レヴィー・クルピご満悦? 月給2700万円でG大阪を指揮か

2018.01.23 18:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽今シーズンより、ガンバ大阪の指揮を執るレヴィー・クルピ監督(64)。どうやら高額の月給を手にするようだ。ブラジル『FUTEBOL INTERIOR』が「レヴィーが笑顔になる良い理由」として報じている。

▽昨シーズン限りで5年間にわたる長谷川健太政権にピリオドを打ったG大阪。今年から後任として、過去にセレッソ大阪監督歴を持つレヴィークルピ監督を招き、主軸の世代交代と攻撃的サッカーの再構築、そして2年間に及ぶ無冠からの脱却を狙う。

▽その中、同メディアは常勝を義務付けられるG大阪指揮官としての手綱捌きに注目が集まるレヴィー・クルピ監督の予想給与を報道。G大阪はブラジル人名伯楽に対して、月給25万ドル(約2700万円)を支払うという。これが事実ならば、年俸に換算して3億円弱になる。

▽なお、J1復帰初年度の2014年にG大阪を国内三冠に導いた長谷川監督が受け取っていたとされる昨年の年俸は、1億円とみられている。


関連ニュース
thumb

湘南が0-0ドローも4年連続残留! G大阪は3連敗阻止もホーム最終戦飾れず【明治安田J1最終節】

明治安田生命J1リーグ最終節の1試合が4日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vs湘南ベルマーレは0-0のドローに終わった。 今季5勝にとどまるホームでの最終節を勝利で締めくくり、来季にしっかりと繋げたい13位のG大阪は相手のシステムに合わせ、「3-5-2」の布陣を採用。ベンチには先日に今季限りでの退団が決定した小野が入った。 清水エスパルス、徳島ヴォルティスと残留争を演じる16位の湘南はG大阪からレンタル加入中の谷が契約上の問題で欠場となり、富居が先発。ウェリントンがサブスタートになり、大橋がタリクとの2トップを形成した。 引き分け以下でもライバルの動向次第で残留が決定する湘南だが、自力条件の勝利を目指して、序盤から攻撃に注力。2連敗ストップを狙うG大阪のプレッシャーがかかり切らないなか、ボールの主導権争いでも優位に立って、効率よくフィニッシュに持ち込んでいく。 凌ぐ展開が続くG大阪は途中から[4-4-2]のシステムに戻したりして、反撃の糸口を探るが、飲水タイム明け後もリズムよくボールを持ち運ぶ湘南のペース。だが、湘南も34分、40分の決定機を立て続けにGK東口のビッグセーブに阻まれ、なかなか先制に至らない。 守備に追われ、三浦が枠内にヘディングシュートを飛ばした場面以外でほぼ見せ場を作れず、試合を折り返したG大阪。ハーフタイム明けに福田を投入した後半も攻めに連動性を欠くが、50分にエースの宇佐美がクロスバーを叩く強烈なミドルで迫るなど、やや巻き返す。 それでも、前半と同じく押し気味に試合を進める湘南は選手交代も施しながら、再三にわたって両ウィングバックを起点にした仕掛けを繰り出すが、最後の精度が上がらず。何とかこじ開けようと、88分に残るカードも使い切るが、G大阪の守備陣も集中を切らさない。 結局、勝ち点1を掴むにとどまった湘南だが、他会場で17位の徳島が敗れたため、16位フィニッシュが確定。4年連続のJ1残留を決めた。 ガンバ大阪 0-0 湘南ベルマーレ 2021.12.04 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

新エンブレムが初めてつくG大阪の2022新ユニフォームが発表、“シンプル”なデザインに

ガンバ大阪は4日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 クラブ創立30周年を迎え、エンブレムを一新したG大阪。その新エンブレムが入る最初のユニフォームは、ダイヤモンドパートナーであるデサントジャパン株式会社が展開する『umbro(アンブロ)』によって製作。20シーズン目となる。 1stユニフォームはG大阪の象徴である“青黒”のストライプ。胸に新エンブレムが施されている。 2ndユニフォームは白をベースに細い黒のストライプが2本入ったシンプルなもの。GK1stユニフォームは赤ベースに濃い赤の太めのストライプが入っている。 創立30周年を機に新しく掲げたテーマ“BE THE HEAT, BE THE HEART”をベースに、新たなエンブレムと連動し、シンプルながら燃え上がる情熱を表しているユニフォームは、新エンブレムがより際立つようシンプルなデザインにしたとのこと。また、エンブレムの要素の1つである“青い炎”を1stユニのストライプや2ndユニの襟元のラインでも表現している。 <span class="paragraph-title">【写真】新エンブレムが初めて入るガンバ大阪の新ユニフォーム</span> <span data-other-div="photo"></span> 【1stユニフォーム】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【2ndユニフォーム】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【GK1stユニフォーム】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211204_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.04 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:G大阪vs湘南】指揮官の古巣対決となる湘南、守護神なき決戦で自力残留なるか

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ ガンバ大阪(13位/43pt) vs 湘南ベルマーレ(16位/36pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆負けられない一戦【ガンバ大阪】 名古屋グランパス、川崎フロンターレと上位との連戦で連敗を喫したG大阪。昨シーズン2位で終えたチームだったが、順位が示す通り、今シーズンは上位に立ち向かえる力を持ち合わせていなかったことを感じさせられた。 しかし、そんな苦しいシーズンもこれで終わり。ホームで終えられるということは、サポーターに最後の白星を届けるチャンスがあるということだ。 クラブ30周年を迎え、新シーズンからは新たなエンブレムで戦うことに。このG大阪のエンブレムで戦うラストマッチ。最後に良い形で締めくくれるのか、クラブの意地の見せ所だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、菅沼駿哉、藤春廣輝 MF:倉田秋、井手口陽介、奥野耕平、福田湧矢 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:松波正信 ◆守護神不在も自力で掴み取れ【湘南ベルマーレ】 前節は悲しいオリベイラの訃報があった中、残留争いのライバルである徳島ヴォルティスを相手に0-1で敗戦。J2降格の可能性が再燃することとなってしまった。 チームにとっては難しい一戦となった中、踏ん張りを見せていた中で敗れてしまった。気持ちを切り替えるという簡単な言葉では乗り越えられない悲しいニュースがあった中、ここで残留を掴まなければいけない。 得失点差では完全に優位に立っている状況だけに、ここで勝ち点3を取れば間違いなく残留できる。しかし、引き分けに終われば、徳島が勝利した場合は降格決定。負ければ、徳島が引き分けても降格となるだけに、湘南としては勝利が必要だ。 山口智監督にとっては古巣対決。コーチも務めていただけに、選手個々の特徴はよく理解しているはずだ。しかし、皮肉なことにこの大事な最終節で正守護神としてチームを支えたGK谷晃生が契約上の理由で出場不可に。出番が限られていたGK富居大樹に託されることとなる。 意地を見せられるかどうか。湘南の大事な90分の結末は。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:石原広教、大岩一貴、山本脩斗 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、平岡大陽 FW:ウェリントン、タリク 監督:山口智 契約上出場不可:谷晃生 2021.12.04 11:09 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が3選手の今季退団発表…主力CBキム・ヨングォンも契約満了

ガンバ大阪は3日、韓国代表DFキム・ヨングォン(31)やFW小野裕二(28)、FWチアゴ・アウベス(28)の今季契約満了による退団を発表した。 現役の韓国代表センターバックであるキム・ヨングォンはFC東京、大宮アルディージャ、広州恒大を経て、2019年にG大阪入り。加入3年目の今季は故障もあり、明治安田生命J1リーグで加入後最少の16試合と出場数を減らすが、ビルドアップ型のセンターバックとして初年度から主力を担った。 小野は横浜F・マリノス、スタンダール・リエージュ シント=トロイデン、サガン鳥栖を渡り歩き、昨季に加入したが、昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。今年6月にようやく戦列復帰を果たしたが、その後も故障に見舞われ、ここまで公式戦12試合の出場で1得点2アシストにとどまっている。 母国ブラジルや韓国、サウジアラビアでもプレーした過去を持つチアゴ・アウベスは今季、サガン鳥栖からG大阪に加入。公式戦21試合に出場したが、メンバー外になる試合も少なくなく、ゴール数もここまでJ1リーグでの2得点のみだった。 なお、チームは依田光正コーチ(44)、宮原裕司コーチ(41)、松代直樹GKコーチ(47)の今季退任もあわせて発表している。 2021.12.03 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪FWレアンドロ・ペレイラが右ハムストリング肉離れの治療でブラジルへ帰国

ガンバ大阪は1日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラが一時帰国することを発表した。 クラブの発表によると、レアンドロ・ペレイラは11月17日の練習中に負傷。右ハムストリング肉離れが再発したとのことだ。 レアンドロ・ペレイラは、シーズン終了前ではあるものの、ケガの治療のためブラジルへと一時帰国したとのことだ。 松本山雅FCから今季完全移籍で加入したレアンドロ・ペレイラは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し5得点を記録。8月28日の第27節、セレッソ大阪戦を最後にリーグ戦ではプレーしていなかった。 2021.12.01 20:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly