RBライプツィヒ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 RBライプツィヒ 64 19 7 6 57 28 29 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-05-13
27:45
DFBポカール
決勝
RBライプツィヒ vs ドルトムント
2021-05-16
27:30
ブンデスリーガ
第33節
RBライプツィヒ vs ヴォルフスブルク
2021-05-22
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ウニオン・ベルリン vs RBライプツィヒ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.08
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ドルトムント 3 - 2 RBライプツィヒ
2021.04.30
27:30
DFBポカール
準決勝
ブレーメン 1 - 2 RBライプツィヒ
2021.04.25
22:30
ブンデスリーガ
第31節
RBライプツィヒ 2 - 0 シュツットガルト
2021.04.20
25:30
ブンデスリーガ
第30節
ケルン 2 - 1 RBライプツィヒ
2021.04.16
27:30
ブンデスリーガ
第29節
RBライプツィヒ 0 - 0 ホッフェンハイム
基本データ

正式名称:RBライプツィヒ

原語表記:RasenBallsport Leipzig e.V.

創立:2009年

ホームタウン:ライプツィヒ

チームカラー:白/赤

関連ニュース
thumb

フォルスベリがライプツィヒと2025年まで契約延長

ライプツィヒは12日、スウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ(29)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。 2015年1月にマルメからライプツィヒに加入したフォルスベリは、これまでライプツィヒで公式戦211試合に出場して47ゴール56アシストを記録。今季は公式戦38試合の出場で9ゴール6アシストを記録し、各コンペティションで好結果を収めているライプツィヒの攻撃を牽引していた。 そのフォルスベリにはエバートンやセビージャ、ローマらが獲得に興味を示していたようだが、今回の契約延長によって移籍の噂は立ち消えになるものと思われる。 ライプツィヒでは守護神のGKペーテル・グラーチ、DFヴィリー・オルバン、MFアマドゥ・ハイダラの主力3選手が先日、フォルスベリ同様に2025年までの契約延長に合意していた。 2021.05.13 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、中盤の要ハイダラと2025年まで契約延長

RBライプツィヒは10日、マリ代表MFアマドゥ・ハイダラ(23)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 今回契約延長を結んだハイダラは、クラブを通じて歓喜のコメントを寄せている。 「ここ数年、チームだけでなくクラブ全体の発展には目を見張るものがあると思っている。だからこそ、ライプツィヒのサクセスストーリーの一部であり続けられることを嬉しく思っています」 「僕はここにきてから選手として大きく成長したし、人間としても成長した。クラブは最初から僕を信頼してくれ、僕と僕の資質を常に信じてくれました。僕の道もチームの道もまだ終わっていない」 「まだまだやるべきことはたくさんありますし、ライプツィヒで歴史を作り続けるために自分の役割を果たしたいと思っているよ」 ダイナミズムと身体能力を武器とするハイダラは、2018年12月に姉妹クラブのザルツブルクからライプツィヒに加入。機動力を生かした守備範囲の広さに加えて、一発でボールを奪い切る球際の強さをもっており中盤の要としてこれまで公式戦80試合に出場し7ゴール5アシストをマークしている。 2021.05.11 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントとの前哨戦に敗れたライプツィヒ指揮官「敗因を分析する時間は十分にある」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がDFBポカール決勝の前哨戦で敗れたことを悔やみつつ、再戦に向けての決意を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 8日のブンデスリーガ第32節で、2位ライプツィヒは5位ドルトムントとのアウェイ戦に臨んだ。敗れればバイエルンの優勝を決定づけてしまうという状況下、2点を先行される苦しい展開に。意地を見せて一時追い付くも、試合終盤に突き放され、力尽きた。 指揮官は試合後、内容に一定の手応えを掴みながらも、自分たちのペースの中で喫してしまった最後の失点を嘆いた。 「どんな敗北も好ましくなく、特にビハインドを負ったときは。同点になってからは対戦相手もそれほどフレッシュではなかった。それだけに、我々が実際に優位に立った瞬間、許してしまった3点目は残念であり、必要なかった。90分を通して、我々はBVB(ドルトムント)よりもそれほど悪くはなかった」 「ドルトムントは後半、それほど多くのプレーをしていなかったが、その中でも、彼らが起こしたアクションは本当に危険だった。ドルトムントはゲームをうまくコントロールし、最終的に勝利を手にした。それが重要なことだ」 同時に、13日に再び相まみえるまでに「敗因を分析する時間は十分にある」として、クラブと自身にとっての初タイトル獲得に向けてもコメントしている。 「今日はすべてが悪かったわけではない。いくつかの前向きなことについても話し合うことができる。カップ戦の決勝に出場することは特別なことだし、楽しみにしている。木曜日にタイトルを獲得するためにはもっと良くなる必要があるだろう」 2021.05.09 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがドルトムントに競り負けバイエルンの9連覇が決定《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ドルトムントvsライプツィヒが8日に行われ、3-2でドルトムントが競り勝った。 DFBポカール決勝で対戦する両チームの激突。 前節シュツットガルト戦を快勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点64)は、敗れるとバイエルンの9連覇が決まる中、DFBポカール準決勝ブレーメン戦でゴールを挙げたファン・ヒチャンが最前線で起用された。 一方、前節ヴォルフスブルクとの上位争いを制して4連勝とし、一時は絶望的と思われたチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が見えてきた5位ドルトムント(勝ち点55)は、4位フランクフルトに1ポイント差とした中、ハーランドがDFBポカール準決勝のキール戦に続き負傷欠場となり、T・アザールを最前線で起用した。 オープンな展開で立ち上がった中、7分にドルトムントが先制する。T・アザールのダイレクトパスでボックス右に抜け出したロイスが左足でゴールへねじ込んだ。 失点を受けて前がかるライプツィヒに対し、自陣に引いてカウンターを狙うドルトムントは32分、ショートカウンターからT・アザールが決定的なシュートを浴びせれば、36分にもロングカウンターの流れからボックス右まで持ち上がったサンチョが決定的なシュートに持ち込み、主導権を渡さずに前半を終えた。 迎えた後半、負傷したGKヒッツに代えてGKビュルキを投入したドルトムントは、51分に加点する。ボックス左でラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがカットインからコントロールシュートを流し込んだ。 このまま敗れるとバイエルンの9連覇が決まってしまうライプツィヒは63分、フォルスベリの右CKからクロステルマンのヘディングシュートが決まって1点を返す。 さらに77分、勢いに乗ったライプツィヒが追いつく。スルーパスでボックス左に抜け出したファン・ヒチャンがマイナスに折り返し、これを受けたダニ・オルモが蹴り込んだ。 それでも87分、ドルトムントが勝ち越す。サンチョのヒールパスでボックス左深くまでえぐったラファエウ・ゲレイロがマイナスに折り返し、リターンパスを受けたサンチョが蹴り込んだ。 これが決勝点となってドルトムントが勝利。この結果、バイエルンの9連覇が決まっている。 2021.05.09 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒの躍進支えた正守護神のGKグラーチが2025年まで契約延長「第二の故郷となった」

RBライプツィヒがハンガリー代表GKペーテル・グラーチ(31)との契約延長を発表した。 契約は2年間延長され、新たな契約期間は2025年6月までとなる。 グラーチは、母国のMTKブダペストの下部組織で育つと、2008年9月にリバプールへと完全移籍を果たす。 しかし、リバプールでは出場機会を得ることができず、国内クラブへのレンタル移籍を繰り返すことに。結局1度も出場機会がないまま、2013年7月にザルツブルクへと完全移籍を果たす。 この移籍がグラーチにとってキャリアの大きな転機となり、正守護神の座を務めると公式戦100試合に出場。2015年7月にライプツィヒへと完全移籍した。 ライプツィヒでもポジションを掴むと、ここまで公式戦222試合に出場。契約を全うすれば在籍10年を迎えることとなり、近年躍進するチームにも欠かせない存在となっている。 今回契約延長を結んだグラーチは、クラブを通じて歓喜のコメントを寄せている。 「クラブと僕は2015年以来、とても特別な道を歩んでいる。それにより、2部リーグからチャンピオンズリーグの準決勝、そして来週は再びカップ決勝に進むこととなった」 「並外れた成功であり、僕たちはそれを一緒に経験していきたいと思っている」 「僕と家族は、クラブ、街、地域コミュニティで驚くほど心地よく過ごしている。ライプツィヒは僕たちにとって、第二の故郷となった」 「可能な限りのパフォーマンスを発揮するためには、僕にはこの心地よい雰囲気がとても重要だ」 「妻と僕は、グラーチのチャントが初めて歌われ、鳥肌がたったバイエルンとの2017年のカップ決勝を覚えている。それは、僕たちのファンが僕をどれだけサポートしてくれているかを、僕に示してくれた特別な瞬間だった」 「このサポートを得られたことを誇りに思う。また、ファンを一緒に戦える試合を楽しみにしている」 2021.05.07 22:05 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング