リヨン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 リヨン 59 17 8 8 54 41 13 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-26
27:45
リーグ・アン
第34節
ボルドー vs リヨン
2019-05-05
28:00
リーグ・アン
第35節
リヨン vs リール
2019-05-12
リーグ・アン
第36節
マルセイユ vs リヨン
2019-05-18
リーグ・アン
第37節
リヨン vs カーン
2019-05-25
リーグ・アン
第38節
ニーム vs リヨン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.19
27:45
リーグ・アン
第33節
リヨン 2 - 1 アンジェ
2019.04.12
27:45
リーグ・アン
第32節
ナント 2 - 1 リヨン
2019.04.06
24:00
リーグ・アン
第31節
リヨン 1 - 3 ディジョン
2019.03.29
28:45
リーグ・アン
第30節
レンヌ 0 - 1 リヨン
2019.03.17
22:30
リーグ・アン
第29節
リヨン 3 - 2 モンペリエ
基本データ

正式名称:オリンピック・リヨン

原語表記:Olympique Lyonnais

愛称:Les Gones

創立:1950年

ホームタウン:リヨン

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

ユベントスの8連覇は欧州5大リーグでの新記録! その他のリーグ記録は?

セリエAで8連覇を達成したユベントスが、ヨーロッパ5大リーグでの新記録を樹立した。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。先制を許す展開となったものの、アレックス・サンドロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドがオウンゴールを誘発し、2-1と逆転勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> この勝利により、5試合を残してスクデット(セリエA優勝)を獲得したユベントス。これにより、通算35度目のセリエA優勝を達成するとともに、2011-12シーズンから続く連覇を「8」に伸ばした。 ヨーロッパ5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)でのリーグ連覇の記録は、リーグ・アンのリヨンが2001-02シーズンから2007-08シーズンまで記録した7連覇が最高だった。 リヨンは、ジャック・サンティニ(2001-02/1回)、ポール・ル・グエン(2002-2005/3回)、ジェラール・ウリエ(2005-07/2回)、アラン・ペラン(2007-2008/1回)と4人の監督の下で7連覇を達成。一方のユベントスは、アントニオ・コンテ(2011-14/3回)、マッシミリアーノ・アッレグリ(2014-19/5回)の2人で達成している。 なお、ブンデスリーガではバイエルンが今シーズン優勝すると7連覇を達成することに。リーガエスパニョーラの記録は、レアル・マドリーの5連覇、プレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッドの3連覇が最高となっている。 ちなみに、欧州サッカー連盟(UEFA)の記録では、ジブラルタルのリンカーン(2003~16年)とラトビアのスコント(1991~2004年)の「14連覇」が最長記録となっている。 ◆セリエA ユベントス:8連覇 2011-2019(継続中) ◆リーグ・アン リヨン:7連覇 2001-2008 ◆ブンデスリーガ バイエルン:6連覇 2012-18(継続中) ◆リーガエスパニョーラ レアル・マドリー:5連覇 1960-65/1985-90 ◆プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド:3連覇 19998-2001/2006-2009 2019.04.21 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.32“リヨン黄金期”ル・グエンのリヨン、完成形/リヨン[2004-05]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.32</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2004-2005シーズン/リヨン 〜リヨン黄金期〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2004-05lyon.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ポール・ル・グエン(40) タイトル実績:リーグ・アン優勝 攻撃力7:★★★★★★★☆☆☆ 守備力8:★★★★★★★★☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層6:★★★★★★☆☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ル・グエンのリヨン、完成形</div> リヨンは2000年代に黄金期を迎えた。2001-02シーズンにリーグ・アン初優勝を飾ると、そこから7連覇という偉業を達成。一気にフランスの強豪へと伸し上がった。とりわけ、7連覇を達成したチームの中で重要な存在となったのが、2002年にクラブの指揮官に就任したル・グエン監督だ。 ル・グエン監督は、2005年にクラブを退団するまでの3シーズンすべてでクラブをフランス王者に導いた。特に、2004-05シーズンは、ル・グエン監督が作り上げてきたチームの集大成と言っていいだろう。 開幕から安定した戦いを続けたリヨンは、第22節でリールに敗れるまで21試合無敗を継続する。第10節で首位に立って以降、ポジションを譲らず。最終的に、2位のリールに勝ち点12もの差をつけてリーグ4連覇を達成した。また、チャンピオンズリーグでも準々決勝に進むなど、欧州にその強さを印象づけることに成功した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">圧倒的な中盤の構成力</div> 2004-05シーズンのリヨンは、チームの主力選手のほとんどが全盛期と言える状態だった。センターバックのカサーパとクリスは、個々の能力で見ると決してワールドクラスとは言えなかったものの、同じブラジル人同士だけに連携は抜群。徹底したチャレンジ&カバーで、中央ラインを守った。共に25歳のレベイエールとアビダルは豊富な運動量でサイドをアップダウンし、攻守に安定したパフォーマンスを続けた。 当時のリヨンにおける最大のストロングポイントは中盤だった。アンカーのマハマドゥ・ディアッラとセントラルMFのエッシェン、オフェンシブMFのジュニーニョの補完性は完璧。ディアッラは守備に集中し、エッシェンはボックス・トゥ・ボックスで働く。そして、ジュニーニョはショートパスとロングパスでリズムを形成。また、強烈な無回転FKは、相手GKを恐怖に陥れた。 攻撃の中心は、ヴィルトール、マルダ、ゴヴというスピード豊かなアタッカー3選手。センターフォワードでは、20歳のブラジル人FWニウマールも途中出場からしっかりと攻撃を活性化する力を備えていた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFマイケル・エッシェン(22)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/esienpc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 10代の頃はサイドバックやセンターバックとしてプレーする機会が多かったが、2003-04シーズンにリヨンへ加入した後、セントラルMFにコンバートされて才能が開花。すぐさまチームの主力となり、2004-05シーズンはリーグ・アンの最優秀選手に選出された。エッシェンのパフォーマンスはすぐに欧州にスカウト陣の目を引き、2005年には3800万ポンドという高額移籍金でチェルシーに移籍。プレミアリーグでも素晴らしい活躍を続け、ワールドクラスのMFとしての地位を確固たるものにした。 2019.04.19 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のリヨンMFエンドンベレ、ユベントスSDが代理人と接触か

ビッグクラブがこぞって関心を寄せるリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)だが、ユベントスも熱心に追いかけているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプール、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなど各国のビッグクラブが関心を示しているエンドンベレ。そんな中、ユベントスも動き出しているようだ。 報道によると、ユベントスのスポーツディレクターを務めるファビオ・パラチッチ氏がエンドンベレの代理人と接触したとのこと。レアル・マドリーからの関心が寄せられている、ミラレム・ピャニッチの代役として考えているようだ。 しかし、エンドンベレの価値は7000〜8000万ユーロ(約87億7600万円〜約100億3000万円)とも言われており、各クラブが牽制し合っている状況でもある。 今シーズンのエンドンベレは、ここまで公式戦42試合に出場し2ゴールを記録。リーグ・アンでは6アシストを記録している。 2019.04.10 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、デパイをリストアップか

リバプールはリヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(25)に関心を示しているという。イギリス『ミラー』が報じた。 2015年夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍が失敗に終わったデパイ。2017年冬から再起を目指してリヨンに加わると、ここまで公式戦通算108試合35得点39アシストと再び輝きを取り戻しており、最近になってビッグクラブ移籍願望を口している。 そのなかで、リバプールがセネガル代表FWサディオ・マネに対するレアル・マドリーの関心報道を受け、デパイを代役候補に。現時点でマネを手放すつもりはないリバプールだが、流失した場合の穴埋め策として、デパイのリストアップに至った模様だ。 なお、デパイの市場評価額は推定5000万ポンド(約72億8000万円)。リバプール移籍となれば、プレミアリーグ凱旋となるデパイだが、いかに…。 2019.04.07 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、新天地はリヨンorモナコ?

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)の行き先はフランスなのかもしれない。フランス『レキップ』が報じた。 モウリーニョ氏は過去、ベンフィカやウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで監督を歴任。行く先々でタイトルを手にしてきたが、昨年末にユナイテッド監督を辞して以来、無所属の状態が続いている。 今夏の監督業再開を示唆する“スペシャル・ワン”は先日、フランス『Canal +』のインタビューで新天地について「5つ目のリーグと3度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇が私の頭の中にある」とコメント。未開の地での新たな挑戦に含みを持たせた。 そうしたなか、モウリーニョ氏の新天地候補として挙がったのがリーグ・アンだ。だが、率いるクラブはフランスNo1のタレント集団であるパリ・サンジェルマン(PSG)でなく、リヨンか、モナコになるという。モウリーニョ氏は今夏、どこに…。動向から目が離せない。 2019.03.28 10:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング