キエッリーニの負傷は全治3~5週間

2012.07.04 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユーロ2012決勝のスペイン代表戦で左足のふくらはぎを負傷したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの検査結果が明らかとなった。所属クラブであるユベントスで検査を受けた結果、左ふくらはぎの筋肉に重度2のダメージが確認され、全治までは3~5週間を要する見込みのようだ。このため、来月19日に予定されているイタリア・スーパー杯(ナポリ戦)を欠場する可能性もでてきた。キエッリーニはスペイン代表との決勝戦に左サイドバックとして先発出場したものの、前半21分に左足を痛め、途中交代を余儀なくされていた。

関連ニュース
thumb

大流行したあのセレブレーションを覚えている?10年前のバロテッリに今でも大賛辞「スーパーマリオ」「ビーストでした!」

イタリア代表FWマリオ・バロテッリのパフォーマンスを覚えているか。 ポーランドとウクライナによる共同開催で行われたユーロ2012。日本時間の29日未明に行われたドイツとの準決勝で、バロテッリは先発出場。20分には先制点を挙げる。 さらに36分、最前線で待ち構えるバロテッリは、自陣左サイドからのMFリッカルド・モントリーボのパスを呼び込むと、ペナルティアーク内右から右足を強振。ゴール右上隅に強烈なシュートを突き刺した。 弾丸ライナーを沈めたストライカーは即座にユニフォームを脱いで上半身を披露。ラットスプレッドのような恰好を決めた。 名手マヌエル・ノイアーでもセーブ不可能な一撃には、10年が経った今でも多くの称賛が。「アイコニック」、「スーパーマリオ」、「信じられないフィニッシュだった」、「昨日のように覚えている」、「バロテッリはビーストでした!」などの声が寄せられている。 イタリアは終盤に1点を返されたものの、逃げ切って決勝進出を果たしている。現在はトルコのアダナ・デミルスポルでプレーをするバロテッリ。鮮烈なゴールと相まってこのゴールパフォーマンスは大流行し、一躍彼の名を世界中に知らしめることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドイツ相手に2点目を奪い、上半身を晒すバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Euro 2012 semifinals: Germany 1-2 Balotelli<br><br>One of the coldest celebrations in football turns 10 today <br><br>(via <a href="https://twitter.com/EURO2024?ref_src=twsrc%5Etfw">@EURO2024</a>)<a href="https://t.co/AYgk3AALAf">pic.twitter.com/AYgk3AALAf</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1541790209301438464?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

今年後半の強化スケジュールを発表《日本代表》

▽JFA(日本サッカー協会)は5日、今後の強化スケジュールを発表し、今年9月に行われるキリンチャレンジカップ2013において、グアテマラ代表(6日/大阪長居スタジアム)、ガーナ代表(10日/横浜国際総合競技場)と対戦することを明らかにした。また、翌10月には海外遠征を実施。11日にセルビア代表と、15日にベラルーシ代表と、それぞれ敵地で対戦する。さらに、11月中旬に予定されているインターナショナルマッチデーでは、欧州の強国との対戦を目指して交渉中であり、欧州予選の経過次第で対戦相手が決定することになりそうだ。今回のマッチメークは、色々な大陸の国と対戦したいというザッケローニ監督の意向を汲んだものであり、同監督も「代表チームなのか、クラブチームなのかと迷うほどの試合が組まれている」と今年後半のスケジュールに満足感を示した。 2013.06.05 14:22 Wed
twitterfacebook
thumb

レーブ「イタリアとのユーロ準決勝でミスを犯した」

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、1-2の敗戦を喫したユーロ2012準決勝のイタリア戦で、ミスを犯したと明らかにしている。同監督は、違うゲームプランを採用したと語っており、現在は何をすべきか理解していると主張した。<br /><br />『南ドイツ新聞』に、レーブ監督は次のように語った。<br /><br />「今の私の知識であれば、イタリア戦に違ったアプローチをしていただろう。明確なプランがあったが、今はプランどおりに進まなかったと認めなければいけない」<br /><br />「(4-4のドローに終わった)スウェーデン戦で(マリオ・)ゲッツェと(ルーカス・)ポドルスキに深い位置に下げた。2012年は我々全員にとって建設的だった。しっかりと学んだよ」<br /><br />レアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督の後任候補にも挙げられているレーブ監督の現行契約は、2014年までとなっている。しかし、同監督は契約を延長できれば幸せだと明らかにしている。<br /><br /><br>提供:goal.com 2012.12.23 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

デル・ボスケ、スペイン代表監督が最後の仕事に?

スペイン代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督は、キャリアの終わりが近いことを認めた。同指揮官は、スペイン代表監督が最後の仕事だと考えている。<br /><br />まもなく62歳となるデル・ボスケ監督は、2008年からスペイン代表監督を務めている。スペインのテレビで同指揮官は、「代表チームでの仕事が、私のキャリアの最終ラップだ」と述べた。<br /><br />2010年のW杯と2012年のユーロ2012でスペイン代表を優勝に導いたデル・ボスケ監督は、レアル・マドリーの監督時代に2度のCL制覇を経験するなど、そのキャリアで多くのタイトルを手にしてきた。 <br>提供:goal.com 2012.12.22 08:22 Sat
twitterfacebook
thumb

シェフチェンコが現役を引退

▽ディナモ・キエフに所属するウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ(35)が28日、現役引退を発表した。今後は、ウクライナ国内で新たに設立される政党に所属し、政治家を目指すという。ディナモ・キエフの公式サイト上で、シェフチェンコは「僕はフットボールと関係のない道に進む。おそらくほとんどの人が僕の決定に驚くだろう。今は政治に強い関心があるんだ」と、引退後は政界に進出する意向を明かしていた。 ▽ディナモ・キエフの下部組織に所属していたシェフチェンコは、1994年にトップチームデビューを果たすと、5シーズンにわたり同クラブでプレー。その後はイタリアの名門ミランに移籍し、セリエA、CLの優勝をそれぞれ1度ずつ経験。さらに、個人では2度の得点王、さらに2004年にはバロンドール(現FIFAバロンドール)に輝くなど、欧州を代表するストライカーとして活躍した。以降はチェルシーなどを経て2009年からは自身のキャリアの原点であるディナモ・キエフに復帰。今月1日に終了したユーロ2012では、開催国であったウクライナ代表のキャプテンとして、グループステージ3試合全てに出場していた。 2012.07.29 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly