岡山がMF加藤健人の手術実施を報告

2017.12.07 13:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は7日、MF加藤健人の手術について報告した。

▽クラブによると、加藤は左ヒザ関節軟骨損傷で12月6日に手術を実施。全治には4カ月かかる見込みのようだ。

▽2016年に岡山でキャリアをスタート加藤。プロ2年目となった今シーズンは負傷の影響もあり公式戦出場は天皇杯の1試合のみに留まった。

関連ニュース
thumb

柏FWドウグラスが左ヒザを再手術…移籍1年目の今季は公式戦11試合4得点

柏レイソルは29日、FWドウグラスの負傷を発表した。 ドウグラスは左ヒザの外側半月板損傷および、軟骨損傷の治療として手術を受けたという。全治については明らかにされていない。 ヴィッセル神戸から今季加入のドウグラスだが、今年5月に柏から今回と同じ箇所の手術が発表。公式戦11試合4得点の数字に終わった。 2022.11.29 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯に黄色信号…なでしこDF高橋はな、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治約8カ月

三菱重工浦和レッズレディースは25日、DF高橋はな(22)の負傷についての詳細を発表した。 高橋は11月に行われたなでしこジャパンのスペイン遠征中に負傷し、10日に離脱が発表されていた。 クラブによると、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治には約8カ月を要する見込み。18日に手術を行ったとのことだ。 浦和は今夏に南萌華がローマへ移籍し、センターバックの層が手薄となっていただけに大きな痛手を被ることに。MF栗島朱里が復活を遂げたものの、浦和は現在もMF一法師央佳、DF長船加奈、GK鈴木佐和子、GK池田咲紀子の4人が同じヒザのじん帯を負傷して離脱している。 また、なでしこジャパンも来年7月にオーストラリア&ニュージーランドW杯を控えており、こちらにも黄色信号がともることとなった。 2022.11.25 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋DF森下龍矢が右第4足趾基節骨を骨折…チームは25日にローマ戦

名古屋グランパスは23日、DF森下龍矢のケガを報告した。 森下は16日のチームトレーニング中に負傷。全治こそ明らかにされていないが、レントゲン検査で右第4足趾基節骨骨折と診断されたという。 森下は2021年にサガン鳥栖から加入し、今季は公式戦42試合出場で2得点。なお、チームは25日に『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦する。 2022.11.23 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM、實藤友紀が手術 ローマ戦不参加に

横浜F・マリノスは22日、DF實藤友紀の手術実施を発表した。 實藤は14日に好酸球性副鼻腔炎の治療で内視鏡下副鼻腔手術を受けたという。これに伴って、28日に行われるEUROJAPAN CUP 2022のローマ戦は不参加となる。 2020年3月に加入した實藤。今季は公式戦10試合出場で2得点だった。 2022.11.22 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原と今季限りの藤本淳吾、ケガで最終戦欠場

SC相模原は20日、MF藤本淳吾の負傷を報告した。 藤本は13日にホームで行われた明治安田生命J3リーグ第33節のいわきFC戦で右ハムストリングス肉離れのケガ。全治5〜6週の見込みだという。 今季も31試合出場で4得点の藤本だが、退団が決定済み。20日に行われる最終節の松本山雅FC戦がラストマッチだが、欠場する運びとなった。 2022.11.20 09:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly