レーティング:クリスタル・パレス 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

2015.11.01 02:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは10月31日、プレミアリーグ第11節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、0-0で試合を終えた。

▽クリスタル・パレス採点
GK
13 ヘネシー 6.0
飛び出しがさえるなど、集中したゴールキーピング

DF
34 ケリー 5.5
マルシャルの仕掛けに苦しむも、大崩れはしなかった

6 ダン 6.0
空中戦の強さを発揮してセットプレーで存在感

27 ディレイニー 6.0
集中を維持。ルーニーにやられなかった

2 ウォード 6.5
守備でマタを抑え込み、攻撃では好クロスも上げる場面も

MF
11 ザハ 6.0
古巣対戦。推進力あるドリブルで攻め手となる

7 キャバイエ 6.0
精度の高いプレースキックと的確なつなぎを見せる

(→ジェディナク -)

10 ボラシー 6.0
要所で鋭い仕掛けを見せてチャンスメーク。ゴールにも迫った

18 マッカーサー 6.0
中盤の潰し役として、よく働いた

42 パンチェオン 5.0
消える時間が長かった

FW
16 ゲイル 5.5
前線でよく動き、味方を生かした

監督
パーデュー 6.5
勝ち点3に値した内容だったが、GKデ・ヘアに阻まれた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
GK
1 デ・ヘア 7.0
好セーブ連発でチームを救った

DF
36 ダルミアン 5.0
良い時のソリッドさを欠き、ザハを抑えるのに苦労した。累積で次節出場停止

(→A・ヤング 5.5)
ゴールに直結するプレーを見せた

12 スモーリング 5.5
やや疲れは見えたが、安定感あるパフォーマンスを継続

17 ブリント 6.0
的確で冷静な対応を続けた

5 ロホ 5.5
前半はパンチェオンに仕事をさせなかったが、後半は少し崩れた

MF
8 マタ 5.0
守備に追われる時間が長く、良い仕掛けのプレーはほとんどなし

(→リンガード -)

28 シュナイデルラン 5.5
持ち味の出足の鋭い守備を続けるなど、自身の仕事はこなした

21 エレーラ 5.0
イライラする場面もあり、チャンスでも決めきれなかった

31 シュバインシュタイガー 5.0
敏捷性に優れる相手攻撃陣の対応に苦慮した

(→フェライーニ 5.5)
持ち味のフィジカルを生かせるパスがほとんどこなかった

9 マルシャル 6.0
相変わらず高いプレー精度。アタッカー陣では、まさに孤軍奮闘の状態

FW
10 ルーニー 5.0
スピードと瞬発力の低下が顕著。センターフォワードでのプレーはもう厳しいか

監督
ファン・ハール 5.0
3試合連続ゴールレスで公式戦4試合連続ドロー。優勝争いで遅れる

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
▽素晴らしいショットストップを連発し、勝ち点1をもたらす。とりわけ、ボラシーの至近距離からの強烈シュートを驚異的な反応で触ったセーブは圧巻。


クリスタル・パレス 0-0 マンチェスター・ユナイテッド

コメント
関連ニュース
thumb

B・フェルナンデスの圧巻FK弾でユナイテッドがリバプールとの打ち合い制す! ハマーズ待つ5回戦へ《FAカップ》

FAカップ4回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが24日にオールド・トラフォードで行われ、3-2で勝利したユナイテッドが5回戦進出を決めた。 17日に行われたリーグ戦で激闘を演じた両雄が戦いの舞台をカップ戦に移して再び対峙した注目の一戦。 直近のリーグ戦でフルアムに競り勝ってプレミアリーグ首位を堅持したユナイテッドは、その一戦から先発5人を変更。GKをヘンダーソンに変更したほか、バイリーとフレッジ、ブルーノ・フェルナンデス、マルシャルに代えてリンデロフ、ファン・デ・ベーク、マクトミネイ、ラッシュフォードを起用した。 一方、リバプールはリーグ戦での前節、バーンリーに0-1で競り負けてアンフィールドで69戦ぶりの黒星を喫することになった。難敵相手にバウンスバックを図るこの一戦では先発5人を変更。マティプ、マネが先発から外れてリース・ウィリアムズ、カーティス・ジョーンズが代役を務めた一方、オリジ、シャキリ、オックスレイド=チェンバレンに代わってサラー、フィルミノ、ミルナーと主力クラスが復帰した。 前回対戦ではボールを持って押し込むリバプール、堅守速攻のユナイテッドと戦いの構図が明確だったが、今回の一戦では攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな試合展開となった。 開始10分にボックス右に抜け出したグリーンウッドが角度のないところから右足のシュートを放ってGKアリソンを脅かすと、ここからしばらくユナイテッドの時間が続く。 だが、相手の攻勢をきっちり撥ね返したリバプールは最初の決定機をゴールに結びつける。18分、ハーフウェイライン付近でボールを引き出したワイナルドゥムがそのまま持ち上がって中央でフリーのフィルミノの足元に繋ぐ。ここでフィルミノがボックス右のスペースを狙うサラーに絶妙なスルーパスを通すと、エジプト代表FWは飛び出したGKに対して利き足とは逆の右足を使った見事なチップキックでゴールネットを揺らした。 一瞬の隙を突かれて先制を許したユナイテッドだが、すぐさま反撃を開始。26分には自陣ボックス付近でのポグバの見事なボール奪取から得意のカウンターを発動。左に張っていたラッシュフォードにボールが繋がると、ラッシュフォードはワンステップから圧巻のミドルパスを逆サイドでフリーのグリーンウッドに通す。そして、そのままボックス内に持ち込んだグリーンウッドが冷静に右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合は追いついた勢いに乗るホームチームが惜し気味に試合を進めていく。ポグバを中心とする球際の勝負で優位に立ち、高い位置を取る相手サイドバックの背後を狙った鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。とりわけ、アレクサンダー=アーノルド、リース・ウィリアムズが並ぶ相手右サイドを執拗に狙い、ラッシュフォード、ショー、ファン・デ・ベークの3人が良い絡みで優位性を保つ。その流れからポグバやマクトミネイに再三のシュートチャンスも、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 それでも、良い流れで後半に入ったホームチームはいきなり逆転に成功する。48分、中盤での続けざまのルーズボールの競り合いを制してハーフウェイラインを越えた辺りでボールを回収したグリーンウッドが左サイドでハイラインの背後を狙うラッシュフォードを狙った斜めのパス。 これは手前にいたDFリース・ウィリアムズに引っかかるかに思われたが、ここでまさかの空振りとなると、背後でボールを引き取ったラッシュフォードがそのままボックス内に運んでコースを狙った右足のシュートを流し込んだ。 ミスから試合を引っくり返されたリバプールだが、前半のユナイテッドのようにこちらも反発力を見せる。58分、相手陣内でカバーニのやや不用意な落としをカットしたミルナーがボックス左のフィルミノに預けてゴール前に走り込む。そして、フィルミノからの折り返しを手前に走り込んだミルナーが巧みにスルーしたところを後方で待ち構えたサラーが左足で流し込んだ。 残り30分余りで再びイーブンに戻った中、両チームのベンチが動く。追いついたリバプールはワイナルドゥムに代えて切り札のマネを投入。この交代でカーティス・ジョーンズが左ウイングから本来のインサイドハーフにポジションを移す。 対するユナイテッドは65分にグリーンウッド、ファン・デ・ベークに代えてこちらも切り札のB・フェルナンデスとフレッジをピッチへ送り出し、ポグバをセントラルMFから前回対戦で務めた右ウイングに配置した。 この選手交代後も試合の主導権はリバプールが握り、サラーに2度のハットトリックのチャンスが訪れたが、GKヘンダーソンの好守に阻まれる。すると、一部でビッグマッチでの勝負弱さが指摘されるユナイテッドの絶対的司令塔が魅せる。 78分、ペナルティアーク付近でカバーニが倒されて得たFKの場面でキッカーを務めたB・フェルナンデスがメインの壁とは逆にポグバ、チアゴが並んでいた側を狙って右足を振り抜くと、これがゴール右下隅の完璧なコースを射抜いた。 再び追う展開になったリバプールは81分に2枚替えを敢行。チアゴとフィルミノを下げてシャキリ、オリジが投入され、南野にとっては現時点での序列を改めて認識される、ドイツ人指揮官の交代策に。 その後、リバプールはリスクを冒して攻撃に出るが、専守防衛の構えを見せるホームチームにことごとく撥ね返される。逆に、89分にはB・フェルナンデスの右クロスをゴール前フリーのカバーニに頭で合わされて痛恨の4失点目かに思われたが、ここは右ポストに救われた。 しかし、後半アディショナルタイムにサラーがボックス内で放ったシュートも枠を外れ、試合はこのままタイムアップ。 リーグ戦でも上位に位置するユナイテッドがホームでリバプールを退けてウェストハムが待つ5回戦進出を決めた。一方、敵地で敗れたリバプールは公式戦連敗となった。 2021.01.25 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

泥沼リバプール… ユナイテッド戦を前にクロップ「バーンリー戦の敗北が助けになる」

リーグ戦5戦未勝利と泥沼にはまるリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は復調できると信じているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグも折り返し地点に到達し、週末明けには後半戦がスタートする。だが、王者リバプールは大きな困難に直面している。 21日に前半戦最後となるバーンリー戦を戦ったリバプールだったが、0-1で敗れ、ホームでは69試合ぶりに黒星を喫してしまった。この結果、チームはリーグ戦5試合未勝利に加え、その間わずか1得点と、その貫禄は失われつつある。 28日にプレミアリーグ第20節のトッテナム戦が控えるが、その前に24日に行われるFAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと激突する。クロップ監督は試合前会見の場で「外部からのプレッシャーは感じていない」とし、現在置かれている状況を分析した。 「私は人生において常に自分にプレッシャーをかけている。もう慣れたものだよ。私は自分が長期的に幸せになることが非常に難しい人間であることを理解している。短期的に興奮するのは簡単なんだが、長期となるとそうはいかない」 「成功を成し遂げた場合、ふたつの方向性がある。ひとつは同じレベルを維持すること。これは周りがそれを許すはずもなく難しいことだ。もうひとつは、それが少しずつ衰えていくケースだ。現状、我々は大きく衰えていることを実感しているよ。もちろん、これは変えなければならないことだ」 「挑戦したからといって全てを手に入れなければならないとは思っていない。それでも我々は本当に戦う準備はできている。しかし、現在の我々は正しい道具を扱えていない。それが真実であり、間違いなく改善しなければいけないことだ」 「唯一の問題は、我々が直面している問題が常にテレビで放映されていることだ。つまり、誰もが小さな歩みでさえ見ているということ。でも、とにかくやるべきことをやるだけなのだ」 「チームとしての我々に疑問を感じているわけではない。全くもってね。しかし、こういった時にはチームが一丸となって正しいことをしなければならない」 「バーンリーとの試合に負けてしまったことで本当に落ち込んだよ。アンフィールドでのリーグ戦無敗記録のことではない。あれは素晴らしい記録だったけどね。振り返ってみても、負けた理由が見つからないのだ。でも負けてしまった。あの試合で起こったあらゆる事象やPK、さらには我々もチャンスを作ったことも含めて、これら全ての要因が重なった結果なのだろう」 「そういったことがあったからこそ、物事を適切な方へ変えるために、時に最悪を経験することも必要なのだ。今は100%の気持ちで挑戦し、進んでいく時だ」 「もし我々が(バーンリー戦で)悪い試合をして1-0で勝っていたら、世界は『いつものサッカーではないが、結果を残している』と言うだろう。しかし長期的に見れば、それはなんの成長にも繋がらない。だが本当の結果に向き合うことで、あの敗戦が本当の力になってくれるはずだ」 2021.01.24 19:33 Sun
twitterfacebook
thumb

年明けから復調のポグバ…スールシャールが“対話”による強い結びつきを主張

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がフランス代表MFポール・ポグバとの強い結びつきを強調した。イギリス『ガーディアン』が報じている。 2016年夏にユベントスから復帰して以降、期待通りの活躍を披露できていないとして、たびたび批判の矢面に立たされ、移籍の憶測も後を絶えないポグバ。今季も新型コロナウイルス感染の影響で調子が上がらず、先発を外れる試合も少なくなかったが、新年に入ってからのプレミアリーグ4試合で2得点1アシストと復調した感がある。 その背景にはスールシャール監督との良好な関係性があるのかもしれない。ゴールに絡むだけでなく、守りも手を抜かず、右サイドハーフでもしっかりとプレーしてみせ、プレミアリーグで首位を走るチームの原動力として確かな貢献度を誇るポグバについて、スールシャール監督は“オープンかつダイレクトな対話”を明かした。 「私の仕事は彼にオープンであり、正直であり続けること。彼との間に問題が生じたことなんて、一度もない。ポールとはオープンかつダイレクトな会話をしている。どんな内容のアドバイスなのかを言うつもりなんてないが、彼とは昔から非常に良い関係性を築いてある。彼は素晴らしい家族の下で生まれ、分別のある選手であり、私の話を理解してくれてもいる」 「彼は素直で、正直者なんだ。それに、プレーしていないときに裏方として、人々に見えていない部分で貢献してくれたりもする。私と他の選手の間に入り、通訳を担ってくれたりね。彼は常に私の決断を尊重してくれ、本当に良好な関係性が築かれているんだ」 また、現チームにおいて、ポグバをはじめ、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス、そしてウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが求める勝利のメンタリティを持った選手たちだと評した。 「それは私が選手を獲得する際の決め手となる1つだ。ただ大きな才能を秘めた選手を連れてくるんじゃなく、キャラクターを見極めたりして、適切なタイプの選手を見つけるためにできる限りのリサーチをする。『来週も試合があるから、給料をもらえる』と思い込んだ選手も常にいるからだ」 2021.01.24 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

今季ユナイテッド入りの19歳ペリストリ、スペインで武者修行か

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ人FWファクンド・ペリストリ(19)が武者修行の旅に出るようだ。 ペリストリはウルグアイの名門ペニャロールでプロキャリアをスタートさせたサイドアタッカー。マンチェスター・シティや、ニューカッスル、レアル・マドリー、バルセロナ、そしてリヨンの関心も取り沙汰されるなかで、昨夏のデッドラインデイにユナイテッド入りを決めた新鋭だ。 しかし、ユナイテッド入りから半シーズンが経った現時点でいまだトップチームデビューを果たせておらず、ベンチ入りもチャンピンズリーグ(CL)の2試合のみ。U-23チームでのプレーがメインとなっているのが現状だ。 そのU-23チームの一員としてここまで公式戦8試合の出場で3得点1アシストを記録しているが、イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、今冬の移籍市場で他クラブに貸し出される見通しだという。 ペリストリの代理人を務めるエドガルド・ラサルヴィア氏がスペイン『Fichajes』に対して、「我々は移籍に向けて取り組んでいるところ。スペインが目的地になるのは確かだ」と示唆した模様だ。 2021.01.23 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニが込めるゴールパフォの意味とは? 「少し長い話になるけど…」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが弓矢を放つ仕草でゴールを祝福するパフォーマンスに込められた意味を明かした。 母国クラブのダヌービオでプロキャリアをスタート後、パルマ、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、今季からユナイテッド入りしたカバーニはここまで公式戦17試合の出場で5得点。屈指の点取り屋として名を馳せる選手としては平凡な数字だが、もう1つの魅力である前線からのプレッシング等々の献身的な姿でゴール数以上の貢献度を誇っている。 そんなカバーニを象徴するものといえば、弓矢を放つゴールパフォーマンス。20日に行われたプレミアリーグ第18節のフルアム戦で同点ゴールを挙げた際も、そのパフォーマンスで自身の得点を祝った。そのパフォーマンスにはどんな思いが込められているのか。24日に予定するFA杯4回戦のリバプール戦に向けたクラブのマッチデイプログラムでその真意を説明した。 「少し長い話になってしまうけど、僕らの国の歴史、先住民のチャルーア族の歴史が関係しているんだ」 「僕の娘はインディアという名前なんだけど、その名はウルグアイの先住民族であるチャルーア族にちなんだものなんだ」 「だから、僕がゴールを決めた後の弓矢を放つパフォーマンスは娘の名前と先住民の歴史が込められたものなのさ」 「特別な意味があるパフォーマンスなんだよ。この前はエリック(・バイリー)に促されてやったけど、いつも弓矢を放つパフォーマンスをやるようにしているんだ」 なお、チャルーア族はかつてアルゼンチンやブラジル、ウルグアイの草地を生活区域にした狩猟採集民として伝えられ、弓矢の名手も多かったという。 2021.01.23 11:25 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly