“バッドボーイ”ムトゥが2度目の現役引退を発表2016.06.05 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ(37)が自身2度目の現役引退を表明した。同選手が自身のSNSを通じて発表した。▽かつてパルマやチェルシー、ユベントス、フィオレンティーナで活躍したムトゥは、母国のペトロルル・プロイェシュティに在籍していた2015年1月に健康面と母親の看病を理由に1度目の現役引退を発表した。

▽だが、引退発表から半年後の2015年7月にインド・スーパーリーグのプネー・シティで現役復帰を発表。その後、2016年1月には母国のトゥルグ・ムレシュでプレーしていたが、シーズン終了後に今シーズン限りでの現役引退を発表した。

▽ルーマニア代表として通算77試合に出場し、35ゴールを記録するなど、近年のルーマニアサッカー界をけん引してきたムトゥだが、過去にコカイン使用の疑いで2度のドーピング違反を犯すなど、“バッドボーイ”としても有名だった。
コメント
関連ニュース
thumb

ルーマニアとフランスが思惑通りのドローでベスト4進出&五輪出場! イタリアは敗退…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC最終節、U-21フランス代表vs U-21ルーマニア代表が24日に行われ、0-0で引き分けた。 3日前に行われたU-21クロアチア代表戦を1-0と勝利して2連勝とした2位フランスと、U-21イングランド代表戦を4-2と勝利して2連勝とした首位ルーマニアの一戦。 引き分けで共にベスト4進出と東京五輪出場が決まる両国の試合は、マテタを最前線で起用したフランスが押し込む展開で立ち上がっていくも、ルーマニアもプシュカシュとハジを起点としたカウンターで応戦していく。 互いにアグレッシブな入りとなった中、徐々にルーマニアのカウンターがフランスを脅かす展開に。しかし、決定的なシュートには持ち込めずゴールレスで推移していった。 ハーフタイムにかけては両チームが慎重なボール回しに終始した中、前半を思惑通りのゴールレスで終えた。 迎えた後半、前半同様にフランスが押し込む入りとなったが、やはり決定的なシュートにつなげることはできない。 前半半ば以降もフランスが仕掛ける状況が続くも、ゴール前に迫るシーンは訪れない。そんな中79分、ルーマニアに両チーム通じてこの試合最初の決定機。右サイドからのFKを味方が逸らし、相手DFに当たったボールがゴール方向へ。しかし、わずかに枠を外れた。 終盤にかけては互いにリスクを冒すことなく時間が経過。両チームが思惑通りの引き分けに持ち込み、ルーマニアとフランスがベスト4進出を決めるとともに、東京五輪出場を決めている。 準決勝ではルーマニアがU-21ドイツ代表と、フランスがU-21スペイン代表と、いずれも27日に対戦する。 また、敗退の決まっているU-21クロアチア代表vsU-21イングランド代表は、打ち合いの末に3-3で引き分け、両チーム勝利なく大会を終えている。 ◆グループC順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ルーマニア[7/3/5] 2.フランス[7/3/2] 3.イングランド[1/3/-3] 4.クロアチア[1/3/-4] 2019.06.25 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤の壮絶な打ち合いを制したルーマニアが連勝で五輪出場に前進! 連敗のイングランドは敗退《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第2節、U-21イングランド代表vsU-21ルーマニア代表が21日に行われ、2-4でルーマニアが勝利した。 初戦のU-21フランス代表戦を退場者を出した中1-2と逆転負けしたイングランドと、U-21クロアチア代表戦を4-1と快勝したルーマニアの一戦。 イングランドは3日前に行われたフランス戦から5選手を変更。フォーデンやソランケ、ワン=ビサカらに代えてキャルバート=ルーウィン、バーンズ、ケニーらを起用した。 初戦のクロアチア戦と同じスタメンで臨んできたルーマニアが序盤はペースを掴む。開始3分にハジのミドルシュートでGKを強襲すれば、6分にはボックス右からイバンが強烈なシュートでGKを襲った。直後にもCKの流れから浮き球パスに抜け出したボックス内のイバンが決定的なシュートを浴びせるも枠外に外してしまった。 その後、10分にマディソンの直接FKでゴールに迫ったイングランドだったが、[4-4-2]の守備ブロックを形成してカウンターを狙うルーマニアを攻略できない状況が続く。 前半半ば以降からハーフタイムにかけてはイングランドがポゼッションを高める展開となった中、追加タイムにはマウントがミドルシュートでオンターゲットを記録するも、GKラドゥの好セーブに阻まれ、ゴールレスで前半を終えた。 後半からバーンズに代えてセセニョンを投入したイングランドは開始3分に左CKからドーウェルのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のDFにクリアされた。直後、ルーマニアはハジに決定機が訪れ、GKヘンダーソンを強襲して応戦。 その後も互角の攻防が続いた中、イングランドは後半から出場していたセセニョンが負傷し、57分にフォーデンが投入された。61分にはマディソンのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKラドゥのファインセーブに阻まれた。 凌いだルーマニアは65分、CKからパシュカヌがヘディングシュートを浴びせるも、GKヘンダーソンの守備範囲だった。それでも75分、ルーマニアがPKを獲得する。ボックス内でルーズボールを拾ったコマンがシュートフェイントをかけ、ケニーに倒された。このPKをプシュカシュが決めてルーマニアが先制した。 追いかける展開となったイングランドは左サイドバックのダシルバに代えてアタッカーのエイブラハムを投入。すると79分、左サイドからカットインしたグレイがボックス手前からミドルシュートを放つと、右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれ、試合を振り出しに戻した。 その後も攻勢に出たイングランドだったが、85分にルーマニアが勝ち越す。決めたのはハジ。トモリのクリアミスを拾ったハジがペナルティアーク左から左足ミドルを豪快に蹴り込んだ。 ハジの2戦連発弾で勝ち超したルーマニアだったが、イングランドがすかさず追い付く。浮き球パスに抜け出したボックス右のエイブラハムがゴール左にシュートを流し込んだ。 それでもルーマニアが三度勝ち越す。左サイドからカットインしたコマンがミドルシュートを放つと、GKヘンダーソンが後逸。ミスを突いてルーマニアがリードした。 イングランドは追加タイムにエイブラハムが2度決定機を迎えるも、バーにも弾かれると、試合終了間際にルーマニアが勝負を決定付ける。バイタルエリア中央でルーズボールを拾ったコマンが強烈なボレーシュートをネットに突き刺した。イングランドに競り勝ったルーマニアは2連勝でベスト4進出に王手をかけている。一方、連敗のイングランドは敗退となった。 2019.06.22 03:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ハジ息子活躍のルーマニアがクロアチアに4発快勝で白星発進!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第1節、U-21ルーマニア代表vsU-21クロアチア代表が18日に行われ、4-1でルーマニアが快勝した。 U-21イングランド代表とU-21フランス代表が同居しているグループC。ルーマニアのレジェンドであるゲオゲル・ハジ氏の息子であるヤニスが先発したルーマニアと、ハリロビッチやブレカロらが先発したクロアチアの一戦となった。 オープンな展開で立ち上がった一戦は9分、ハンドによりPKを得たルーマニアがプシュカシュのゴールで先制する。さらに14分、プシュカシュのヘディングシュートのルーズボールをハジが詰めて加点した。 一気に2点を追う展開となったクロアチアはブレカロの負傷を受けて、15分にブラダリッチを投入。嫌な流れが続いたが、18分に1点を返した。ボックス手前中央からのヴラシッチのミドルシュートが決まった。 ハーフタイムにかけてはオープンな展開となったもののゴールは生まれず、ルーマニアの1点リードで終了した。 迎えた後半、54分にハジの直接FKがバーを直撃したルーマニアが攻勢に出る流れで推移する中、66分に3点目を奪った。ボックス右に侵入したバルタがDFをかわして左足でシュートを蹴り込んだ。 終盤、ハリロビッチを諦めてムリッチを投入したクロアチアだったが、追加タイムにもゴールを許して1-4で完敗。ルーマニアが快勝で初戦を勝利で飾っている。 2019.06.19 03:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手…第3CBのキリケシュが左ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱…

▽ナポリは10日、ルーマニア代表DFヴラド・キリケシュが左ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。 ▽キリケシュは7日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグCグループ4のモンテネグロ代表戦の前半半ばに左ヒザを負傷。その後、行われたローマのヴィラ・スチュワート病院で行われた精密検査の結果、前十字じん帯断裂と診断された。 ▽キリケシュはナポリでセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、スペイン代表DFラウール・アルビオルに続くセンターバックの3番手を担っており、大きな痛手となりそうだ。 2018.09.11 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

“バッドボーイ”ムトゥがルーマニア1部リーグの監督に就任!

▽ルーマニア1部に所属するFCヴォルンタリは、元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ氏(39)が同クラブの監督に就任したことを発表した。 ▽ムトゥは現役時代にインテル、パルマ、チェルシー、ユベントス、フィオレンティーナなどでプレーし、フランスやインドでプレーした後、2016年に現役引退。 ▽ルーマニア代表としては通算77試合に出場して、35ゴールを記録するなど、ルーマニアサッカー界をけん引してきたが、現役時代にはコカインを使用し、2度のドーピング検査に引っかかるなど“バッドボーイ”としても名を馳せ、飲酒問題でルーマニア代表を永久追放されたこともあった。 ▽FCヴォルンタリは2010年に創設されたクラブで、2014-15シーズンに2部リーグを優勝して、初の1部リーグ昇格を果たした。昨シーズンにはリーグ戦で14チーム中9位、国内カップではアストラを撃破して初優勝を飾っていた。しかし、今シーズンはレギュラーシーズンで10位、下位8チームで行われる残留プレーオフでは1勝1分け3敗と苦戦を強いられ、14日に監督解任を決断していた。 2018.04.19 09:40 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース