レギア・ワルシャワがベンフィカの若手SBを獲得…昨季は英2部のノッティンガム・フォレストでプレー

2017.07.11 11:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レギア・ワルシャワは10日、ベンフィカの元U-20ポルトガル代表DFイルデベルト・ペレイラ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間とのことだ。

▽イルデベルトはベンフィカの下部組織出身で、2016年7月からノッティンガム・フォレストへとレンタル移籍。2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で22試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

▽ベンフィカではトップチームでの公式戦出場はなく、Bチームでプレー。右サイドバックを主戦場としながらもサイドハーフやウイングとしてもプレーが可能な若手サイドアタッカー。世代別のポルトガル代表も経験している。

関連ニュース
thumb

エンソ・フェルナンデス流出を固辞したベンフィカの抵抗? コバチッチ譲渡を要求していた

チェルシーにアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスを引き抜かれたベンフィカだが、逆にクロアチア代表MFマテオ・コバチッチを要求していたようだ。 カタール・ワールドカップのベストヤングプレイヤーを巡って移籍市場で火花を散らした両クラブ。ベンフィカは頑なに放出を阻止したものの、チェルシーの粘り強い交渉と強烈な資金力を前に屈することに。締め切りギリギリに成立したその取引は、1億2100万ユーロというイギリスの移籍金の最高額を更新することとなった。 ただ、ベンフィカも出来る限り抵抗を試みたようで、ポルトガル『レコルド』によると、コバチッチを引き渡すことを提案したようだ。しかし、相手のスター選手を引き抜こうとする動きとは裏腹に、主力の移籍を固辞。リスボンクラブの要求は全く受け入れてもらえなかったという。 何はともあれ歴史に残るビッグディールとなった今回の移籍。チェルシーは他にもミハイロ・ムドリクに最大1億ユーロの移籍金を投下するなど、今冬だけで総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの資金を注ぎ込んでいる。 2023.02.04 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍のエンソ・フェルナンデスをベンフィカ会長が斬る 「うちのシャツを着たくないと言う選手のために泣いたりしない」

ベンフィカのルイ・コスタ会長がチェルシー移籍のアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに苦言した。イギリス『メトロ』が報じている。 先のカタール・ワールドカップで最優秀若手選手に輝き、チェルシーの強い関心話が絶えなかった今冬のエンソ・フェルナンデス。当初こそベンフィカも徹底的に抵抗したが、デッドラインデイにプレミアリーグ史上最高額の総額1億2100万ユーロ(約169億5000万円)でチェルシー移籍が決定した。 ロジャー・シュミット監督は先日、「ベンフィカは選手よりも遥かに大きな存在。ベンフィカでのプレーを喜び、情熱的な選手だけが必要だ」とバッサリ。そして、ルイ・コスタ会長も2日の会見で「エンソはベンフィカに残りたがらなかった。我々にチャンスすらくれなかった」と吐き捨てた。 「私はベストを尽くした。悲しいが、残りたくない選手のために泣くつもりなどない。チェルシーが来て、彼の気持ちを変えるのは無理だった」 「デッドラインデイにエンソを夏に売るとの合意点を見いだしたのだが、彼が残りたがらなかったんだ。エンソは(チェルシーが払うであろう)条項の価値を理解した瞬間から、容赦なかった。選手はベンフィカ残留にオープンな姿勢じゃなかったんだ」 「私はチェルシーにもっと低額で良いから、夏まで残してほしいと提案したのだが、選手がベンフィカにい続けるのを望まず、そのときからすべてが変わった。それで、私は『彼がもうベンフィカでプレーすることなどない。絶対にだ!』と言ったんだ」 「私はうちのシャツを着たくないと言う選手のために泣いたりしない。エンソに我々と一緒に優勝を目指したいという思いがあると期待したのだがね。それを望んでいないのがわかってからは私も彼にベンフィカのシャツを二度と着てもらいたくなかった」 「ヨーロッパを失わず、どのみちチェルシーとの契約ができるにもかかわらず、ベンフィカにいたくないという選手は残しておけない。そういう選手はもうロッカールームに入るのもできなかった」 2023.02.03 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーがPL史上最高額エンソ・フェルナンデス獲得発表! ジョルジーニョ背負った5番を着用

チェルシーは1日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「5」に決定。契約期間は2031年6月30日までの8年半となる。 なお、ベンフィカの発表によると、移籍金は総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)となり、フェルナンデスはプレミアリーグ史上最高額での加入選手となった。 アーセナルに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョが直前まで着用していた背番号5を背負い、ブルーズの新司令塔として大きな期待を集める22歳は、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「チェルシーとそのオーナーに心から感謝しているよ。ロンドンの誇りであるチェルシーに加入し、世界最高のリーグでプレーし、最大のトロフィーを目指して戦うことができる。本当に嬉しく、興奮しているよ。ファンの前でプレーし、ピッチ内外でチームメイトを助けることが待ち遠しいよ」 一方、今冬のデッドライン・デーに最大のオペレーションを実現させたトッド・ベーリー会長と共同経営者のベフダド・エグバリ氏は、逸材への大きな期待を語っている。 「エンソは、ワールドカップ王者であり、世界のフットボール界で最も輝かしい才能を持つプレーヤーの一人とみなされている。そのプレーヤーと契約することができた。グレアムのチームに彼を加えることができ、今後、我々のチームの重要な一員となってくれると確信している。エンソは非常に高い能力を発揮しているので、チェルシーでどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ」 フェルナンデスは母国のリーベル・プレートの下部組織育ち。デフェンサ・イ・セントラルでもプレーした。 2022年7月にベンフィカに完全移籍。プリメイラリーガで17試合に出場し1ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで5試合に出場し2アシストを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、チームの36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献。最優秀若手選手賞を受賞していた。 その活躍もあり、今冬には多くのクラブが獲得に動いたものの、ベンフィカが徹底抗戦して交渉が難航。しかし、最終的には合意に至った。 2023.02.02 07:55 Thu
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】相馬の芸術FK弾でカーザ・ピアがサンタ・クララとの日本人対決を制す

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第18節が1/29~2/1に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガでは、スポルティングCPへ移籍したMF守田英正やジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、昨夏にはヴィトーリア・ギマランエスにDF小川諒也、ボアヴィスタにMF渡井理己、カーザ・ピアにFW邦本宜裕と新たに3人が参戦。また、今冬にはサンタ・クララにMF三竿健斗、カーザ・ピアにMF相馬勇紀が加入している。 邦本宜裕と相馬勇紀の所属するカーザ・ピアは、ホームで田川亨介と三竿健斗の所属するサンタ・クララと対戦。邦本と田川が先発した一戦は、互いに決め手を欠いたまま前半を終了。62分に相馬は邦本と交代してピッチに入る。 すると75分、カーザ・ピアは相手のファウルを受けてボックス手前左でFKを獲得。この場面でキッカーを任された相馬は得意の右足を一閃。壁の上を越えたシュートは見事にカーブを描いて落ち、ゴール左隅に決まった。 先制を許したサンタ・クララは73分にガブリエウのPKで追いついたが、試合終了間際にカーザ・ピアが勝ち越しに成功。2-1で勝利を収めている。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽2/1 スポルティングCP - ブラガ ◆ ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽2/1 アロウカ 0-3 ベンフィカ ◆ベンチ入りも出場せず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽1/31 パソス・デ・フェレイラ 2-1 ジル・ヴィセンテ ◆フル出場 ★小川諒也[ギマランエス] ▽1/30 ギマランエス 2-1 シャヴェス ◆ベンチ入りせず ★田川亨介[サンタ・クララ] ▽1/29 カーザ・ピア 2-1 サンタクララ ◆83分までプレー ★三竿健斗[サンタ・クララ] ▽1/29 カーザ・ピア 2-1 サンタクララ ◆93分からプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽1/29 ボアヴィスタ 4-2 ポルティモネンセ ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽1/29 ボアヴィスタ 4-2 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽1/29 カーザ・ピア 2-1 サンタクララ ◆62分までプレー ★相馬勇紀[カーザ・ピア] ▽1/29 カーザ・ピア 2-1 サンタクララ ◆62分からプレー、75分に初ゴールを記録 2023.02.02 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍合意のエンソ・フェルナンデスにベンフィカ指揮官が苦言「喜んでプレーする選手だけが必要」

ベンフィカのロジャー・シュミット監督が、チェルシーへの移籍が合意に至ったアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)に苦言を呈した。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 ベンフィカは1日、総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)の契約解除条項をチェルシーが払うことで合意。ベンフィカを退団することが決まったことを発表した。 現時点でチェルシーからは加入の発表はなく、移籍市場もすでに閉鎖。エンソ・フェルナンデスの登録が間に合うのかどうかは不透明な状況だ。 チェルシーが何度も粘りを見せて実現した合意だが、チームの中心選手を失ったベンフィカは1月31日にプリメイラ・リーガ第18節でアロウカと対戦。ジョアン・マリオの2ゴールなどで0-3と快勝。首位を快走している。 エンソ・フェルナンデスはすでにチームに帯同していなかったが、シュミット監督は移籍に言及。エンソ・フェルナンデスの態度に苦言を呈し、必要のない選手だとした。 「冬の移籍市場で良い選手を失うことは常に難しいことだが、今日、我々は彼がいなくても良いチームであること、良いサッカーができること、チャンピオンになるため選手たちがより多くの勝ち点を獲得することに集中していることを示した」 「ベンフィカは選手よりも遥かに大きな存在だ。ベンフィカでプレーすることを喜び、情熱的な選手だけが必要だ」 「退団したいという選手と、条項を支払うクラブがあった。我々には何もできなかった。我々はそれを受け入れ、検討した」 2023.02.01 17:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly