サンテチェンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 サンテチェンヌ 19 4 7 8 20 29 -9 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-17
23:00
リーグ・アン
第20節
ストラスブール vs サンテチェンヌ
2021-01-24
29:00
リーグ・アン
第21節
サンテチェンヌ vs リヨン
2021-01-31
21:00
リーグ・アン
第22節
ニース vs サンテチェンヌ
2021-02-02
リーグ・アン
第23節
サンテチェンヌ vs ナント
2021-02-06
リーグ・アン
第24節
サンテチェンヌ vs メス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.09
29:00
リーグ・アン
第19節
スタッド・ランス 3 - 1 サンテチェンヌ
2021.01.06
29:00
リーグ・アン
第18節
サンテチェンヌ 1 - 1 パリ・サンジェルマン
2020.12.23
29:00
リーグ・アン
第17節
モナコ 2 - 2 サンテチェンヌ
2020.12.20
23:00
リーグ・アン
第16節
サンテチェンヌ 2 - 2 ニーム
2020.12.16
29:00
リーグ・アン
第15節
ボルドー 1 - 2 サンテチェンヌ
基本データ

正式名称:ASサンテチェンヌ

原語表記:Association sportive de Saint-Etienne Loire

愛称:ASSE、Les Verts

創立:1919年

ホームタウン:サンテチェンヌ

チームカラー:黄

関連ニュース
thumb

元アーセナルのDFドゥビュシーがサンテチェンヌで決めた劇的決勝弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンテチェンヌの元フランス代表DFマテュー・ドゥビュシーが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドゥビュシーが決めた決勝ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwSkVUWnp2ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門リールの下部組織で育ち、頭角を現したドゥビュシーは、2013年1月にニューカッスルに加入。その後アーセナルでもプレーするなど、実績を積んだ後に2018年1月にサンテチェンヌに加入し、母国フランスに復帰している。 ベテランDFとして現在はチームの主将も務めるドゥビュシーだが、2018年4月14日に行われたリーグ・アン第33節のストラスブール戦では、劇的なゴールで勝利に貢献している。 拮抗した展開となった試合の中、0-0のまま迎えた82分、サンテチェンヌが左サイドからチャンスを作る。左サイド深くにドリブルで侵入したFWケヴィン・モネ=パケがボックス内にパス。このボールに合わせようとしたMFロマン・アムマは空振りしてしまうものの、パスがそのままゴール前に通ると、逆サイドから攻撃参加していたドゥビュシーが合わせ、見事なゴールを決めた。 試合は、ドゥビュシーのこのゴールが唯一の得点となり、1-0でサンテチェンヌが勝利している。 2021.01.16 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表GKリュフィエが34歳で現役引退…仏5部リーグで指導者転身

元フランス代表GKステファーヌ・リュフィエ(34)が現役引退を決断した。フランス『レキップ』が伝えている。 これまで9シーズンに渡ってサンテチェンヌの守護神を務めたリュフィエだが、昨シーズン終盤に自身の起用法を巡ってクロード・ピュエル監督と激しく衝突。この確執により、今季構想外の扱いとなっていた同選手は今月4日付けでクラブとの契約を解消していた。 リュフィエほどの実力者であれば、他のクラブでのキャリア続行の可能性もあったが、すでに今シーズン終了後の引退を検討していた同選手は、フランス5部に所属する古巣アヴィロン・バイヨンヌで指導者としてのキャリアをスタートすることを決断した。 バイヨンヌのジャン=ピエール・マイナール副会長は、「リュフィエはゴールキーパーのアカデミーを創設し、監督するという独占的な使命を持つことになる。彼は6月に契約が満了したときにキャリアに終止符を打つつもりだったが、サンテチェンヌで起きたことを受け、より早い段階で決断を下した」と、リュフィエの引退および指導者転身を認めた。 モナコ下部組織出身で同クラブでプロキャリアをスタートしたリュフィエは、2011年にサンテチェンヌに完全移籍。卓越したシュートストップ能力を武器に絶対的な守護神に君臨し、2012-13シーズンには自身唯一のタイトルとなったクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇に貢献した。 キャリアを通じてはリーグ・アン通算428試合に出場するなど、公式戦500試合以上でプレーした、 また、フランス代表では同年代のGKウーゴ・ロリス(トッテナム)、GKスティーブ・マンダンダ(クリスタル・パレス)の牙城を破れなかったものの、通算3試合に出場していた。 2021.01.14 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ初陣の新生PSGはサンテチェンヌとドロー…下位相手に試合を引っくり返せず《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、リーグ・アン第16節でサンテチェンヌと対戦し1-1の引き分けに終わった。 首位リヨンを勝ち点差1で追いかける3位のPSG(勝ち点35)は、昨年末にトーマス・トゥヘル監督を電撃解任。新監督には2019年11月までトッテナムを率いたクラブOBのマウリシオ・ポチェッティーノ氏を招へいした中、注目の初陣では[4-3-3]の布陣を採用。中盤アンカーにグイエを据え、3トップにはディ・マリア、ケアン、ムバッペを並べた。 14位のサンテチェンヌ(勝ち点19)に対し、立ち上がりからボールを保持するPSGは、12分にセットプレーからチャンス。ディ・マリアの左CKを中央のマルキーニョスが頭で合わせたが、このシュートはGKムーランが左手で弾き出した。 良い入りを見せたPSGだったが、19分に先制を許す。自陣ボックス手前でパスを繋ぐとユスフのハイプレスを受けたグイエがボールをロスト。こぼれ球をボックス内で拾ったブアンガの折り返しを最後はアムマにゴール右へ決められた。 先制されたPSGはすぐに反撃。すると22分、ロングパスでボックス左に抜け出したムバッペの折り返しをゴール前に上がったヴェッラッティがはたき、最後はケアンがゴールに流し込んだ。 1-1で迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、PSGは63分にグイエとダグバを下げてドラクスラーとペンベレを投入。しかし、先に決定機を作ったのはサンテチェンヌだった。70分、アムマの左CKをブアンガが頭で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 ピンチを凌いだPSGは71分、ディ・マリアの左クロスをボックス中央で収めたケアンが左足を振り抜いたが、シュートは枠に上に外れた。さらに76分には、ボックス左から仕掛けたドラクスラーの折り返しをディ・マリアが合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 PSGは84分にディ・マリアを下げてサラビアを投入したが、最後まで勝ち越し弾は生まれず。ポチェッティーノ率いる新生PSGの初陣はドロー決着となった。 2021.01.07 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ボージャンが欧州復帰か? サンテチェンヌらが獲得に関心

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトに所属する元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ(30)が、今冬にヨーロッパに復帰するかもしれない。フランス『レキップ』が報じている。 バルセロナのカンテラ時代に900ゴール以上を記録し将来を渇望されたボージャン。しかし、選手層の厚いトップチームでは輝くことができず、その後はローマやミラン、アヤックス、ストーク・シティなどでプレーしたが、期待されたような活躍を残すことができず、2019年8月にモントリオール・インパクトへ完全移籍。 1年半在籍したモントリオール・インパクトでは、公式戦31試合に出場し7ゴール4アシストを記録していた。 今回の報道によれば、2020年12月末でモントリオール・インパクトとの契約満了を迎えるボージャンに対し、サンテチェンヌを筆頭としたリーグ・アンの数クラブが獲得に関心を示しているとのこと。 なお、モントリオール・インパクト側もボージャンと契約延長交渉を行っているが、いまだ合意には至っておらず、今季限りでの退団が濃厚となっている。 2020.12.26 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、今冬にレスターで構想外のFWスリマニ獲得に動く

サンテチェンヌがレスター・シティで構想外となっているアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 サンテチェンヌは今シーズンのリーグ・アンで開幕3連勝と好スタートを切ったが、現在は泥沼の6連敗中で7試合白星から遠ざかっている。その大きな要因が、直近6試合でわずか2ゴールという深刻な得点力不足にある。 サンテチェンヌは今夏の移籍市場においてエースストライカーの獲得に動き、スタッド・レンヌのセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(25)の獲得に迫っていたが、多くの仲介人の介入などの影響もあって失敗に終わっていた。 そして、得点力不足解消を切に願うクラブは今冬のメインターゲットとして、クロード・ピュエル監督の教え子でもあるスリマニの獲得に動いているようだ。 2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。 それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。 しかし、レンタルバックした今シーズンのレスターではブレンダン・ロジャーズ監督が求めるセンターフォワードのプロフィールを持っていないこともあり、ここまでのリーグ戦で途中出場での19分のプレータイムしか与えられていない。そのため、レスターとの契約が2021年夏までとなっている中で、今冬の退団は決定的と見られている。 そういった状況もあり、現時点でサンテチェンヌは有力な新天地候補となっているが、移籍実現に向けてはスリマニサイドが大幅な減俸を受け入れる必要があるという。 『レキップ』によると、スリマニがレスターで受け取っている現行の給与は月給38万ユーロ(約4700万円)程度だという。これに対して、サンテチェンヌが提供可能な給与は年俸150万ユーロ(約1億8500万円)程度と大きな開きがあるようだ。 ただ、スリマニが出場機会を求めて減俸を受け入れる可能性は十分にあると同メディアは主張している。 2020.11.18 15:16 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング