ミランがロマニョーリの加入を正式発表 契約期間は2020年まで2015.08.11 23:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミランは11日、ローマからU-21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(20)の加入を正式に発表した。契約期間は2020年6月30日までの5年間とのことだ。▽一方、ローマも同日にロマニョーリのミラン移籍を発表し、移籍金が2500万ユーロ(約34億円)と明かした。また、将来的に同選手がミランから移籍する際、2500万ユーロ以上の移籍金となった場合は、ローマにその移籍金から30%が入る権利を取り付けたと発表している。

▽アドリアーノ・ガッリアーニCEOはクラブの公式サイトを通じ、ロマニョーリの加入を喜んでいる。

「ようこそ、アッレシオ。君は2020年6月30日まで我々と契約した。本当に満足している。20歳と若く、我々のリーダー、ミラン出身の偉大なディフェンダー、サン・シーロでの誇り高い選手の1人になるために多くの時間があると思う。我々全員からの暖かい歓迎をもって、アレッシオの幸運を祈る」

▽ローマの下部組織出身であるロマニョーリは、昨年夏にサンプドリアへレンタル移籍。昨シーズンはセンターバックとしてリーグ戦30試合に出場し、サンプドリアの7位フィニッシュに貢献した。

▽今シーズンからミランの指揮官を務めるシニシャ・ミハイロビッチ監督は、昨シーズンにサンプドリアで指導していたロマニョーリの獲得をかねてから熱望しており、念願だった左利きセンターバックの確保に成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

ミランとバイエルンが争奪戦のオザン・カバク、明日にも意思決定か?

ミランとバイエルンが争奪戦を繰り広げているシュツットガルトのU-21トルコ代表DFオザン・カバク(19)について、明日にも移籍意思を決定するのではないかとイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 オザン・カバクはガラタサライの下部組織出身。2017-18シーズンのイェニ・マラティヤスポル戦でプロデビュー。2019年1月にシュツットガルトに移籍するとすぐさまレギュラーに定着し、リーグ戦15試合に出場DFながら3得点を挙げた。 世代別トルコ代表の常連である同選手は逸材として早くから複数クラブ注目しており、それを見越してかシュツットガルトも1500万ユーロ(約18億円)の高額な契約解除金を設定している。 ここにきてミランとバイエルンというビッグクラブの一騎打ちとなったが、渦中のオザン・カバクはどういう選択をするか。有望DFから今後も目が離せない。 2019.06.25 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、ビッグクラブ注目の19歳トルコ代表センターバックの獲得に接近

ミランがブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトのトルコ代表DFオザン・カバク(19)の獲得に接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればミランはカバク獲得のために移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)を用意。そして24日にミランの幹部とカバクの代理人を務める兄弟が会談を持ったとのことだ。そして、残すはカバク本人との契約を詰めるだけと同メディアは主張している。 今年1月にガラタサライからシュツットガルトへと移籍したカバクは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録していた。そのカバクには、アーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンといったビッグクラブが興味を持っているとのことだった。 2019.06.25 01:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラノ市長が冬季五輪開催のため2026年までサン・シーロ使用を明言! 解体を拒否

ミラノ市長を務めるベッペ・サーラ氏は24日、ミランとインテルが本拠地としているサン・シーロ(ジュゼッペ・メアッツァ)を2026年まで使用することを明言した。 1926年に完成し、1947年から現在に至るまでミランとインテルが共同ホームとして利用しているサン・シーロ。両クラブは老朽化を受けて新スタジアムをサン・シーロの隣に建設する案をミラノ市に提出していた。 しかし、サン・シーロを保有するミラノ市はミラノで開催されることが決まった2026年冬季オリンピックで、開会式をサン・シーロで行う計画のため解体を拒否。これまで幾度も新スタジアム計画案を練ってきたミラノの両クラブだが、今回も頓挫することになりそうだ。 2019.06.25 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

サパタが在籍7シーズンのミランに別れ「ミランでの思い出は一生」

ミランのコロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(32)が24日、契約満了で退団することを発表した。自身のインスタグラムで明かしている。 サパタは「世界で最も権威あるチームの一つでプレーする機会を与えてくれたことに感謝したい。ミランでの長い期間、僕を人間として選手として成長させてくれた監督やコーチ、チームメート、ミラネッロのスタッフ全てに感謝したい。そして何よりファンに感謝したい。彼らはいつも僕を支えてくれ、信じられない愛情を示してくれた。キャリアの一章を閉じることになるけど、ミランでの思い出は一生残るよ」とコメントした。 2012年夏にウディネーゼからミランに加入したサパタは、主に控えセンターバックとして公式戦148試合に出場し5ゴール6アシストを記録。今季は公式戦20試合に出場し1ゴールを記録していた。 2019.06.24 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表センシ、ミランから一転インテル移籍ほぼ確実に

サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)のインテル移籍がほぼ確実となっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 これまでの報道ではミラン行きが近いとされていたセンシ。だがサッスオーロのスポーツ・ディレクターのジョバンニ・カルネバリ氏がインテルとの交渉が最終段階に入っていることを明言し、一転してインテル入りが濃厚となっている。 「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」 「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」 「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」 記事によると、ミランと交渉を行っていたサッスオーロにインテルが2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を携えて横槍。個人間では直ちに合意に達したという。 センシはチェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンは主にディフェンシブMFでプレーし、セリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。また、昨年11月にはイタリア代表デビューも果たし、すでに初ゴールも決めている。 2019.06.23 17:47 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース