リヨン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 リヨン 72 21 9 8 70 47 23 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.24
28:05
リーグ・アン
第38節
ニーム 2 - 3 リヨン
2019.05.18
28:00
リーグ・アン
第37節
リヨン 4 - 0 カーン
2019.05.12
28:00
リーグ・アン
第36節
マルセイユ 0 - 3 リヨン
2019.05.05
28:00
リーグ・アン
第35節
リヨン 2 - 2 リール
2019.04.26
27:45
リーグ・アン
第34節
ボルドー 2 - 3 リヨン
基本データ

正式名称:オリンピック・リヨン

原語表記:Olympique Lyonnais

愛称:Les Gones

創立:1950年

ホームタウン:リヨン

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

ユベントス、リヨンから逸材MFを獲得!

ユベントスがリヨンからフランス人MFハムザ・ラフィア(20)を完全移籍で獲得した。リヨンが16日に同選手の移籍を認めた。 リヨンが伝えるところによれば、ラフィアはリヨンとプロ契約を締結した後に40万ユーロ(約4850万円)でユベントスに移籍することになる。さらに、リヨンは最大500万ユーロ(約6億円)のボーナスに加え、今後の移籍時に20パーセントのインセンティブを受け取る契約になっている。 チュニジア生まれのラフィアは、リヨンの下部組織で育った攻撃的MF。トップチームデビューこそ果たせなかったものの、相手の逆を突く巧みなドリブルと高精度の右足を生かしたパスセンスに優れたプレーメーカーとして高い評価を集めてきた。 昨シーズンはUEFAユースリーグで7試合に出場し3ゴール4アシストを記録。また、フランスのU-17、U-18チームでプレーした経験もある。 なお、ユベントスではセリエCに所属するU-23チームでプレーすることになる。 2019.07.17 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

レンヌ、リヨン退団のベテランDFモレルが加入!

スタッド・レンヌは16日、昨季限りでリヨンを退団したマダガスカル代表DFジェレミー・モレル(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ロリアンでプロデビューを飾ったモレルは、左サイドバックを主戦場に172cmの小柄ながらもセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロール。2011年に加入したマルセイユ、2015年に加入したリヨンでも常に主力を担ってきた。しかし、昨シーズンは若手とのポジション争いに敗れ、近年では最少となるリーグ戦12試合の出場に留まっていた。 また、フランス出身のモレルは2018年10月にマダガスカル代表でのプレーを選択し、ここまで6試合に出場している。 2019.07.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

フェキルがベティス行きに合意! ロ・セルソはスパーズ移籍へ!

ベティスが、リヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(25)の獲得に迫っているようだ。フランス『Canal Plus』、『Le Parisien』が伝えている。 昨夏、リバプール行きに迫りながらも最終的にリヨン残留となったフェキルは、クラブとの契約が2020年夏までとなっており、選手、リヨン双方が今夏のタイミングでの退団を考慮している。 その中でフェキルは先日に交渉の事実が伝えられたベティスへの移籍に同意したようだ。 両メディアが伝えるところによれば、以前からリーガエスパニョーラでのプレーを望んでいるフェキルは、ベティスが掲示した年俸700万ユーロ(約8億5000万円)の5年契約という好条件のオファーに同意する可能性が高いという。 また、キャプテンの放出を容認するリヨンは、3000万ユーロ(約36億5000万円)のオファーを受け入れる構えだという。 なお、仮にこの金額での移籍が成立した場合、ベティスにとってはサンパウロからブラジル代表FWデニウソンを獲得した際に支払った3150万ユーロに続くクラブ史上2番目の高額移籍となる。 ベティスはフェキルの獲得に迫る一方、トッテナムが獲得を熱望するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の売却オペレーションも並行して進めているという。 スペイン『Diario de Sevilla』はベティスがロ・セルソの放出条件を7500万ユーロ(約91億3000万円)に設定していると伝えている。 この金額に関してはベティスがパリ・サンジェルマン(PSG)からロ・セルソを買い取った際に、今後同選手を他クラブに放出した際の移籍金の20パーセントをPSGに支払うという契約条項が盛り込まれた影響による値段設定だという。 仮に、この金額で移籍が成立した場合、ベティスの取り分は6000万ユーロ(約73億円)となる。 なお、フェキルの獲得オペレーションはあくまでロ・セルソ売却を前提したものであり、先にロ・セルソを売却次第、交渉が進む模様だ。 2019.07.14 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンが今夏ビッグクラブ注目のCBアンデルセンを獲得! 総額36億円のオペレーションに

リヨンは12日、サンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は現地時間12日15時からの会見で明かされる予定だ。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金はボーナス込みの総額3000万ユーロ(約36億5000万円)となったようだ。 サンプドリア加入2年目で絶対的な主力に成長したアンデルセンは、パワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ現代型のセンターバック。昨シーズンはセリエAで32試合に出場し1アシストを記録していた。 今夏の移籍市場ではユベントスやミラン、ローマのセリエA勢に加え、アーセナル、トッテナムからの関心が伝えられていたが、最終的に総額3000万ユーロの好条件のオファーを掲示したリヨンに争奪戦の軍配が上がることになった。 2019.07.12 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ロ・セルソ流出噂のベティス、後釜にフェキルを考慮か

ベティスが、リヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(25)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨シーズン主力として活躍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)のトッテナム移籍が盛んに報じられているベティス。仮に同選手を放出した場合、その後釜としてよりアタッカー色が強いものの同じレフティでトップ下、セカンドトップでプレー可能なフェキルに目を光らせているようだ。 ドイツ移籍専門サイト『transfermarkt』で市場価値が6000万ユーロ(約73億2000万円)と評価されているフェキルだが、リヨンとの現行契約は2020年夏までとなっており、この金額よりも安価で獲得できる可能性があるという。 また、フェキルは以前からリーガエスパニョーラでのプレーを望んでいると言われており、ベティスはフランスに幹部を派遣し、同選手がベティスでプレーする意思があるかどうかを確認するようだ。 ただ、ベティスの資金力を考えれば、ロ・セルソの売却資金なしにフェキルを獲得できる可能性は低いため、同選手のオペレーションはロ・セルソを放出した場合に限ってのものとなるようだ。 なお、リヨン下部組織出身のフェキルは、昨シーズンも主力として公式戦39試合で12ゴール9アシストを記録。アーセナルやリバプールも関心を示していると噂されているが、フランス代表FWの去就はいかに。 2019.07.12 19:56 Fri
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング