ニューカッスル、ドルトムントからU-21スペイン代表ミケル・メリノをレンタルで獲得!

2017.07.28 20:47 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは28日、ドルトムントからU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンタル料は700万ユーロ(約9億1200万円)前後で、買い取りオプションが含まれる模様だ。▽昨夏、オサスナからドルトムントに加入したメリノだが、加入1年目は公式戦9試合の出場にとどまった。また、今夏の移籍市場でDFオメル・トプラクやDFダン=アクセル・ザガドゥー、MFモハメド・ダフードなど、メリノと同じポジションでプレーする新戦力がドルトムントに到着しており、昨シーズン同様に出場機会の減少が見込まれていた。


▽ニューカッスル入りが決定したメリノは、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「良い気分だよ。このクラブの一員になれたこと、ここに来れたことをとても幸せに感じているよ。新しいチームメイトと共にフットボールをプレーできるのが楽しみだよ」

「この場所はビッククラブであり、本当に素晴らしい都市であることを知っている。僕には他の選択肢もあったけど、ここが僕がプレーするにふさわしい場所だと思っているよ」

▽また、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、メリノの加入について以下のようにコメントしている。

「ミケル(・メリノ)は、U-21スペイン代表に選ばれるだけの才能を持つミッドフィルダーだ。素晴らしい能力、クオリティを持っている。彼は非常に集中しているし、プロフェッショナルだ。きっと我々のチームを向上させてくれる選手だよ。彼は確実に上達するメンタルを持っている」

「彼はドルトムントというトップクラスのチームから来た。昨シーズンはなかなか出場できなかったが、若い優秀な選手としてドルトムントと契約していた。そういう選手は何か素晴らしいものを持っているということだ。彼は自分が持っている能力を示していかなくてはいけない。きっとここで長い間、プレーを楽しむことができるよ」
関連ニュース
thumb

スパーズがモウリーニョ鬼門の地で痛恨ドロー…ケインが得点ランクトップの19点目も逃げ切り失敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、ニューカッスルvsトッテナムが4日にセント・ジェームズ・パークで行われ、2-2のドローに終わった。 現在、6位のトッテナム(勝ち点48)はインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のアストン・ビラ戦を2-0で快勝。ノースロンドン・ダービー、ディナモ・ザグレブ戦で喫した手痛い連敗を払しょくして中断期間に入った。そして、中断明け初戦で連勝を目指す今節は降格圏一歩手前の17位に低迷するニューカッスル(勝ち点28)と対戦した。 モウリーニョ監督は昨シーズンに初めて攻略した難所での一戦に向け、ビラ戦と全く同じメンバーを起用。代表招集を辞退したソン・フンミンが公式戦3試合ぶりにベンチに戻ってきたが、ケインとカルロス・ヴィニシウスの2トップを継続した。 [5-3-2]の守備的な布陣を採用したホームチームに対して、キックオフ直後から攻勢を仕掛けていくトッテナム。開始8分にはボックス左で仕掛けたケインが左足のシュートでニア上を狙うが、これはGKドゥブラフカのセーブに遭う。 ここから一気にトッテナムペースかに思われたが、ニューカッスルもジョエリントンとゲイルの2トップをターゲットにしたシンプルな攻撃で前がかりなアウェイチームを引っくり返して反撃を試みる。 19分にはシェルヴェイの右クロスをゴール前でフリーのゲイルがヘディングシュート。GKロリスが見事なワンハンドセーブで弾いたこぼれを左足で押し込みにかかるが、再びロリスに触られて左ポストを叩いたボールはロリスが何とかゴールラインぎりぎりで残した。 この絶好機を逸したニューカッスルだが、28分には相手陣内左サイドでタンガンガ、ダビンソン・サンチェスの不用意な縦パスを続けざまに引っかけると、ボックス左でルーズボールに反応したロングスタッフが冷静にボックス右でドフリーのジョエリントンにラストパスを送ると、難なく右足で流し込んだ。 信じがたいイージーミスからビハインドを背負ったトッテナムだが、頼れるエースが圧倒的な個の力で瞬く間に試合を引っくり返す。まずは30分、相手陣内でホイビュルク、エンドンベレ、ロ・チェルソとパスが繋がり、右サイドのロ・チェルソが斜めに入れたラストパスにケインが反応。DFとGKに当たってゴール前にこぼれたところを冷静に右足で流し込んだ。 さらに、34分には相手陣内中央で縦に持ち上がったエンドンベレからの斜めのパスをオフサイドラインぎりぎりで受けると、ボックス右からグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込み、リーグ得点ランク単独トップとなる19ゴール目を挙げた。 苦しみながらもケインの2ゴールによって逆転して試合を折り返したトッテナムは、ヴィニシウスに代えて負傷明けのソン・フンミンをハーフタイム明けに投入。この交代で1トップにケイン、2列目に右からルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンと並ぶ[4-2-3-1]に並びを変えた。 ただ、後半も流れを掴み切れないアウェイチームは開始直後にアルミロンに際どいミドルシュートを浴びるなど、ニューカッスルの攻勢に晒される。 劣勢を撥ね返したいポルトガル人指揮官は64分、存在感を欠いたルーカスを下げて出場停止明けのラメラを投入。この交代で徐々に押し返すと、67分には右CKの二次攻撃からゴール前のハイボールに反応したタンガンガが強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、これはアルミロンの決死のゴールカバーにはじき出される。 さらに、73分には1点目と似たような形からエンドンベレの斜めのスルーパスに抜け出したケインにハットトリックのチャンスも、ここはGKドゥブラフカにうまくコースを消された。 試合を決める3点目こそ奪えないものの、ようやく自分たちのリズムで試合を運べるようになったトッテナムは、84分にカウンターから絶好機。相手セットプレーを撥ね返してラメラが中央をドリブルで持ち上がり、ボックス左に走り込むケインにラストパス。ケインはバランスを崩しながらもニア下にシュートを飛ばすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 すると、ビッグチャンスを逸した直後の85分には前回対戦同様に土壇場で痛恨の同点ゴールを許す。左サイドでリッチーが上げたクロスをボックス内でジョエリントン、アルミロンに頭で合わせられてこぼれたところを途中出場のジョー・ウィロックに押し込まれた。 勝てば暫定ながらトップ4圏内の4位に浮上できるため、勝ち点1では許されないトッテナムは失点直後にベイルを投入。そのベイルは投入直後にボックス手前の好位置で得たFKを直接狙うが、これはボールを落とし切れない。さらに、92分には波状攻撃からレギロンの左クロスをファーサイドのラメラが右足で狙うが、惜しくもサイドネットを叩いた。 そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、モウリーニョの鬼門セント・ジェームズ・パークで勝ち点3を逃したトッテナムは、4位浮上のチャンスを逃した。 2021.04.05 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルMFアルミロン、願望隠さず 「もっと戦えるチームでプレーしたい」

ニューカッスルのパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(27)が将来的なステップアップ願望を認めた。 メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドでの活躍を受け、2019年1月にニューカッスル入りしたアルミロン。これまでも複数有力クラブからの関心が取り沙汰されるドリブル突破が魅力のアタッカーだ。 今季もここまで公式戦30試合の出場で5得点3アシストと不動の地位を築くアルミロンだが、代理人であるダニエル・カンポス氏は昨秋に「パンデミックがなかったら、ほかの場所にいただろう」と述べ、移籍をほのめかた。 そうしたなか、アルミロンが26日に母国のラジオ局『ABC Cardinal』に出演すると、将来について自身のスタンスを明確に。「もっと戦えるチームでプレーしたい。ここで幸せで、居心地も良いんだけどね」と話した。 また、ニューカッスルでの日々についても「僕や家族は元気で、あまり外出しないようにしている。健康であるのを感謝しないとね。精神的にも元気で、ラ・アルビロハでプレーしたいよ」と語っている。 なお、ニューカッスルは今季のここまで7勝7分け15敗の17位に位置。直近の6試合で白星がなく、降格圏内の18位フルアムとわずか2ポイント差と残留争いを強いられている。 2021.03.27 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、アルミロン&サン=マクシマンが離脱…

ニューカッスルは2日、FWミゲル・アルミロンとFWアラン・サン=マクシマンが負傷したことを発表した。 両者は2月27日に行われたプレミアリーグ第26節のウォルバーハンプトン戦に先発出場したが、アルミロンは前半でヒザを負傷しハーフタイムで交代。一方のサン=マクシマンは、63分に鼠径部を負傷しピッチを後にしていた。 クラブの発表によれば、両者はこれから精密検査を受診し、メディカルチームと共にリハビリを実施するとのことだ。なお、復帰は4月以降になると明かしている。 主力2選手を欠くことになったニューカッスルは現在、降格圏の18位フルアムと3ポイント差の17位に位置している。 2021.03.03 01:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムやニューカッスルで指揮したローダー氏が65歳で他界…脳腫瘍を患い闘病生活送る

ウェストハムやニューカッスルで監督を務めたグレン・ローダー氏が他界した。65歳だった。 イギリス『BBC』によると、ローダー氏は脳腫瘍を患っており長い闘病生活を送っていたが、帰らぬ人となったようだ。 現役時代はディフェンダーとして活躍。ノッツ・カウンティ、QPR、ニューカッスル、ワトフォードなどでプレー。ジリンガムで引退していた。 引退後はワトフォードやウェストハム、ニューカッスル、ノリッジなどで監督を務めたほか、1998年のフランス・ワールドカップ後に、グレン・ホドル監督の下でイングランド代表のアシスタントコーチを務めていた。 リーグ・マネージャー・アソシエーション(LMA)は今回の件について「とても深く悲しんでいる。脳腫瘍との長い闘病生活の末に亡くなった」と発表した。 また、選手としても監督としても所属したニューカッスルは「元選手であり監督でもあるグレン・ローダー氏が65歳で逝去されたことを知り、深く悲しんでいます」とコメント。「ニューカッスルのスタッフ全員の想いは彼の家族や友人とともにあります」と声明を発表した。 2021.03.01 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

好調ジェームズ弾などでニューカッスルに3発快勝のユナイテッドが2位死守《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは21日、プレミアリーグ第25節でニューカッスルをホームに迎え、3-1で快勝した。 前節WBA戦を引き分け、ここ2試合ドローの2位ユナイテッド(勝ち点46)は、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を10に広げられた中、3日前に行われたヨーロッパリーグのレアル・ソシエダ戦では4-0と快勝。ベスト16進出に大きく近づいた中、ソシエダ戦のスタメンから5選手を変更。マルシャルやショー、GKデ・ヘアらがスタメンに戻った。 17位ニューカッスル(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]で臨んだユナイテッドは最前線にマルシャル、2列目に右からダニエル・ジェームズ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードと並べた。 そのユナイテッドは立ち上がり、前がかってきたニューカッスルにペースを乱される入りとなるも、徐々に押し込む展開とすると最初のチャンスを活かして30分に先制した。左サイドでパスを受けたラッシュフォードがドリブルでボックス左に侵入。カットインからゴール左隅にシュートを決めきった。 先制後、35分にサン=マクシマンのミドルシュートでゴールを脅かされたユナイテッドは、直後のCKから同点とされる。ショートコーナーの流れからルーズボールをボックス左のサン=マクシマンにボレーで蹴り込まれた。 同点後は膠着状態に持ち込まれ、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にサン=マクシマンのシュートでGKデ・ヘアを強襲されたユナイテッドだったが、57分に勝ち越した。 左サイドからのマティッチのクロスがファーに流れ、ボックス右のダニエル・ジェームズがゴール右隅にシュートを決めきった。 ソシエダ戦に続く好調ジェームズのゴールで勝ち越し後、マルシャルやラッシュフォードがゴールに迫ったユナイテッドが主導権を握る中、74分にPKを獲得した。ボックス左でラッシュフォードがウィロックに倒された。このPKをブルーノ・フェルナンデスが沈めてユナイテッドが試合の大勢を決めた。 終盤には17歳のショアタイアがトップチームデビューを飾った中、リーグ戦3試合ぶりの勝利としたユナイテッドが2位を死守している。 2021.02.22 05:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly