松本、愛媛から主力2選手を補強! DF浦田延尚&MF藤田息吹が加入

2017.12.18 14:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本山雅FCは18日、愛媛FCからDF浦田延尚(28)、MF藤田息吹(26)の2選手を完全移籍で獲得したと発表した。

▽浦田は、横浜F・マリノス、サガン鳥栖を経て、2012年から愛媛でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグ37試合3ゴールをマークした。藤田は、清水エスパルスを経て、2015年に愛媛入り。今シーズンはJ2リーグ全42試合に出場した。それぞれクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

【浦田延尚】
◆松本山雅FC
「このたび松本山雅FCでプレーをすることになりました。このような素晴らしいクラブからオファーをいただけて、光栄ですし嬉しく思います。相手チームとして戦うアルウィンでの試合は11人以上を相手するような雰囲気でした。そのサポーターの皆さんの後押しを受けながらプレーが出来ると思うと、今からとても楽しみです。これまでのプロ生活で培ったもの、これから成長して身につけていくもの、全てをこのチームの勝利、J1昇格のために出し尽くします。これからよろしくお願いします!」

◆愛媛FC
「この度愛媛FCを離れ、松本山雅FCに移籍することに決めました。愛媛FCでの6年間は、自分をサッカー選手として本当に大きく成長させてもらいました。その自分自身をより大きくするために新しい場所でトライすることが必要だと思い、決断しました。ただ、愛媛FCという自分にとって家族のようなチームメイト、スタッフ、スポンサーの方々、そしてあたたかいサポーターの皆さんから離れるという決断は決して簡単なことではありませんでした」

「特にサポーターの皆さんとは、結果が全く出せない時も、上の順位に上がれそうで上がれない時も、プレーオフの舞台まで進出した時など良い時も悪い時も本当の意味で一心同体で戦ってきたと思っています。それが僕にとってもチームにとっても本当に力になりました。僕は愛媛FCを離れますが、捨てたわけではありません。これからも一緒に切磋琢磨し、お互いにより大きく成長していきたいと思っています。対戦もありますし、その時には今よりももっと成長した姿を見せられるように頑張ります。6年間本当に、本当にありがとうございました!」

【藤田息吹】
◆松本山雅FC
「来シーズンから松本山雅FCに加入することになりました、藤田息吹です。
チームメイトとサポーターに早く認めてもらえるように頑張ります。
よろしくお願いします」

◆愛媛FC
「愛媛FCに関わる全ての皆様、3年間本当にお世話になりました。移籍を決めた時真っ先に浮かんだのは感謝の気持ちでした。成績がいい時も悪い時もありましたが、とても良い時間を過ごすことが出来ました。来シーズン、ニンスタで試合するのを楽しみにしています。ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW藤原悠汰が山形に育成型期限付き移籍! 今季14試合3得点の大卒1年目

モンテディオ山形は27日、サガン鳥栖からFW藤原悠汰(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「39」をつける。 藤原はサンフレッチェ広島のアカデミー育ちで、広島皆実高校、明治大学を経て、鳥栖に今季入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合出場で3得点と記録中だったが、さらなる出番を求め、山形に活躍の場を移すことが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん初めまして。この度サガン鳥栖のから加入する事になりました藤原悠汰です。フジハラなので、覚えていただけると嬉しいです」 「モンテディオ山形の勝利の為に、応援してくれる方々の笑顔や活力の為に、自身の持てる力を全て発揮して闘います。宜しくお願い致します」 ◆サガン鳥栖 「この度、モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍をすることになりました。この決断をするにあたり、シーズン途中にも関わらず、受け入れて頂いた関係者の皆様に感謝しています」 「約半年間多くの事を学び、様々な事を考え日々取り組んで来ましたが応援していただく方々の期待に応えられず悔しい気持ちです。また成長した姿を見せれるよう日々懸命に取り組んできます」 「短い間でしたが、多くの方からの熱いメッセージは今でも忘れません。また、会える日まで頑張ります!」 2022.06.27 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪、韓国人DFシン・ウォノが水原三星へ完全移籍…2年半で出場2試合

ガンバ大阪は24日、韓国人DFシン・ウォノ(21)がKリーグ1の水原三星ブルーウィングスへ完全移籍することを発表した。 シン・ウォノは、輔仁高校から2020年にG大阪に入団。2020年はG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで6試合に出場。2021年は天皇杯で1試合に出場しトップチームデビュー。今シーズンはYBCルヴァンカップで1試合の出場に終わった。 世代別の韓国代表歴もあるシン・ウォノは、今回の移籍に際してコメントしている。 「このたび、韓国Kリーグ・水原三星ブルーウィングスに完全移籍することとなりました。在籍中の2年半、ガンバ大阪のファン・サポーターの皆様から沢山のご声援を頂けた事は、私にとって大きな力となっていました」 「私が試合で活躍する姿を多くお見せできずに残念ではありますが、もっと成長して再びガンバ大阪サポーターの皆様の前で活躍できる姿をお見せできるように頑張ってまいります。本当にありがとうございました」 2022.06.24 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCが早稲田大学MF小倉陽太の2024年加入内定を発表「自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブ」

横浜FCは24日、早稲田大学のMF小倉陽太(21)が2024シーズンからの加入が内定したことを発表した。 小倉は横浜FCの下部組織出身で、ユースに在籍していた2019年にはU-18日本代表に選出。2020年からは早稲田大学に進学し、今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで7試合に出場している。 クラブは小倉について「高いボールスキルと正確な長短のキックが特徴の選手。守備では対人の強さを発揮し、攻守において存在感のある選手です。また、横浜FCフットボールアカデミー出身の選手であり、横浜FCサッカースクールからユースまで在籍をいたしました。横浜ユースを卒業後、大卒でクラブに戻ってきてくれる初めての選手となります。人間性の部分にも優れ、横浜FCの次期リーダーになる人材と考えております」と特徴を紹介している。 小倉はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、2024シーズンから横浜FCへ加入することになりました、早稲田大学の小倉陽太です」 「自分にとって横浜FCは、小学校5年生からクラブの一員となり、ユース時代には主将を務め、クラブ史上初の高校年代最高峰のリーグであるプレミアリーグ参入をするなど、自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブです」 「横浜FCでプロキャリアをスタートできること、大変嬉しく思います。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれたのは、今まで出会ってきた指導者の方々、チームメイト、応援してくれた友人など自分を取り巻く全ての人のおかげです。そして何より、今まで何不自由なくサッカーをさせてくれた家族には、本当に感謝しています」 「アカデミー出身選手としては、大学経由からの出戻りは自分が初めてということで、大学でプレーしているアカデミー出身選手、これから大学に進学してプレーしていく、今のアカデミーの選手達のお手本となれるよう精一杯頑張ります」 2022.06.24 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が東洋大学のFW室井彗佑、MF高柳郁弥の来季加入内定を発表…早稲田大学DF鈴木俊也と共に特別指定選手に

大宮アルディージャは23日、東洋大学のFW室井彗佑(22)、MF高柳郁弥(21)の来季加入内定を発表した。 また、室井、高柳とともに、昨年加入内定が発表されていた早稲田大学のDF鈴木俊也(21)の3名が特別指定選手として承認されたことも発表している。なお背番号は、室井が「33」、高柳が「32」、鈴木が「38」をつける。 室井は東京都出身で、横河武蔵野FCの下部組織で育ち、前橋育英高校を経て東洋大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで11試合に出場して6ゴール2アシストを記録し、得点ランキングトップタイにつけている。 高柳は埼玉県出身で、大宮のジュニアユース、ユースで育ち、東洋大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では11試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 鈴木はFC東京の下部組織で育ち、早稲田実業高校から早稲田大学へ進学。昨シーズンは特別指定選手として明治安田生命J2リーグで1試合に出場していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW室井彗佑 「このたび、大宮アルディージャに加入することになりました東洋大の室井彗佑です。幼い頃から憧れていたプロサッカー選手のキャリアを、大宮アルディージャというすばらしいクラブでスタートできることを大変うれしく思います。また、2022シーズンより特別指定選手としてプレーさせていただくことになりました。これまで携わってくれた方々への感謝を忘れず、一日でも早く大宮のユニフォームを着てチームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆MF高柳郁弥 「このたび、大宮アルディージャに加入することになりました東洋大の高柳郁弥です。ジュニアユース、ユースとお世話になったクラブでプロサッカー選手としてスタートできることを大変嬉しく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず、一日でも早く大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さま、大宮アルディージャに関わるすべての方々と喜びを分かち合えるよう、謙虚に全力でプレーします。よろしくお願いします!」 ◆DF鈴木俊也 「今季も大宮アルディージャの一員として戦うチャンスをいただけることに感謝しています。これからチームが前進していくためのエネルギーとなれるよう精いっぱいひたむきに頑張ります。また、大学の活動との両立のなかでより多くの経験を積み、更なる成長の糧にしていきます。よろしくお願いします!」 2022.06.23 16:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly