岡崎所属のレスターがガーナ代表MFアマルテイを獲得…2020年6月までの4年半契約2016.01.23 13:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レスター・シティは22日、コペンハーゲンに所属するガーナ代表MFダニエル・アマルテイ(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月までの4年半となる。

▽アマルテイは、守備的な中盤のポジションでプレーし、スウェーデンのユールゴーデンIFで活躍すると、2014年7月にコペンハーゲンへと移籍。コペンハーゲンでは、チャンピオンズリーグ予選にも出場するなど結果を残し、2015年にはガーナ代表デビューを果たしている。

▽なお、移籍金は非公開となっているものの、イギリス『スカイ・スポーツ』は600万ポンド(約10億円)を用意しているとも報じられていた。
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎慎司、レスター退団か 英複数媒体報じる

レスター・シティに所属する元日本代表FW岡崎慎司(33)の移籍が既定路線だという。イギリス『テレグラフ』が報じた。 2015年夏にマインツから加入した岡崎。その初年度にクラウディオ・ラニエリ氏の下でレスター史上初のプレミアリーグ制覇に貢献したが、徐々に出場機会が減っている。 その岡崎の契約は今シーズン終了まで。2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指しており、今夏の移籍市場で新たな挑戦先を求める意向とみられる。 また、イギリス『デイリー・メール』も岡崎の今夏移籍を報道。新天地として、イタリアやスペインといった海外でのチャンスを模索していると指摘している。 2019.04.16 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがレスターを下して残留へ前進! 日本人対決は実現せず《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、レスター・シティvsニューカッスルが12日に行われ、ニューカッスルが1-0で勝利した。岡崎慎司と武藤義紀はともに出番はなかった。 7位のレスター(勝ち点47)と、15位のニューカッスル(勝ち点35)の対戦。 リーグ戦ここ4連勝とブレンダン・ロジャーズ監督の下で調子を上げてきたレスター。2年ぶりの5連勝を目指す今節のスタメンは、前節から1人変更。ソユンクに代わりマグワイアが先発に復帰した。 一方のニューカッスルは現在2連敗中。残り一枠となった降格圏の18位から勝ち点差は「7」あるとはいえ、消化試合が1試合多いためあまり油断はできない。4試合ぶりの勝利を目指し、スタメンはディフェンスを2人変更。ケガで今季絶望のルジューヌとイェドリンを代えて、ダメットとマンキージョが先発に起用された。 岡崎と武藤がともにベンチスタートとなった一戦。まずは2分にニューカッスルがラッセルズのヘディングシュートで先制パンチ。対するレスターもその直後に、ヴァーディがボックス中央からシュートを狙うも枠を外した。 互いに決定機を迎えた序盤戦。15分にボックス手前でFKを得たニューカッスルは、直接狙ったロンドンの強烈なシュートがクロスバーを直撃。25分にはヘイデンがボックス内からシュートを狙ったが、ゴール左を狙ったシュートはGKシュマイケルにセーブされた。 試合が動いたのは32分。ポゼッションでは劣るニューカッスルがピッチ中央でボールを奪って左へ展開。リッチーが上げたクロスに対し、ニアサイドに飛び込んだアルミロンが頭で流し込んで、アウェイのニューカッスルが先制した。 後半も大勢は変わらず、ボールを保持するレスターと、カウンター狙いのニューカッスルという構図に。だがしばらくしても得点の匂いがしないレスターは72分にエンディディとグレイを下げてティーレマンスとイヘアナチョを同時投入。さらに80分にはバーンズを下げてオルブライトンをピッチに送り攻撃を活性化。これで岡崎の出場はなくなった。 そんなレスターは80分に味方の浮き球パスでヴァーディがゴール前へ。飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを放ったが、惜しくも枠を捉えることが出来ず。 一方のニューカッスルもアルミロンを下げてアツ、キ・ソンヨンを下げてディアメを投入。75分にアジョセ・ペレスがゴール前まで侵攻し、GKも躱そうとするがうまくいかなかった。 試合終盤にレスターは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったニューカッスルが虎の子の1点を守り切り1-0で勝利した。一方のレスターはこれでロジャーズ体制2敗目となった。 2019.04.13 06:03 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスターが最下位相手に4発快勝! リーグ4連勝で暫定7位に浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、ハダースフィールドvsレスター・シティが6日に行われ、アウェイのレスターが4-1で快勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司は61分から途中出場した。 前節、プレミアリーグ最速タイで降格が決定した最下位のハダースフィールドと、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す9位のレスターによる一戦。3連勝中のレスターはセンターバック2枚を入れ替えた以外、同じメンバーを起用。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 モチベーションで勝るレスターが立ち上がりからホームチームを押し込んでいく。再三相手のボックス内に侵入していく中でマディソンやグレイが決定機に絡む。 すると24分、右CKの流れからゴール前で混戦が生まれると、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したティーレマンスが見事な右足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。幸先良く先制に成功したレスターだが、34分にはGKシュマイケルが外に釣り出された状況でプリチャードにロングループを打たれるが、これは枠の右に外れる。その後はカウンターからグレイに決定機が訪れるも前半は1-0のスコアで終了した。 迎えた後半もレスターが早い時間帯にゴールを奪う。48分、右サイドのスペースに飛び出したリカルド・ペレイラから絶妙なグラウンダーのアーリークロスが供給されると、これをゴール左に走り込んだヴァーディがワンタッチで流し込んだ。 厳しい2失点目を喫したハダースフィールドだがすぐさま1点を返す。52分、ボックス内でグラントがDFソユンクに倒されてPKを獲得。これをキッカーのムーイが冷静に流し込んだ。 このゴールによってホームチームの勢いが増していく中、レスターは61分にバーンズを下げて3試合ぶりの出場となる岡崎をピッチに送り出す。ここからは行ったり来たりの展開が続き70分にはハダースフィールドがムニエのシュートで同点ゴールに迫るが、ここはGKシュマイケルの好守で凌ぐ。 何とか3点目を奪って試合を決めたいレスターは74分、ボックス手前中央の好位置でFKを獲得。これをキッカーのマディソンが見事な右足のシュートをゴール右隅に突き刺す。さらに84分にはカウンターでボックス内に侵入したヴァーディが相手DFに倒されてPKを獲得。これをヴァーディ自ら決めて試合を決定付ける4点目とした。 そして、このまま試合を4-1でクローズしたレスターが4連勝を飾り、暫定ながら7位浮上に成功した。 2019.04.07 01:09 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ熱視線のチルウェルにバルサとアトレティコも関心で三つ巴か

バルセロナとアトレティコ・マドリーが、レスターに所属するイングランド代表DFベン・チルウェル(22)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 レスターの下部組織で育ち、2015年にトップチームデビューを飾って以来、その能力の高さを示し続けているチルウェル。今シーズンのプレミアリーグ30試合で4アシストを記録しているほか、昨年9月にはイングランド代表デビューも果たしており、最も将来が嘱望される左サイドバックの1人だ。 そんなチルウェルには、DFバンジャマン・メンディ(24)のバックアップを探すマンチェスター・シティからの関心が報じられている。だが、今回伝えられるところによれば、バルセロナとアトレティコも獲得に興味を示しているようだ。 バルセロナではDFジョルディ・アルバ(30)の競争相手として、チルウェルをリストアップしている模様だ。一方のアトレティコでは、DFリュカ・エルナンデス(23)のバイエルン移籍が決定。加えて、DFフィリペ・ルイス(33)の契約が今シーズンまでとなっているが、契約延長には至ってはおらず、ディエゴ・シメオネ監督は2選手に代わる新たな主力として考えているという。 そして、両クラブはチルウェル獲得に向け5000万ポンド(約72憶5000万円)の移籍金を用意しているという。さらに、3月22日に行われたユーロ2020予選グループA第1節のチェコ代表戦にスカウトを派遣していたようだ。なお、この試合ではチルウェルはフル出場している。 また、レスターのブレンダン・ロジャーズ監督は、チルウェルを残留させることは難しいと考えているという。それでも同選手の慰留に努めるとのことだ。 2019.04.01 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルなど英複数クラブがジェネ獲得を検討か

プレミアリーグの複数クラブが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(27)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に、世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応し、リーガエスパニョーラ第28節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)圏内4位に位置するヘタフェの、堅守構築の中心を担っている。 当然、ジェネの能力は高く評価されており、欧州の数々のクラブからの注目を浴びている。しかし、同選手の契約解除金3500万ユーロ(約44億円)がネックになっており、リーガではバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーだけがそれだけの資金力を有しているが、それらのクラブは獲得を考えていない。 しかし、プレミアリーグであればジェネの契約解除金を支払うことが可能だ。『マルカ』によれば、アーセナルを初めエバートン、レスター・シティが同選手の今夏獲得を考えており、ヘタフェにとっては中心選手の引き抜きに怯える憂鬱なプレシーズンとなるかもしれない。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース