コッパ・イタリア4回戦が終了! 強豪クラブが参加する5回戦の組み合わせも決定!!《コッパ・イタリア》

2017.12.01 06:44 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11月30日にコッパ・イタリア4回戦が行われ、5回戦の対戦カードが決定した。▽28日~30日にかけて行われた4回戦では、カリアリとSPALが格下相手に敗戦を喫した以外、セリエA勢が順当に勝ち上がりを決めた。

◆コッパ・イタリア4回戦
11/28(火)
カリアリ 1-2 ポルデノーネ・カルチョ
SPAL 0-2 チッタデッラ
サンプドリア 4-1 ペスカーラ

11/29(水)
サッスオーロ 2-1 バーリ
キエーボ 1-1(PK:4-5) ヴェローナ
トリノ 2-0 カルピ

11/30(木)
ウディネーゼ 8-3 ペルージャ
ジェノア 1-0 クロトーネ

▽また、昨年のセリエA8位以上が参加する5回戦の組み合わせも決定。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、セリエCに所属するポルデノーネ・カルチョと対戦。現在セリエAで首位に立つナポリはウディネーゼと、ユベントスはジェノアと、ローマはトリノと、ミランはヴェローナと対戦する。

▽コッパ・イタリア5回戦は、12月12日~20日に行われる。今回決定した組み合わせは以下の通り。

◆コッパ・イタリア5回戦
12/12(火)
インテル vs ポルデノーネ・カルチョ

12/13(水)
ミラン vs ヴェローナ
フィオレンティーナ vs サンプドリア

12/14(木)
ラツィオ vs チッタデッラ

12/19(火)
ナポリ vs ウディネーゼ

12/20(水)
アタランタ vs サッスオーロ
ユベントス vs ジェノア
ローマ vs トリノ
コメント
関連ニュース
thumb

インテル指揮官、逆転勝ちも不満 主砲の「まだトップチームじゃない」発言にも「全面的に同意する」

代表ウィーク明けの初戦を白星で飾ったインテルだが、アントニオ・コンテ監督はもっと高いものを求めているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のセリエA開幕から3勝3分け1敗の7位インテルは22日に行われた第8節で17位トリノとホームで対戦。試合キックオフから二分の一を過ぎたところで2点ビハインドの劣勢に立たされる状況だったが、その後の猛攻で4ゴールを奪い切り、最終的に4-2の勝利を手にした。 チリ代表FWアレクシス・サンチェスやベルギー代表FWロメル・ルカク、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの強力攻撃陣が躍動して、逆転勝利で3試合ぶりの白星を掴み取ったコンテ監督。この勝利で順位も5位に浮上したインテルだが、コンテ監督は不満を吐露した。 「全体的にどんなプレーをしたのか丁寧に細かく分析する必要がある。我々のアプローチはベストじゃなく、目にしたものは好ましいものじゃなかった。もっと気合を入れ、確固たる意志をもって戦わないといけない。そういう姿勢で戦ってくるトリノに対して、我々は多くのデュエルを失った。代表活動から戻ってきた選手にとって、通常の業務に戻り、試合の持つ重要性を理解するのは容易じゃないのもわかっているがね」 「前半は競争力と冷酷さを欠いた。一方で、後半は0-2でダウンしたかもしれなかったなか、我々が持つキャラクターを含め、何か大きなものを示した。それは簡単じゃなく、彼らの反応を褒めたい。4ゴールを奪って反撃したが、適切なタイミングで冷酷な面を発揮しないとね。それに、集中力のレベルを高めるための努力も必要。昨季の終わりと比較して、我々は多くのものを失った。もう一度、あの獰猛さを取り戻す必要がある」 「この試合が今後の教訓になるのを願う。何かを勝ち獲りたいのなら、袖をまくり、相手を苦しめようと一生懸命にならないといけないからだ。我々の技術やクオリティに関係なく、それが我々に求められるもの」 また、この試合で2得点2アシストの数字を収め、主砲としての役割を全うルカクが試合後に「インテルはまだトップチームじゃない」と発言した点にも言及。「知性に満ちた選手が揃っているのは知っている」と語り、ベルギー人ストライカーの主張に「全面的に同意」した。 「難しい時期や多少の後ろ向きな時期に直面したとき、彼らは適切な評価をする。ロメルがそういう発言をしてくれて、嬉しい。周囲の声を気にせず、自分たちの道を進むべきだからだ。さらに、ドレッシングルームでも相手チームに伝わるぐらい勝利を渇望する思いを持たなければ。ロメルの発言に対して、全面的に同意する。トップチームになるための道のりはまだまだ長い」 2020.11.23 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカクが4Gに絡んだインテル、2点のビハインドからトリノに逆転勝利《セリエA》

インテルは22日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 前節アタランタ戦を1-1の引き分けで終えて2戦連続ドローの7位インテル(勝ち点12)は、コロナ陽性でブロゾビッチとコラロフが欠場となった中、代表帰りのL・マルティネスとデ・フライがベンチスタートとなった以外は現状のベストメンバーで臨んだ。 試合前のウォーミングアップでベロッティが負傷した17位トリノ(勝ち点5)に対し、2トップにルカクとサンチェス、トップ下にビダルを据える[3-5-2]で臨んだインテルが押し込む展開で立ち上がっていく。 しかし、自陣に引くトリノを崩しきれずカウンターを許す展開となると、13分にはアンサルディに枠内シュートを許す。 ルカクを起点に攻め手を見いだしにかかるインテルは15分にそのルカクがボックス右からGKシリグを強襲するシュートを浴びせたが、前半半ば以降も攻めあぐねてしまう。 そのままチャンスなく迎えた前半追加タイム2分、インテルはついに先制を許す。自陣でボールをロストした流れからメイテの巧みなダイレクトヒールパスでボックス右に抜け出したザザにゴール左へ蹴り込まれた。 ベロッティに代わって急遽スタメン出場となったザザにゴールを許したインテルは迎えた後半もギアが上がらずにいると、61分にVARの末PKを献上してしまう。 ヤングがボールをクリアしきれず、ボックス内に侵入してきたシンゴを蹴ってしまった。このPKをアンサルディに決められ、リードを広げられたインテルだったが、64分にすかさず1点を返す。 分厚い攻めを見せた流れからルカクのヘディングシュートはバーに直撃したものの、ルーズボールをサンチェスがボレーで押し込んだ。 その後、ガリアルディーニに代えてL・マルティネスを投入したインテルは67分に追いついた。サンチェスがボックス右で仕掛けてクロスを送り、最後はルカクが押し込んだ。 そして83分、VARの末にインテルにもPKが与えられる。ハキミがボックス内でエンクルに蹴られていた。そしてこのPKをルカクが決めたインテルは90分にL・マルティネスがルカクのアシストからゴールを挙げて4-2で逆転勝利。苦しみながらもルカクが4ゴールに絡む活躍を見せてリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2020.11.23 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディがゴールライン上のアウトサイドクロスで、ダービーマッチの劇的決勝弾をアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがインテル時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆イカルディがダービーマッチの決勝弾を技ありアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3YlVwVmRLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にサンプドリアからインテルに加入したイカルディは、得点源として活躍。優れた得点感覚で、ストライカーとしての勝負強さを見せた。 そんなイカルディだが、2016年9月18日に行われたセリエA第4節のユベントス戦では、見事なアシストで、チームの勝利に貢献している。 ユベントスに先制を許しながらも追いつき、1-1の同点で迎えた78分、右サイドからの味方のクロスをイカルディがボックス内で受けるも、飛び出してきた相手GKにボールを弾かれてしまう。しかし、ゴールラインギリギリでボールを収めると、右足のアウトサイドキックでクロスを上げる。 このボールにMFイバン・ペリシッチが打点の高いヘディングを合わせ、見事な勝ち越しゴールを奪った。試合はそのままインテルが2-1で逆転勝ちしている。 2020.11.22 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表パッツィーニが現役引退「全てが想像以上に美しかった」

元イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニ(36)が、自身のインスタグラムを通じて現役引退を発表した。 アタランタでプロデビューしたパッツィーニは、フィオレンティーナやサンプドリア、インテル、ミランなど、長年にわたり、セリエAの第一線で活躍してきた。2009年に加入したサンプドリアでは、相棒のFWアントニオ・カッサーノとともにゴールを量産し、2シーズンで合計36ゴールを記録。その当時のサンプドリアは1991年以来初めて、セリエAで首位に立った時期があった。 その後、鳴り物入りでインテルに加入するも、不振に喘ぎ1年で退団し隣のミランへ。ミランでは1年目に15ゴールを挙げるなど結果を残したが、その輝きも長くは続かず、2015年夏にヴェローナへ移籍した。 ヴェローナでは二度のセリエB降格を味わいながらも、キャプテンとしてチームを牽引。しかしながら、昨シーズンを最後にクラブを退団しており、この度引退が発表された。 「やあ、カルチョ。出会ってからもう30年が経つ。初めてボールを手にした頃は、周りと同じようにいつかセリエAのサッカー選手になるという大きな夢を持った子供だった」 「当時はテレビで偉大な王者たちを見て、代表の青いユニフォームや満員のファンで埋め尽くされたスタジアムの魔法、チャンピオンズリーグを夢見ていた」 「その子供はだんだん成長し、ひとつずつ夢を叶えていった。今の僕に言えるのは全てが想像以上に美しかったということ。でもそろそろ休んでもいいんじゃないかな。それが正しいと思う」 「みんなからしか貰えない感覚や感情をもう少し味わえたかもしれない。僕の中の子供はそうしたいと思っていた。だが、大人の僕はサヨナラを言うときだと語りかけてくるんだ。これから20年後、30年後、40年後に恋しくなるだろうからって」 「だからお別れだ。ありがとう!」 2020.11.22 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドとメッシとプレーしたイグアインが現役最高のFW3人と歴代最強ストライカーを選出!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)が、世界最高のFWについて自身の考えを明かした。『ESPN』が伝えている。 イグアインはレアル・マドリー、ナポリ、ユベントス、チェルシー、ミランと錚々たるクラブでストライカーとして活躍。豊富なシュートパターンやその決定力を武器に、これまでのクラブキャリア通算で641試合に出場し307ゴール103アシストを記録した。 <div id="cws_ad">◆ポルトガル代表のレジェンド、クリスティアーノ・ロナウドが代表で見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLbGhCUzNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーとユベントスではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、アルゼンチン代表ではバルセロナのFWリオネル・メッシという2人のスーパースターとも共演したことのあるイグアインだが、世界最高のFWは彼ら以外だと考えているようだ。 「現在、僕にとってベストなのは、(ロベルト・)レヴァンドフスキ、(アーリング・)ハーランド、そして(カリム・)ベンゼマだ。カリムは12年にわたってエリートだ。レヴァンドフスキも得点を決めて勝ち上がってきた。ハーランドは素晴らしい未来が約束されている。彼は僕を驚かせたし、偉大なストライカーだ」 マドリー時代にポジションを争ったライバルでもあるベンゼマを称賛したイグアイン。自身もそうであったように「9番」の位置でいかに活躍しているかが基準のようだ。 「これまでには(ルイス・)スアレス、(ロベルト・)レヴァンドフスキ、(エディンソン・)カバーニ、(カリム・)ベンゼマ、ダビド・ビジャ、(ズラタン・)イブラヒモビッチがいた」 そして、自身も真似たという歴代最高のストライカーには、元ブラジル代表FWのロナウド氏を選出している。 「だが、トップにいるのはロナウドだ。僕は常にロナウドになりたかった。いつも彼を真似ようとしていた」 また、「9番」ではないものの、アルゼンチン代表でプレーしたメッシについては、その異次元ぶりを語っている。 「もう魔法だよ。すべてが自然だ。彼はそう生まれたんだ。彼のDNAがすべてを簡単にさせる。誰もが戦わなければならないことをレオ(メッシの愛称)は自然に行うんだ。それが唯一無二な理由さ」 ストライカーについてのこだわりを見せたイグアイン。レアル・マドリーとユベントス時代の同僚であるC・ロナウドについては全く触れなかったが、C・ロナウドが長く左サイドでプレーしていたことがその理由だろうか。 2020.11.20 18:45 Fri
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly