トッテナム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 トッテナム 33 9 6 3 33 17 16 18
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-28
29:00
プレミアリーグ
第20節
トッテナム vs リバプール
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs トッテナム
2021-02-04
29:00
プレミアリーグ
第22節
トッテナム vs チェルシー
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
トッテナム vs ウェスト・ブロムウィッチ
2021-02-10
28:45
FAカップ
5回戦
エバートン vs トッテナム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.25
28:45
FAカップ
4回戦
ウィコム 1 - 4 トッテナム
2021.01.17
23:00
プレミアリーグ
第19節
シェフィールド・ユナイテッド 1 - 3 トッテナム
2021.01.13
29:15
プレミアリーグ
第16節
トッテナム 1 - 1 フルアム
2021.01.10
26:00
FAカップ
3回戦
マリン 0 - 5 トッテナム
2021.01.05
28:45
EFLカップ(カラバオ・カップ)
準決勝
トッテナム 2 - 0 ブレントフォード
基本データ

正式名称:トッテナム・ホットスパーFC

原語表記:Tottenham Hotspur Football Club

愛称:スパーズ、リリーホワイツ

創立:1882年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:白・青

関連ニュース
thumb

スパーズがディ・マリアに接触、来夏のフリーでの獲得を目指す? デレ・アリは恩師の下に?

トッテナムがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(32)に接触したようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。 2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGへ移籍して以降、主力として活躍を続けているディ・マリア。今シーズンもここまで公式戦22試合に出場して4ゴール10アシストをマーク。新指揮官に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督からもスタメンに選出され、変わらず信頼を寄せられている。 しかしながら、PSGは現行契約が今シーズン終了までとなっているディ・マリアと未だ新契約締結に至っていない。フランス『レキップ』によると、この状況にトッテナムがフリートランスファーでの獲得に向けて同選手に接触を図っているという。 PSGもまた以前よりスパーズで燻るイングランド代表MFデレ・アリ(24)に興味を抱いているとの噂が浮上。先日、ジョゼ・モウリーニョ監督は「どのチームにも不幸な選手はいる」とコメントしており、苦しいシーズンを過ごすことは変わらなくなりそうだ。 元イングランド代表FWのダレン・ベント氏は『talkSPORT』で古巣トッテナムで出場機会を得られないデレ・アリに関して「何よりもまずローンで出て行ってから完全移籍に移行する必要があると思う。彼が行きたいのであれば、PSGに行ってポチェッティーノの下で良いプレーをして、それが完全移籍に繋がることを願っている」と後輩にエールを送った。 自身が飛躍した恩師の下にデレ・アリが行き、ディ・マリアがスパーズに来るのだろうか。 2021.01.27 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

遊びから闘志全開!スパーズの面々がトレーニングで本気度MAXの姿を見せる「最も激しいサッカーテニス」

トッテナムは25日、チームのトレーニング映像を公開。その中で選手たちがサッカーテニスに興じる場面があった。 欧州クラブでは練習の一環で行われることもあるサッカーテニスだが、トッテナムの選手は6人ずつに分かれ、11点マッチで試合を行った。 <div id="cws_ad">◆スパーズ面々のサッカーテニス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzc2c3RGVCRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> メンバーはAチーム(ジョー・ハート、ウーゴ・ロリス、エリク・ラメラ、ピエール=エミール・ホイビュルク、ダビンソン・サンチェス、パウロ・ガッサニーガ)、Bチーム(ソン・フンミン、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン、ルーカス・モウラ、マット・ドハーティ、カルロス・ヴィニシウス)に分けられた。 レギロンのオーバヘッドシュートが飛び出すなど、ハイレベルな戦いとなった試合展開に選手たちはヒートアップ。Bチームのルーカス・モウラがネットから身を乗り出してヘディングしたシーンがファウルとみなされ、Aチームの得点となった時には、判定に不服の声を挙げてコーチに詰め寄り、公式戦さながらの熱量を見せた。 試合は、このファウルで流れを掴めなかったのか、Aチームが11-8で勝利。身長が高いGK3人が入った事も功を奏したのか、Aチームが強さを見せた。 トッテナムは28日にホームで昨季王者リバプールとプレミアリーグで対戦する。 2021.01.27 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

絶対楽しい! トッテナムDFが真っ白なピッチをソリで爆走、積雪に選手たちもはしゃぐ!

寒波に見舞われ、大雪が降ったロンドン。珍しい積雪にトッテナムの選手たちもはしゃいでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンは25日、自身のインスタグラムを更新し、1本の動画を公開した。「雪が大好き」というキャプションがつけられた動画では、雪が積もったトレーニンググラウンド上を、オレンジ色のそりに乗ったレギロンがカートに引っ張られ、爆走する姿が映されていた。なお、カートの運転手はアルゼンチン代表GKパウロ・ガッサニーガだった。 レギロンの動画では主観の映像と第三者目線からの映像どちらもあったが、真っ白なピッチを疾走する姿は何とも楽しそう。レギロンやガッサニーガも笑顔を見せていた。 この投稿には、サポーターからも「楽しそう」といった好意的な声が多かったが、一部のサポーターからは「このカートはベイルのゴルフカートか?」と大のゴルフ好きで知られるウェールズ代表FWガレス・ベイルをいじる声もあった。 トッテナムは25日、FAカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のウィコムと対戦し、4-1で勝利。主力選手の一部が温存されたこともあり、レギロンに出番はなかった。 28日にはホームで昨季王者リバプールとプレミアリーグで対戦するが、リフレッシュしたレギロンの活躍に期待だ。 <div id="cws_ad">◆レギロンが白銀のピッチをそりで爆走!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">There was only one thing on <a href="https://twitter.com/sergioregui?ref_src=twsrc%5Etfw">@sergioregui</a>’s mind <a href="https://t.co/wU8kQANujt">pic.twitter.com/wU8kQANujt</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1353697233762443264?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.26 19:32 Tue
twitterfacebook
thumb

「現代サッカーの残忍さ」モウリーニョが教え子ランパードの解雇に言及

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、チェルシーから解雇されたフランク・ランパード監督についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 モウリーニョ監督の古巣でもあるチェルシーは、25日にランパード監督の解任を発表。シーズン序盤は一定の結果を残していたものの、12月に入りプレミアリーグでは9試合で3勝利1分け5敗と低調なパフォーマンスに終わっていた。 チェルシー指揮官時代には選手としてランパード監督を指導していたモウリーニョ監督は、FAカップ4回戦のウィコム戦後にコメント。監督の解任を聞くのは「悲しい」としながら、ランパード監督は特別だったと語った。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzbkFPQnVwWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 「同僚が職を失う時はいつだって悲しい。フランク(・ランパード)は、単なる同僚ではなく、私のキャリアにおいて重要な人間だ。彼が解雇されたことはとても残念に思うよ」 「しかし、それはサッカー、特に現代サッカーの残忍さだ。だから、監督になると、遅かれ早かれそれが起こることを理解している」 2021.01.26 13:27 Tue
twitterfacebook
thumb

逆転勝利のモウリーニョ監督、90分での決着に安堵「延長戦を戦わない可能性を与えてくれた」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がウィコム戦を振り返った。イギリス『BTスポーツ』が伝えている。 トッテナムは25日、FAカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のウィコムと対戦。25分にはまさかの先制を許すも、前半終了間際にFWガレス・ベイルのゴールで追いつく。後半に入るとなかなかゴールが生まれなかったが、迎えた85分にMFハリー・ウィンクスが待望の逆転ゴール。このゴールを皮切りにさらに2点を追加したトッテナムが、結果的には1-4で快勝した。 試合後、モウリーニョ監督は逆転での勝利に安堵のコメント。過密日程の中で消耗を避けるという意味でも、90分間での決着は価値があると語った。 「ゴールを決めていなければ、延長戦を戦わなければいけなかっただろうし、それは我々にとって良くないことだった」 「延長戦を戦わない可能性を与えてくれた85分でのゴールは、我々にとって素晴らしいものだった」 また、この試合でゴールを挙げたベイルとウィンクスについても言及。多くはない出場機会の中で結果を出した両選手を称賛した。 「(ベイルは)良かった。良い動きを見せていたし、1対1でも勝っており、またチャンスも作っていた。もちろんゴールを決めたことも素晴らしいが、それを抜きにしても彼が90分間プレーできないと考えたことはない。彼を代える必要性を感じなかったし、代えなくて良かった」 「先発した選手たちのパフォーマンスは素晴らしかった。もちろんウィンクスはマン・オブ・ザ・マッチに値するだろう。ゴールを除いても、彼がやったことはすべてにおいて優れていると思った」 最後にモウリーニョ監督は「ゴールは重要な要素だが、私はチームの姿勢に満足している。こういった試合ではチャンスをものに出来ず、最後の数分で点を取られて負けても、悲しくはないだろう。非常にプロフェッショナルなパフォーマンスを見せてくれたからだ」とコメント。結果以上に試合内容への満足感を示した。 2021.01.26 12:10 Tue
twitterfacebook

順位表



得点ランキング