レンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 レンヌ 36 10 6 5 30 23 7 21
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
29:00
リーグ・アン
第22節
マルセイユ vs レンヌ
2021-02-03
27:00
リーグ・アン
第23節
レンヌ vs ロリアン
2021-02-06
29:00
リーグ・アン
第24節
RCランス vs レンヌ
2021-02-13
リーグ・アン
第25節
レンヌ vs サンテチェンヌ
2021-02-20
リーグ・アン
第26節
モンペリエ vs レンヌ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.24
25:00
リーグ・アン
第21節
レンヌ 0 - 1 リール
2021.01.17
21:00
リーグ・アン
第20節
ブレスト 1 - 2 レンヌ
2021.01.09
29:00
リーグ・アン
第19節
レンヌ 2 - 2 リヨン
2021.01.06
27:00
リーグ・アン
第18節
ナント 0 - 0 レンヌ
2020.12.23
27:00
リーグ・アン
第17節
レンヌ 1 - 0 メス
基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

レアルら関心のカマヴィンガ、ベイルら顧客の大手代理店に“移籍”

スタッド・レンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガが大手代理店と契約を交わした模様だ。 カマヴィンガは2019年4月にレンヌ史上最年少の16歳でリーグ・アンデビューを遂げたセントラルMF。今年9月に17歳でフランスのフル代表デビューも果たした現在のヨーロッパで将来を有望視される逸材の1人として人気を博している。 本格デビューの昨季に公式戦36試合の出場で1得点2アシストの数字を収め、レアル・マドリーら有力クラブの関心が継続的に取り沙汰されるなか、選手側で将来のステップアップも視野に入れてか、代理人変更の動きがあったという。 イギリス『デイリー・メール』によると、カマヴィンガはトッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルらを顧客に持つジョナサン・バーネット氏が設立したマネジメント会社『ICMステラー・スポーツ』と新たに契約したようだ。 ロンドンに拠点を置く『ICMステラー・スポーツ』は現在、アストン・ビラのMFジャック・グリーリッシュや、チェルシーのMFメイソン・マウントのほか、アトレティコ・マドリーのMFサウール・ニゲスら800人以上の顧客を擁している。 カマヴィンガの新たな代理人として、ジョルジュ・メンデス氏やミノ・ライオラ氏といった敏腕エージェントらとの綱引きに発展したといわれるが、バーネット氏がフランスの新たな才能の将来を管理する権利を手にしたという。 2020.12.05 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ジルーが後半ATの劇的決勝弾! 苦戦もチェルシーが2節を残して決勝T進出!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節、スタッド・レンヌvsチェルシーが24日にルテ・ドゥ・ロリアンで行われ、1-2で勝利したチェルシーの決勝トーナメント進出が決定した。 2勝1分けの首位でグループステージを折り返したチェルシー(勝ち点7)は、今節での勝利且つ、同時刻開催のFCクラスノダールvsセビージャでクラスノダールが引き分け以下に終わった場合、2節を残しての決勝トーナメント行きが決まる。 直近のプレミアリーグでニューカッスルに快勝し、今季初のリーグ戦3連勝中のチームは、29日にトッテナムとのダービーが控えていることもあり、先発4人を変更。リュディガー、リース・ジェームズ、カンテ、ツィエクに代わってチアゴ・シウバ、アスピリクエタ、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイを起用。また、コロナウイルスから回復したハヴァーツがメンバー入りを果たした。 ホームでの前回対戦を3-0で快勝したチェルシーは、この一戦でも押し気味に試合を進めていく。開始4分には味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したハドソン=オドイの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだヴェルナーが右足で合わせる。だが、ドイツ代表FWはゴール至近距離からの絶好機でシュートを大きくふかしてしまう。 開始早々の先制機を逸したチェルシーだが、その後もボールの主導権を握って終始相手陣内でのプレー時間を増やしていく。遅攻の場面では決定機まで持ち込めない状況が続くが、得意のカウンターアタックからゴールをこじ開ける。 22分、自陣左サイドでドクからボールを奪ったマウントがそのまま持ち上がり、右サイドで相手の背後を狙っていたハドソン=オドイへ絶妙なフィードを通す。そして、快足を飛ばしてボックス内まで持ち込んだハドソン=オドイが冷静にGKとの一対一を制した。 さらに、畳みかけるチェルシーは29分にもボックス左をえぐったチルウェルの短い折り返しにゴール前で反応したマウントが右足のダイレクトシュートをニア下に飛ばすが、ここはGKゴミスの驚異的なワンハンドセーブに阻まれる。 一方、クラブ史上初のCL白星に向けて難しい状況が続くレンヌだが、30分を過ぎてようやく反撃に出る。まずは32分、右サイドのドクの仕掛けからボックス内のブリジョー、レア・シリキの連続シュートで初めてゴールに迫ると、その後もドクの鋭いドリブル突破とギラシーの身体を張ったポストワークを軸に幾度も良い形の仕掛けを見せる。 39分にはボックス内のギラシーの反転シュートで元守護神メンディにセーブを強いると、直後にはチルウェルの不用意なバックパスをギラシーがカットして絶好の同点機が訪れる。しかし、自らシュートに持ち込まず、ブリジョーへのラストパスを選んだ結果、DFチアゴ・シウバのブロックに阻まれた。 相手の猛攻を何とか凌いで試合を折り返したチェルシーは後半の立ち上がりこそ押し込む形を見せたものの、以降は相手の攻勢に晒される。 リードこそ保っているものの、後半に入って1本もシュートを打てない苦しい状況が続く中、ランパード監督は68分にマウントとエイブラハムを下げて、母国凱旋のカンテとジルーを同時投入。 一方、自分たちの流れの中でゴールをこじ開けたいレンヌは70分過ぎに続けて決定機を迎える。73分、中盤での激しいデュエルでボールを奪い切ってボックス左でデル・カスティージョから折り返しを受けたギラシーがニア下へ強烈なシュートを放つが、ここはGKメンディがファインセーブ。さらに、このプレーで得た左CKの場面でゴール前のニャムジがピッチに叩きつける強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、再びメンディのビッグセーブに阻まれた。 守護神メンディに救われて何とかピンチを凌いだチェルシーはこの直後にコバチッチ、ハドソン=オドイを下げてツィエクと久々の復帰となったハヴァーツの2人のレフティーをピッチに送り込む。 だが、一連の選手交代も流れを引き戻すキッカケとはならず。すると、85分にはレンヌの右CKからグルニエのクロスをゴール前のギラシーに豪快なヘディングで合わせられ、4戦目にして今季CLは初の失点を喫することになった。 土壇場で追いつかれ、今節での決勝トーナメント進出は厳しいかに思われたが、頼れるフランス代表FWが最後の最後に大仕事を果たす。91分、相手陣内中央でグルニエのパスを引っ掛けてショートカウンターを発動。ツィエクのスルーパスをボックス左で受けたヴェルナーのシュートはGKゴミスのビッグセーブに阻まれるが、ゴール前に高く浮いたルーズボールをDFニャムジに競り勝ったジルーがヘディングシュート。これがゴールネットに突き刺さり、劇的な決勝点となった。 そして、苦しみながらもレンヌに勝ち切ったチェルシーはもう1試合で勝利したセビージャと共に2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 スタッド・レンヌ 1-2 チェルシー 【レンヌ】 ギラシー(後40) 【チェルシー】 ハドソン=オドイ(前22) ジルー(後46) 2020.11.25 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カマヴィンガがレンヌと新契約締結へ! 交渉順調で2023年までの契約にサインか

スタッド・レンヌに所属するフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)がクラブとの新契約締結に向けて交渉を行っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 レンヌの下部組織出身のカマヴィンガは本格デビューとなった昨シーズン、公式戦36試合に出場し1得点2アシストを記録。リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨した。 また、レアル・マドリーなど錚々たるビッグクラブの注目を集めた今夏の移籍市場を経て、最終的にクラブ残留を選択した逸材MFは、今シーズンから背番号を「10」に変更。ここまで公式戦9試合に出場し、先日には待望のレ・ブルーデビューも飾っていた。 その逸材に関しては今冬、あるいは来夏の移籍市場でもビッグクラブ行きの可能性が取り沙汰されているが、現在レンヌとカマヴィンガの間では2022年までとなっている現行契約を、さらに1年間延長する話し合いが行われているという。そして、この交渉は良好な形で進んでおり、近日中にまとまる可能性が高いようだ。 2020.11.19 14:38 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ8連勝を目指すトゥヘルはレンヌを警戒「勇敢でソリッドなチーム」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がスタッド・レンヌ戦前の記者会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のリーグ・アン開幕からまさかの連敗を喫したPSGだが、現在は7連勝中と絶対王者としての本来の姿を取り戻している。一方でチャンピオンズリーグ(CL)では開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦を落とすと、4日に行われた第3節のライプツィヒ戦も逆転負けを喫し、わずか1勝でグループステージを折り返すことになった。 7日にホームで行われるリーグ戦第10節レンヌ戦の試合前会見では、ライプツィヒ戦について「後悔はあまりしてない。我々はフィジカル的な試合を展開し、ピッチ上でできることはやった。簡単ではなかったが十分なインテンシティを示すことができたと思う。失望はしているが前を向かなければならない」と反省。 そして、今節の相手となるレンヌは昨季のリーグ・アンで3位に入った強敵。トゥヘル監督はここ数年で成長著しいチームだとし、一昨季のクープ・ドゥ・フランスの結果を絡めて警戒を促している。 「ここ数年で確実に進歩しているチームだ。彼らはCLでプレーするに値し、クープ・ドゥ・フランスも制した。残念ながら我々を退けてね。非常に勇敢なソリッドで強いチームだ。チャンスを信じて挑んでくるだろう」 「[4-1-4-1]を多用し、3日ごとに試合をする術を弁えている。互いにアグレッシブな試合を期待しているよ」 なお負傷者に関しては、FWマウロ・イカルディ、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFユリアン・ドラクスラー、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペ、GKケイロル・ナバス、DFプレスネル・キンペンベ、そしてMFパブロ・サラビアが起用不可であることを明かしている。 2020.11.07 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーPK2発のチェルシーが10人レンヌに快勝! セビージャが数的不利撥ね返す劇的勝利!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第3節、チェルシーvsスタッド・レンヌが4日に行われ、ホームのチェルシーが3-0で快勝した。 前節、敵地でFCクラスノダールを4-0で破り、今季CL初勝利を手にしたチェルシー。連勝を目指す今節では新守護神メンディの古巣レンヌをホームで迎え撃った。3-0で快勝した直近のバーンリー戦からは先発1人を変更。新型コロナウイルスで陽性反応が確認されて自主隔離となったハヴァーツに代えてジョルジーニョを起用した。 立ち上がりから拮抗した入りとなったが、チェルシーが幸先よく先制に成功する。10分、ボックス内でボールを持ったヴェルナーがDFダウベルトのファウルを誘いPKを獲得。これを自ら決めて公式戦3試合連続ゴールとした。 その後はチェルシーがボールを握る状況が続くが、最後の場面でプレー精度を欠き流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めない。しかし、1点リードでハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に追加点を奪い切る。 37分、ボックス付近でエイブラハムが放ったシュートがボックス内のDFダウベルトの上げた腕に当たると、VARによるオンフィールドレビューの結果、チェルシーにこの試合2本目のPKが与えられる。これをキッカーのヴェルナーがきっちり決め切った。さらに、このハンドに対して主審はダウベルトに2枚目のイエローカードを掲示する厳しい判定を下し、2点リードのホームチームは数的優位まで得ることに。 これで俄然余裕のチェルシーは後半立ち上がりの50分、右サイド深くに抜け出したリース・ジェームズからの高速クロスをニアに飛び込んだエイブラハムがワンタッチで合わせ、試合を決定づける3点目とした。 後半開始早々の追加点によって勝利を確信したランパード監督は週末のリーグ戦を睨んで、ここから積極的な選手交代を敢行。主力を次々に下げてジルーやコバチッチ、エメルソンといった出場機会の少ない選手たちにチャンスを与えた。 その後も1人少ないレンヌを相手に危なげない試合運びを見せたチェルシーは、公式戦5試合連続のクリーンシートできっちり試合を締め括り、グループステージ2連勝を飾った。 また、同日行われたグループE第3節のもう1試合、セビージャvsFCクラスノダールは、ホームのセビ-ジャが3-2で逆転勝利した。 直近リーグ3連敗と不振が続くセビージャは、この試合でも20分過ぎまでに2点のビハインドを負う苦しい戦いを強いられる。 前半終了間際の42分にはジョルダンのクロスをラキティッチが豪快なヘディングシュートで合わせ、点差を縮める。しかし、前半アディショナルタイムにはボックス手前ギリギリの位置で相手をファウルで止めたヘスス・ナバスに決定機阻止のレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことになった。 さらに難しい戦いを強いられることになったホームチームだが、ここから意地を見せる。69分、相手ボックス付近でボールを奪ったエン=ネシリがそのまま冷静にシュートを流し込み、同点に追いつく。続く72分にはセットプレーからゴール前でこぼれ球に反応したエン=ネシリが豪快な右足のボレーシュートを叩き込み、瞬く間に逆転に成功した。 その後、相手の反撃を持ち味の堅守で凌ぎ切ったセビージャが劇的な逆転勝利を飾っている。 チェルシー 3-0 スタッド・レンヌ 【チェルシー】 ヴェルナー(前10[PK]) ヴェルナー(前41[PK]) エイブラハム(後5) セビージャ 3-2 FCクラスノダール 【セビージャ】 ラキティッチ(前42) エン=ネシリ(後24) エン=ネシリ(後27) 【FCクラスノダール】 スレイマノフ(前17) ベリ(前21[PK]) 2020.11.05 07:25 Thu
twitterfacebook

順位表



得点ランキング