磐田が鹿実のDF大南拓磨の来季加入内定を発表2015.11.20 12:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は20日、鹿児島実業高のDF大南拓磨(17)が来季の加入内定を発表した。▽愛知県出身の大南は、鹿児島実業高で2014年に全国高等学校総合体育大会ベスト8に貢献していた。

▽磐田は大南について「身体能力が高いセンターバック。空中戦を得意とし、滞空時間の長いジャンプで空中戦を制する。また、スピードもあり、背後に出されたボールへの対応も得意とする。足下の技術も高く、前線へのフィードもしっかりできる」とプレーの特徴を紹介している。
コメント
関連ニュース
thumb

攻守ガッチリのC大阪、メンデス&水沼のゴールで磐田に完封勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節のセレッソ大阪vsジュビロ磐田が22日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 C大阪(勝ち点20)は、ここまで6勝2分け7敗で10位に位置。0-2で完封負けした前節の鹿島アントラーズ戦含めここ5試合で4得点と得点力に課題があるだけに前線の選手の奮起に期待したい。そんな中ロティーナ監督は今節も前節と全く同じスタメンを選択。選ばれた選手たちは指揮官の厚い信頼に応えたいところだ。 一方の磐田(勝ち点14)は、ここまで3勝5分け7敗で16位に位置。前節のガンバ大阪戦では課題だった守備陣は頑張りを見せるも攻撃陣が得点を奪えず0-0のスコアレスドローに終わった。今節のスタメンではエースのロドリゲスが先発に復帰。またディフェンスラインでは森下に代わって新里が起用された。 互いに得点力に課題を持つ両チームの対戦となったが最初のチャンスはC大阪。9分、奥野が中央からドリブル突破で持ち込むと前線に走り込んだブルーノ・メンデスにスルーパス。ワンタッチからシュートに持ち込むが惜しくもGKカミンスキーの正面となり弾かれた。 引き続き攻め込むC大阪は13分、藤田のCKをマテイ・ヨニッチが頭で擦らし、そこに丸橋が合わせてネットを揺らすも惜しくもオフサイドの判定。待望の先制点とはならなかった。 20分のC大阪のカウンター、左サイドの丸橋からのロングパスをブルーノ・メンデスがペナルティエリア付近で受けシュート。一度はGKカミンスキーにセーブされるもこぼれ球を落ち着いてゴールに流し込みホームのC大阪が先制に成功した。 相手に押し込まれなかなかチャンスを作れなかった磐田だが40分、C大坂のCKのこぼれ球を拾うとそのままカウンターへ。サイドで受けた松本のクロスをロドリゲスがヘッドで押し込むもGKキム・ジンヒョンがファインセーブ。惜しいシーンだったがゴールを割ることは出来なかった。 前半攻撃の形を作れなかった磐田の名波監督はハーフタイムで前線のテコ入れを決断する。中山に代えてアダイウトンを入れ、ロドリゲスと個で打開できる2トップを形成。膠着している攻撃の打破を図る。 しかし追加点はC大阪に。50分、左タッチラインから投じられた藤田のロングスローをゴール前に居た水沼が蹴り込み追加点。後半開始早々に大きな追加点を獲得しリードを2点に広げる。 その後も磐田陣内に押し込み続けるC大阪は81分、レアンドロ・デサバトがハーフウェイライン付近から30m近いロングパスを繰り出し、ブルーノ・メンデスが斜めの動き出しから抜け出すもGK正面となり3点目は奪えず。 なんとか反撃をしたい磐田だがなかなか決定的なチャンスを作れない、84分にはFKの素早いリスタートから右サイドの松本が抜け出しシュートを打つもゴールネット右に外れた。 試合はこのまま2-0で終了。C大阪がホームで嬉しい完封勝利を挙げた。一方磐田はリーグ戦5戦勝利無しと、苦しい状況となってしまった。 2019.06.22 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、小川航基がトゥーロン決勝で負傷…練習合流まで3週間程度

ジュビロ磐田は20日、U-22日本代表FW小川航基の負傷離脱を発表した。 小川はU-22日本代表の一員として第47回トゥーロン国際大会2019に参戦。15日に行われたU-22ブラジル代表戦でゴールをマークしたが、この試合で負傷した。浜松市内の医療機関で検査を受け、トレーニング合流まで3週間程度の左足関節外側側副じん帯損傷と診断されたという。磐田の次期エースとして期待される小川は今シーズンの明治安田生命J1リーグ5試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合に出場している状況だった。 磐田は現在、J1リーグ3勝5分け7敗の16位。22日に行われる次節、4試合ぶりの勝利を目指して、10位に位置するセレッソ大阪のホームに乗り込む。 2019.06.20 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

3ゴールも決勝でPK失敗…FW旗手怜央「良い大会でもあり、力のなさを痛感した大会」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 決勝でPK失敗も大会を通じて3ゴールを記録するなど躍動したFW旗手怜央(順天堂大学)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。大会を振り返ると、個人的にはアピールできたと「良い大会」と評すも、優勝を逃したことで「力のなさを痛感した大会」でもあったと複雑な気持ちを明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW旗手怜央(順天堂大学) ──大会を振り返って 「個人的にはすごくアピールが出来て、良い大会だったと思います。ただ、結果としては準優勝に終わって、決勝まで行ったことはすごく評価されるかもしれないですけど、最後はそこの決勝の舞台で勝てなかったというのは、力のなさを痛感した大会でした」 ──決勝戦のブラジル戦で通用した部分、通用しなかった部分は 「通用した部分よりも通用しなかった部分のほうが多いですし、何が通用したか、通用しなかったかはまだ自分の中で整理できていません。ただ、映像であったり、今後サッカーをやっていく中で、分かってくることなので、そういった部分が分かってきたときに整理して、もっともっと自分の特長を出していけるようにしたいです」 ──今大会中のチームの雰囲気は 「試合をやっていくごとに優勝を目指すようなチームになっていきました。切り替えをしっかりしていましたし、何が一番かといえば、出ていない選手が次に出るために準備をして、練習からギラギラした目でやっていたことがチームが一つになった要因なのではないかなと思います」 ──決勝戦ではPK失敗。涙を流したが 「一年後にオリンピックがある中で、一年前に本気で同世代と試合ができたことは、オリンピックに出て活躍することを考えれば、やはり大事なことだと思います。あのPKも自分の中では技術のなさを痛感しています。PK以外でも、90分で決着をつけれれば良かったと思います。そういう部分でも力のなさを感じました」 ──それでもチリ戦ではハットトリックを決めるなど活躍したが 「ドリブルであったり、パスであったり、シュートの部分は通用したと実感しています」 ──明日からはコパ・アメリカが開催。来年には東京五輪が迫っているが、自身の状況をどう考えているか 「コパのメンバーはオリンピックの中心になると思いますし、今回のトゥーロンに行ったメンバーはギリギリの選手だと思います。日頃の練習をしっかりとやって、また代表に呼ばれるように練習していきたいなと思います」 2019.06.17 22:36 Mon
twitterfacebook
thumb

コパ落選をバネに…準決勝&決勝で同点弾のFW小川航基、東京五輪は「諦めたつもりもない」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 準決勝のメキシコ戦、決勝戦のブラジル戦で貴重な同点ゴールを奪ったFW小川航基(ジュビロ磐田)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。コパ・アメリカへのメンバー落選をバネにしていたことを明かし、自身は来年の東京オリンピックに向けて「全然諦めたつもりもない」と滑り込みに強い意欲を示した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW小川航基(ジュビロ磐田) ──1番印象に残っていることは 「間違いなくブラジル戦だと思います。懐の深さであったり、球際の強さであったり、感じるものは多かったです」 ──通用するなと感じたことは? 「身体の強さであったり、通用しなかったことの方が多かったです。通用した部分を聞かれても難しいというか…。ここが通用したというのは言えません」 ──それでもブラジル代表戦では同点ゴール 「なかなか隙がなく、崩せなかったので、ああいう隙やチャンスをモノにするということは自分としては心掛けていたことです。その形が出てよかったかなと思います」 ──左足のケガの状態 「まだ詳しいことは分からないですけど、そこまで大きなケガではないかなと自分では思っています」 ──5試合を通じて得た収穫と、その収穫を今後どのようにつなげていきたいか 「自分自身、2点取りましたけど、すごく良かったと言えるような大会ではありませんでした。もっともっとやらないといけないと思いますし、コパ(・アメリカ)に呼ばれなかったということで、みんながギラギラ感を出してやっていたと思います。そこに対して、強い気持ちを持ってこれからもやっていけたらと思います」 ──明日からコパ・アメリカ、来年には東京オリンピックがあるが、現在の自身の立ち位置について 「コパに選ばれている選手たちは、一段階抜けていると思います。自分自身、難しい立ち位置にあると思いますけど、まだ全然諦めたつもりもないですし、ここからどんどんどんどん挽回して、必ずメンバーに食い込めるようにチーム(ジュビロ磐田)でしっかりと結果を残していきたいと思います」 2019.06.17 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「勝つチャンスがなかった訳ではないけど…」DF大南拓磨が感じたブラジルとの差は?《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 今大会で全試合に出場したDF大南拓磨(ジュビロ磐田)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。決勝戦を振り返り、ブラジルとの差、世界との差について言及した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆DF大南拓磨(ジュビロ磐田) ──大会を振り返って 「全体的に振り返っていくと、徐々に徐々にチーム力も上がっていって、充実した大会だったなと思います」 ──チーム内の雰囲気はどうだったか 「結構、会話も多くて、いろいろなところでコミュニケーションを取れてたんじゃないかなと思います」 ──決勝戦ではブラジル代表にPK戦で敗れたが 「やはり個人の力というのは全然違いました。そういったところが世界との差だと思います。勝つチャンスがなかった訳ではないですけど、最後の詰めの甘さとかが出ていて、そういうところは相手の方が上だったなと思います」 ──それでも準優勝という結果で手応えもあったのでは? 「個人としては全試合に出させて頂いて、海外の選手たちとやることで、自分の中でも手応えや自信とかがついてきました。そういう反面、メキシコ戦ではやられてしまった場面がありました。そういうところは、チームに帰ってもっともっと練習していかないといけません。それを改善しないとオリンピックは難しいなと思いました」 2019.06.17 21:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース