シカゴ・ファイヤー、アラベスのセルビア代表FWカタイを獲得!2018.02.07 04:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するシカゴ・ファイヤーは6日、アラベスからセルビア代表FWアレクサンダル・カタイ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国の名門ヴォイヴォディナでプロキャリアをスタートしたカタイは、左右のウイングやトップ下を主戦場とする万能型のアタッカー。2011年にはオリンピアコスへ加入するも出場機会を得られず。複数のクラブへのレンタル移籍を繰り返した後、2015年に母国レッドスター・ベオグラードに完全移籍した。

▽レッドスターでは加入2年目にリーグ戦21ゴールを挙げる活躍をみせ、セルビア代表にも招集されると、2016年夏にはアラベスに3年契約で加入していた。しかし、アラベスでは加入1年目こそリーグ戦20試合に出場し3ゴールを挙げたものの、今シーズンはリーグ戦3試合の出場にとどまっていた。

▽そのため、ロシア・ワールドカップ本大会に向けて当落線上のカタイは、スペイン国内やヨーロッパ、アジアの複数クラブからのオファーを断り、出場機会を求めてMLS参戦を決断した。

▽なお、カタイが加入するシカゴ・ファイヤーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが在籍している。
コメント
関連ニュース
thumb

乾が右足首を捻挫…23日の次節バルセロナ戦は欠場へ…

19日のバジャドリー戦で負傷交代したアラベスの日本代表MF乾貴士が右足首の捻挫と診断された。同クラブが20日、最新のメディカルレポートを発表した。 リーグ戦ここ4試合白星から遠ざかっているアラベスは、19日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバジャドリー戦を2-2のドローで終えた。同試合で4試合連続先発出場となった乾だったが、後半序盤の59分に右足を痛めて負傷交代を強いられていた。 そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、乾はチリ代表DFギジェルモ・マリパンと同様に右足首にグレード1の捻挫を負ったことが明かされた。 アラベスは両選手の復帰時期に関して経過観察次第だと伝えているが、通常の場合、1、2週間の離脱が見込まれている。 そのため、23日に行われる次節のバルセロナ戦、27日のアスレティック・ビルバオとの自治州ダービーの欠場が濃厚と見られている。 2019.04.21 16:23 Sun
twitterfacebook
thumb

CL目指すアラベス、2点リードを追いつかれドロー…乾は負傷交代《リーガエスパニョーラ》

乾貴士が所属するアラベスは19日、リーガエスパニョーラ第33節でバジャドリーと対戦し、2-2で引き分けた。乾は59分までプレーした。 チャンピオンズリーグ出場圏内も狙える8位のアラベス(勝ち点45)と、降格圏の18位に沈むバジャドリー(勝ち点31)が激突。 リーグ戦ここ4試合白星から遠ざかっているアラベスは、前節のエスパニョール戦からスタメンを5人変更。乾は4試合連続先発出場となった。 試合は予想外の入りを見せた。4分、バジャドリーの選手が最終ラインからGKに一旦下げた場面。GKジョエル・ロドリゲスは余裕を持ち過ぎたのか、ボールを蹴る頃にはグイデッティに詰め寄られ、スライディングした足に当たってそのままゴールイン。アラベスも予想だにしなかった形で先制点を奪った。 アラベスはさらに加点する。24分、敵陣右サイドでFKを得ると、キッカーのジョニーが左足で上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 再び意外な形で得点したアラベスだったが38分、自陣左サイドでFKを与えると、オスカル・プラノのクロスをホアキン・フェルナンデスに合わせられ失点。42分にはグアルディオラにボックス左を攻め込まれるが、シュートはGKパチェコが何とか防いだ。さらに44分には、味方の負傷で前半から途中出場しているミチェルにヘディングシュートを許すが、ここもGKパチェコがビッグセーブを見せた。 なんとかリードを保ったまま後半を迎えたアラベス。互角の戦いを続ける中、59分に乾が足を痛めて負傷交代。代わりにロランが投入された。 その後は互いにあまりチャンスは作れず。65分にアラベスはカジェリがボックス左の至近距離からシュートを打ったが、難しい角度だったため枠に飛ばすことが出来なかった。 徐々に運動量が落ちてきたアラベス。残留を目指すバジャドリーは底を見逃さなかった。76分、バジャドリーは左サイドから上がったクロスを頭で繋げると、ボックス左でグアルディオラがアラベスDFエリーと上手く入れ替わってゴールへ。ここを後ろから追ったエリーが倒してしまい、PKを献上。ウナルに決められ、アラベスは2点差から追いつかれてしまった。 終盤には互いにゴールに近づいたが、スコアは動くことなく試合終了。アラベスはこれでリーグ戦5試合未勝利となった。 2019.04.20 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

乾vsウー・レイの日中対決実現! アラベス、エスパニョールに敗れEL権争いからさらに後退《リーガエスパニューラ》

日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは13日、敵地でリーガエスパニューラ第32節のエスパニョール戦に臨み、1-2で落とした。 勝ち点1差でEL出場圏の6位バレンシアを追うアラベスは乾が3試合連続のスタメン入り。中国代表FWウー・レイを先発起用してきた13位のエスパニョールから4試合ぶりの白星を目指した。 エスパニョールが立ち上がりからボールの主導権を握った試合は、アラベスが守勢の展開に。16分に右CKからボルハ・イグレシアスにゴールネットを揺らされたが、オフサイドの判定に助けられ、事なきを得る。 だが、アラベスは耐え凌げない。19分、メレンドのスルーパスに反応したペドロサが左サイドの最終ライン背後を抜け出して、相手のマークも突破。ボックス左から右足シュートを決め、エスパニョールが先制する。 リードを許したアラベスは26分、右サイドからボックス右にドリブルを仕掛けた乾が積極的にゴールを狙っていき、反撃の急先鋒に。28分にロサレスの負傷交代に見舞われた相手を徐々に攻め立て始める。 ところが、無得点で後半に入ったアラベスは早々に2失点目。ボックス右のボルハ・イグレシアスがゴール正面のウー・レイにクロスを試みると、これがラグアルディアのオウンゴールを誘い、エスパニョールが突き放す。 出鼻を挫かれたアラベスだったが、56分に左サイドのジョニーが左足クロスに最終ラインの背後を抜け出す動きを見せたカレリが反応。VAR判定に引っかかったが、得点が無事に認められ、1点差に詰め寄る。 その後、エスパニョールが64分にウー・レイをベンチに下げると、アラベスも79分に2枚替えに動き、その1枠で乾もお役御免。結局、アラベスは最後までエスパニョールに追いつけず、4試合白星なしの結果に終わった。 2019.04.13 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

躍進アラベスがDFドゥアルテと2023年まで契約延長

アラベスは10日、元U-21スペイン代表DFルベン・ドゥアルテ(23)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなっている。 ドゥアルテは、エスパニョールの下部組織出身で、2015年7月にトップチームへと昇格。2017年7月にアラベスへ完全移籍で加入した。 エスパニョール時代は公式戦45試合に出場。アラベスでは、加入1年目の昨シーズンはリーガエスパニョーラで24試合に出場していた。 今シーズンは上位争いをするチームにおいて、リーガエスパニョーラで28試合に出場し、チームの躍進に一役買っている。残り7試合で欧州カップ戦の出場権獲得を目指すチームの力になれるのか注目だ。 2019.04.11 09:47 Thu
twitterfacebook
thumb

乾先発のアラベス、カジェリ弾で先制も最終盤被弾で勝利逸…EL圏内迫れず《リーガエスパニョーラ》

日本代表MF乾貴士の所属するアラベスは7日、リーガエスパニョーラ第31節でレガネスをホームに迎え、1-1で引き分けた。乾は先発して78分までプレーした。 ヨーロッパリーグ(EL)やチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争う連敗中の暫定7位アラベス(勝ち点44)が、連勝中の暫定12位レガネス(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。乾は、2試合連続でのスタメン出場を果たした。 14分、好調のレガネスが試合最初のチャンスを手にする。しかし、絶妙なタイミングで飛び出したサビンとのボックス内での一対一の場面でGKパチェコがファインセーブ。こぼれ球を拾ったエラソが素早くシュートを放ったが、ここでもGKパチェコがゴールを死守した。 すると18分、守護神の奮起に攻撃陣が応える。カジェリがボックス内でボールを持つと、DFブスティンサに倒されてPKを獲得。これを自ら沈め、アラベスが貴重な先制点を手にする。 リードを得たアラベスはここからペースダウン。両クラブ共にシュートまで持ち込む場面が減少し、1-0のスコアで試合を折り返すこととなった。 後半に入っても、大勢はあまり変わらず。カウンターを狙うアラベスに対して、レガネスが比較的ボールを持つ時間を増加させていくがなかなかシュートまでは至らない。 後半半ばからは、大胆にポジションを移動するジョニーが乾と連携しつつ幾度か右サイドを攻め上がるが、決定的な場面を作り出すことはできない。それでも徐々にアラベスの攻勢が目立ち始め、レガネスは69分にDFブスティンサに代えてFWアルナイスを送り出す。 対するアラベスは、75分にFWボルハに代えてMFワカソを送り出して中盤により厚みを持たせる。また、豊富な運動量でサイドのスペースをカバーしていた乾も79分にトゥマシとの交代でピッチを退き、アラベスは試合の締めに入る。 しかし、試合終了間際の93分、左サイド深い位置でボールを持ったホナタン・シルバが左足でクロスを上げると、無回転気味のボールがサイドネットに突き刺さる。土壇場でレガネスが同点弾を沈めた。 試合は直後に終了。この結果、アラベスは連敗こそ「2」で止めたものの、掴みかけた勝利を逃すことに。EL出場権獲得に向けて暗雲が漂っている。 2019.04.07 20:59 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース