トッテナム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 トッテナム 62 18 8 12 68 45 23 38
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-08-15
24:30
プレミアリーグ
第1節
トッテナム vs マンチェスター・シティ
2021-08-22
22:00
プレミアリーグ
第2節
ウォルバーハンプトン vs トッテナム
2021-08-29
22:00
プレミアリーグ
第3節
トッテナム vs ワトフォード
2021-09-11
20:30
プレミアリーグ
第4節
クリスタル・パレス vs トッテナム
2021-09-19
24:30
プレミアリーグ
第5節
トッテナム vs チェルシー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.25
24:30
EFLカップ(カラバオ・カップ)
決勝
マンチェスター・シティ 1 - 0 トッテナム
2021.03.18
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
ディナモ・ザグレブ 3 - 0 トッテナム
2021.03.11
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
トッテナム 2 - 0 ディナモ・ザグレブ
2021.02.24
26:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
トッテナム 4 - 0 ヴォルフスベルガー
2021.02.18
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
ヴォルフスベルガー 1 - 4 トッテナム
基本データ

正式名称:トッテナム・ホットスパーFC

原語表記:Tottenham Hotspur Football Club

愛称:スパーズ、リリーホワイツ

創立:1882年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:白・青

関連ニュース
thumb

スパーズ、若手CBタンガンガをガラタサライにレンタルか? 冨安ら獲得候補の動きにも影響か

トッテナムがU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)をガラタサライにレンタル移籍させるようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦でトップチームデビュー。さらに、2020年1月にはリバプールとのビッグマッチでプレミアリーグデビューを飾り、当時の指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督の期待に応えてFWサディオ・マネとのマッチアップで奮闘を見せた。そして、デビューシーズンはセンターバックと左右のサイドバックで公式戦11試合に出場した。 しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦13試合の出場に留まっていた。 ヌーノ・エスピリト・サント監督を新指揮官に迎えて臨むプレシーズンでは定期的にプレー機会が与えられているが、クラブはアタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロの獲得に迫っており、開幕後は出場機会減が見込まれている。 そういった中、タンガンガにはトルコの強豪ガラタサライからレンタル移籍のオファーが届いており、クラブはその申し出を受け入れた模様。ただ、移籍成立にはタンガンガがトルコ行きを受け入れる必要があるようだ。 なお、トッテナムではアメリカ代表DFキャメロン・カーター=ヴィッカーズ(23)にセルティック、コロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)にセビージャ行きの可能性が報じられている。 仮に、3選手をすべて放出する場合、ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)、ウォルバーハンプトンのイングランド代表DFコナー・コーディ(28)といった新センターバック獲得に動くはずだ。 2021.08.05 21:24 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA屈指の若手CB2人の去就決着へ! ロメロがスパーズ、デミラルがアタランタへ

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)、トルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の去就がもう間もなく決着を迎えるようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や複数のイタリアメディアが報じている。 新シーズンに向けてロメロをセンターバックの補強候補筆頭に掲げてきたトッテナムは、ここ数日間アタランタと交渉を重ねており、5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億5000万円)の条件でクラブ間合意に至った。 さらに、元々ノースロンドン行きを熱望していたロメロに関しても2026年までの5年契約で合意に至っていると見られている。そして、ロメロはイタリアで行われた最初のメディカルチェックをパスしており、今週中にもロンドンへ渡り、トッテナムとの契約にサインする見込みだ。 一方、アタランタはロメロ流出が濃厚となっていた中、ユベントス退団を望むデミラルを後釜候補に設定。現時点で獲得に向けて具体的な動きを見せている競合クラブはなく、選手自身がアタランタ行きを望んでいることもあり、ここまで交渉はスムーズに進んでいた。 アタランタとユベントスは250万ユーロ(約3億2000万円)の1年間の有償レンタル、その後に2500万ユーロ(約32億4000万円)の買い取りオプションが付く、総額2750万ユーロの条件で合意に至った模様。デミラルはアタランタのメディカルチェック受診のため、ユベントスのトレーニングを欠席しており、一両日中にもアタランタ移籍が実現する見込みだ。 2021.08.05 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

デレ・アリがアニメキャラいっぱいの“タトゥー”披露!マリオやカタカナまで

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリのタトゥーが話題を呼んでいる。 ポテンシャルがありながらも、昨季はプレミアリーグ15試合出場で無得点に終わっていたデレ・アリ。売却の噂も浮上するなど、難しいシーズンを過ごしていた。 そんなデレ・アリだが、イギリス『サン』によればプレー以外でファンをざわつかせているようだ。チームメイトのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンはインスタグラムでデレ・アリのボディアートを公開。その左腕には大量のタトゥーが施されていた。 アメリカのアニメキャラクター、ステューウィーやリック・アンド・モーティ、ビデオゲーム『バイスシティ』のロゴに〇×ゲームなどで彩られ、その中に日本人にも見慣れたキャラクター、マリオが存在している。片仮名で『ランダム』とも書かれているが、文字通り取り留めのないチョイスとなっている。 今季のデレ・アリはヌーノ・エスピリト・サント新監督のもと、ここまでプレシーズンマッチ4試合でいずれも先発出場して2ゴールを記録。古巣・MKドンズとのPSMではキャプテンも務めていた。 新シーズンは快調な滑り出しを見せているデレ・アリ。タトゥーだけでなくプレーでも大いに沸かせてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】デレ・アリの左腕に刻まれたマリオたちのタトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sergio Reguilon is in awe of Dele Alli&#39;s tattoo collection <a href="https://t.co/dKnUiDN6oX">pic.twitter.com/dKnUiDN6oX</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1422844762130837505?ref_src=twsrc%5Etfw">August 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.05 18:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ヌーノがチェルシー戦を総括 「タフだったが、我々にとって良いゲーム」

トッテナムを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督が2-2のドローに終わったチェルシーとのプレシーズンマッチを振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 プレシーズン無敗を継続するヌーノ率いる新生スパーズは、アーセナル、チェルシーとメンタルヘルス関連の慈善団体である『マインド』が協力し“マインドシリーズ”と銘打たれた今回のプレシーズンマッチトーナメントで初の強豪と対戦した。 敵地スタンフォード・ブリッジで完全アウェイの雰囲気で行われた一戦に向けては、GKに新戦力ピエルルイジ・ゴッリーニ、4バックはマット・ドハーティ、ジャフェット・タンガンガ、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン。中盤はアンカーのピエール=エミール・ホイビュルク、インサイドハーフにオリヴァー・スキップ、デレ・アリ、3トップはルーカス・モウラ、ソン・フンミン、ステーフェン・ベルフワインというメンバーを起用した。 開始直後にソン・フンミンがファーストシュートを放ったものの、昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者相手に序盤から劣勢を強いられたトッテナム。前半は攻守両面で相手に圧倒され、中盤での不用意なボールロストからMFハキム・ツィエクに先制点を奪われると、後半も立ち上がりに再びツィエクに追加点を献上した。 それでも、56分にルーカス、70分にベルフワインと相手守備陣のミスを効果的に突いて2点差を追いつくと、試合終盤は相手を押し返す展開の中でタイムアップの笛を聞くことになった。 同試合後、ヌーノ監督は「タフなゲーム」と劣勢を認めながらも、敵地での2点差を追いついてのドローという結果に一定の満足感を示している。 「タフなゲームだったが、我々にとっては非常に良いゲームとなった。しかし、いくつかの課題があり、改善していかなければならない」 「2失点目を喫した瞬間、つまり後半立ち上がり以降を見れば、我々は本当にうまくゲームを立て直した。何度か得点のチャンスがあり、あの時間帯は落ち着いていたように感じた」 「その後、若者たちが試合を変えるために勇気と決意を示し、90分で多くのプレーヤーが活躍した。プレシーズンのこの瞬間に90分で多くのプレーヤーがすべての状況でより多くの成果を上げたことは、とても喜ばしいことだ」 また、ポルトガル人指揮官は昨シーズンの公式戦35試合でわずかに1ゴールと決定力が大きな課題となっているベルフワインにこの試合でゴールが生まれたことを喜んでいる。その一方で、攻守の課題も挙げている。 「ステーフェンは非常に才能のあるプレーヤーだと思っている。彼は84分出場したと思うが、それほどの時間をプレーしたことは、彼にとって非常に良いことだ。彼はゴールを決めたが、それは彼に自信を与えるものでしかない」 「ゴールはさておき、彼はハードワークをして、後半はずっと良いポジションを取っていた。だが、前半はそうではなく、我々が望まないエリアにボールが行くのを許していた。前半はもっとうまくやるべきで、コンビネーションを見せようと、多くのボールを失ったが、今はミスをしても解決策を見つけて自分を修正するときだ」 最後に、今回の試合を欠場していた守護神ウーゴ・ロリス、MFタンギ・エンドンベレのフランス代表2選手に関しても言及。いずれもコンディションに問題を抱えていることを明かしている。 「(ロリスは)ユーロの期間中に問題を抱えていたが、今は良いニュースが入ってきた。次の試合では彼が先発できると思う」 「タンギ同様に多くのプレーヤーが休んでいる。プレシーズンのこの時期には、準備とフィットネスの面ですべてのプレーヤーのバランスを取ることが重要だ」 なお、トッテナムは8日に“マインドシリーズ”の2戦目でアーセナルとのノースロンドン・ダービーに臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーvsトッテナムのPSMはドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmQkoyR2VLeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.05 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

トゥヘルはドローに終わったスパーズ戦を評価 「ポジティブなことがたくさんあった」

チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督が2-2のドローに終わったトッテナムとのプレシーズンマッチを振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 12日に今シーズンの公式戦の初陣となるビジャレアルとのUEFAスーパーカップを控えるチェルシー。その一戦に向けた最後のテストマッチではロンドンのライバルチームと対戦した。 アーセナル、トッテナムとメンタルヘルス関連の慈善団体である『マインド』が協力し“マインドシリーズ”と銘打たれた今回のプレシーズンマッチトーナメント。 先日のアーセナル戦に続き連勝を目指すチェルシーは、GKにエドゥアール・メンディ、最終ラインにトレバー・チャロバー、クル・ズマ、アントニオ・リュディガー。中盤はウイングバックにカラム・ハドソン=オドイ、マルコス・アロンソ、2センターにマテオ・コバチッチ、エンゴロ・カンテを起用。前線はティモ・ヴェルナーが最前線、カイ・ハヴァーツとハキム・ツィエクが2シャドーが並び、ユーロ2020の決勝を戦った一部主力を除きベストメンバーを揃えた。 試合はキックオフから60分過ぎまで攻守に相手を圧倒する完璧な内容を見せ、ツィエクが16分と49分にゴールを挙げる活躍を披露。しかし、後半にFWルーカス・モウラ、FWステーフェン・ベルフワインにゴールを決められ、ドローに終わった。 同試合後、トゥヘル監督は勝つべき試合だったことを認めながらも、60分までのハイパフォーマンスを含め、チームとしてポジティブな一戦となったと振り返っている。 「(勝つべき試合だったか?)そうすべきだった。最初の60分にはとても満足している。スタートは非常に良かったし、試合はとても激しいものだった。観客の影響を感じることができ、最初の25分間は親善試合のような雰囲気ではなかった」 「その後は少しテンションが下がったが、(前半)最後の15分は、エンゴロ・カンテがボールを奪うたびに、試合を加速させるチャンスがあった。この点については、非常にうまくいったと思う」 「積極的にボールを奪い返し、良いチャンスを作り、ボールをうまくコントロールし、良いディフェンスができた。したがって、60分間の出来に私は非常に満足している」 「その後、多くのプレーヤーを交代させ、残念ながら2つの大きな個人的ミスがあり、トッテナムはそれを非常に効率的に利用して、引き分けに持ち込んだ」 「いつでも結果がすべてではないし、この試合から学べるポジティブなことがたくさんあった」 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーvsトッテナムのPSMはドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmQkoyR2VLeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.05 17:05 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング