サンテチェンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 サンテチェンヌ 66 19 9 10 59 41 18 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.24
28:05
リーグ・アン
第38節
アンジェ 1 - 1 サンテチェンヌ
2019.05.18
28:00
リーグ・アン
第37節
サンテチェンヌ 3 - 0 ニース
2019.05.10
27:45
リーグ・アン
第36節
サンテチェンヌ 0 - 1 モンペリエ
2019.05.05
24:00
リーグ・アン
第35節
モナコ 2 - 3 サンテチェンヌ
2019.04.28
24:00
リーグ・アン
第34節
サンテチェンヌ 2 - 0 トゥールーズ
基本データ

正式名称:ASサンテチェンヌ

原語表記:Association sportive de Saint-Etienne Loire

愛称:ASSE、Les Verts

創立:1919年

ホームタウン:サンテチェンヌ

チームカラー:黄

関連ニュース
thumb

スパーズ、土壇場の好オファーでアーセナル加入間近の逸材DFサリバ獲得か!

トッテナムがアーセナル加入間近と噂されるサンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の強奪に近づいているようだ。イギリス『BBC』やフランス『RMC SPORT』が伝えている。 サンテチェンヌの下部組織出身のサリバは、193㎝の長身とパワーを生かした対人の強さに加え、ポジショニングセンスやドリブルでの果敢な持ち出しを得意とする現代型のセンターバックだ。トップチームデビューを果たした昨シーズンは公式戦19試合に出場し、サンテチェンヌの堅守を支えていた。 その逸材に関しては今夏のセンターバック補強が求められるアーセナルが、3000万ユーロ(約36億5000万円)の移籍金で獲得に迫っていることが伝えられていた。しかし、交渉完了間近と言われてから数日経っても公式なアナウンスが行われていない。 これに関して『RMC SPORT』は、トッテナムが3000万ユーロ+ボーナスというアーセナルのオファーを上回る好条件のオファーを掲示し、逆転での獲得に迫っているという。そして、両クラブの代表は13日にも最終交渉を行う予定だ。 なお、アーセナルはサリバと5年契約という条件で個人間合意に達していると言われるが、トッテナムにはチャンピオンズリーグ(CL)出場や育成に長けたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の存在もあり、同選手を翻意させる条件は十分にあるようだ。 一方、『BBC』の名物記者デイビッド・オーンスタイン氏は、トッテナムからの土壇場オファーを認めつつもアーセナルのサリバを巡る交渉が最終局面を迎えているとの情報も併せて伝えている。 2019.07.13 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルに朗報or悲報? 逸材DFサリバ獲得決定的も加入は1年後に…

アーセナルがサンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の獲得を決定的なモノとしたようだが、そこには複雑な事情があるようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 サンテチェンヌの下部組織出身のセンターバックで、193㎝の長身と対人の強さを武器に頭角を現してきたサリバ。トップチームデビューを果たした今シーズンは公式戦19試合に出場した。 その逸材に関しては宿敵トッテナムら競合クラブの存在もあって交渉完了のアナウンスがなかなかなされていないが、『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、アーセナル行きに関しては大筋で決定しているという。 ただ、公式発表まで時間を要している原因は、サリバの移籍時期と手付金にあるようだ。 新シーズンに向けて最終ラインの刷新を目指すウナイ・エメリ監督は、サリバを今夏に獲得してすぐにでもプレーさせたい考えを持っているという。一方、サンテチェンヌとサリバ本人は新シーズンはレンタルバックという形でフランスに残留したいという考えを持っているようだ。 アーセナルとしては即戦力とは言えないものの、早期加入で少しでもプレミアの水に慣らしたいところだが、サンテチェンヌの言い分を受け入れざるを得ない事情がある。 新シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃したことで、今夏の純粋な補強資金は4000万ポンド(約54億3000万円)に限られており、2500万ポンド(約34億円)の移籍金が見込まれるサリバを今夏のタイミングで獲得すると、その他のターゲットに回す資金が大幅に減ってしまうことになる。 しかし、今回サンテチェンヌの言い分を受け入れた場合、今夏の時点では手付金程度の少額を支払い、2020年夏に残りの移籍金を支払うことが可能となり、前述の2500万ポンドからの減額も期待できる。 したがって、アーセナルはサンテチェンヌの条件を受け入れる可能性が高いようだ。 2019.07.09 15:53 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナDFパレンシア、サンテチェンヌへ完全移籍

サンテチェンヌは5日、バルセロナのスペイン人DFセルジ・パレンシア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 バルセロナのマシア出身の右サイドバックであるパレンシアは2015年からバルセロナBでプレー。豊富な運動量に加え、元々中盤でプレーした技術を武器にビルドアップでも貢献できる、バルセロナ育ちらしいラテラルだ。2016年からはバルセロナBでキャプテンを務めるなど、リーダーシップにも優れるタレントのパレンシアは2018年夏、ボルドーにレンタル移籍。 そのボルドーでは2018-19シーズン、リーグ・アンで25試合に、ヨーロッパリーグで3試合に出場し、準主力として存在感を示していた。 2019.07.06 02:38 Sat
twitterfacebook
thumb

スボティッチがブンデス1部初昇格のウニオン・ベルリンに加入

ブンデスリーガ1部初昇格を果たしたウニオン・ベルリンは4日、サンテチェンヌを退団していた元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチ(30)の加入を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。 ドルトムントで公式戦263試合に出場してリーグ優勝に貢献するなど活躍した後、2018年1月にケルンからサンテチェンヌに加入したスボティッチは、サンテチェンヌで公式戦44試合に出場し3ゴールを記録。2018-19シーズンはリーグ・アン26試合に出場して1ゴールをマークし、4位と躍進したチームの準主力として存在感を示していた。 スボティッチはウニオン・ベルリンへの加入について、「ブンデスのことは長年に渡って知っているし、ウニオンがブンデスで良い役割を演じられると確信している。クラブだけでなく、僕にとっても大きな挑戦だ」とコメントしている。 2019.07.05 05:46 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、ナチョ退団後釜にアーセナル熱視線のサリバをリストアップか

レアル・マドリーが、サンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『OKDIARIO』が伝えた。 サンテチェンヌ下部組織出身のサリバは193㎝の長身と対人の強さを武器にしているセンターバック。トップチームデビューを果たした今シーズンは公式戦19試合に出場した。 マドリーは、準レギュラーとして公式戦30試合に出場に出場したスペイン代表DFナチョの退団が囁かれている。そのため、ジネディーヌ・ジダン監督の同胞であるサリバを注視しているという。 だが、サンテチェンヌは移籍金として3000万ユーロ(約36億8000万円)の要求に加え、レンタルという形で1年間、クラブに留まらせたいと考えているとのこと。さらに、U-20フランス代表DFを巡っては、アーセナルへの移籍が目前とも報じられていることから一筋縄ではいかない模様だ。 なお、マドリーは他にもベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(22)もリストアップしているとのことだ。 2019.06.27 22:20 Thu
twitterfacebook




順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング