リバプールのスペイン人FWルイス・アルベルトがラツィオ移籍2016.08.30 03:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは29日、スペイン人FWルイス・アルベルトをラツィオへ完全移籍で放出することを発表した。イギリス『BBC』によれば、移籍金は430万ポンド(約5億7000万円)とのことだ。

▽2013年夏にカンテラ時代を過ごしたセビージャからリバプールに移籍したL・アルベルトだったが、ブレンダン・ロジャーズ前監督の信頼を得るには至らずプレミアリーグでは9試合の出場に留まっていた。

▽そして2014年夏にマラガへ、2015年夏にデポルティボへレンタルに出されていた。2015-16シーズンはデポルティボでリーガエスパニョーラ29試合に出場して6ゴール7アシストと活躍してリバプールに戻っていたが、ユルゲン・クロップ監督の評価を覆すことはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

PFA年間最優秀選手候補6人が発表!シティから最多3人

PFA(プロサッカー選手協会)は20日、2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手候補の6名を発表した。 PFAはイングランドとウェールズでプレーするプロサッカー選手からなる組織。同賞は毎年、PFAに加入している選手らの投票で決まる。 今年はマンチェスター・シティからは最多の3選手がノミネート。FWセルヒオ・アグエロ、FWベルナルド・シウバ、FWラヒーム・スターリングが選出された。 FWサディオ・マネとDFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれたリバプールからはシティに次ぐ2選手。 残る1人は2015年に同賞を受賞したチェルシーのMFエデン・アザールだ。 昨季受賞のリバプールFWモハメド・サラーは選ばれなかった。 最優秀選手の発表は今月28日に行われる表彰式で明かされる。 2019.04.20 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミルナー、バルサ撃破に自信「カンプ・ノウは難所だけど…」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 リバプールは今シーズンのCL決勝トーナメントでここまで、バイエルン、ポルトを破りベスト4に進出。次の準決勝ではバルセロナと対戦することが決定すること決まったが、ミルナーは2年連続の決勝進出に自信を見せている。 「僕たちはバルセロナに勝つことができる。だけど、彼らは強敵でありカンプ・ノウは難所だから、とても難しい試合になるのは理解しているよ」 「バルセロナは、僕たちのようなスタイルのチームとたくさん対決したことはないと思う」 「カンプ・ノウは素晴らしい雰囲気で、素晴らしいスタジアムだ。ベストを尽くさなければならない。でも、彼らにとっても難しくなるだろうね」 なお、リバプールは5月1日にアウェイ・カンプ・ノウでの1stレグ、5月7日にホーム・アンフィールドでの2ndレグに挑む。 2019.04.20 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、メッシの止め方に「全員で対応する」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、バルセロナ戦について言及している。イギリス『メトロ』が伝えている。 リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦。1stレグを2-0で勝利したリバプールは、序盤こそ相手の圧力に押し込まれたが、26分にFWサディオ・マネのゴールで先制すると、65分にFWモハメド・サラーが追加点を奪う。その後、ポルトに1点を返されたが、途中出場のFWロベルト・フィルミノ、ファン・ダイクにもゴールが生まれ、4-1で勝利。2戦合計スコア6-1で準決勝進出を決めた。 この結果、準決勝でバルセロナとの対戦が決定。守備の要であるファン・ダイクはベスト4進出を喜ぶとともに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの抑え方についても言及した。 「分からない。分かっているのは僕たちにとって素晴らしい対決になるということだ」 「再びセミファイナルに進出できてとても嬉しい。僕が言えるのはそれだけだよ」 「(メッシの止め方は)全員でやることだね。一対一の勝負ではないし、特定のストライカーだけを見ることはしない。僕たち全員で対応することであり、これが唯一上手く守る方法だね」 「難しいだろうね。僕は彼が世界最高のプレーヤーだと思っているけど、まぁ見ててよ」 2019.04.18 20:06 Thu
twitterfacebook
thumb

クロップ、2季連続ベスト4に歓喜…バルサとの激突に「楽しみ」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、2シーズン連続での準決勝進出に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。 リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦。1stレグを2-0で勝利したリバプールは、序盤こそ相手の圧力に押し込まれたが、26分にFWサディオ・マネのゴールで先制すると、65分にFWモハメド・サラーが追加点を奪う。その後、ポルトに1点を返されたが、その後、途中出場のFWロベルト・フィルミノ、DFヴィルヒル・ファンダイクが加点し、4-1で勝利。2戦合計スコア6-1で準決勝進出を決めた。 試合後、クロップ監督はベスト4進出を喜ぶと共にバルセロナとの公式戦での対戦を待ちわびた。 「複数のゴールを決めたし、他にもビッグチャンスがあった。守り切るためにアリソンも必要だった。後半はポルトの勢いが衰退し、ゲームをコントロールしやすくなったね」 「我々は、ポルトが最初の30分で見せたプレーを維持することができないと思っていた。ヘンダーソンとフィルミノを後半から起用したかった理由はそこにある」 「我々は、昨シーズンも準決勝に到達した唯一のクラブだと思う。フレンドリーマッチではない試合でバルセロナと対戦するのは今回が初めてだ。それを楽しみにしているよ」 2019.04.18 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: ポルト 1-4(AGG:1-6)リバプール《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ポルトvsリバプールが17日に行われ、1-4でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコアを1-6としたリバプールが準決勝に進出している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190418_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カシージャス 5.0 防げるシュートはなかったが4失点 DF 3 ミリトン 6.0 一矢報いるゴールを決めた 28 フェリペ 5.5 ビルドアップなどで貢献も守備が崩壊した 33 ペペ 5.0 守備を最後までまとめきれず 13 A・テレス 5.5 CKからアシストをマーク。サラーをまずまず止めていた MF 25 オタビオ 5.0 攻撃面で目立った働きはなかった (→ソアレス 5.5) シュートの意識は高かった 16 H・エレーラ 5.5 高いポジションを取って攻撃に絡む意思を見せた 22 ダニーロ 5.5 ディフェンスラインの前に位置し、攻守に絡んでいた 8 ブラヒミ 5.0 1本枠内シュートがあったが消えていた (→ブルーノ・コスタ -) FW 11 マレガ 6.0 強靭なフィジカルを武器にゴールへ迫った 17 ヘスス・コロナ 5.5 前半序盤はドリブルでの仕掛けで違いを生んだ (→フェルナンド -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.0 失点するまでは素晴らしかったが、90分を通すと完敗 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190418_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 序盤に打たれた多くの枠内シュートを的確にセーブ DF 66 アーノルド 6.5 絶妙なスルーパスでサラーのゴールをアシスト。ブラヒミにも仕事をさせず (→J・ゴメス 5.0) 長期離脱からの復帰戦。1本ミスパスでピンチを招く 32 マティプ 5.5 ヘスス・コロナの対応に手を焼くも凌いだ 4 ファン・ダイク 6.5 さすがの対応力で序盤の劣勢を水際で凌ぎ、4点目を叩き込んだ 26 ロバートソン 5.5 守備に重点を置いたプレーでオタビオを封じる (→ヘンダーソン 6.0) フィルミノの3点目をアシスト MF 5 ワイナルドゥム 5.5 守備に追われたが踏ん張る 3 ファビーニョ 5.5 ややポルトの2トップにボールを入れさせ過ぎた 7 ミルナー 5.5 H・エレーラの対応に注力。4点目をCKから演出 FW 11 サラー 6.5 さほど良い形でボールを持てなかったが、先制点を演出し、2点目を決めた 10 マネ 6.5 ポルトの息の根を止めるアウェイゴールを獲得 27 オリジ 5.0 守勢に回った中、なかなか前線でボールを収められず (→フィルミノ 6.5) 後半から出場。2点目の起点となり、3点目を決めた 監督 クロップ 6.5 終わってみれば快勝。実力の違いを見せ付けて2季連続のベスト4進出 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マネ(リバプール) 相棒のサラーやフィルミノらも決定的な仕事を果たしたが、相手の勢いを削ぐ1点目のアウェイゴールを奪ったマネを選出。 ポルト 1-4 リバプール 【ポルト】 ミリトン(後23) 【リバプール】 マネ(前28) サラー(後20) フィルミノ(後32) ファン・ダイク(後39) ※2戦合計スコア1-6でリバプールが準決勝進出! 2019.04.18 06:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース