リヨン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 リヨン 40 11 7 10 42 27 15 28
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-04-05
リーグ・アン
第31節
リヨン vs ニーム
2020-04-12
リーグ・アン
第32節
ナント vs リヨン
2020-04-26
リーグ・アン
第34節
リヨン vs モナコ
2020-05-03
リーグ・アン
第35節
ディジョン vs リヨン
2020-05-10
リーグ・アン
第36節
リヨン vs モンペリエ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.08
29:00
リーグ・アン
第28節
リール 1 - 0 リヨン
2020.03.01
29:00
リーグ・アン
第27節
リヨン 2 - 0 サンテチェンヌ
2020.02.26
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 1stレグ
リヨン 1 - 0 ユベントス
2020.02.21
28:45
リーグ・アン
第26節
メス 0 - 2 リヨン
2020.02.16
23:00
リーグ・アン
第25節
リヨン 1 - 1 ストラスブール
基本データ

正式名称:オリンピック・リヨン

原語表記:Olympique Lyonnais

愛称:Les Gones

創立:1950年

ホームタウン:リヨン

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

リーグ・アン、PSGのCL準決勝進出に伴い開幕節の日程が変更に

リーグ・アンは13日、2020-21シーズンのリーグ開幕に関して、パリ・サンジェルマン(PSG)vsメスに日程が変更になったことを発表した。 新シーズンのリーグ・アンは今月21日(金)に開幕予定。欧州5大リーグではおよそ1カ月ほど早い開催となる。 当初、3連覇中の王者PSGとメスの一戦は23日に予定されていたが、PSGがチャンピオンズリーグで準決勝に進んだため、9月16日(水)に変更されることになった。また、マンチェスター・シティとの対決が控えるリヨンも準決勝に進んだ場合、モンペリエとの試合が同日に変更されるとのことだ。 ◆2020-21リーグ・アン開幕節 ▽8/21(金) 《26:00》 マルセイユ vs サンテチェンヌ ▽8/22(土) 《24:00》 ボルドー vs ナント 《28:00》 リール vs スタッド・レンヌ ▽8/23(日) 《20:00》 モナコ vs スタッド・ランス 《22:00》 ディジョン vs アンジェ ロリアン vs ストラスブール モンペリエ vs リヨン ニーム vs スタッド・ブレスト 《24:00》 ニース vs RCランス ▽9/16(水) 《26:00》 パリ・サンジェルマン vs メッツ 2020.08.13 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを取り戻したデパイ CL出場権を手繰り寄せた壁の下を通す技ありFK 【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デパイの壁の下を通す技ありFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSQmUxZzNMVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの挫折の後、2017年にリヨンに加入してからはチームの主砲としてゴールを量産してきたデパイ。今季は左ヒザ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、昨年12月から戦線離脱を余儀なくされたものの、リーグ戦での成績は13試合9ゴール2アシストと、高い得点関与率を誇っている。 その活躍は移籍初年度から続いており、2018年5月19日に行われたリーグ・アン最終節のニース戦では技ありのFKを決めている。 この試合で勝利すればリーグ3位となり、翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するリヨンだが、ニース相手に先制を許す。 それでも48分、デパイのゴールで同点に追いつくと、さらに65分にはペナルティアーク左の位置でFKのチャンスを迎える。 決めればCL出場権が大きく近づく状況の中、デパイは完全に相手の意表を突く、壁の下を通すFKを選択。これには相手DFだけでなくGKまで騙され、反応が遅れると、グラウンダーのシュートは、左ポストに当たってゴールネットを揺らした。 試合はその後、両チームが1点を加え、3-2でリヨンが勝利。デパイは3ゴールでハットトリックを達成し、チームのCL出場権獲得と立役者となった。 2020.08.12 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン守護神が“エア・セレブレーション”! 無人のアウェイスタンドでCL8強を一人祝う

リヨンのポルトガル代表GKアントニー・ロペスが、チャンピオンズリーグ(CL)8強進出を“アウェイサポーター”と共に喜んだ。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 リヨンは7日に敵地で行われたCLラウンド16・2ndレグでユベントスと対戦。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに2ゴールを決められ1-2の逆転負けを喫し、2戦合計2-2のスコアで並ばれたものの、アウェイゴール数で上回り下馬評を覆すベスト8進出となった。 2ndレグを落としたものの、格上撃破に試合後のピッチ上ではリヨンのイレブンが喜びを爆発させていたが、一人変わった行動に出たのが、リヨン守護神。 ロペスはピッチの中央から一目散にアウェイスタンドへ一人で向かうと、ピッチ横の看板を乗り越えてスタンドの柵によじ登る。そして、スタンドを背にした状態で会心のガッツポーズを行う姿を、カメラマンたちに撮影してもらい、再びピッチ中央の歓喜の輪に加わることになった。 新型コロナウイルスの影響で無観客開催が続く中、少しでもサポーターと喜びを分かち合いたかったサポーター想いの守護神は、“エア・セレブレーション”という形で遠く離れた場所からチームをサポートしてくれたサポーターへ感謝を示した。 <div id="cws_ad">◆サポーター想いの守護神が“エア・セレブレーション”<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Anthony Lopes qui va célébrer la qualification lyonnaise avec les supporters qui ne sont pas là!!! <a href="https://twitter.com/OL?ref_src=twsrc%5Etfw">@OL</a> <a href="https://t.co/zzRF4gUoFL">pic.twitter.com/zzRF4gUoFL</a></p>&mdash; Julien Laurens (@LaurensJulien) <a href="https://twitter.com/LaurensJulien/status/1291843170087641088?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.09 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨン時代のフェキルが得意の左足だけでキャリア初ハット!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、レアル・ベティスのフランス代表FWナビル・フェキルがリヨン時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆フェキルが得意の左足だけでキャリア初ハット!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyWlBtQUxMaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門リヨンの下部組織で育ったフェキルは、2013年にトップチームに昇格。その年の8月にプロデビューを飾った。さらに、翌年の4月にプロ初ゴールを決めると、2015年にはリーグ・アン年間最優秀若手賞を受賞。今季からはベティスに加入している。 そんなフェキルは、2015年8月29日に行われたリーグ・アン第4節のカーン戦でキャリア初となるハットトリックを達成している。 まずは19分、ボックス手前でボールを持ったフェキルが相手DFと駆け引きしながらボックス左へと侵入。シュートコースを作ると、そのまま左足を振り抜き、ゴール右に流し込んだ。 そして44分、MFコランタン・トリソの絶好なロングパスで右サイドを突破したフェキルは、細かいボールタッチでボックス深くへと侵入。最後は相手DF二人の間から左足で狙いすましたシュートをゴール左隅へ流し込む。 最後は57分、見事なボールタッチでボックス内に侵入したMFマテュー・ヴァルブエナからのパスをまたも左足で決めてみせた。 得意の左足だけでハットトリックを達成したフェキルだが、そのスキルはフランス代表でも貴重なオプションになっており、世界王者に輝いた2018年のロシア・ワールドカップでも、途中出場がメインではあったものの7試合中6試合に出場している。 2020.08.09 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

デ・リフトがCL敗退に悔しさ露わ 「すごく残念」

ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトがチャンピオンズリーグ(CL)敗退に肩を落とした。クラブ公式サイトが伝えている。 CLラウンド16でリヨンと激突したユベントスは敵地での1stレグで0-1の先勝を許して、7日にホームで行われた2ndレグへ。リターンレグを2-1で制したが、アウェイゴール差でベスト16敗退が決定した。 この敗退により、ユベントス加入初年度が終戦したデ・リフト。試合後、落胆の心境を隠さず、悔しさを滲ませた。 「突破できなくて、すごく残念だ。僕らはリヨンより地力で勝るはずだが、2試合ともにいくつかの困難に直面した。今日も良い戦いができたが、キックオフからわずか12分でPKのチャンスを許して失点したのが痛かった。スクデットを獲得できたのは嬉しいが、コッパ・イタリア決勝と今日の敗退はがっかりだ」 なお、20歳のデ・リフトは今季、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニのケガによる長期離脱も出場機会の増加に繋がり、公式戦39試合に出場。4得点1アシストと攻撃面でも結果を残した。 2020.08.08 13:45 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング