トッテナム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 トッテナム 41 11 8 10 47 40 7 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第38節
クリスタル・パレス vs トッテナム

プレミアリーグ
第31節
トッテナム vs ウェストハム

プレミアリーグ
第30節
トッテナム vs マンチェスター・ユナイテッド

プレミアリーグ
第32節
シェフィールド・ユナイテッド vs トッテナム

プレミアリーグ
第33節
トッテナム vs エバートン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.10
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 2ndレグ
RBライプツィヒ 3 - 0 トッテナム
2020.03.07
26:30
プレミアリーグ
第29節
バーンリー 1 - 1 トッテナム
2020.03.01
23:00
プレミアリーグ
第28節
トッテナム 2 - 3 ウォルバーハンプトン
2020.02.22
21:30
プレミアリーグ
第27節
チェルシー 2 - 1 トッテナム
2020.02.19
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 1stレグ
トッテナム 0 - 1 RBライプツィヒ
基本データ

正式名称:トッテナム・ホットスパーFC

原語表記:Tottenham Hotspur Football Club

愛称:スパーズ、リリーホワイツ

創立:1882年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:白・青

関連ニュース
thumb

ヴェルトンゲンのトッテナム退団濃厚か…延長交渉進まず

トッテナムに所属するベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(33)に対して、退団の可能性が高まっているようだ。 2012年にアヤックスから加わり、公式戦311試合の出序数を誇るヴェルトンゲンだが、6月30日に契約満了予定。3月中旬から新型コロナウイルスの影響で中断に入るプレミアリーグが6月中の再開に動き出しているなか、ヴェルトンゲンの延長交渉は進展がなく、合意に至る兆しがないという。 『ESPN』が報じたところによると、ヴェルトンゲンは新たに週給7万ポンド(約900万円)の2年契約を求めているが、トッテナム側に応じる姿勢がない模様。トッテナム退団が決まれば、イタリアやスペインを望み、現時点で古巣アヤックスのほか、ローマやインテルも動向を注視しているようだ。 なお、プレミアリーグは先日、再開に至っても7月以降も今季が続く状況を鑑みて、契約失効を予定する選手の処遇として、シーズン終了までの短期延長を認めることで合意。6月23日までに選手側を含む双方の合意が必須となる。 2020.05.25 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノが後任モウリーニョに言及 「トッテナムに来てくれて嬉しい」

前トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏が、自身の後継を担うジョゼ・モウリーニョ監督について言及した。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 2014年からトッテナムを率い、同クラブをトップ4の常連に押し上げ、昨シーズンはあと一歩でチャンピオンズリーグ(CL)制覇にまで迫ったポチェッティーノ氏。だが、昨年11月半ばに成績不振を理由に解任の憂き目を味わった。 そして、アルゼンチン人指揮官の後任として招へいされたのは、ラ・リーガ、プレミアリーグの舞台でしのぎを削ってきた百戦錬磨のポルトガル人指揮官だ。 今回、ロンドンの自宅で『ガーディアン』のインタビューを受けたポチェッティーノ氏は、一部で不仲が囁かれる自身の後任について言及。「彼がトッテナムに来てくれて嬉しい」と、良好な関係を築いていると語った。 両者が友人関係を築き始めたのは、ポチェッティーノ氏がエスパニョールを率い、モウリーニョ監督がレアル・マドリーを率いていた頃だという。 マドリー戦前の公式会見の場でマドリーの監督就任の可能性に関する質問を受けた際、ポチェッティーノ氏は「私の子供たちはエスパニョールのパジャマを着て寝ている。だから、私が新たなクラブに移るのは難しいね」と、冗談を交えて可能性を否定したという。 すると、翌日の対戦時にモウリーニョ監督は、その発言を受けて粋なプレゼントを用意していたという。 「彼は素晴らしいフランス産のワインと共に、私の子供たちのためにレアル・マドリーのユニフォームをプレゼントしてくれたんだ」 「そして、彼は『これから君の子供たちがこれを着ることになるんじゃないか』って言ってきたよ」 「それ以来、我々は良い関係を築いている。だから、彼がトッテナムに来てくれてとても嬉しいよ。私が去った後に来たというタイミングも含めてね」 「彼は我々がこのクラブを構築してきた方法に関してとても感謝してくれている。ただ、今トッテナムは彼のクラブだ」 また、ポチェッティーノ氏は過去に自身が幾度かモウリーニョ監督の後任にリストアップされながらも、逆に、自身の後任としてポルトガル人指揮官がトッテナムを率いている現状に違和感を覚えているようだ。 「私はいつでも彼の代わりになることを想定していた。彼がレアル・マドリーにいたときには、“いつか君の後任としてレアル・マドリーを率いることになるかもね”ってジョークを言っていた」 「だけど、人生はそう筋書き通りにはならない。彼がトッテナムで私の後任を務めている。正直、信じられないね?」 2020.05.23 15:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ロジャーズ監督との再タッグを望むローズ「チルウェルが移籍してくれないことには…」とジョーク

ニューカッスルでプレーするイングランド代表DFダニー・ローズが、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督との再タッグを希望している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 両者の関係は2008-09シーズンまで遡る。ローズは2007年にトッテナムに加入した後、2009年3月からワトフォードにレンタル。シーズン終了までの2カ月の間、ロジャーズ監督に師事していた。 そんなわずかな時間だったが、若かりしローズが受けた影響は大きかったようで、再びロジャーズ監督の下で働きたいという希望を明かした。 「2カ月間、彼と一緒に仕事ができたことは素晴らしい経験だった。18歳か19歳だった僕はこれまで一度もあんな練習をしたことがなかったんだ」 「トレーニングに対する彼の工夫は凄かったよ。彼とはいつかまた一緒に仕事がしたいと僕はいつも言ってきた」 そこで、レスターへの移籍の可能性について問われたローズは、「まず、どこかのチームがベン・チルウェルを買わないとね」と冗談を返した。 冬の移籍市場でレンタル加入したニューカッスルではここまで公式戦6試合に出場しているローズ。トッテナムとの契約は2021年までとなっているが、夢を実現させることはできるだろうか。 2020.05.22 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムに不可欠な存在! アジア人No.1のソン・フンミンがプレミアで決めたスーパーゴール5選

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは、韓国での約3週間の基礎軍事訓練を終了し、イングランドへ帰還した。 2015年夏にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、これまでプレミアリーグ通算151試合に出場し、51ゴール30アシストを記録。今季も21試合に出場し9ゴール8アシストとイングランド代表FWハリー・ケインと共にチームの貴重な得点源となっている。 しかし、シーズン途中に腕を骨折。さらに、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。その間、韓国へ帰国していたソン・フンミンは、免除されていた兵役以外に義務付けられている約3週間の基礎軍事訓練を受けていた。 同じ韓国人のレジェンドであるパク・チソン氏をも超える活躍を見せ、アジア人選手としては初のプレミアリーグ50得点到達者でもあるソン・フミンがこれまでプレミアリーグで決めたベストゴールを5つ紹介する。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzcmFkdmNQMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 5位:2018-19シーズン 第16節 レスター・シティ戦 前半アディショナルタイム、DFセルジュ・オーリエからのパスを右サイドで受けたソンは、カットイン。相手DFのジョニー・エバンスを振り切り、ボックス手前から左足を振り抜いた。綺麗の弧を描いたシュートはGKカスパー・シュマイケルの懸命に伸ばした手も届かず、ゴールネット左上に突き刺さった。 4位:2016-17シーズン 第6節 ミドルズブラ戦 左サイドで先発したソン・フンミンは前半7分に先制点を記録。さらに23分には、ボックス左隅でボールを受けると、やや強引にマーカーを剥がす。ゴールから離れながらの難しいシュートであったが、うまく腰をひねって放ったシュートは見事なスピードとコースでゴールネットの右を一閃。相手GKのビクトル・バルデスは一歩も動けなかった。 3位:2017-18シーズン 第21節 ウェストハム戦 1点ビハインドで迎えていた後半39分、相手陣内中央、ゴールから約30mほどの距離でフリーでボールを持ったソン・フンミンは、相手のマークが来る前に思い切り右足を振り抜いた。少しアウトに回転がかかった弾丸シュートには相手GKアドリアンも触れられず。仮に触れていてもあの威力であれば前に弾くことは困難だっただろう。 2位:2019-20シーズン 第16節 バーンリー戦 試合開始10分で2点のリードを奪っていたスパーズ。自陣深い位置でボールを受けたソンは、次々と迫りくる相手7人をドリブルでかわし、約70mを一人で運んだ後、自らフィニッシュを決めた。この異次元のゴールにはジョゼ・モウリーニョ監督も試合後の会見で、元ブラジル代表FWロナウド氏を引き合いに出し、まるで"ソナウド"だと絶賛していた。 1位:2018-19シーズン 第13節 チェルシー戦 右サイドから長い距離をドリブルで持ち込んだソンは、相手MFジョルジーニョをスピードで振り切ると、寄せてきたDFダビド・ルイスもワンタッチで交わす。1人でボックス内まで突破し、最後は左足でグラウンダーのシュートを決めたスーパーゴールだった。このゴールはリーグ月間ベストゴールにも選出。アジア出身の選手として初めての受賞であった。 2020.05.21 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

オーリエが3度目の外出禁止令を破る?! 散髪したことを自身のSNSで明かす

トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエが、再びイギリス政府が要請する外出禁止、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)のガイドラインに違反したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が深刻化しているイギリス。その中で政府は外出禁止やソーシャル・ディスタンスのガイドラインの徹底を求めている。 しかし、オーリエは4月にチームメイトのフランス代表MFムサ・シソコとジョギングする動画を自身のインスタグラムに投稿。さらに後日にも、同選手は再度ソーシャルディスタンスを守らない状態で合同練習を行っていたことが発覚。厳しい批判に晒された挙句、謝罪とNHS(国民保険サービス)への寄付を発表していた。 しかし、『BBC』が伝えるところによれば、オーリエは19日に自身のインスタグラムにチームメイトのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスのユニフォームを着た写真を投稿。「#LeCoiffeurEstBon(美容師、良いね!)」と綴っており、散髪に行ったことを明かしていた。 イギリスでは美容院の営業再開は7月4日以降となっており、オーリエが3度目のガイドライン違反を犯したのではないかと話題に。これを受け、トッテナムは「状況を調査し、適切に処理する」との声明を発表した。今後調査を行うことを明かした。 2020.05.21 01:30 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング