レンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 レンヌ 49 12 13 12 52 51 1 37
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-05-25
リーグ・アン
第38節
レンヌ vs リール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
28:00
リーグ・アン
第37節
ストラスブール 0 - 2 レンヌ
2019.05.12
22:00
リーグ・アン
第36節
レンヌ 1 - 1 ギャンガン
2019.05.05
22:00
リーグ・アン
第35節
トゥールーズ 2 - 2 レンヌ
2019.05.01
26:00
リーグ・アン
第34節
レンヌ 2 - 2 モナコ
2019.04.19
26:00
リーグ・アン
第33節
ディジョン 3 - 2 レンヌ
基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

PK戦までもつれ込む激闘を制したレンヌが48年ぶり3度目の制覇!《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランス決勝のスタッド・レンヌvsパリ・サンジェルマン(PSG)が27日にスタッド・ド・フランスで行われ、2-2のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、6-5でレンヌが勝利。この結果、レンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス優勝を飾った。 5連覇を目指すPSGは、リーグ・アン連覇を決めた21日のモナコ戦からスタメンを4人変更。GKにアレオラが入ったほか、最終ラインは右からダグバ、マルキーニョス、キンペンベ、ベルナトの4人。中盤はアンカーにヴェッラッティを起用しインサイドはダニエウ・アウベスとドラクスラーを配置。3トップは右からディ・マリア、ムバッペ、ネイマールと並べた。 試合が動いたのは13分、PSGはネイマールの左CKからペナルティアーク右付近のダニエウ・アウベスが右足ボレーでゴール左隅にシュートを叩き込んだ。さらにPSGは、15分にもディ・マリアのパスに抜け出したムバッペがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 先制点で主導権を握ったPSGは22分、ディ・マリアの縦パスで相手DFの裏に抜け出したネイマールがペナルティアーク内まで持ち上がり、飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールネット揺らした。 2点を追うレンヌは38分、中盤からのロングパスを最前線で受けたニアンが巧みな反転で相手DFをかわすと、ボックス手前まで持ち込みゴール左を狙ったコントロールショットを放ったが、このシュートは左ポストを直撃。決定機を逃したレンヌだが40分、右サイドをドリブルで突破したハマリ・トラオレのクロスがキンペンベのオウンゴールを誘い、1点を返した。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うレンヌ。66分、グルニエの左CKをメクセルがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。 同点に追い付かれたPSGは72分、ダニエウ・アウベスの右クロスをニアサイドに走り込んだムバッペが合わせたが、これは枠の右。さらに85分には、ボックス左に抜け出したムバッペの折り返しにネイマールが飛び込んだが、これはわずかに届かず。 その後も両者に勝ち越しゴールは生まれず、2戦合計スコア2-2のまま試合は延長戦へ。延長前半に向けて、PSGはドラクスラーを下げてカバーニを投入。すると99分、ネイマールのスルーパスに抜け出したムバッペがゴールエリア左からシュートを放ったが、これは右ポストを直撃。 2-2のまま迎えた延長後半、PSGはダグバを下げてディアビを投入。対するレンヌはブリゴーを下げてシリキをピッチに送り出した。すると、レンヌは110分に決定機。ボックス右から侵入したサールの折り返しをペナルティアーク内で受けたベン・アルファがワントラップから左足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。 膠着状態が続く中、PSGは118分にアクシデント。ムバッペがボールを奪おうとした際にダ・シルバの右足をスパイクしてしまい、レッドカードで退場処分となった。その後もスコアの動かなかった試合はPK戦へ。 PK戦では、6人全員が成功したレンヌに対し、PSGは6人目のエンクンクが失敗。PKスコア6-5で勝利したレンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス制覇を達成した。 2019.04.28 06:59 Sun
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シルバが練習復帰! 5連覇の懸かるクープ・ドゥ・フランス決勝で復帰か

パリ・サンジェルマン(PSG)は25日、ブラジル代表DFチアゴ・シルバがトレーニングに復帰したことを公式ツイッターで明かした。 14日に行われたリーグ・アン第32節のリール戦(1-5で敗戦)で16分にヒザを負傷し途中交代すると、直近のリーグ戦2試合を欠場していた。 PSGによれば、チアゴ・シルバは木曜日のトレーニングから全体練習に復帰したとのこと。なお、フランス『レキップ』は27日に行われるクープ・ドゥ・フランス決勝のスタッド・レンヌ戦での起用が可能と予想している。 クープ・ドゥ・フランス5連覇を目指すチームにとって、頼れるキャプテンの戦列復帰は心強い限りだ。 2019.04.26 00:34 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転突破に導きしオーバがマスクパフォ! 「自己表現の必需品」

アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがチームの逆転突破を誇り、マスクを使ったゴールパフォーマンスに言及した。イギリス『BBC』が報じた。 アーセナルはヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でレンヌと激突。敵地での1stレグを1-3で落としたアーセナルだったが、続く15日のホームで行われた2ndレグを3-0の勝利で飾り、2戦合計スコアで逆転突破を果たした。 この2ndレグで活躍したのがアーセナルの主砲オーバメヤン。2度の決定機こそ逃したが、2得点1アシストの活躍を見せ、ドルトムント時代にもお披露目過去のある持参のマスクを使ったパフォーマンスでファンを沸かせた。 そのオーバメヤンは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューに応対。逆転突破に安堵の様子を浮かべ、マスクを使ったセレブレーションにも触れた。 「2つのチャンスを逃しちゃったけど、勝利こそが何より重要。みんなが幸せで良かったし、誇りに思うよ。レンヌは少しナーバスだった。でも、それはフットボールだと起こり得ること」 「自分を表現するにあたり、マスクは必須アイテム。ブラックパンサーだよ。ガボンだと、代表チームは“ザ・パンサーズ”って呼ばれているのさ」 2019.03.15 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが全ゴールに絡むエースの仕事! ホームで鮮やか逆転のアーセナルがベスト8進出《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16・2ndレグ、アーセナルvsスタッド・レンヌが14日に行われ、ホームのアーセナルが3-0で勝利した。この結果、2戦合計4-3としたアーセナルの準々決勝進出が決まった。 先週にレンヌホームで行われた1stレグではアーセナルが先制も前半にパパスタソプーロスが退場したことが響き、最終的にレンヌが3-1で先勝した。 アウェイゴールこそ奪ったものの敵地で厳しい敗戦を喫したアーセナルだが、先週末に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチでは攻守に相手を圧倒。2-0の完勝でユナイテッドにスールシャール体制で初のリーグ戦黒星を与えて4位に再浮上した。 その勢いを生かして逆転突破を目指す今回の一戦に向けては出場停止のパパスタソプーロスに代えてムスタフィ、GKをレノからチェフに代えた以外、ユナイテッドと同じメンバーを起用。なお、前ラウンドのBATEボリソフとの初戦での退場で合計3試合の出場停止が科されていたラカゼットだったが、処分軽減によってスタメンでの起用となった。 キックオフ直後からエンジン全開のアーセナルがいきなりゴールをこじ開ける。5分、左サイドから横パスを繋いで右サイド深くに進攻したナイルズがボックス右のラムジーに繋ぐと、DFに囲まれながらもラムジーがグラウンダーで折り返したボールをオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。 開始早々のゴールに沸くスタジアムの後押しを受けてさらに勢いづくホームチームは15分、相手を押し込み左サイドでオフサイドポジションにいたコラシナツと入れ替わる形で抜け目なくボールを回収したオーバメヤンがゴールライン上で柔らかな折り返しを入れると、セルフジャッジで動きを止めた相手守備陣を出し抜いたファーのナイルズが頭で流し込んだ。 前半早い時間帯の2ゴールによって2戦合計3-3としアウェイゴール差で逆転に成功したアーセナルは、やや重心を後方に下げてバランス重視の戦い方にシフト。これに対してゴールが必要となったレンヌは徐々に攻撃に出ていくが、前回対戦で機能したサールとブリゴーの両サイドハーフが徹底マークに遭い、なかなか攻撃の形を作れぬまま前半を終えることになった。 それでも、ハーフタイムの修正によってよい形で後半に入ったレンヌは立ち上がりの47分に相手陣内高い位置でムスタフィからボールを奪ったグルニエがボックス手前のニアンに丁寧なパス。これをニアンが右足でフィニッシュに持ち込むが、GKチェフが指先で触ったシュートは左ポストを叩いた。 後半は一進一退の緊迫感のある攻防が続く中、徐々に守る時間が長くなってきたアーセナルは70分、エジルとラカゼットを下げてムヒタリアン、イウォビを投入する二枚替えを敢行。すると、この交代直後に貴重な追加点が生まれる。 72分、相手陣内中央でボールを持ったムヒタリアンが丁寧なスルーパスを左サイドのスペースに送ると、これに反応したコラシナツがグラウンダーで折り返す。最後はオフサイドラインぎりぎりで飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。そして、オーバメヤンはゴール裏にあらかじめ用意していた袋から『ブラックパンサー』のマスクを取り出して被るゴールセレブレーションを見せた。 痛恨の3点目を献上したものの1ゴールを奪えば延長戦に持ち込めるレンヌは選手交代を行いながらゴールを目指していくが、ベン・アルファらの仕掛けで決定機に持ち込みかけるが、再三オフサイドにかかるなどチャンスをモノにできない。 それでも、オーバメヤンの2度の決定機逸で何とか望みを繋ぐレンヌは決死の攻めを見せると、後半アディショナルタイムにはボックス内でニアンにシュートチャンスも枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、得意のホームでの鮮やかな逆転劇で2戦合計スコアを4-3としたアーセナルのベスト8進出が決定した。 2019.03.15 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ベン・アルファ、因縁エメリ見てニヤリ アーセナルに“予告通り”3-1勝利

スタッド・レンヌに所属する元フランス代表FWハテム・ベン・アルファが、アーセナル戦後のインタビューに応じた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 レンヌは7日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグでアーセナルをホームに迎え、3-1で敗戦。開始4分に先制点を奪え割れたものの、前半終盤にアーセナルDFパパスタソプーロスが退場処分となると、直後に同点弾を沈めた後、後半にさらに2得点を重ねて突き放した。 この試合を振り返ったベン・アルファは、アーセナルのウナイ・エメリ監督の方を向いて幾度か笑みを浮かべたことを明かしている。 「僕のモチベーションは、ソリッドな試合をプレーして勝利することだった。勝ち抜けるための優位を得たかったんだ。それが僕が考えていたことだよ。でも、以前同様に興奮している(ウナイ・)エメリを見た」 「何回か彼を見て、ちょっと笑っちゃったんだ。彼は変わっていないね」 「試合前、友達数人に僕らは3-1か4-1で勝つだろうと言った。4点目を決めることは出来なかったけど、僕の予想は正しかったね」 今シーズンからレンヌに加入しているベン・アルファは、昨シーズンまでエメリ監督が指揮していたパリ・サンジェルマン(PSG)に所属。しかし、2017年4月5日のクープ・ドゥ・フランス準々決勝のアブランシュ戦から一切のプレー機会を与えられず、約1年半に渡りプレーヤーとして最大の屈辱を味わうこととなっていた。 2019.03.08 18:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング