フランクフルト

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 フランクフルト 50 13 11 3 55 37 18 27
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-10
22:30
ブンデスリーガ
第28節
フランクフルト vs ヴォルフスブルク
2021-04-17
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ボルシアMG vs フランクフルト
2021-04-20
27:30
ブンデスリーガ
第30節
フランクフルト vs アウグスブルク
2021-04-24
25:30
ブンデスリーガ
第31節
レバークーゼン vs フランクフルト
2021-05-09
22:30
ブンデスリーガ
第32節
フランクフルト vs マインツ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.03
22:30
ブンデスリーガ
第27節
ドルトムント 1 - 2 フランクフルト
2021.03.20
23:30
ブンデスリーガ
第26節
フランクフルト 5 - 2 ウニオン・ベルリン
2021.03.14
23:30
ブンデスリーガ
第25節
RBライプツィヒ 1 - 1 フランクフルト
2021.03.06
23:30
ブンデスリーガ
第24節
フランクフルト 1 - 1 シュツットガルト
2021.02.26
28:30
ブンデスリーガ
第23節
ブレーメン 2 - 1 フランクフルト
基本データ

正式名称:アイントラハト・フランクフルト

原語表記:Eintracht Frankfurt

愛称:SGE

創立:1899年

ホームタウン:フランクフルト

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

ヨビッチが今季後を語る! 「このシーズンが終わったらレアルに戻る」

フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)が今季終了後のレアル・マドリー復帰見通しを明言した。 2019年夏にフランクフルトを旅立ち、レアル・マドリーの門を叩いたヨビッチだが、実力を発揮するどころか、ピッチ外での問題行動で悪目立ちするなど、ほろ苦いものに。今季もケガや新型コロナウイルス感染で公式戦5試合の出場にとどまると、今年1月に今季いっぱいのシーズンローンでフランクフルト復帰が決定した。 ここまでブンデスリーガ12試合の出場で3得点1アシストと特筆するほどの数字を残しているわけでないが、レアル・マドリー在籍時の2ゴールを上回る得点数を記録して、プレー時間も確保。その今季が終わると、契約を2025年まで残すレアル・マドリー復帰が規定路線だが、将来はいまだはっきりしていないのが実情だ。 そんなヨビッチがドイツ『ビルト』で将来に言及。「アイントラハトは僕にとって特別なクラブ。当時、より良い立場のクラブや栄光のチームからもオファーがあったが、アイントラハトには僕に必要なものがあると思った」とフランクフルト復帰の当時を振り返ると、今季終了後についてレアル・マドリー帰還予定を明かした。 「僕が正式なレアル・マドリーの選手であるのは誰もが知っていることだ。このシーズンが終わったら、あそこに戻ることになる。これからの数カ月間、自分のキャリアについて話せないのは倫理的にも当然だ」 2021.04.09 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠が卵を割る?クラブのイースター企画で熱戦繰り広げる!

イエス・キリストの復活を祝う祭であるイースター。日本でも徐々に知名度を広めているイベントだが、2021年は4月4日がその日だった。 イースターでは、動かない卵から生きものが生まれることが、死んだキリストが復活するさまを表していると考えられ、卵が重要なアイテムとなっている。 イースターにちなんだ企画を実施する海外のクラブも多くあったが、日本代表MF鎌田大地と元日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトもその1つ。選手たちが「エッグ・チャレンジ」に挑戦する様子を5日に公開した。 「エッグ・チャレンジ」では、2人の挑戦者がテーブルをはさんで立ち合い、テーブルの上には1つの卵とそれを覆う透明な容器がある。挑戦者たちは交互に容器にタッチするのだが、どこかのタイミングで容器を持ち上げ、相手に卵を割らせるという反射神経や駆け引きを楽しむゲームだ。 今回は長谷部vsエヴァン・エンディカ、ティモシー・チャンドラーvsトゥタというカードが実現。長谷部は21歳の若手DFとの勝負になったが、熱戦となった試合は互いに1度目の攻撃では決着が着かず…。真剣勝負の結末は、ぜひ動画をご覧頂きたい。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が「エッグ・チャレンジ」で絶叫!</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/MU3xTamDZT8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.04.07 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田が後半から出場のフランクフルト、CL出場権争うドルトムントとのポイント差を7に拡大《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節、 ドルトムントvsフランクフルトが3日に行われ、1-2でフランクフルトが競り勝った。フランクフルトのMF鎌田大地は後半から出場し、MF長谷部誠は出場停止で欠場している。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位ドルトムントと4位フランクフルトの上位対決。 ドルトムント(勝ち点43)は前節、ハーランドの劇的同点弾でケルンに何とか引き分けたものの、格下相手に勝ち点2を失った格好。フランクフルトとは4ポイント差を付けられ、3日後にマンチェスター・シティとのCL準々決勝を控えるチームは、サンチョが負傷欠場となった中、ハーランド、ロイス、T・アザールの3トップで臨んだ。 一方、前節ウニオン・ベルリンに5発圧勝としたフランクフルト(勝ち点47)は、代表帰りの鎌田がベンチスタート、長谷部が累積警告により出場停止となった中、アンドレ・シウバとヨビッチの2トップで臨んだ。 立ち上がりから攻勢をかけたのはドルトムントだったが、先制したのはフランクフルト。11分、コスティッチが左サイドからクロスを上げると、シュルツのオウンゴールを誘った。 さらに15分、コスティッチの左クロスからアンドレ・シウバがヘディングシュートで追加点に迫る。 追うドルトムントは21分にハーランドが決定機を迎えれば、続く25分にはアザールのスルーパスを受けたハーランドがGKとの一対一となったが、トラップの好守に阻まれた。 それでも前半終了間際の45分、ドルトムントの攻勢が実る。ロイスの右CKからジャンが胸で落とし、ゴール前のフンメルスが左足ボレーで蹴り込んだ。 迎えた後半、ユネスに代えて鎌田をトップ下に投入したフランクフルトは開始3分に鎌田がボックス中央から際どいシュートを浴びせる。 そのフランクフルトがペースを握る展開となると、65分にはFKからイルザンカーがヘッドでゴールへ押し込むも、VARの末オフサイドでノーゴールに。 それでもアンドレ・シウバや鎌田がゴールに迫っていくと、87分に勝ち越す。ロングカウンターに転じた流れから左サイドゴールライン際のコスティッチがクロスを上げきり、ファーサイドのアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってフランクフルトが勝利。ドルトムントとのポイント差を7に広げ、4位の座を堅守している。 2021.04.04 00:41 Sun
twitterfacebook
thumb

トップ下として存在感増すMF鎌田大地、自分も目指すところは「使うだけじゃなく、使われる選手になること」

日本代表は29日、30日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦に向けて合宿4日目を迎えた。 26日に韓国代表との国際親善試合で3-0と快勝した日本。ここまで4試合を戦い4連勝、13得点無失点の成績を残すW杯予選に臨むこととなる。 トレーニング前にオンライン取材に応じたMF鎌田大地(フランクフルト)はモンゴル戦について「日本が常にボールを支配してプレーすることができると思うので、前の選手ができるだけ早く1点を取ることで試合自体も楽になると思います」とコメント。「前の選手がしっかり早い時間に決めることが大事だと思います」と語り、先取点を早い時間帯に奪うことが重要だと語った。 モンゴルは引いて守ってくることが予想されるが「スペースなくてもみんな狭くて近い距離でプレーできる選手ばかりなので、自分自身はあまり心配していません」とコメント。スペースがないことは問題ないと語った。 韓国戦では左サイドに入ったFW南野拓実(サウサンプトン)とトップ下2枚の形 になるシーンもあった。これはフランクフルトでもやっている形だが、鎌田は「僕自身は2シャドー自体はやりやすいと思っているので、そうなればプラスになることも多いです」と2枚はやりやすいとコメント。「1枚のトップ下でやっていたとしてもヨーロッパのチームと違って日本の選手は縦に早いというよりも中に絞って良い距離感でプレーするというのが特徴だと思うので、今は1枚でやるのも2枚でやるのも、両方に良さがあって、どっちが良いとかはないです」と語り、どちらであっても問題は特にないと語った。 また「日本のスタイルも上手くボールを保持しながらプレーできているし、ボランチの選手も簡単にボールを預けてくれますし、フランクフルトで1枚でやるよりも代表の方がやりやすいです」と語り、日本代表でのプレーにも自信を示した。 ここに来て日本代表での存在感も高まっている鎌田。自身のポジションについては「トップ下の選手が絶対的な点を取らないといけない選手だとは思わないですし、どこのポジションでも前の選手は得点を入れたいでしょうし、僕もトップ下であることで一番合っているポジションでできているので、もちろん良いプレーをしないといけないですし、ゴールやアシストは出続けるためには重要なので狙います」と語り、トップ下のポジションを守るためにも結果を残したいと意気込みを語った。 ただ「自分が絶対という感じにはならないと思うし、チャンスならパスをするし、自分というよりチームが勝てるように、チームのためにやるということが一番大事だと思うので、トップ下じゃなくてもどこでプレーしても自分のできることは今まで通り最大限チームのためにやるし、そんなにそこまでの気負いはないです」と語り、自身が数字を残すこと以上に、チームとして結果を残せる方法を考えたいと語った。 来年にはW杯も行われるが「もちろんW杯も小さいからのもう1つの大きな目標だったので、W杯は行くだけじゃなくて主力として出たいと思っていたので、そこは昔から揺るがないところですし、出るからには今のチームの目標であるそういったところを目指さないといかないと思います」とコメント。「そこを目指すために、僕自身が良いクラブでやって、ポジションを取って、スタメンで出続けることが重要だと思います」と語り、自分のステップアップがW杯で日本代表の力になれればと語った。 その鎌田が目指すトップ下像については「自分の特徴はうまく回りの選手を使えて、うまく使われる側にもなれるというのが将来的な特徴になってくると思います」とコメント。「トップ下や僕のプレースタイルの選手はあまり走らなかったり、攻撃の部分だけだったり、それは僕が昔よく言われていたことなんですが、そういった選手が多いと思います」とトップ下のイメージを語ったが「僕自身はもう1つ下のポジションをしたいと思っているので、自分が将来的に上のクラブでやるために必要なことにトライしていて、守備も必要だし、よく走ることも必要だし、現代フットボールでは中盤の選手が全てできないといけない。攻撃、守備、走ることが必要なのでトライしています」と、自身のステップアップのために必要なことを理解し、トライしていると語った。 また「今は所属チームでは周りの選手を使うことが多いですが、上のチームに行けば使うだけじゃなく、使われる選手になることも必要で、動き出しの部分はできると思うので、将来は自分のストロングポイントになると思っています」と語り、「逆に他のトップ下の選手としてゴールを多く取れるタイプの選手ではないと思うので、うまく周りの選手が生きるように組み立てから加わって、ラストパスもできて得点もできるというのが他の選手とちょっと違うかなと。そこまでゴールにこだわりすぎていないところが違うポイントかなと思います」と語り、自分なりのトップ下像を目指していると語った。 2021.03.29 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

フランクフルトで輝くA・シウバ、攻撃陣の強化目指すバルサのリスト入り?

フランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)にバルセロナの興味が浮上した。ドイツ『ビルト』が報じている。 2019年夏にミランからフランクフルトに活躍の場を移したA・シウバ。昨夏に完全移籍移行が決定しての今季もミラン時代に燻らせたゴールゲッターとしての才能を光り輝かせ、ここまで公式戦22ゴールと16得点を記録した初年度以上の活躍を披露している。 そんなA・シウバにマンチェスター・ユナイテッドらの関心が取り沙汰されているが、今夏に攻撃陣の強化に乗り出すといわれるバルセロナも候補の1人として動向を注視。フランクフルトは4000万ユーロ(約51億4000万円)以上の申し出があれば、交渉に応じる姿勢だという。 また、A・シウバの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はスペイン代表FWアンス・ファティも顧客の1人であるため、バルセロナとの関係性も良好。現時点でバルセロナからフランクフルトにまだコンタクトこそないとみられるが、ここから発展する可能性もある模様だ。 なお、スペイン『マルカ』によれば、2018-19シーズンのセビージャ時代に公式戦11得点を挙げた実績がバルセロナの興味をより惹くものに。ただ、ロナルド・クーマン監督は今もリヨンからオランダ代表FWメンフィス・デパイの獲得を最優先に求めているとみられる。 2021.03.26 14:45 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング