DF長友佑都、豪州戦におけるSBの役割に言及 「セカンドボールを拾われたら試合が難しくなる」《ロシアW杯アジア最終予選》

2017.08.29 20:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本代表は29日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。▽練習終了後、DF長友佑都(インテル/イタリア)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。高さがある相手に対してセカンドボールへの意識を強く持ちたいとサイドバックとしての役割について語った。また、苦しい時間帯が続くことがあるかもしれないと試合のイメージを膨らませる中、自身を含めた経験のある選手が積極的にリードしていくことを誓った。

◆DF長友佑都(インテル/イタリア)
──身長の高い選手もいる中で守備のイメージは
「身長の高い選手やフィジカルの強い選手がいる中で、相手はあまりボールを蹴ってきません。そこの部分で相手がどう出てくるかは試合が始まらないとわかりません。ただ、それでもしっかりとマークして、裏を取られないようにすればしっかりと防ぐことができると思っています」

「サイドバックもセンターバックが競り合った後のカバーリングをしっかりと意識しなくてはいけないと思います。セカンドボールを拾われたら難しくなってしまいます」

──そういう相手にある程度ボールを持たせても良いという感じか
「ただ、やはり今回はホームです。僕たちも勝たなくてはいけないです。前から行くという気持ちは常に持ってアグレッシブに行くという気持ちは持っています。その気持ちが先行して前と後ろにギャップができてしまったり、前の選手はプレスに行っているけど、後ろの選手は行くことができていないという状況は一番試合を難しくしてしまいます。バタバタする時間もあるかもしれないですけど、経験のある選手が声を出してまとめていかなくてはいけないです」

──日本代表のセンターバックがDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)とコンビを組む選手が経験の浅い選手となりそうだが
「例えばDF昌子源(鹿島アントラーズ)なんかもしっかりとJリーグで経験を積んでいるし、この前のイラク代表戦でも堂々とプレーしていました。素晴らしいプレーをしていました。自信を持ってプレーできるように僕自身、サポートや声を出していきたいと思っています」

関連ニュース
thumb

「チャンスではある」名古屋DF中谷進之介、日本代表入りでの変化は「スタンダードは変わった」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、名古屋グランパスのDF中谷進之介がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 2021年6月以来の招集となった中谷。今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)が負傷で招集外になることが確実視されており、CBとしては出番が訪れるチャンスでもある。 「麻也くんがケガをしてチャンスではあるので、しっかりアピールして次のメンバーに残りたいと思います」と語った中谷。W杯へ向けたサバイバルとなる1年が始まったが「僕自身の立場でW杯というのは言いづらい立場ですが、グランパスで良い結果、良い状態にして、チャンスが来たときに掴みたいと思うので、結果を残し続けることは意識したいです」と、しっかり日頃のプレーを見せることでチャンスを掴みたいとした。 2021シーズンは守備の要として明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2得点を記録した。名古屋と代表の違いについては「ある程度アグレッシブ前から行くことは求められています。CBの守る範囲が広いので、先手先手、先を読みながらプレーすることが大事かなと思います」と、代表では予測が大事だと語った。また「(森保一)監督は攻撃の第一歩としてGKからと言っていて、CBから良いパスを出せればと思います。広い視野を持って良いパスを出せればと思います」と、攻撃面でも貢献していきたいとした。 久々の代表招集での心境の変化については「初めての練習で最初のゲームが一番大変だったと話していました。初招集などのプレッシャーがあったと思います。それがなくなったのは変わったところで、変な感じ方はしなくなったと思います」と、3度目の招集で少しは馴染んできたと感じているようだ。 その代表で感じたことで1年間の過ごし方は変わったと言い「1回代表に入って、そこから期間が空きましたが、入ると残り続けたいと思いますし、基準が代表の基準を自分でも求めるようになるので、意識からくる自分に求めるスタンダードは変わったと思います」と、高いレベルを意識して日頃からプレーしていたようだ。 その中谷だが、最終予選を戦うにはこのトレーニングキャンプでのアピールが重要となる。「チャンスですし、CBの絶対的なレギュラーがいないということで、そこに残っていくことが大事ですし、酒井(宏樹)くんや偉大な先輩方と一緒に戦うために、プレッシャーも感じたいですし、頑張っていきたいです」とコメント。今回に懸ける想いはかなり強いようだ。 自身のストロングポイントについては「安定したプレーができるということは1つ強みかなと思います。対人で勝てるとかは日本人としては難しいので、安定したプレーを90分続けられることは勝てると思います」とコメント。バランスの取り方などを意識していきたいと語った。 2022.01.19 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「自チームのサッカーとかけ離れていた」追加招集の清水MF鈴木唯人、初の日本代表で感じたことは「頭のスピードが違う」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、清水エスパルスのMF鈴木唯人がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 初招集を受けた鈴木だが「少なからずスピード感、1日目の練習からボールに関わり続けるなど、多少は馴染めているかなと思うので、2日間で慣れたことで、残りの3日間で自分の特徴などで結果を残せたらと思います」と、問題なく溶け込んで過ごしているようだ。 実際の強度や雰囲気については「自チームのサッカーともかけ離れていましたけど、それほどイメージしていたものとあまり変わりなく、考えていたことがそのままだったので、最初やった時に衝撃を受けることなく、ビビることなくやれたのは良かったと思います」と、予想通りだったと語った。 2トップの一角やサイドハーフなど様々なポジションでもプレーしている鈴木。「どのポジションでもできるというのが強みで、どのポジションでも間でボールを引き出して次の攻撃に繋げることが大事なので、引き出したり受けてからの推進力はどのポジションでも発揮できると思います」と自身がやるべきことについて語り、「ポジションに引っ張られずにやっていきたいです」とした。 練習で感じたことについては「全体的にスピード感、頭のスピードが違うので、それに慣れればできると思っています」とコメント。「考えるスピード、判断、次のプレーの選択肢を考え続けることで、次に繋がると感じていますし、その中で持っている技術が伴えるかを感じているので、そこを頭をフル回転させていきたいと思います」と、プレーのスピード以上に、頭の回転の早さを求められると違いを語った。 それは森保一監督からも求められたとし「森保監督と話したときに、考えるスピード、次のプレーの予測、考えていたイメージに対して相手が来た時にプレーを変えられるか、そこにしっかりとした技術を発揮できるかは話しました」とコメント。「それはどの選手を見ていても感じますし、必要なことだと思います」と、日本代表では当たり前にやられていることだと感じたようだ。 この合宿にはMF松岡大起とともに追加招集されたが「こういうチャンスを追加招集という形でもらえたので、少なからず吸収してやっていくこと」と、多くを吸収したいとし、「誰もが次を目指すのは一緒」と最終予選に生き残りたいと語り、「1日1日起きた出来事を考えながら、自分の変化につなげていける3日間にできればと思います」と、自身が成長したいと語った。 その中で今の日本代表のサッカーについては「ボールを奪える選手が出られるかなと思っていますし、ボールを奪った後にいかに良い判断、良い選択に繋げられるか」と、守備の部分での必要なことがあるとコメント。「攻撃の時もチームの中で規則を守って、特徴をだせるか。その中で、攻撃からの守備となった時に1人1人が戻れるか、パワーを注げるか、しっかりできる選手が出場できるのかなと思います。うまさだけでなく、強さも求められているなと感じます」と、守備時のオーガナイズが非常に重要だと感じたようだ。 2022.01.19 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

久保建英は「良い刺激に」、昨季10G、鹿島MF荒木遼太郎が初のA代表に「持ち味をどんどん出していきたい」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 初招集を受けた荒木は2日間のトレーニングを終え「自分が目指してきた場所に入れて、フィジカルなど全てにおいてレベルが高いところだなと思いました」とコメント。思っていたよりもレベルが高いと語った。 また「まだ慣れないところなどはいろいろありますが、自分は入ったばかりでチャレンジャーということで、持ち味をどんどん出していきたいと思います」と、物おじせずに良さを出していきたいとした。 自身が見せたい特徴については「中盤のエリアでボールを受けて、自らゴールをするところ、アシストするところだと思います」とコメント。「最近は鹿島でトップ下でやっていましたが、代表ではサイドハーフで、色々なポジションができることは悪くないので、色々なところができる対応力をつけていきたいと思います」とコメント。中盤の攻撃のポジションをしっかりとこなしたいと語った。 しかし、日本代表の2列目はライバルがたくさんいるポジション。「熾烈な戦いになると思うので、色々なポジションをできるようにしたり、守備の部分だったり、ゴールを決めたり、他の人と違うところをたくさん見つけて身につけないといけないと思います」と、特徴を出せるようにしたいとした。 一方で、課題については「フィジカルの部分や守備の部分、ゴールを奪い切っていくところ。守備の部分を強化していきたいです」とコメント。まだまだ改善する部分はあると感じているようだ。 昨シーズンは明治安田生命J1リーグで36試合に出場し10得点を記録。大きく飛躍したシーズンとなった。 今回代表に初招集を受け、今年行われるカタールW杯への道を歩み出すこととなった。W杯については「1番の目標でありますけど、今の練習を1日1日大事にやって行って、次の予選に選ばれるようにやっていきたいと思います」とコメント。それでも、「小さい頃から憧れてきた舞台で、今年自分も行ける可能性が少しあるということで、そこに食らい付いていけるように全力で表現していきたいと思います」と、認められてメンバー入りしたいと意欲を見せた。 今回の日本代表候補には、MF松岡大起(清水エスパルス)やMF鈴木唯人(清水エスパルス)といった同世代の選手も招集されている。 特に松岡は、同じ熊本県出身だが「小さい頃からお互い知っていて、話したりプレーしたりしていたので、そういう選手が一緒にA代表に入って、大起のチームでの活躍も見ていますし、代表でも一緒にプレーして、結構良い刺激をもらっていると思います」と、古くから知る選手と同じタイミングで招集を受けたことは刺激になっているようだ。 また、同世代ではMF久保建英(マジョルカ)は既に定着しており、ヨーロッパでもプレーしている。「同世代なので負けたくないなという気持ちはあります」と語る荒木だが、「その中で結構プレーや情報を得ながら、それも良い刺激になっています。自分でチームに帰ったり、代表に来た時も結果を残したいと思っています」と語り、負ける気はないと考えているようだ。 2022.01.19 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

岩渕真奈の新型コロナ陽性に佐々木則夫女子委員長がコメント「共にこのAFC女子アジアカップを戦っていく方針」

日本サッカー協会(JFA)の佐々木則夫女子委員長が、なでしこジャパンのFW岩渕真奈についてコメントした。 JFAは19日、岩渕が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表。チームに合流する前に判明し、別室で隔離されていることを発表した。 なでしこジャパンは、女子ワールドカップ出場に向けて、今回のAFC女子アジアカップを戦う中、エースである岩渕を欠いて初戦を戦うこととなる。 今回の陽性判定を受け、佐々木女子委員長はJFAを通じてコメント。復帰を待つ方針であるとし、それまではしっかりと残りの選手で戦うとした。 「まずは岩渕真奈選手の回復のために、JFAとしてしうるサポートを全てしていく所存です」 「AFCのレギュレーションとして最短でも1月24日(月)まで自室での隔離を続け、また24日の検査での陰性と、検査日までの直近3日間の継続した無症状をもって隔離解除となるため、当面チームからは離れた状況が続きます」 「今後の岩渕選手の体調、コンディションを注視したうえでの判断になりますが、現時点ではチームとして彼女の復帰を待ち、彼女と共にこのAFC女子アジアカップを戦っていく方針です」 「初戦は選手1名を欠いた中での戦いとなりますが、池田太監督は着々と準備を進めてくれていますし、選手も変わらず初戦に向けて集中しています」 「全員でFIFA女子ワールドカップへの切符を、そしてアジアのタイトルを獲得できるよう引き続き戦ってまいります」 2022.01.19 20:43 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこFW岩渕真奈が新型コロナ陽性、インドでの女子アジアカップ合流直前で判明

日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 アーセナルでプレーする岩渕は、インドで行われるAFC女子アジアカップになでしこジャパンの一員として参加している。 JFAによると、岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、18日にインドに到着した際に行われた検査では陽性に。本人は無症状で体調不良などはないとのことだ。 岩渕は事前の国内合宿には参加しておらず、イングランドから直接インド入り。検査結果が判明するまでは自室で待機していたため、チーム関係者に濃厚接触者はいないとのこと。体調不良などの報告もないとしている。 JFAは「岩渕選手の回復に万全を期すとともに、チーム関係者等の安全と感染防止に細心の注意を払いながら活動してまいります」としている。 女子アジアカップの日本の初戦は21日のミャンマー女子代表戦。24日にベトナム女子代表戦、27日に韓国女子代表戦が行われる。 2022.01.19 11:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly