広州恒大の元イタリア代表FWディアマンティがパレルモにフリーで加入…昨季はワトフォード、アタランタでプレー2016.08.29 20:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パレルモは29日、中国スーパーリーグの広州恒大から元イタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ(33)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入となり、2年契約を締結。1年間の延長オプションが付いているとのことだ。▽ディアマンティは、下部リーグで長らくプレー。2007年にリヴォルノへと移籍し活躍を見せると、2009年ウェストハムへと完全移籍。その後、ブレシア、ボローニャを渡り歩いて、2014年に広州恒大へと完全移籍加入していた。

▽2015年1月には広州恒大からフィオレンティーナへとレンタル移籍すると、同年8月にはワトフォードへとレンタル移籍。今年1月からはアタランタへとレンタル移籍していた。

▽広州恒大では公式戦35試合に出場し8得点を記録。中国スーパーリーグでは24試合4得点、AFCチャンピオンズリーグでは9試合4得点を記録していた。

▽また、2010年からプレーしていたイタリア代表では17キャップを記録。しかし、広州恒大移籍後は招集されていなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

ウディネーゼ、パレルモから元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFを獲得!

ウディネーゼは11日、セリエBのパレルモから元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFマト・ヤヤロ(31)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 2015年1月にリエカからパレルモへ加入したヤヤロは、加入当初からレギュラーとして活躍。在籍4年半で公式戦147試合に出場6ゴールをマーク。今季はセリエBで33試合に出場し3ゴールを記録していた。 また、スター候補として各年代のクロアチア代表として活躍しヤヤロは、2014年にフル代表デビュー。国際親善試合2試合に出場したが、2016年10月にボルニア・ヘルツェゴビナに国籍を変更。ボルニア・ヘルツェゴビナ代表では、これまで7試合に出場している。 2019.06.12 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

そんなバカな…お騒がせクラブのパレルモ、セリエBで3位も3部に降格処分

セリエB(イタリア2部)は13日、理事会を実施。パレルモをセリエC(3部)に降格させることを決定した。 2016-17シーズンのセリエAで19位となり、セリエBに降格したパレルモ。昨シーズンは昇格プレーオフで敗退し1年での昇格を逃していたが、今シーズンもブレシア、レッチェに続き、3位でリーグ戦を終えていた。 今シーズンも昇格プレーオフからセリエA復帰を目指していたが、シーズン終了後に問題が発覚。かつてのオーナーであったマウリツィオ・ザンパリーニ会長が、自身が設立した会社に売却。この件で、財務管理と管理体制の不備があるとして処分が下され、セリエCへの降格が決定した。 FIGC(イタリアサッカー協会)の裁判所は、「健全な財務管理の原則を回避することを目的とし、現実に忠実ではない方法で会社を健康な財務状態に戻すことを目的とした活動があった」と声明を発表。この行為は2015年から2018年まで継続的に行われていたとのことだ。 これにより、6クラブによって行われる昇格プレーオフの1枠が空いたため、リーグ戦を9位で終えていたペルージャが繰り上げでプレーオフに参加。また、残留プレーオフに進むことが決まっていた15位のベネツィアがセリエB自動残留に。また、自動降格が決まっていたフォッジャが残留プレーオフに臨むこととなった。 なお、フォッジャは今シーズンの勝ち点を6ポイントマイナスされているが、これは17日に最終的な判決が下されるとのこと。結果次第では、下位の順位が変更となる。自動降格はパレルモの他、カルピとパドヴァとなる。 2019.05.14 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格を目指すパレルモ、残り4試合のブースト目指しデリオ・ロッシ氏を3度目の招へい

セリエBのパレルモは24日、新監督にデリオ・ロッシ氏(59)を招へいすることを発表した。 現在セリエBに所属するパレルモは、ここまで32試合を戦い3位に位置。セリエAへの復帰に向けて好位置につけている。 しかし、直近の5試合で2勝2分け1敗。シーズンも残り4試合となった中、ロベルト・ステッローネ監督を解任。最後の仕上げをロッシ監督に任せることに決定したようだ。 ステッローネ監督は、昨シーズンもパレルモを率い、チームは4位になったもののセリエA昇格を逃し解任。今シーズンはブルーノ・テディノ監督を迎えたが、開幕から7試合で解任し、ステッローネ監督を復帰させていた。 ロッシ監督は過去にも2度パレルモを指揮しており、2009-10シーズンにはチームをセリエAで5位に導く手腕を見せる。また、翌シーズンはリーグ戦こそ8位に終わるも、コッパ・イタリアで決勝に導き、最終的には準優勝に終わっていた。 これで通算3度目の監督就任となるロッシ監督。果たして残り4試合で自動昇格圏の2位に導くことはできるだろうか。はたまたプレーオフでの昇格を決められるのだろうか。 2019.04.24 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

その価格たったの“10ユーロ”…カバーニやディバラを見出したパレルモが売却

▽現在はセリエBに所属するパレルモが、ロンドンの企業に売却したとマウリツィオ・ザンパリーニ会長が発表した。その価格が驚愕だった。 ▽イギリス『BBC』によると、パレルモは「ロンドンに本社を置く企業」に売却されたとのこと。その価格はわずか10ユーロ(約1300円)だったという。 ▽パレルモと言えば、2002年にチームを買収したザンパリーニ会長が有名。セリエC1が定位置となっていたクラブはセリエB、セリエAと昇格。2004-05シーズンから2012-13シーズンまではセリエAに定着していた。 ▽また、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(ユベントス)、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(ローマ)など南米選手の最初の移籍先としても知られ、ビッグクラブへ売却する方針でも知られている。 ▽その他にも、ザンパリーニ会長在任期間に起用された監督は45名。特に、結果が出ない監督はすぐに解任されることが多く、フランチェスコ・グイドリン氏は4度も解任されており、過去に率いた指揮官が再就任することも少なくなかった。 ▽ザンパリーニ会長は、「クラブの未来を考える」と今回の売却を説明。「当面の目的は、私が出来なくなった投資が可能であり、より多くの財政力で継続してくれる人を見つけることだった」と売却先を探していたことを明かした。 ▽また、「新たにロンドンを本社とするオーナーは、スタジアムとトレーニング場の建設を計画している」とこの先の展開についてもコメントした。 ▽現在のパレルモはセリエBで首位に立っている。 2018.12.03 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季ミラン戦で劇的ゴールのGKブリニョーリがパレルモへ完全移籍

▽セリエBのパレルモは25日、ユベントスのイタリア人GKアルベルト・ブリニョーリ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽2015年2月にテルナーナからユベントスに加入したブリニョーリは、ユベントスでは出場機会を得られず、これまでサンプドリアやレガネス、ペルージャにレンタル移籍していた。2017-18シーズンはベネヴェントにレンタル移籍し、セリエAで13試合に出場。第15節のミラン戦では後半アディショナルタイムにヘディングシュートで同点ゴールを決め、セリエA初昇格のチームに初勝ち点をもたらしていた。 2018.07.26 02:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース