レンヌ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 レンヌ 52 13 13 12 55 52 3 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.24
28:05
リーグ・アン
第38節
レンヌ 3 - 1 リール
2019.05.18
28:00
リーグ・アン
第37節
ストラスブール 0 - 2 レンヌ
2019.05.12
22:00
リーグ・アン
第36節
レンヌ 1 - 1 ギャンガン
2019.05.05
22:00
リーグ・アン
第35節
トゥールーズ 2 - 2 レンヌ
2019.05.01
26:00
リーグ・アン
第34節
レンヌ 2 - 2 モナコ
基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

リールがレンヌの主将MFアンドレを完全移籍で獲得

リールは17日、スタッド・レンヌのMFバンジャマン・アンドレ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年までの4年間となる。 アンドレは、アジャクシオの下部組織で育ち、2008年7月にトップチーム昇格。2014年7月にレンヌへとフリートランスファーで加入した。 レンヌでは、公式戦通算184試合に出場し10ゴール12アシストを記録。キャプテンを務め、チームの中心としてプレーしていた。2018-19シーズンはリーグ・アンで30試合に出場し3ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで8試合出場1アシストを記録していた。 セントラルミッドフィルダーを主戦場に様々なポジションでプレーしてきたアンドレは、リーグ・アンで通算250試合に出場し15ゴール20アシストを記録。ユーティリティさを含め、高い能力を持つアンドレの加入をリールは歓迎している。 2019.07.18 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レンヌ、リヨン退団のベテランDFモレルが加入!

スタッド・レンヌは16日、昨季限りでリヨンを退団したマダガスカル代表DFジェレミー・モレル(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ロリアンでプロデビューを飾ったモレルは、左サイドバックを主戦場に172cmの小柄ながらもセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロール。2011年に加入したマルセイユ、2015年に加入したリヨンでも常に主力を担ってきた。しかし、昨シーズンは若手とのポジション争いに敗れ、近年では最少となるリーグ戦12試合の出場に留まっていた。 また、フランス出身のモレルは2018年10月にマダガスカル代表でのプレーを選択し、ここまで6試合に出場している。 2019.07.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カシージャス後釜探すポルトがレンヌのチェコ代表GK獲得へ!

ポルトがスタッド・レンヌに所属するチェコ代表GKトマシュ・コウベク(26)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 現在、ポルトでは今シーズンの公式戦42試合でゴールマウスを守った元スペイン代表GKイケル・カシージャス(38)が、5月に心臓発作で病院へ緊急搬送された影響もあり、現役引退の可能性が取り沙汰されている。 現時点で同選手の現役続行の可否は不明もクラブとしては後継者の確保が急務となっている。先日にはパリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)の獲得に乗り出したとの噂も出ていたが、多数の競合クラブの存在もあって交渉は難航している模様だ。 この状況を受けて、クラブが新たに目を付けたのが、レンヌの守護神として活躍するコウベクのようだ。 母国のフラデツ・クラーロヴェーでプロキャリアをスタートした198cmの長身GKはスパルタ・プラハを経て、2017年にレンヌに加入。ここまで2シーズンに渡って守護神を務めている。 また、2016年にデビューを飾ったチェコ代表では正GKのトマシュ・バシリクのバックアッパーとして通算9試合に出場している。 なお、『レキップ』が伝えるところによれば、パリで直接交渉を行った両クラブは700万ユーロ(約8億5000万円)の金額で大筋での合意に至った模様だ。 また、レンヌ側はすでにコウベクの後釜としてスタッド・ランスのセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(27)をリストアップしているようだ。 2019.06.24 22:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ベン・アルファが今季限りでレンヌを退団…

スタッド・レンヌは3日、元フランス代表FWハテム・ベン・アルファ(32)の今シーズン限りでの退団を発表した。同クラブのオリヴィエ・ルタン会長が3日、ジュリエン・ステファン監督の契約延長会見で明かした。 昨年9月にフリートランスファーで加入したベン・アルファは、今シーズンの公式戦41試合に出場し9ゴール6アシストを記録。チームの10位フィニッシュやクープ・ドゥ・フランス優勝、ヨーロッパリーグ(EL)のベスト16進出に貢献していた。 その一方で、シーズン終盤にチームを公然批判するなど物議を醸す行動を取っていた。 レンヌとベン・アルファの間では来シーズンに関して契約延長オプションがあったが、ルタン会長は「ハテム・ベン・アルファは来シーズン、スタッド・レンヌでプレーしない」と、今季限りでの退団を認めた。 リヨンでプロデビューを果たしたベン・アルファ。2004-05シーズンからのリーグ4連覇を経験したが、その後加入したマルセイユやニューカッスルでは厳しいキャリアが続いた。それでも、2015年夏にフリーで加入したニースでは、リーグ戦34試合で17ゴール6アシストと爆発。その活躍ぶりから翌年パリ・サンジェルマン(PSG)へと大きくステップアップした。 しかし、PSGではそうそうたるビッグプレイヤーとのポジション争いに敗れて構想外となると、1年半に渡って実戦から遠ざかることに。その後、昨年9月にレンヌに加入していた。 2019.06.03 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レンヌ、今季クープ・ドゥ・フランス制覇に導いた若き名将と契約延長

スタッド・レンヌは3日、ジュリエン・ステファン監督(38)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2015年からレンヌのリザーブチームを率いていたステファン監督は、サブリ・ラムシ前監督の解任に伴い、昨年12月からトップチームの新指揮官に昇格。下位に低迷していたチームを最終的に10位でフィニッシュさせると共に、今季のクープ・ドゥ・フランスではパリ・サンジェルマンをPK戦の末に破り、1970-71シーズン以来3度目の同タイトル獲得に導いた。 また、ヨーロッパリーグ(EL)ではラウンド32でベティスを破ると、ラウンド16では最終的に敗退となったものの、格上アーセナルを相手にホームで3-1の勝利を収めるなど見事な戦いぶりを見せていた。 2019.06.03 18:54 Mon
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング