メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》2017.01.09 06:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。▽首位レアル・マドリーを暫定3ポイント差で追う2位のバルセロナは、4位のビジャレアルとの上位対決で新年のリーガをスタート。5日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグで試合終盤に9人となったビルバオ相手にまさかの黒星を喫したバルセロナは、その一戦から先発3人を変更。マスチェラーノとディーニュが最終ラインに入り、ラキティッチに代わってアンドレ・ゴメスがブスケッツ、イニエスタと共に中盤で起用された。

▽リーガ最多の41ゴールを誇るバルセロナに対して、リーガ最少の11失点を誇るビジャレアルという、リーガ最強の矛と最強の盾が激突した注目の一戦。前から積極的に圧力をかけるホームチームのプレスを、イニエスタやメッシを起点にいなしていくアウェイチームは、開始3分にイニエスタがファーストシュートを放つなど、攻勢を見せる。続く9分にはメッシの浮き球パスに抜け出したネイマールがボックス右でシュートを狙うが、これは飛び出したGKアセンホに阻まれる。

▽一方、ハイプレスとコンパクトな陣形を保ったリトリート守備の二段構えで相手の強力な攻撃を迎え撃つビジャレアルは、持ち味の素早い攻守の切り替えから鋭いカウンターを仕掛ける。9分に古巣対戦のドス・サントスが惜しいボレーシュートを放つと、その後は快速FWサンソーネが続けてボックス内まで持ち込んでGKテア・シュテーゲンを脅かした。

▽その後も戦術的な要素と、個々のスキルが混ざり合う緊迫感のある攻防が続く。前半終盤にかけては中盤で潰し合う場面が目立ち、互いにフィニッシュまで持ち込めない。それでも、ネイマールの左CKからニアに走り込んだメッシが枠を捉えたヘディングシュート、45分にはボックス手前で左サイドのディーニュから折り返しを受けたスアレスが狙い澄ましたダイレクトシュートを放つが、いずれもGKアセンホに防がれ、前半はゴールレスで終了した。

▽後半も前半同様にボールを保持するバルセロナに対して、ビジャレアルが堅守速攻で応戦。すると50分、ホームチームの得意の形から先制点が生まれる。左サイドを攻め上がったディーニュの横パスを自陣深くでインターセプトしたソリアーノがすぐさまパトに預ける。相手陣内をドリブルで持ち上がったパトがボックス右に走り込むサンソーネに絶妙なスルーパスを送ると、イタリア代表FWは冷静にゴール左隅へ流し込んだ。

▽敵地で先制を許したバルセロナは、すぐさま反撃を開始。55分過ぎには“MSN”の高速カウンターからゴール前のメッシに絶好機も、ここは相手に囲まれてフィニッシュまで持ち込めない。

▽流れを変えたいルイス・エンリケ監督は、68分にアンドレ・ゴメスを下げて古巣対戦のデニス・スアレス、71分にはディーニュを下げてアルダを投入。この交代でブスケッツがセンターバック、マスチェラーノが左サイドバックに移り、[4-2-3-1]の攻撃的な布陣に変更した。

▽ここから猛攻を見せるバルセロナは、73分にボックス手前でイニエスタのパスを受けたメッシが密集地帯で左足を振り抜くが、このシュートは左ポストを叩く。さらに75分にはカウンターからメッシのパスに抜け出したスアレスが深い切り返しでDFを外し、左足のシュートを放つが、今度はGKアセンホのファインセーブに遭う。

▽その後、守備的な交代カードを切って逃げ切りを図るビジャレアルをバルセロナが押し込んでいく。だが、最後の場面で圧巻の集中力を発揮するホームチームが、再三のピンチを防ぐ。だが、敗色濃厚のバルセロナを救ったのは、頼れるエースの左足だった。90分、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKを得たメッシは、集中した表情で左足を振り抜くと、このシュートがゴール左上隅を寸分違わず射抜き、劇的な同点ゴールが生まれた。

▽メッシの公式戦2試合連続直接FK弾で土壇場で振り出しに戻った試合は、試合終了間際にジャウメが2枚目の警告を受けて退場となるアクシデントもあったが、1-1のままタイムアップ。上位対決に相応しい白熱の攻防を繰り広げた両者だが、首位レアル・マドリーの背中が遠のく痛み分けのドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、ユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱している。 移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGやバイエルン、ユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGがポールポジションにいるようだ。 錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.19 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

松本の快速FW前田大然、今夏バルサBへ!? レンタル移籍の可能性

バルセロナが、松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 2016年に山梨学院大学附属高校から松本に加入した前田。プロ1年目は出場機会に恵まれなかったが、翌年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで才能が開花すると、明治安田生命J2リーグ36試合で13ゴールを記録した。 昨シーズンから松本に復帰し、持ち前のスピードを存分に発揮。今シーズンは自身初挑戦となるJ1の舞台で14試合1ゴールにとどまっているものの、15日にブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれている。 その韋駄天に対してスペイン王者であるバルセロナが調査をしているという。松本との契約を3年残していることからレンタルでの獲得を目指す模様であり、Bチームでプレーさせたいと考えているようだ。 また、ポルトガルの複数クラブが関心を示しているが、前田当人がバルセロナとの交渉を優先したいと考えているとのことだ。 なお、前田は第99回天皇杯のメンバーから外れている。コパ・アメリカの活躍次第では、海外移籍が加速するかもしれない。 2019.06.18 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース