レンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 レンヌ 50 15 5 8 38 24 14 28
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-04-05
リーグ・アン
第31節
アミアン vs レンヌ
2020-04-12
リーグ・アン
第32節
サンテチェンヌ vs レンヌ
2020-04-26
リーグ・アン
第34節
レンヌ vs ストラスブール
2020-05-03
リーグ・アン
第35節
アンジェ vs レンヌ
2020-05-10
リーグ・アン
第36節
レンヌ vs ディジョン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.08
25:00
リーグ・アン
第28節
レンヌ 5 - 0 モンペリエ
2020.02.29
28:00
リーグ・アン
第27節
トゥールーズ 0 - 2 レンヌ
2020.02.23
25:00
リーグ・アン
第26節
レンヌ 2 - 1 ニーム
2020.02.16
25:00
リーグ・アン
第25節
スタッド・ランス 1 - 0 レンヌ
2020.02.08
28:00
リーグ・アン
第24節
レンヌ 0 - 0 ブレスト
基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

レンヌがリヨンから快足WGテリエを完全移籍で獲得!

スタッド・レンヌは6日、リヨンからフランス人FWマルタン・テリエ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 なお、リヨンの発表によると、移籍金は1200万ユーロ(約14億5000万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億6000万円)。さらに、テリエが他クラブに移籍した際の移籍金15%がリヨンに支払われる契約になっている。 リールの下部組織出身のテリエは2016年にトップチームデビュー。レンタル先のストラスブールでブレイクを果たすと、2018年夏にリヨンへ正式加入。今シーズンは左ウイングを主戦場に、公式戦35試合6ゴール2アシストの数字を残していた。 リヨンでは多士済々のアタッカーが揃う中、メインキャストを担うことはできなかったが、自慢の快足に加え、優れた足元を活かしたドリブルや正確なラストパスにも定評があるアタッカーは、来シーズンにチャンピオンズリーグにも参戦するレンヌにとって良い補強となったはずだ。 2020.07.08 14:52 Wed
twitterfacebook
thumb

カマヴィンガは来季も残留へ! レンヌ会長「来シーズンも共に」

スタッド・レンヌのニコラ・オルヴェック会長が、U-21フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(17)の残留を確信している。フランス『Ouest-France』が伝えた。 レンヌの下部組織出身のカマヴィンガは本格デビューとなった今シーズン、公式戦36試合に出場し1得点2アシストを記録。リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨した。 その若干17歳の超新星にはブラジル代表MFカゼミロの後継者を模索するレアル・マドリーを中心に、欧州のビッグクラブが関心を寄せている。 しかし、オルヴェック会長は新シーズンに向けた公式会見の場でカマヴィンガの来季残留を明言している。 「現在、我々は信じられないほどの危機(新型コロナウイルス)を経験している。したがって、ビッグクラブの現状を見聞きしたところでは、今夏に大きな動きがあるとは思えない」 「そして、我々はエドゥアルド・カマヴィンガと来シーズンも共にすることを決めた。彼は思慮深い青年だ」 今後のレ・ブルーを背負って立つビッグタレントと目されるカマヴィンガだが、今夏に噂されるビッグクラブにステップアップを果たしても出場機会が保証されるわけではない。また、レンヌが新シーズンにCLへ参戦することもあり、少なくとも来シーズンいっぱいの残留はベターな選択肢か。 ただ、今後の動向によっては、一転してビッグクラブ移籍という可能性も十分にあるようだ。 2020.06.23 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

来季CL出場のレンヌ、バジャドリーの逸材CB獲得でクラブ間合意か

スタッド・レンヌがガーナ人DFモハメド・サリス(21)の獲得に向けてバジャドリーとクラブ間合意に至った模様だ。フランス『RMC sport』が報じている。 今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやプレミアリーグ、セリエAなど複数クラブから関心を集めているサリス。 その獲得レースにおいてはアトレティコ優位の見方が強かったが、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を見据えてスカッドのテコ入れを図っているレンヌが、1200万ユーロ(約14億2000万円)の移籍金(契約解除金)を支払うことでバジャドリーと合意に至った模様だ。 ただ、『RMC sport』によると、レンヌはサリス本人との合意には至っておらず、今後の話し合いで説得を行う模様であり、現時点では他クラブの獲得も可能な状況だという。 バジャドリー下部組織出身のサリスは、191㎝の恵まれた体躯とアフリカ人特有の身体能力を生かした守備が持ち味のセンターバック。トップチームデビューを果たした今季は勢いそのままにセンターバックのポジションを掴むと、中断前のラ・リーガ全27試合に出場している。 2020.06.13 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

来季1部復帰のロリアン、レンヌのCL出場権獲得に貢献したベテランDFが9年ぶりの帰還!

ロリアンは9日、スタッド・レンヌからマダガスカル代表DFジェレミー・モレル(36)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となるが、更なる延長オプションが付随している。 モレルは左サイドバックを主戦場に、172cmの小柄ながらもセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロール。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiSDJxMjVOeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> これまでマルセイユ、リヨンで主力を担ったベテランDFは、昨夏加入したレンヌでも、公式戦28試合2ゴール1アシストときっちり成績を残していた。 同クラブのリーグ・アン3位フィニッシュと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していたこともあり、残留の可能性もあったものの、今季のリーグ・ドゥを優勝し来季リーグ・アンに復帰する故郷のロリアンに2011年以来の復帰を果たすことになった。 なお、フランス出身のモレルだが、2018年10月にマダガスカル代表でのプレーを選択し、ここまで8試合に出場している。 2020.06.10 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ若手MFにリールらフランス3クラブが関心?

マンチェスター・シティのU-19フランス代表MFクラウディオ・ゴメス(19)にリーグ・アンの3クラブが関心を示しているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身のゴメスは、2018年夏にシティへ加入。機動力とボール奪取能力を最大の特長とする守備的MFは、加入時に“NEXTカンテ”、“NEXTマケレレ”とも評された逸材だ。 昨シーズンのコミュニティ・シールドのチェルシー戦でトップデビューを飾ったものの、プレミアリーグデビューは果たしておらず、今シーズンはPSVのリザーブチームにあたるヨングPSVにレンタル移籍。エールステディビジ(オランダ2部)で21試合に出場していた。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、シティと2023年まで契約を残すゴメスだが、今夏の移籍を意識してか、代理人をイギリス最大手の『Stellar』からU-20アメリカ代表FWティモシー・ウェア(リール)らを顧客に持つバドゥ・サンバグ氏に変更。母国クラブへの移籍に向けた動きを見せているという。 そして、その逸材獲得に向けてリール、レンヌ、匿名のリーグ・アンの計3クラブが買い取りオプション付きのレンタルオファーを準備しているようだ。 2020.05.28 17:09 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング