元トッテナムのMFリバモア、ハルからWBAに完全移籍…移籍金は推定14億円2017.01.20 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは20日、ハル・シティから元イングランド代表MFジェイク・リバモア(27)を完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。契約期間は4年半。イギリス『BBC』によれば、移籍金は1000万ポンド(約14億1000万円)程度とみられる。▽2008年にトッテナム下部組織からトップチームに昇格したリバモアはその後、複数クラブにレンタル移籍。2014-15には前シーズンからレンタルで加入していたハル・シティに完全移籍した。今シーズンはプレミアリーグ21試合1ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

元ウェストハム指揮官ビリッチが2部のWBA監督就任

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは13日、クロアチア人指揮官のスラヴェン・ビリッチ氏(50)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年までの2年間となっている。 2018-19シーズン、9シーズンぶりに2部での戦いを強いられたWBAは、3月から指揮を執ったジェームズ・ショーン暫定監督の下シーズンを4位で終えたが、プレミアリーグ昇格プレーオフ準決勝でアストン・ビラにPK戦の末敗退に終わっていた。 クロアチア代表監督などを務めた経歴を持つビリッチ氏は、2015-16シーズンから現役時代に所属していたウェストハムの監督に就任。就任初年度にプレミアリーグで7位となってヨーロッパリーグ出場権を獲得する好結果を残したが、2016-17シーズンにプレミアリーグで11位に終わると、2017-18シーズンは降格圏に沈んだチームを立て直せずシーズン途中に解任されていた。そして今季はサウジアラビアのアル・イテハドで指揮を執っていたが、今年2月に成績不振を受けて解任されていた。 2019.06.14 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルの主砲ロンドンはウルブス移籍か?

今シーズン、WBAからのレンタル移籍でニューカッスルに在籍していたベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)だが、新天地はウォルバーハンプトンになる可能性が高いようだ。イギリス『シュロップシャー・スター』が伝えている。 ロンドンはWBAのチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格に伴い、1年間のレンタル移籍で昨夏ニューカッスルに加入。屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 そのため、ニューカッスルはWBAが1年でのプレミア復帰を逃したこともあり、ロンドンを完全移籍で買い取る意向を示している。ただ、ニューカッスルは優先交渉権を持っておらず、1650万ポンド(約22億5000万円)の契約解除金が設定されている同選手の獲得レースを制す必要がある。 しかし、『シュロップシャー・スター』が伝えるところによれば、現在ロンドンの獲得レースでポールポジションにいるのは来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしているウルブスだという。 ウルブスは現時点で1650万ポンドの契約解除金を満額支払う姿勢を見せていないものの、ロンドン自身が移籍に向けて前向きな姿勢を見せているようだ。 なお、ロンドンは現在、ベネズエラ代表としてコパ・アメリカに向けた準備を行っており、去就決定は同大会終了後になりそうだ。 2019.06.04 15:48 Tue
twitterfacebook
thumb

WBAやストークなどで活躍した元ナイジェリア代表FWオデムウィンギーが現役引退

元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(37)が、3日にウェンブリーで行われたUEFA EqualGameカンファレンスで現役引退を発表した。 CSKAモスクワやラシーヌ・ラゴスの下部組織に在籍したオデムウィンギーは、2000年にナイジェリアのベンデル・インシュランスでプロデビュー。その後、リールやロコモティフ・モスクワでプレー。 2010年からイングランドに活躍の場を移したオデムウィンギーは、WBAやカーディフ、ストーク・シティ、ブリストル・シティ、ロザラム・ユナイテッドなどでプレーし、2017年4月からはインドネシア・スーパーリーグのマドゥーラ・ユナイテッドに活躍の場を移していた。 また、2002年にデビューしたナイジェリア代表では、62試合に出場し11得点を記録。2度のワールドカップ(2010,2014)や4度のアフリカネーションズカップ(2004,2006,2008,2010)に加え、2008年に行われた北京オリンピックにもオーバーエイジ枠として出場していた。 2019.04.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤にも影響? ニューカッスルが主砲ロンドン流出の可能性…

ニューカッスルがエースストライカーのベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(29)を今夏に失う可能性があるようだ。イギリス『Star on Sunday』が伝えている。 ニューカッスルは昨夏、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したWBAから1年間のレンタル移籍でロンドンを獲得。そして、屈強な大型ストライカーは攻め手に乏しいニューカッスルの中でここまでチームトップの9ゴールを挙げるなど、エースストライカーとして活躍している。 そのため、ニューカッスルは今季終了後にWBAから同選手を完全移籍で買い取りたい意向のようだが、現時点で優先交渉権は存在せず、WBAが来シーズンにプレミアリーグに昇格できない場合、1650万ポンド(約24億円)以上の金額を出せば、どのクラブにも獲得のチャンスがあるという。 ただ、財布の紐が堅いことで知られるマイク・アシュリーオーナーは、今年9月に30歳を迎えるロンドンに前述の金額を支払う意思はないようだ。 その一方で、ベルギー代表FWロメル・ルカクのマンチェスター・ユナイテッド移籍以降、メインストライカー不在のエバートンがロンドンの獲得に興味を示しており、同クラブは前述の移籍金を支払う意思を持っているようだ。 したがって、アシュリーオーナーが考えを変えない限り、ロンドンの今夏流出は濃厚な情勢だ。 仮に、ロンドンが退団した場合、日本代表FW武藤嘉紀の起用法などに関しても影響を及ぼしそうだ。 2019.03.24 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック、WBAから21歳のスコットランド代表MFをレンタルで獲得

セルティックは5日、WBAからスコットランド代表MFオリヴァー・バーク(21)をレンタルで獲得したことを発表した。移籍期間は今シーズン終了時まで。 ノッティンガムでプロキャリアをスタートさせたバークは、2016年8月にライプツィヒへ完全移籍。2017年8月にWBAに活躍の場を移し、今シーズンはここまで公式戦11試合4ゴール3アシストを記録していた。 2019.01.05 21:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース