フライブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 フライブルク 36 8 12 14 46 61 -15 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
フライブルク 5 - 1 ニュルンベルク
2019.05.11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ハノーファー 3 - 0 フライブルク
2019.05.05
22:30
ブンデスリーガ
第32節
フライブルク 1 - 1 デュッセルドルフ
2019.04.27
22:30
ブンデスリーガ
第31節
RBライプツィヒ 2 - 1 フライブルク
2019.04.21
22:30
ブンデスリーガ
第30節
フライブルク 0 - 4 ドルトムント
基本データ

正式名称:SCフライブルク

原語表記:Sport Club Freiburg

愛称:Breisgau-Brasilianer(ブライスガウ地方のブラジル人)

創立:1904年

ホームタウン:フライブルク

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

ハノーファー、快勝で意地を見せるも2年での降格が決定…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは11日、ブンデスリーガ第33節でフライブルクをホームに迎え、3-0で快勝した。しかし、シュツットガルトが勝利したため、降格が決定している。ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節バイエルン戦を10人となって敗戦した最下位ハノーファー(勝ち点18)は、勝利を逃すと降格となる中、原口が[3-5-2]の右MFで先発となった。 13位フライブルク(勝ち点33)に対し、ボールを持つ立ち上がりとなったハノーファーは6分、ショートカウンターを受けてホフラーにミドルシュートでGKを強襲された。 それでも25分に決定機。マイナがボックス左から折り返し、プリブがシュート。だが、枠の上に外してしまった。さらに31分にも先制のチャンス。ヴァイダントとベブで崩して最後はボックス中央に侵入したベブがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 それでも39分、ハノーファーが押し切る。プリブの左サイド低い位置からのFKにファーサイドのヴァイダントが頭で合わせてハノーファーが先制した。 1点をリードして迎えた後半、開始6分にマイナの左クロスにベブが合わせてリードを広げたハノーファーは、終盤の81分にワラセが強烈なミドルシュートを叩き込んで3-0と快勝。 しかし、残留プレーオフに回れるシュツットガルトが同時刻に行われていた試合でヴォルフスブルクに勝利したため、ハノーファーの2年での降格が決まっている。 2019.05.12 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒの3位以上が確定! 2季ぶりCL出場権獲得!《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは27日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクをホームに迎え、2-1で勝利した。この結果、ライプツィヒの3位以上が確定し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。 前節ボルシアMG戦を勝利して5連勝とした3位ライプツィヒが、勝利すれば4位以上が確定し、来季のCL出場権獲得が決まる一戦。 13位フライブルクに対し、ライプツィヒは19分に先制する。Y・ポウルセンのパスを受けたボックス左のヴェルナーが反転からシュートを蹴り込んだ。 しかし、1点をリードして迎えた後半に入って劣勢を強いられたライプツィヒは66分に失点する。グリフォに直接FKを叩き込まれた。 それでも77分、CKの流れからハンドでPKを獲得したライプツィヒはこれをフォルスベリが決めて勝ち越し。このリードを保って勝利し、3試合を残して3位以上を確定させたライプツィヒが2季ぶりのCL出場権を獲得している。 2019.04.28 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス1G2Aのドルトムント、フライブルクに快勝でバイエルンを追走!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第30節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 前節マインツ戦を2-1と逃げ切って首位バイエルンを1ポイント差で追走する2位ドルトムント(勝ち点66)が、13位フライブルク(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。 [4-2-3-1]を採用したドルトムントは、最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、ロイス、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ハイプレスをかけてくるフライブルクに対し、ドルトムントは12分に先制する。ボックス左での細かなパス交換からロイスが抜け出してゴールライン際からクロスを入れると、難なくサンチョが押し込んだ。 先制後、14分にギュンターのミドルシュートでゴールに迫られたドルトムントは、続く24分にはグリフォにボックス内から決定的なシュートを許すもヴァイグルがブロックして難を逃れる。さらに26分、ワルドシュミットの強烈なボレーシュートが枠を捉えたが、GKビュルキがファインセーブで凌いだ。 ハーフタイムにかけてはフライブルクにボールを持たれたものの、ピンチはなくドルトムントが前半を1点リードして終えた。 そして迎えた後半の54分、ラファエウ・ゲレイロのスルーパスに抜け出したボックス右のロイスがゴール左に流し込んで、ドルトムントが加点に成功した。 その後は余裕を持った試合運びで時間を進め、フライブルクの反撃を許さない。73分にはゴンドルフに際どいミドルシュートを打たれるも枠を外れて助かった。 すると79分、ドルトムントに3点目が生まれる。サンチョのスルーパスをボックス左で受けたロイスが折り返し、最後はゲッツェが押し込んだ。 さらに85分、ステンゼルのハンドでPKを獲得したドルトムントは、これをアルカセルが決めて4-0。快勝でバイエルンとの1ポイント差を維持している。 2019.04.22 00:20 Mon
twitterfacebook
thumb

クラーセン&ゲブレ・セラシェのヘッド弾でブレーメンが大迫の新年初先発を勝利で飾る!《ブンデスリーガ》

日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは13日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクと対戦し、2-1で勝利した。大迫は63分までプレーした。 リーグ戦11試合負けなしの8位ブレーメン(勝ち点43)が、13位フライブルクをホームに迎えた一戦。前節のボルシアMG戦をドローで終えたブレーメンは、その試合から先発を2人変更。復帰戦となった前節同点弾をアシストした大迫は、2トップの一角として2019年ブンデス初先発となった。 試合は立ち上がりから素早い攻守の切り替え切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるブレーメンが主導権を握る。すると5分、ラシカの左CKをヴェリコビッチがヘディングで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 攻勢を続けるブレーメンは、18分にボックス左でパスを受けたラシカの折り返しから大迫が決定機を迎えたが、ダイレクトシュートは枠の上に外してしまう。 すると直後にブレーメンはピンチを迎える。19分、ゴンドルフのループパスをボックス左で受けたギュンターがボレーシュートをゴール右隅に流し込んだが、このゴールはオフサイドの判定で取り消された。 ピンチを凌いだブレーメンは38分、ヴェリコビッチの右クロスをボックス中央のクルーゼがヘディングシュート。さらに相手のクリアボールを繋ぐブレーメンは、左サイドを持ち上がったラシカの折り返しをボックス手前で受けたクルーゼがミドルシュートでゴールを狙ったが、共にGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、前半の接触プレーで負傷したGKパブレンカに代えてGKカピノをピッチに送り出したブレーメンは、52分に決定機。ラシカの左クロスをファーサイドに走り込んだクラーセンがボレーシュート。しかし、これはゴールライン上でシュローターベックのブロックに阻まれた。 膠着が続く中、ブレーメンは63分に大迫を下げてピサーロを投入。すると76分、ピサーロの右クロスのこぼれ球をボックス右で拾ったシャヒンが再びクロスを供給。これをゴール左前のクラーセンがヘディングで叩き込み、ブレーメンが先制に成功した。 待望の先制点で勢いづくブレーメンは、84分にもクルーゼの右CKからゲブレ・セラシェがヘディングシュートをゴール左に突き刺し、試合を決定づける2点目を奪った。 その後、後半アディショナルタイムにワルドシュミッドに1点を返されたブレーメンだが、1点を守り抜き2-1で勝利。ブレーメンが大迫の2019年初先発試合を勝利で飾った。 2019.04.14 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

天王山のデア・クラシカー前にバイエルン首位陥落… 躍動フライブルクの前にドロー止まり《ブンデスリーガ》

バイエルンは30日、ブンデスリーガ第27節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 代表ウィーク前に行われた前節マインツ戦を6発圧勝して2位ドルトムントとの得失点差を「7」に広げた首位バイエルン(勝ち点60)は、次節に頂上決戦となるドルトムントとのデア・クラシカーを控える中、代表戦で負傷したアラバとGKノイアーが欠場となり、代表戦で活躍したニャブリがベンチスタートとなった。 11位フライブルク(勝ち点31)に対し、3トップに右からミュラー、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、中盤アンカーにチアゴ、インサイドにハメス・ロドリゲスとゴレツカを配す[4-3-3]で臨んだバイエルンは、3分に失点する。ギュンターの左クロスからゴール前でフリーとなっていたホーラーにヘディングシュートを流し込まれた。 立ち上がりの隙を突かれたバイエルンは18分にもピンチ。人数をかけたカウンターを受け、ボックス内からフランツのシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のJ・ボアテングが何とかブロックした。 すると22分、CKの流れからバイエルンが同点とする。混戦の中、レヴァンドフスキがゴールを背に向けてトラップし、浮いたボールを左足ボレーで華麗に蹴り込んでみせた。 レヴァンドフスキの個人技で試合を振り出しに戻したバイエルンは、31分にCKからゴレツカが際どいヘディングシュートを浴びせるも、ハーフタイムにかけては好戦的なフライブルクの前にチャンスは生み出せず、1-1のまま前半を終えた。 迎えた後半開始1分過ぎ、キミッヒの左足シュートで逆転に迫ったバイエルンだったが、攻めあぐね出したことを受けて、55分にミュラーに代えてニャブリを投入した。 選手交代後も流れを引き寄せきれずにいたバイエルンだったが、77分にビッグチャンス。ニャブリの突破からラストパスを受けたレヴァンドフスキがGKと一対一に。だが、シュートは止められてしまった。 終盤の90分、ハメス・ロドリゲスのクロスからフリーのレヴァンドフスキがヘッドで合わせるも枠を捉えきれず、終了間際のゴレツカのヘディングシュートは右ポストを叩いて運にも見放されたバイエルンは1-1のままタイムアップ。 ドルトムントが同時刻の試合で勝利したため、直接対決を前に首位陥落となった。 2019.03.31 01:53 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング