ウェストハム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ウェストハム 27 7 6 16 35 50 -15 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
ウェストハム vs ウォルバーハンプトン

プレミアリーグ
第31節
トッテナム vs ウェストハム

プレミアリーグ
第32節
ウェストハム vs チェルシー

プレミアリーグ
第33節
ニューカッスル vs ウェストハム

プレミアリーグ
第34節
ウェストハム vs バーンリー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
アーセナル 1 - 0 ウェストハム
2020.02.29
24:00
プレミアリーグ
第28節
ウェストハム 3 - 1 サウサンプトン
2020.02.24
29:00
プレミアリーグ
第27節
リバプール 3 - 2 ウェストハム
2020.02.19
28:30
プレミアリーグ
第26節
マンチェスター・シティ 2 - 0 ウェストハム
2020.02.01
24:00
プレミアリーグ
第25節
ウェストハム 3 - 3 ブライトン
基本データ

正式名称:ウェストハム・ユナイテッドFC

原語表記:West Ham United Football Club

愛称:ハマーズ、アイアンズ

創立:1895年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:えんじ、水色

関連ニュース
thumb

ウィルシャーがリーグ再開に疑問「フットボールと社会的距離を両立する方法が分からない」

ウェストハムの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがコロナ禍でのリーグ再開に疑問を呈している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 世界的に流行する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、3月13日から中断に入ったプレミアリーグ。しかし、今週末からの再開を決定したブンデスリーガなどの影響もあり、6月中旬の再開の可能性が議論されている。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTQVVZOGwzUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> また、イギリス政府は11日、プロスポーツ再開のガイドラインを発表し、フットボールに関しては6月1日以降に無観客での再開を検討していることが示されていた。 リーグ戦の再開に光が見え始めたプレミアリーグだが、ウィルシャーはその決断に至る上で疑問を投げかけた。 「安全でなければ、選手は戻らない。フットボールとソーシャル・ディスタンスを両立する方法が分からない」 「これはみんなが疑問に思う必要があり、答えられる必要がある質問だ。とても単純なことだよ」 プレミアリーグは、全20クラブの代表を集めた会議において、打ち切りの可能性に関する話し合が初めて行われたことも発表していたが、リーグ再開が基本方針であることが改めて確認されている。 一方で、選手の中にはウィルシャー以外にも、ニューカッスルのイングランド代表DFダニー・ローズやマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングなどが早期再開に懸念を示してる。 いずれにせよ、すべての人の健康が最優先されるべき案件。リーグ、各クラブがどういった判断を下すかの注目は今後も集まりそうだ。 2020.05.15 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

カンテ流出に有事に備えて? チェルシーがハマーズの有望株に着眼

チェルシーがフランス代表MFエンゴロ・カンテ(29)の流出に備えた動きをみせているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2016年夏にレスター・シティから加入したカンテは移籍初年度からプレミアリーグ制覇に貢献。公式戦通算164試合(11得点7アシスト)を誇り、今やチェルシーの中盤に欠かせない存在だ。 しかし、レアル・マドリーの関心が取り沙汰されており、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(27)よりも上位に位置付けるほどの熱の入れようだという。 そこで、チェルシーはウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)に着眼。フランク・ランパード監督はカンテを重要な選手とみなしており、選手自身も移籍を望んでいないが、有事に備えて注視しているようだ。 ライスはチェルシーの下部組織で輝けず、ウェストハムのユースに移り、2017年にトップチーム昇格。2019年3月にA代表デビューも遂げ、今シーズンのここまでプレミアリーグの29試合全てに先発出場を果たしている。 2020.05.11 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ監督、ビリー・ギルモアを賞賛「私が誰かと明日にでもサインできるのなら…」

ウェストハム率いるデイビッド・モイーズ監督が、チェルシー所属のU-21スコットランド代表MFビリー・ギルモア(18)を高く評価している。 昨年8月31日、プレミアリーグの第4節シェフィールド・ユナイテッド戦で6分という少ない時間ながらもプロデビューを飾ったギルモア。その後はなかなか出場のチャンスが巡ってこない中、今年3月3日のFAカップのリバプール戦でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれる大活躍を見せると、その5日後の第29節エバートン戦でもMOMに選出され、2戦連続で脚光を浴びることとなった。 そんなギルモアに、同じスコットランド人であるモイーズ監督も酔心。ウェストハムに所属するイングランド代表MFデクラン・ライスとのトレードを提案するなど、冗談を交えてイギリス『BBC』のインタビューに語っている。 「もし私が誰かと明日にでもサインできるのならビリー・ギルモアを選ぶね」 「彼はすでに熟練された選手に見える。ハングリー精神も感じるし、試合でプレーすることを心から楽しんでいるようだ」 「彼は何年も前の典型的なスコット人プレーヤーを彷彿とさせるよ。我々には常に優れた才能を持つ選手がいた。今のところ、ビリー・ギルモアがそれに近いプレーを見せている」 「私たちは希望をあたえてくれるスコットランド代表を作り始める必要がある。彼は本当に才能を持った選手だよ」 「チェルシーはうちのデクラン・ライスに興味を持ち続けているらしいじゃないか。なら私はビリー・ギルモアとのトレードを提案しようかな。どうなるか見てみるとするよ」 2020.05.05 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、今夏にバチュアイを売却か…ウェストハムが関心

ベルギー『HLK』が、チェルシーはベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(26)の売却に“オープン”であると報じている。 バチュアイは2016年7月にチェルシー入り。初年度こそ公式戦29試合に出場して11得点3アシストの数字を残したが、徐々に出番が減少すると、ドルトムントやバレンシア、クリスタル・パレスなどにレンタル移籍。 昨夏にはドルトムントやエバートンが獲得に動いていたが、チェルシーが2回(2019年夏、2020年冬)の補強禁止処分を命じられたことにより、残留を決断。今季は公式戦24試合に出場しているが、スタメン出場はFAカップ2試合とEFLカップ2試合の4試合に留まっていた。 チェルシーは契約が2021年6月までのベルギー人ストライカーに関して、今夏の売却をいとわない姿勢で、当初希望していた4000万ポンド(約53億5000万円)程度の移籍金を大幅に減額する見込みだという。 なお、バチュアイには現在、ウェストハムが関心を示しているとのこと。ウェストハムは、昨夏にクラブ史上最高額でフランクフルトからフランス人FWセバスティアン・アラーを獲得したが、今季ここまでわずか7ゴールと期待外れに終わっている。 2020.05.02 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスの“噛みつき”事件を振り返る元ウルグアイ主将「ウルグアイサッカー史でも最高」

元ウルグアイ代表DFのディエゴ・ルガーノ氏が2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)での“噛みつき騒動”を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジルW杯のグループステージ第3節のイタリア代表vsウルグアイ代表では、当時リバプールに所属していた現バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、対戦相手のDFイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みついた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHS3VyT083cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> スアレスに対しては、国際サッカー連盟(FIFA)から4カ月間にも及ぶフットボール活動の禁止処分が科され、多くの注目を集めたが、この試合をベンチから観戦していたルガーノ氏が当時を回想した。 「ルイスはリバプールで戦っていた。そしてW杯の出来事で(レアル・)マドリーかバルサに行く可能性を失っていたかもしれない」 「彼は私たちが死なないように賭けに出た。彼は誰かを噛んだが、大義に忠実であったため、誰かを殺していたかもしれない」 「それが事実だ。彼の努力に感謝している。ルイス・スアレスに関するこのエピソードはウルグアイサッカーの歴史でも最高だと語るに値する」 「大義に忠実な選手の1つのミスを責めるべきではないと思った。イタリアの選手は、試合を通してルイスをマークしていた。ルイスが彼に噛みついた後、キエッリーニは(ディエゴ・)ゴディンのマークを失敗し、私たちは得点して予選を通過した。(噛みついた)次のコーナーキックで得点したので、ルイスがキエッリーニに心理的なダメージを与えたと思う」 「しかし、ルイスは国際サッカーの歴史上でも最も長い判決を言い渡され、彼のキャリアの最高の時にプレーすることができなかった」 現役時代には闘志溢れるセンターバックとして一時代を築いたルガーノ氏にとって、スアレスの行動は称賛に値するようだが、スアレス本人はこの一件で大きくイメージを落とした。それでも、事件後もバルセロナはスアレスの獲得を望み続け、W杯直後の2014年夏にバルセロナへ移籍している。 2020.04.27 18:50 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング