ケルン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ケルン 6 1 3 5 10 15 -5 9
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-12-05
23:30
ブンデスリーガ
第10節
ケルン vs ヴォルフスブルク
2020-12-12
23:30
ブンデスリーガ
第11節
マインツ vs ケルン
2020-12-16
28:30
ブンデスリーガ
第12節
ケルン vs レバークーゼン
2020-12-19
23:30
ブンデスリーガ
第13節
RBライプツィヒ vs ケルン
2021-01-02
23:30
ブンデスリーガ
第14節
ケルン vs アウグスブルク
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.28
23:30
ブンデスリーガ
第9節
ドルトムント 1 - 2 ケルン
2020.11.22
26:00
ブンデスリーガ
第8節
ケルン 1 - 2 ウニオン・ベルリン
2020.11.06
28:30
ブンデスリーガ
第7節
ブレーメン 1 - 1 ケルン
2020.10.31
23:30
ブンデスリーガ
第6節
ケルン 1 - 2 バイエルン
2020.10.23
27:30
ブンデスリーガ
第5節
シュツットガルト 1 - 1 ケルン
基本データ

正式名称:1.FCケルン

原語表記:FC Koln

愛称:ガイスベッケ(雄ヤギ)

創立:1948年

ホームタウン:ケルン

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

ドルトムント、下位に沈むケルンに今季初勝利を献上…《ブンデスリーガ》

ドルトムントは28日、ブンデスリーガ第9節でケルンと対戦し1-2で敗戦した。 ミッドウィークに行われチャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節のクラブ・ブルージュ戦を完勝した2位ドルトムント(勝ち点18)は、その試合から先発を5人変更。トルガン・アザールやレイナ、ラファエウ・ゲレイロらに代えてロイスやヴィツェル、ジャンを先発で起用した。 開幕から未勝利の続く17位ケルン(勝ち点3)に対し、ドルトムントは最前線にハーランド、2列目にサンチョ、ロイス、ブラントを並べた[4-2-3-1]を採用。最終ラインはムニエ、アカンジ、フンメルス、パスラックが構えた。 ドルトムントは試合開始早々にチャンスを迎える。4分、ボックス中央右でボールを収めたロイスのクロスをボックス左で受けたサンチョが左足でシュートを放ったが、わずかに浮いたボールはクロスバーに阻まれた。 先制のチャンスを逃したドルトムントは、9分に先制を許す。ドゥダの左CKをニアサイドのヴォルフがフリックすると、最後はゴール前のエズジャンに押し込まれた。 その後は、ボールを持つ時間の長いドルトムントペースで試合が進むが、 素早い寄せで応戦するケルンを前になかなか決定機まで持ち込むことができない。25分には、ロイスのパスでゴール前に抜け出したハーランドに決定機が訪れたが、相手DFの寄せにバランスを崩したシュートはゴール右に外れた。 さらに30分には、左サイドで獲得したFKからブラントがクロスを供給するとゴール前に抜け出したフンメルスがヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。だが、ここはフンメルスの抜け出しの時点でオフサイドを取られた。 迎えた後半、1点を追うドルトムントが前がかる中、51分に右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったジャンがコントロールショットでゴールを狙ったが、これはDFに当たり右に逸れた。 同点ゴールが遠いドルトムントは、59分にアクシデント。交代を要求したムニエがピッチに座り込むと、メディカルスタッフと共にピッチを後にした。 一時的に数的不利となったドルトムントは、直後のプレーでケルンに追加点を許す。60分、ドゥダの左CKをニアサイドのヴォルフがフリックすると、GKビュルキが弾いたボールをゴール右ポスト手前のエズジャンが押し込んだ。 1失点目と全く同じ形で失点したドルトムントは、61分にT・アザールを投入。さらに67分には、パスラックとブラントを下げてレイナとムココをピッチに送り出した。 すると74分、ドルトムントは敵陣でのボール奪取からショートカウンター。細かなパスで相手を翻弄すると、最後はレイナのパスをボックス左で受けたT・アザールがゴール右に流し込んだ。 1点を返し攻勢を強めるドルトムントは、88分にフンメルス、後半アディショナルタイムにはハーランドが決定機を迎えたが、同点ゴールを挙げることはできず。試合はそのまま1-2で終了。首位を追走へ負けられないドルトムントだったが、ケルンに今季初勝利を献上する結果となった。 2020.11.29 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

元神戸ポドルスキ、アイスホッケー選手に転身か?! 地元クラブと約束

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、アイスホッケー選手に転身する流れとなっているようだ。 バイエルンやアーセナル、インテルと行ったビッグクラブを渡り歩き、ヴィッセル神戸でもプレーしたことで日本人にも馴染みのあるポドルスキ。今シーズンはトルコのアンタルヤスポルに所属しており、ここまでリーグ戦8試合で2ゴールを挙げている。 その一方、元ドイツ代表FWは地元ケルンにあるケルナー・ハイエというプロアイスホッケークラブとある約束をしていたようだ。それは10万枚のヴァーチャルチケットを全て売り切った場合、将来的にポドルスキがクラブに加入するというもの。 ケルナー・ハイエは国内リーグでは8度の優勝を誇る強豪チームだが、新型コロナウイルスの影響で財政難に陥っている。その状況を打破するキャンペーンの一環として提案されたものだが、見事に10万枚のチケットは完売し、ポドルスキは約束通り、クラブへの参加が決まった。 「10万枚ものチケットが売れてハイエとしても本当に嬉しいよ。助けてくれたファンや企業に感謝を伝えたい。全てがもう少し落ち着いたら、クラブとどうするか話し合うよ。ハイエの選手になれることを楽しみにしているよ」 ポドルスキは昨年行われたある試合で、いわゆる始球式を務めるなどケルナー・ハイエとは深い関わりを持っていた。アイスホッケー界のスターで、現在はケルナー・ハイエに所属しているジョン・マツモト氏も加入を歓迎。自身が着用する背番号「10」を譲るとまでコメントしている。 フットボール界のスターがアイスホッケー選手に転身する例はこれが初めてではなく、昨年10月に元チェコ代表GKペトル・チェフ氏が、イギリスのギルフォード・フェニックスというチームに入団し、ゴールキーパーとしてプロデビューしていた。 2020.11.20 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、ケルンに追いつきドロー《ブンデスリーガ》

ブレーメンは6日、ブンデスリーガ第7節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は65分から出場している。 1-1で引き分けた前節フランクフルト戦で途中出場した大迫がベンチスタートとなった一戦。 2分け4敗スタートのケルンに対し、ブレーメンが押し気味に進めた前半だったが、シュートチャンスは互いにほぼなくゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、前がかる入りを見せたケルンに61分、アンデションのヘディングシュートでゴールを脅かされたブレーメンは、65分にラシツァに代わって大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの右に入った。 しかし67分、大迫が与えたFKから失点する。左サイドからのFKをモイサンデルがクリアし損ねて自陣ゴールに蹴り込んでしまった。 それでも81分、ボックス内でボルナウにハンドがあったとしてブレーメンがPKを獲得。このPKをビッテンコートが決めて同点としたブレーメンが1-1の引き分けに持ち込み、勝ち点1を挙げている。 2020.11.07 06:33 Sat
twitterfacebook
thumb

前半の2発で逃げ切ったバイエルンが4連勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは10月31日、ブンデスリーガ第6節でケルンとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。 前節フランクフルト戦を完勝し、4勝1敗スタートとしたバイエルンは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のロコモティフ・モスクワ戦では2-1と競り勝って2連勝スタートとした。そのバイエルンはロコモティフ戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやゴレツカが欠場となり、サネやニャブリ、チュポ=モティングらがスタメンとなった。 2分け3敗スタートのケルンに対し、3トップに右からサネ、チュポ=モティング、ニャブリ、トップ下にミュラーと並べ、左サイドバックにサールを据えたバイエルンは12分にPKを獲得する。ニャブリのヘッドでのパスがボックス内のヴォルフの手に当たった。このPKをミュラーが決めてバイエルンが先制した。 19分にボックス左への侵入を許したヤコブスに決定的なシュートを許したバイエルンだったが、枠を外れて助かると、ボールを保持して試合をコントロールしていく。 先制後は目立ったチャンスがなかった中、追加タイム1分に加点する。ドリブルでボックス右に侵入したニャブリが左足でゴール左へシュートを蹴り込んだ。 迎えた後半、開始5分にニャブリのヘディングシュートでGKを強襲したバイエルンが試合をコントロールしていく。 63分にはサネとチュポ=モティングをお役御免とし、ドグラス・コスタとザークツィーを投入したバイエルンは、82分にドレイクスラーに一矢報いられるも、2-1で逃げ切り。リーグ戦4連勝としている。 2020.11.01 01:38 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、電光石火弾もケルンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第5節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦を2-0と勝利し、2連勝として2勝1分け1敗スタートとしたシュツットガルトは、遠藤がボランチで開幕5試合連続スタメンとなった。 前節フランクフルト戦を引き分け開幕からの連敗を3で止めたケルンに対し、シュツットガルトは開始23秒に先制する。 カストロが相手のプレスを剥がしてうまく前を向いたプレーを起点に、バイタルエリアでディダヴィ、カラジッチと繫いで最後はペナルティアーク中央のマンガラがゴール左上にシュートを蹴り込んだ。 続く3分にディダヴィの直接FKがバーに直撃したシュツットガルトは、高い位置からプレスに来るケルンをいなし、主導権を握る。 しかし22分、一瞬の隙を突かれてPKを献上してしまう。スローインの流れからカラソルがボックス内のアンデションを倒してしまった。このPKをアンデションに決められ、シュツットガルトは同点に追いつかれてしまう。 失点を受けてリズムを崩したシュツットガルトが押し込まれる展開を強いられると、33分にはリムニオスのミドルシュートでGKを強襲される。 前半終盤、リズムを取り戻したシュツットガルトはT・クリバリがGKとの一対一を迎えたが決めきれず。さらに追加タイムにはCKから遠藤がヘディングシュートを放つも、GKにセーブされ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始8分にシュツットガルトは大ピンチを迎えるも、GKコベルがアンデションとの一対一を制した。 56分に両サイドのクリバリとワマンギトゥカに代えてニコラス・ゴンサレスとマッシモを投入したシュツットガルトは、左サイドに入ったゴンサレスの突破力を起点に攻撃を仕掛けるも、シュートチャンスを生み出すには至らない。 72分にFKから遠藤がようやくヘディングシュートに持ち込んだシュツットガルトは、78分に遠藤の縦パスを起点にゴンサレスがポスト直撃のシュートを浴びせたが、終盤にかけてはチャンスを生み出せず。1-1の引き分けに終わっている。 2020.10.24 05:24 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング