好調ボルシアMGに痛手、DFヤンチュケが左ヒザ手術で3カ月の離脱2015.12.16 03:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボルシアMGは15日、ドイツ人DFトニー・ヤンチュケが左ヒザの手術を受けたことを発表した。▽ヤンチュケは、12日に行われたブンデスリーガ第16節のレバークーゼン戦で左ヒザを負傷。その後、行われた検査の結果、前十字じん帯の部分断裂と内側半月板の損傷が判明した。

▽そして、同選手は15日にケルンで同箇所の手術を受けた。なお、全治には3カ月を要する見込みだ。

▽ボルシアMG生え抜きのヤンチュケは本職のセンターバックに加え、右サイドバック、守備的MFでもプレーできる守備のマルチロール。今シーズンは、公式戦12試合に出場し、キャプテンのオーストリア代表DFマルティン・シュトランツル不在時は、ゲームキャプテンを務めていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMG、指揮官古巣のザルツブルクからオーストリア代表DFライナーを獲得

ボルシアMGは19日、ザルツブルクのオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によれば1000万ユーロ(約12億1000万円)とのことだ。 右サイドバックのライナーは、2015年夏に下部組織時代を過ごしたザルツブルクに復帰。ザルツブルクでは公式戦171試合に出場し、13ゴール34アシストを記録した。今季はオーストリア・ブンデスリ-ガで25試合に出場し1ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは10試合に出場して4アシストを記録していた。 ボルシアMGは新シーズンからザルツブルクを指揮していたマルコ・ローズ監督が就任。愛弟子を獲得した格好だ。 2019.06.20 00:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラント流出のレバークーゼン、D・ザグレブのダニ・オルモに関心

レバークーゼンがディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるオルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。今シーズンは公式戦44試合に出場し、12ゴール9アシストの数字を残している。 その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。 だが、今回『キッカー』が伝えるところによれば、先日にドイツ代表MFユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンがその後釜としてリストアップしているという。その一方、同じくドルトムントにベルギー代表MFトルガン・アザールを引き抜かれたボルシアMGも獲得に動いているようだ。 なお、ディナモ・ザグレブはオルモの移籍金を2500万ユーロ(約30億6000万円)前後に設定している。 2019.06.08 15:09 Sat
twitterfacebook
thumb

トルガン・アザールのドルトムント移籍が公式発表!

ドルトムントは22日、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)をボルシアMGから獲得したことを発表した。契約は2024年までの5年契約となる。 移籍内容は非公開となった今回の契約。トルガン・アザールはドルトムントの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「ボルシアMGでの素晴らしい5年間には感謝の気持ちでいっぱいだ。本当に素敵な思い出なんだ」 「僕のキャリアで、ステップアップするには絶好のタイミングだった。素晴らしいファンを持つトップクラブであるドルトムントのためにプレーできるなんて誇らしいよ」 2014年にチェルシーからレンタルでボルシアMGに加入したトルガン・アザールは、そのシーズンに公式戦41試合5ゴール10アシストという結果を残し、翌年に完全移籍で同クラブの一員となった。 今シーズンはリーグ戦33試合に出場し10ゴール11アシストと、自身初のリーグ戦2桁ゴール2桁アシストを記録。レンタル期間を含めた在籍5年間では通算182試合に出場し48ゴール44アシストという成績を収めた。 なお、『ESPN』によれば、移籍金はおよそ4000万ユーロ(約49億8000万円)とされている。 また、ドルトムントは21日、ホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)を完全移籍で獲得したことを発表している。 2019.05.22 18:26 Wed
twitterfacebook
thumb

最終節で5発圧勝のレバークーゼンが来季CL出場権獲得!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節のヘルタ・ベルリンvsレバークーゼンが18日に行われ、1-5でレバークーゼンが勝利した。 リーグ戦6試合無敗中の5位レバークーゼンが、10位ヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ一戦。ボルシアMG、フランクフルトと三つ巴のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げるレバークーゼンは、前節のシャルケ戦で痛恨のドロー。4位浮上を逃したが、4位ボルシアMGが優勝を争うドルトムントと対戦するため、この試合で勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。 ハフェルツ、アラリオ、フォラントを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだレバークーゼンは、10分にヴェンデウのミドルシュートでまずはゴールを脅かす。 その後も押し込む展開が続くレバークーゼンは28分、最終ラインのターが前線にロングフィードを送ると、相手DFの裏に抜け出したハフェルツがボックス右から侵入し、シュートをゴール左に流し込んだ。 先制したレバークーゼンは、34分にピンチを迎える。ボックス左深くでボールキープしたイビセビッチが相手DFを背負いながらオーバーヘッドキックでクロスを供給。逆サイドで受けたドゥダが胸トラップから右足を振り抜くと、最後はゴール前のラザロがプッシュ。ヘルタが試合を振り出しに戻した。 同点に追いつかれたレバークーゼンだが、すぐに突き放す。38分、ヴェンデウのロングスルーパスを最前線で受けたアラリオがトラップでボックス内まで侵入。飛び出したGKの飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。 後半も先にスコアを動かしたのはリードするレバークーゼン。54分、右サイドを抜け出したアランギスがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス手前に走り込んだブラントがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。 リードを広げたレバークーゼンは72分、ヴァイザーの右クロスをアラリオがフリックすると、ファーサイドのフォラントがボレーシュート。右に逸れたシュートが再びアラリオの下へ流れると、トラップミスでバウンドしたボールを頭で押し込んだ。 試合を決定付けたレバークーゼンは、終盤の88分にもハフェルツのパスで右サイド深くまで侵入したL・ベンダーの折り返しをアラリオが押し込み、ハットトリックを達成。 結局、試合は1-5のままタイムアップ。同時刻に行われた試合でボルシアMGがドルトムントに敗戦したため、レバークーゼンは4位に浮上し来季のCL出場権を獲得した。 2019.05.19 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

古巣対戦ロイスが意地の1G1Aもドルトムントの逆転優勝はならず…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ボルシアMGvsドルトムントが18日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、アウェイのドルトムントが2-0で勝利した。 首位バイエルンと勝ち点2差で最終節を迎えたドルトムントは、勝利且つバイエルンの敗戦で逆転優勝が決まるという厳しい状況の中、勝利でチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決まる4位ボルシアMGとのアウェイゲームに臨んだ。 2試合の出場停止が明けた古巣対戦のロイスを先発復帰させるなど、現状のベストメンバーを送り込んだドルトムントだが、立ち上がりはCL出場権獲得に向けて高いモチベーションを見せるホームチームに押し込まれる。12分にはボックス手前右からカットインしたトラオレに際どいシュートを許すが、これはクロスバーに救われる。 開始4分にバイエルン先制の一報がスタジアムの電光掲示板に記されたこともあり、なかなか攻撃のギアが上がりきらない中、ドルトムントはエースのロイスの個人技を軸に幾度か相手ゴールへ迫る。23分にはプリシッチの右CKからピシュチェクのヘディングにファーのヴィツェルが反応もわずかに届かない。37分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのロイスが直接狙うが、これはわずかに枠の左に外れる。 このままゴールレスで前半終了と思われた中、やはり試合を動かしたのは元ボルシアMGのエース。45分、カウンターから左サイド深くに抜け出したロイスがボックス左ゴールライン際で何とかボールを残して浮き球で折り返すと、これをファーでフリーのサンチョが丁寧な右足インサイドのボレーで流し込んだ。 バイエルンと同様に1-0のスコアで試合を折り返したドルトムントは、少しでもバイエルンにプレッシャーをかけようと攻勢を仕掛けていく。すると54分、左サイドを起点としたカウンターからゲッツェ、サンチョ、プリシッチと斜めにボールが繋がってプリシッチがGKと最終ラインの間にグラウンダーの高速クロス。これを走り込んだロイスがワンタッチで流し込み、貴重な追加点とした。 この2失点目で心が折れた感もあるボルシアMGはストロブル、プレア、ヘアマンと積極的な選手交代で流れを変えにかかるが、なかなか攻め手を見出すことができない。 一方、2点リードのドルトムントだが、バイエルンが後半のゴールラッシュで大量リードを得たこともあり、アウェイスタンドはやや沈んだ雰囲気に。それでも、ピッチ上ではドルトムントラストゲームのプリシッチやロイスが気迫のこもったプレーをみせ、幾度か3点目に迫っていく。その後、83分にはロイスを下げて今季限りでの退団が噂されるシュメルツァーを投入するなど、シーズン最終戦らしい采配で試合を締めに掛かる。 結局、試合はこのままタイムアップ。今季最終戦で意地の勝利を挙げたドルトムントだったが、首位のバイエルンがフランクフルトに5-1で勝利したことによって、7年ぶりの優勝はならず。一方、敗れたボルシアMGはレバークーゼンに抜かれて無念の5位フィニッシュで来季はヨーロッパリーグを戦うことになった。 2019.05.19 00:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース