラーレンがQPR解任… 2部で17位に沈む

チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRは1日、元イングランド代表指揮官のスティーブ・マクラーレン監督(57)を解任したことを発表した。 昨年5月にQPRの監督に就任したマクラーレン監督は、今季のリーグ戦で39試合を消化した時点で12勝8分け19敗の成績を収めるに留まり、QPRは24チーム中17位に沈んでいた。 ミドルズブラでの手腕を買われ、2006年にイングランド代表監督に就任した経歴を持つマクラーレン監督。だが、ユーロ2008出場を逃したことで解任された同氏はその後、トゥベンテで結果を残すも、ヴォルフスブルクやニューカッスルなどではいずれも短命に終わり、結果を残せずにいた。 2019.04.02 03:27 Tue
twitterfacebook
thumb

QPR、ブライトンからイスラエル代表FWヘメドをレンタル移籍で獲得

▽チャンピオンシップのQPRは23日、ブライトン&ホーブ・アルビオンからイスラエル代表FWトメル・ヘメド(31)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽イスラエルの強豪マッカビ・ハイファの下部組織出身のヘメドは、マジョルカやアルメリアを経て、2015年6月にブライトンへ加入。加入後はレギュラーとして活躍すると、これまで在籍3シーズンで公式戦108試合に出場し33ゴール11アシストをマーク。昨シーズンはプレミアリーグ16試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、各年代のイスラエル代表に選出されてきたヘメドは、2011年6月にフル代表デビュー。これまで30キャップに出場し16ゴールを記録している。 2018.08.24 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

QPRが7クラブ渡り歩いた苦労人DFアレックス・バプティストを獲得! 「QPRは巨大なクラブ」

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に属するQPRは7日、イングランド人DFアレックス・バプティスト(31) を同カテゴリーに属するミドルズブラから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽バプティストはイングランド4部に属するマンフィールズ・タウンの下部組織出身。2003年の4月に同クラブでデビューを飾ると、イングランドの各カテゴリーを渡り歩き、7チームでプレーした。通算では、プレミアリーグで21試合2得点、チャンピオンシップで244試合出場16得点、イングランド3部リーグで11試合1得点、同4部リーグで154試合5得点を記録。昨シーズンは、チャンピオンシップに属するプレストン・ノース・エンドでプレーして公式戦24試合3得点の成績を残した。 ▽また、現QPRのイアン・ホロウェイ監督はブラックプールで指揮を務めていた2009-2010シーズンにバプティストを擁してプレミアリーグ昇格を実現。バプティストは、その頃のことにも触れつつ、加入の喜びをクラブ公式サイトを通じてコメントした。 「ホロウェイ監督と再び一緒に仕事ができることに興奮してるよ。ブラックプール時代に彼と一緒だった時はキャリアの中でもベストだった。僕たちは信じられないチームスピリットを持っていて、それは彼の働きが大きかったんだ」 「QPRは巨大なクラブだ。本当にチームの一部になりたいよ。(QPRの本拠地の)ロフタスロードでプレーしたことはあるよ。とても引き締まっていて、観客はトップレベルだ。勝ち続けて、観客を呼び込み続けて、あの場所を巨大な要塞にしたい」 2017.08.07 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

スターリング、生まれ故郷近くで起きたロンドン火災に心を痛める…高額の寄付を決断

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリングが、14日未明にロンドン西部で起きた火災事故を受けて、高額の寄付を行うことを決断した。イギリス『BBC』が同選手のコメントを伝えている。 ▽ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建て127戸の「グレンフェル・タワー」から出火し、大火災となった。今回の火災では少なくとも17名の死亡が確認され、多数の行方不明者の存在も明らかとなっている。 ▽この痛ましい事故を受けて、ロンドン北西部で生まれ育ち、「グレンフェル・タワー」から1マイル(約1.6キロメートル)ほどの位置にあるロフタス・ロード・スタジアムを本拠地とするQPRでキャリアをスタートしたスターリングが『BBC』のインタビューに答えた。 「今回の火災は深く嘆かわしいものだ。僕自身、自分の中で受け入れ難いものだ」 「僕は自分ができる限りで最高の手助けをしたいと思っている」 「それは小さなステップかもしれない。だけど、僕以外に多くの人が同じ小さなステップを踏んでくれれば、それはきっと大きな変化に繋がるはずだ」 「とにかく、事故の犠牲者やその家族。家を失ってしまった人たちに哀悼の意を捧げたい」 2017.06.16 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表MFサンドロ、エトー在籍のアンタルヤシュポルに完全移籍

▽トルコのアンタルヤシュポルは10日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRから元ブラジル代表MFサンドロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。 ▽母国のインテルナシオナルから2010年にトッテナムに加入したサンドロは、以降4シーズンに渡って同クラブの準レギュラーとして活躍。その後、トッテナム時代の恩師であるハリー・レドナップ監督の誘いを受けて、2014年夏にQPRに移籍していた。 ▽ブラジル代表として18キャップを誇るサンドロは、今シーズンのQPRで公式戦8試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽なお、サンドロが加入するアンタルヤシュポルには、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが在籍している。 2017.01.11 00:56 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース