MF阪口夢穂、試合運びに反省「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」《EAFF E-1サッカー選手権》

2017.12.12 01:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。

▽試合後、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」と自分たちの良さを発揮できなかったことを主張した。

◆MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
──新システムを用いたが、どういうイメージで臨んだか
「今日はトップ下のような感じで、もっと前に出たかったです。少し後ろのことも気になってしまい、ポジショニングが低くなってしまいました。それはチームとしては良いですけど、もう少しボールを持てそうなのに、相手と同じペースでサッカーをやってしまったり、そういう判断がよくなかったです」

──前回の試合と比べての変化は
「顔ぶれも相手も違うので、一概にここが悪かった良かったは言えないですけど、誰が出ても同じパフォーマンスができないといけないと思います。次の試合のDPR(北朝鮮女子代表)も厳しい試合になると思います。中3日あるので、修正できる部分は修正してチャレンジしたと思います」

関連ニュース
thumb

代表デビュー戦で初ゴールの千葉玲海菜「少ない時間でもチャンスを決めきる」

なでしこジャパンのFW千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、この試合がなでしこジャパンデビューとなり、いきなりゴールを決めた千葉が試合を振り返った。 「前半からベンチで試合を見ていましたが、前半はうまく崩せていない部分もあって、ハーフタイムにもっとサイドを切ってから仲を崩した方が良いと言われました」 「後半から徐々にできて来て日本らしいサッカーができて、このような結果に繋がったと思います」 途中交代で試合に入りゴールを決めた千葉。監督の指示については「特に指示はなく、点差もついていたので、思い切りやってこいという感じで言われました」とコメント。試合に向けた準備については「相手のチーム分析を中心に、自分たちがどう戦うかを全員で確認して、ミーティングをして試合に臨みました」と語り、その成果がゴールとして表れた。 代表デビュー戦での初ゴールについては「得点を決めた時は嬉しかったですし、あの得点を振り返ると(長谷川)唯さんがナイスボールをくれたので、押し込むだけでした」とコメント。グラウンダーのクロスを送ってくれた長谷川に感謝するとともに、率直な気持ちを述べた。 27日にはフィンランド女子代表戦が控えているが「少ない時間でもチャンスを決めきるところ、与えられた役割を果たしてチームの勝利、結果に貢献できればと思います」とコメント。途中出場であってもしっかりと結果を残したいとした。 この試合で試そうと思ったことは「自分の長所は背後への抜け出しで、体で負けない、ルーズボールを自分のボールにするところだと思っていて、そういうところをチャレンジしようと思っていました」とコメント。「まだまだ課題が残る試合で、次に生かしたいと思います」と更なる成長を誓った。 2022.06.25 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア戦途中出場で1G1Aの宮澤ひなた「試合に出たからには何かを残したい」

なでしこジャパンのMF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、1ゴール1アシストの宮澤がゲームを振り返り「チーム全員でしっかり戦って、勝ちで終われたことは良かったと思います」とコメント。「個人としては途中交代で入って、ゴール、アシストと結果を残せたことは、自分としても良い結果を残せたと思いますが、結果に満足せずに次の試合に向けて準備をしたいと思います」と語り、次の試合に向けて気を引き締め直した。 途中交代時の監督の指示については「特に指示というか、行くぞと言われて準備して出ました」とコメント。「何か指示を受けてというよりは、前半の流れを見て、チームとしてやるべきこと、途中交代としての役割としてしっかり入れたと思います」と、自身がベンチで見ていたイメージで問題と思うところを体現したという。 1点目はクラブでもチームメイトの長野からのパスが起点となった。「風花さんが前を向いた時に、普段も自チームでやっていて、出てくると信じて相手の間に走った結果、良いボールが来ました」とコメント。「ボールが来た時に相手も並走していて、トラップで前に入ろうと。そしてスピードでドリブルで抜き切って、冷静にゴールを決められました」と語り、思い描いたプレーでゴールを決められたとした。 試合前にも結果を残したいと意気込んでいた宮澤だが、途中交代で2ゴールに絡む活躍は有言実行。「呼ばれたからには結果を出したいと思っていましたし、試合に出たからには何かを残したいと思います」とコメント。「より定着という部分、スタメン、試合に出続けるということに食い込むには結果で表現していかなければいけないです」と、なでしこジャパンでのポジションを掴むためにもしっかりとやっていきたいとした。 中2日でフィンランド女子代表との試合が控えている。次戦に向けては「チームとして間の日数がない中での試合ですし、相手は試合を控えている良いチームです。まずは中2日という短い期間ですけど、チームとしても個人としても良い準備をしたいと思います」とコメント。「その中でも、個人としては試合に出たらどういうプレーをしよう、何を意識しようというのは練習からしっかり意識し続けて試合にモチベーションを持っていければと思います」と語り、調整をしながら、しっかりとチャレンジする準備を進めたいとした。 2022.06.25 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア戦を大勝で終えたなでしこジャパン・池田太監督「前線から勇気を持っていけたことを評価したい」

ヨーロッパ遠征の1戦目を大勝で終えた、なでしこジャパンの池田太監督が試合を振り返った。 なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)は24日、セルビアのスタラパゾバでセルビア女子代表との国際親善試合を行い、5-0で勝利を収めた。27日にはフィンランド女子代表と対戦する。 前半にFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が先制点を挙げたなでしこジャパンは、後半にMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)、MF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)らが加点。代表デビュー戦となったFW千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)も即結果を残し、MF成宮唯(INAC神戸レオネッサ)にもゴールが生まれた。 試合後、池田監督は発足当初から取り組んでいる、奪いに行く守備の中での連動性と勇気を評価。パワーやスピードのあるセルビアに対しても怯むことなく、積極的な守備ができたことを称えた。 「勇気を持って前からプレッシャーにいこうというところで、前から行けば裏の怖さっていうのは、スピードのある選手ですとか力強い選手がいるチームに対しては、リスクになるところはありますけれども、今日のゲームではそれをケアしつつ、連動した守備、前線からアグレッシブに勇気を持っていけたというところは評価したいところです」 また、交代選手を含め、各選手がポジション毎の役割やチームとしての役割を全うしたうえで、各々の特徴を出し、ゴールという結果につなげることができたことも、非常にポジティブに捉えていた。 多くの選手がシーズンのオフを迎えている中で、海外組・国内組を問わず、各選手がコンディションを整えてきたことも評価。チームのためにそれぞれが力を発揮してくれたと残している。 また、MF長谷川唯(ウェストハム)や宮澤の起用ポジション(※1)についても質疑が及ぶと、それぞれの良さを出せるようにとのコメント。大きなリードを得た状況では、DF熊谷紗希(バイエルン)のボランチ起用にもトライするなど、今後もシチュエーション次第ではいろいろと試していきたいと考えていると語った。 ※1:長谷川はこの試合右サイドハーフで先発し、後半途中からはトップ下に。宮澤はAFC女子アジアカップ2022では左サイドハーフ、この試合では右サイドハーフを務め、いずれもクロスからアシストを記録している。 「(長谷川選手は)いろんな相手との駆け引きの中で、空いているスペースを見つけることができるので、前半のように右サイドのポジションもできると思いますし、また前線で関わりを持ったプレーもできると思います」 「また、交代で入った宮澤選手がサイドを使えるので、そのワイドを使うというところでも、長谷川選手の良さが活きるのではないかと思いました」 「(宮澤選手は)周りとのバランスですとか、空いているスペースですとかを、自分のスピードを生かしながらタイミング良く(使っていける)。左のキックの精度もあるバランスの良い選手なので、左でも右でも良さが出せる。途中から入ってもゲームにしっかり入りましたし、そういったところではしっかり持ち味を出してくれたのではないかなと思っています」 2022.06.25 18:44 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビアに5発快勝のなでしこ、熊谷紗希は「エラーが良い意味で出た」と一定の手応え

なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、熊谷はメディア取材に応じ、無失点で終えた試合を振り返り「チームとして自分たちのベースの[4-4-2]の守備からもう一段階前に行くというところを監督から提示してもらっていて、中でやっている選手たちが自分たちのものにするには失敗しながらでもやらないといけないと話していました。エラーはありましたが、積極的なチャレンジには繋がったと思います」とコメント。ミスはありながらもしっかりと戦えたとした。 後方からのビルドアップについては「試合前の分析の時にセルビアのチームが相手のどこの選手がCBにプレッシャーをかけてくるかを想定してトレーニングできたので、GKを使いながら良いところ、空いたところを使うというのは、精度を上げなければいけないですが、やれたと思います」とコメント。セルビア対策のおかげで、ビルドアップもある程度手応えを掴んだようだ。 その熊谷は試合終盤にボランチで起用。予てから自身も臨んでいたポジションで急遽使われたが「あそこの位置に立って自分ができることは潰し役、対人の強さだと思います。あそこでどれだけボール奪取できるかが期待されていることだと思います」と、自身に求められていることについてコメント。ただこの試合に限っては想定外のことだったようで、「今日に関しては全く想定していなかったです」とコメント。「以前から太さんと話している中で、機会があれば準備をしていますということは監督も知っていると思います」と、お互いに頭の中にあったプランではあったとした。 チームとしてのエラーについては「[4-4-2]での守備から、一段階前に行くタイミングというのは、今日に限ることではないですが、今日は中盤が主導でやることが多かったですが、今は行けないタイミング、行って欲しくないタイミングもあって、そのタイミングを掴むことは失敗をしながらできるのかなと」と、プレスをかけるタイミングの問題はまだまだあるとした。 また「あとは90分、前からプレッシャーをかけるのは難しいので、どのタイミングでFWの位置をコントロールして守備に入っていくかは、試合の流れや時間帯で変えられたと思います」とし、「あとは戦う相手によっても、ストロングな部分を消さなければいけないので、そういうエラーが良い意味で出たと思います」と、臨機応変に相手や状況に合わせてプレーできなければいけないとした。 2022.06.25 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンがセルビアに5発圧勝、池田監督采配的中《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、国際親善試合でセルビア女子代表と対戦し、5-0で圧勝した。 FIFA女子ワールドカップ、オーストラリア&ニュージーランド2023の開幕が1年後に迫る中、来月には日本開催のEAFF 女子E-1サッカー選手権も控えるなでしこジャパン。今回の欧州予選ではセルビア、フィンランド相手に自分たちの現在地を窺う。 ワールドカップ予選でドイツに勝利したセルビアに対し、なでしこはフラットな[4-4-2]を採用。2トップは植木と田中が組んだ。 アグレッシブな入りを見せたなでしこが良い立ち上がりとすると、10分に田中がボックス内から際どいシュートを浴びせれば、続く15分には右サイドの林がカットインからシュートを放ってセルビアを牽制した。 そして28分、勢いそのままなでしこが先制した。右サイドからの清水のアーリークロスをボックス左の植木がヘディングシュートで流し込んだ。 先制したなでしこがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半もなでしこが押し込む展開とすると、62分に加点する。直前に投入されていた宮澤の右クロスから猶本がヘッドで決めた。 さらに76分、長野のスルーパスに抜け出した宮澤がボックス右に侵入してシュートを決めきり、3-0としたなでしこは、81分に代表デビュー戦の千葉が4点目。 これで終わらないなでしこは88分、長谷川の右クロスのルーズボールを途中出場の成宮が押し込んで5-0と圧勝。 途中出場4選手にゴールが生まれ、最高の内容、結果でセルビアを下した中、3日後にフィンランド戦に臨むこととなった。 セルビア女子代表 0-5 なでしこジャパン 【日本】 植木理子(28分) 猶本光(62分) 宮澤ひなた(76分) 千葉玲海菜(81分) 成宮唯(88分) ◆なでしこジャパン GK:山下杏也加(INAC) DF:清水梨紗(東京NB)、熊谷紗希(バイエルン)、南萌華(浦和)、宮川麻都(東京NB)[→千葉玲海菜(千葉)] MF:長谷川唯(ウェストハム)、長野風花(仙台)[→高橋はな(浦和)] 、林穂之香(AIKフットボール ダーム)[→猶本光(浦和)] 、杉田妃和(ポートランド)[→成宮唯(INAC)] FW:田中美南[→宝田沙織(リンシェーピングFC)] 、植木理子[→宮澤ひなた(仙台)] 2022.06.25 04:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly