「安永玲央」の記事

thumb

J2降格の横浜FCが大量13選手と契約更新

横浜FCは24日、13選手との契約更新を発表した。 今回発表されたのは、GK大内一生(21)、DF高橋秀人(34)、MF松浦拓弥(33)、MF齋藤功佑(24)、MF安永玲央(21)、DF武田英二郎(33)、GK市川暉記(23)、DF岩武克弥(25)、DF高木友也(23)、DF韓浩康(28)、DF中塩大貴(24)、 2021.12.24 13:37 Fri
twitterfacebook
thumb

「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。 当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。 上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アン 2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」第3回投票途中結果が発表! 準決勝進出チームからは5名が選出

Jリーグは5日、YBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」の第3回投票途中集計結果を発表した。 10月6日と10日にプライムステージの準決勝が開催される今シーズンのYBCルヴァンカップ。浦和レッズ、FC東京、名古屋グランパス、セレッソ大阪の4チームが勝ち上がっている。 「ニューヒーロー賞」は各試合において最も 2021.10.05 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」第2回投票途中結果が発表! 浦和GK鈴木彩艶らが上位に

Jリーグは30日、YBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」の第2回投票途中集計結果を発表した。 9月1日と5日にプライムステージの準々決勝が開催される今シーズンのYBCルヴァンカップ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参加組も参戦する。 「ニューヒーロー賞」は各試合において最も活躍が顕著であった21歳以下 2021.08.30 19:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」第1回投票途中結果が発表! 浦和GK鈴木彩艶や横浜FMのMF樺山諒乃介ら

Jリーグは30日、YBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」の第1回投票途中集計結果を発表した。 今シーズンのルヴァンカップは、グループステージの全試合が終了。プレーオフステージに進む8チームが決定し、6月にプライムステージ進出チームが決定する。 「ニューヒーロー賞」は各試合において最も活躍が顕著であった21 2021.05.31 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

中村俊輔が背番号10を着用! ストライカー大量補強の横浜FCが新体制発表

横浜FCは17日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 2020シーズンは、2007年以来13年ぶりにJ1の舞台を戦った横浜FC。降格がない特別なシーズンとなったが、明治安田J1で15位と残留圏でシーズンを終えていた。 下平隆宏監督が指揮を執る3年目のシーズンは、チームとして重要な1年に。J1残留を目指 2021.01.17 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【候補者リスト】Jリーグ今季の「ベストヤングプレーヤー賞」の候補が発表! 26名が対象に

Jリーグは17日、2020シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手を発表した。 今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中断期間があり、中3日での連戦が続いた異例のシーズン。さらに、選手交代枠が「3」から「5」に拡大したこともあり、若手選手の出場機会も例年より増加していた。 2020.12.17 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第16節】清武弘嗣が芸術ループ! 田中碧は堅守広島から2ゴール

明治安田生命J1リーグ第16節の9試合が12日、13日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK富居大樹(湘南ベルマーレ/初) 大半が守勢のなか、15本のシュートを浴びたが、無失点。久々の先発機会だったが、9試合ぶりの白星に貢献した。 D 2020.09.14 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月10日】J1復帰の柏、韓国代表GKキム・スンギュを獲得! レバノン代表DFジョアン・オマリがFC東京へ

Jリーグ移籍情報まとめ。1月10日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆柏レイソル [IN] 《完全移籍》 GKキム・スンギュ(29)←蔚山現代FC(韓国) [OUT] 《期限付き移籍延長》 DFパク・ジョンス(25)→サガン鳥栖 ◆FC東京 [IN] 《完全 2020.01.11 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FC、富山へ育成型期限付き移籍していたMF安永玲央の復帰を発表

横浜FCは10日、カターレ富山に育成型期限付き移籍していたMF安永玲央(19)の復帰を発表した。 かつて横浜F・マリノスや清水エスパルスでプレーした元日本代表MFの安永聡太郎氏を父親に持つ安永は、2019年に横浜FCユースからトップチームに昇格。昨年3月10日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節の栃木SC戦でJ 2020.01.10 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

富山が横浜FCのMF安永玲央を育成型期限付き移籍で獲得

カターレ富山が29日、横浜FCからMF安永玲央(18)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「30」に決定している。 なお、育成型期限付き移籍期間は2019年7月29日~2020年1月31日までとなっている。また安永は契約により、期限付き移籍期間中に開催される天皇杯全日本サッカー選手権大会にて横浜 2019.07.29 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FC、ユースのGK大内一生とMF安永玲央の来季トップ昇格内定を発表!

▽横浜FCは1日、ユースに所属するGK大内一生(18)とMF安永玲央(17)の来季トップチーム昇格内定を発表した。 ▽イタリア出身の大内は、ジュニアユース時代から横浜FCの下部組織に在籍。クラブは同選手の特徴を「堅実な守備とフィード力のあるゴールキーパー」と説明している。 ▽安永は川崎フロンターレU-15か 2018.11.01 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FC、U-17日本代表FW斉藤光毅(16)ら00年代生まれ3名を2種登録!

▽横浜FCは23日、同クラブのユースに所属するGK大内一生(17)、MF安永玲央(17)、FW斉藤光毅(16)を2種登録選手としたことを発表した。 ▽イタリア生まれの大内は、キンダー善光SCでキャリアをスタートさせた後、横浜FCのジュニアユースに入団。2015年にU-15日本代表に選ばれると、各年代の代表にも選出 2018.03.23 14:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly