ブラジル代表、フィルミノの代役にリカルド・オリベイラを指名!《ロシアW杯南米予選》2015.09.25 09:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ブラジルサッカー協会(CBF)は24日、リバプールに所属するFWロベルト・フィルミノの負傷を受け、サントスに所属するFWリカルド・オリベイラを、10月に行われるロシア・ワールドカップの南米予選に臨むブラジル代表メンバーに招集したことを発表した。

▽フィルミノは23日に行われたキャピタルワンカップ3回戦のカーライル戦で負傷し、前半35分にピッチを後にしていた。一方、約8年ぶりとなる代表チームへの招集を受けた35歳のリカルド・オリベイラは、今季のブラジル全国選手権で17得点を記録しており、ここまで得点ランキングの首位に立っている。

▽ブラジル代表は10月8日に敵地でチリ代表と、同13日にはホームでベネズエラ代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

“サッカーの神様”ペレ、尿感染症で入院「回復は順調」

イギリス『スカイ・スポーツ』は“サッカーの神様”ペレ氏が、3日にパリの病院に入院したことを報じた。 伝えるところによると、ペレ氏はフランス代表FWキリアン・ムバッペとのイベントに参加した2日の夜に風邪を引き、ホテルで薬を飲んで静養。しかしその後、再び体調の悪さを感じ、病院に向かったという。 同氏のスポークスマンは、尿路感染症と診断されたことを告白。それでも、現在は抗生物質での治療を行っており、回復は「順調である」と語っている。 2019.04.04 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場ジェズスの2得点でブラジルがチェコに逆転勝利《国際親善試合》

国際親善試合のチェコ代表vsブラジル代表が26日に行われ、3-1でブラジルが勝利した。 23日のパナマ代表戦で引き分けに終わったブラジル。今回の一戦は、その試合から守備陣を一新し、GKにアリソン、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、アレックス・サンドロ、ダニーロが並んだ。中盤ではアルトゥールに代わってアランが先発に。3トップは変わらずリシャルリソン、フィルミノ、コウチーニョが務めた。 ファーストシュートはチェコ。2分、ローマ所属のシックがズムルハルのクロスを頭で合わせたが枠の外へ。その後もシックがシュートを重ねるチェコに対し、ブラジルはアランやリシャルリソンがシュートを打ったがどちらもノーチャンス。28分にボックス手前左で得たFKでは、カゼミロが直接狙ったシュートはGKの正面に飛んだ。 押し気味に進めるチェコは37分、右サイドでボールを受けたマソプストがドリブルで中に切り込んで前線へパス。するとこのパスがアランに当たったことで相手の意表を突く形でパベルカに渡る。パベルカはボックス手前から左足を振り抜きアリソンの守るゴールを破った。 先制されて試合を折り返したブラジルは後半開始早々に、相手のバックパスが弱くなったところを見逃さなかったフィルミノが猛スピードでボールを奪い、そのままゴールに流し込んで同点とする。 さらに、徐々に流れを掴んできたブラジルは、途中出場のガブリエウ・ジェズスが魅せる。まずは同点のまま迎えた83分、自陣からカウンターを発動したブラジルはダニーロ、ネレスと繋いで、最後はネレスのプレゼントパスをゴール間に走り込んだジェズスが押し込んで逆転。 さらに90分、今度はブラジルらしい見事なパスワークで相手のゴールエリアを陥れ、ジェズスが決めて決定的な3点目を追加。試合はそのまま終了し、ブラジルが汚名返上の逆転勝利を収めた。 2019.03.27 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール&カフーがブラジル代表初弾の10番パケタに賛辞!

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールと、元ブラジル代表DFカフー氏が同国代表初ゴールを記録したミラン所属のMFルーカス・パケタを称賛した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今冬の移籍市場でフラメンゴからミラン入りを果たしたパケタ。今月行われている国際親善試合のブラジル代表メンバーにも選出されており、23日に行われたパナマ代表戦(1-1のドロー)では背番号「10」を着用して出場。32分には右サイドからのアーリークロスをゴール前左で左足を合わせ、代表初ゴールを記録した。 試合は痛恨のドローに終わったが、21歳の新たな至宝には賛辞が。負傷中のネイマールがインスタグラム(neymarjr)で「ゴールおめでとう! これからもたらす多くのものの最初の一つにすぎない。チャンピオン」と投稿。さらにかつてミランやブラジル代表で活躍したカフー氏は、イタリア『スカイ・スポーツ』で以下のようにコメントしている。 「ブラジル代表が彼に10番を与えたことは信頼を示す重要なことだ。ただ、彼も10番を着けるだけの準備ができていた。彼はミランでとてもうまくプレー出来ている。ブラジル代表のためにも輝いてくれるだろうね」 2019.03.25 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール不在のブラジルが格下パナマに痛恨のドロー…《国際親善試合》

ブラジル代表は23日、国際親善試合でパナマ代表とポルトガルのエスタディオ・ド・ドラゴンで対戦し1-1の引き分けに終わった。 ロシア・ワールドカップ以降の国際親善試合を全勝しているブラジルは、ネイマールやマルセロ、ドグラス・コスタといった主力を欠く中、3トップにコウチーニョ、フィルミノ、リシャルリソンを起用した[4-3-3]の布陣を採用。中盤はインサイドにパケタとアウトゥール、アンカーにカゼミロを置き、最終ラインは右からファグネル、ミリトン、ミランダ、A・テリスと並べた。 過去の対戦で4戦全勝中のブラジルが立ち上がりから主導権を握るも、5バック気味に守るパナマの守備をなかなか攻略できない。18分には、A・テレスの左クロスからゴール右手前のフィルミノがヘディングシュートで合わせたが、これはゴール左に外れる。 さらにブラジルは、23分にも右クロスのセカンドボールをボックス手前で拾ったアルトゥールがミドルシュートレンジからゴールを狙ったが、このシュートも枠の左に逸れた。 それでも攻め続けるブラジルは32分、ファグネルのパスをバイタルエリア右でで受けたカゼミロがダイレクトクロスを供給。これをファーサイドのパケタが左足で合わせると、相手GKの手を弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 先制したブラジルだったが、一瞬のスキを突かれセットプレーから失点を許す。36分、中盤で獲得したFKからダビスがゴール前にロングパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したマチャドがヘディングシュートをゴール左に叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、ブラジルは51分に決定機。ファグネルの右クロスをニアのリシャルリソンが右足で合わせたが、このシュートはクロスバーを直撃。さらに59分には、左クロスをボックス中央のフィルミノがワンタッチで落とすと、パケタがシュートを狙ったが、これは相手GKの正面に飛んだ。 対するパナマは、再びセットプレーからブラジルゴールに迫る。62分、ボックス左手前でFKを獲得すると、ダビスのクロスにクミングスがダイビングヘッドで合わせたが、これはオフサイドの判定。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。試合は1-1の引き分けで終了した。格下相手に痛恨のドローとなったブラジルは、26日にチェコ代表とアウェイで対戦する。 2019.03.24 04:05 Sun
twitterfacebook
thumb

現管理者に黒い噂…ブラジルサッカーの聖地・マラカナンの管理をリオ州が引き継ぐ

ブラジルサッカーの聖地とも呼ばれるマラカナン・スタジアムに関し、リオ・デ・ジャネイロ州が管理を引き継ぐことになるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 マラカナンは、リオ・デ・ジャネイロにある世界最大規模のサッカースタジアム。近年では2014年のブラジル・ワールドカップ決勝や、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックの開会式や男子サッカーの決勝などが行われている。 しかし、オリンピック後の2017年に競技場の内部が荒廃している様子が報道。これは2013年にスタジアム管理が民間に渡ったことに加え、オリンピックの組織委員会、リオ・デ・ジャネイロ州の間で管理が行われなかったことが原因とされていた。 今回、リオ・デ・ジャネイロ州がスタジアムの管理に関して民間企業から引き継ぐことになるとのこと。契約を解除し、4月17日に正式に発表されるようだ。 また、リオ・デ・ジャネイロ州議会によると、民間企業との契約には汚職の疑いがあり、管理もずさんであったとしている。さらに、リオ・デ・ジャネイロ州の元州知事であるセルヒオ・カブラル氏も入札に便宜を図ったとし、2018年に12年の懲役刑を宣告されていた。 なお、マラカナンは、ボタフォゴ、フラメンゴ、フルミネンセ、ヴァスコ・ダ・ガマが使用しているものの、今回の管理者変更で使用できないという事態はないだ。 2019.03.19 12:12 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース