ケルン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 ケルン 36 10 6 18 51 69 -18 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.06.27
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ブレーメン 6 - 1 ケルン
2020.06.20
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ケルン 1 - 1 フランクフルト
2020.06.17
27:30
ブンデスリーガ
第32節
レバークーゼン 3 - 1 ケルン
2020.06.13
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ケルン 1 - 2 ウニオン・ベルリン
2020.06.07
25:00
ブンデスリーガ
第30節
アウグスブルク 1 - 1 ケルン
基本データ

正式名称:1.FCケルン

原語表記:FC Koln

愛称:ガイスベッケ(雄ヤギ)

創立:1948年

ホームタウン:ケルン

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

ケルン、2023年までギズドル監督と契約延長…今季は途中就任で残留へ導く

ケルンは5日、マルクス・ギズドル監督(50)と2023年6月まで契約延長したことを発表した。 ギズドル監督は今季途中の昨年11月にケルンの指揮官に就任。それまでわずか2勝しか挙げられていなかったチームを少しずつ立て直し、第15節からは4連勝、第23節からは3連勝を収めるなど勢いをもたらした。 終盤戦は第26節から最後まで未勝利だったものの、なんとか14位で残留に導いていた。 当初の2021年までの契約から2年延長した格好となったギズドル監督は、クラブ公式サイトにコメントを残している。 「私は就任した時、ケルンが他に類を見ないクラブだと言った。ここまでケルンで経験してきたことはまさにその通りだった。ファンや街、そしてここで働く全ての人々の手によって強力な基盤が築かれている」 「我々はブンデスリーガの常連になるという明確な目標を持ち共に歩んでいる。経験豊富な選手やトップタレントを情熱的な仕事と明瞭なコンセプトのもとで育成し続けることが重要だ。完璧なコーチングスタッフと共に私も100%共感している」 「それがガイスボックハイムで働く我々の大きなモチベーションとなっているのだ」 2020.08.05 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

元神戸のポドルスキ、“心のクラブ”への復帰は?

かつてはヴィッセル神戸でもプレーした元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(35)だが、心のクラブへ戻る可能性があるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 幼少期を過ごしたケルンの下部組織で頭角を現したポドルスキは、2003年11月にトップチームへ昇格。得意の左足から強烈なキックを武器にその名を馳せると、2006年7月にはバイエルンへと完全移籍。一度ケルンへと復帰するも、その後はアーセナル、インテル、ガラタサライと渡り歩き、2017年7月にJリーグのヴィッセル神戸へと加入した。 <div id="cws_ad">◆ポドルスキ、インテルで決めた強烈な左足<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZUFPSnk0ZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> Jリーグでもその実力を発揮するも、2020年1月をもって退団。トルコのアンタルヤスポルへと完全移籍していた。 トルコではスュペル・リグで9試合に出場し2ゴール3アシストを記録しているポドルスキ。しかし、かねてから口にしていたケルンへの復帰の可能性があるようだ。 「僕のキャリアが終わった後、最初の1カ月は仕事をする必要がない。ケルンとのオプションがあるが、単一のオプションではない。まだ契約はしていないし、問題は未解決だ。オファーとポジションは一致している必要がある」 ケルンとポドルスキは神戸から移籍する際に話し合いを持っていたとのこと。短期的な契約を結び、ポドルスキの引退後はクラブと長期契約を結ぶことで合意していた。 しかし、世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が状況を変えたとのこと。ポドルスキも「コロナに関して、他の懸念があったと僕は理解している」と語り、当初の予定通りにはいかなくなったようだ。 それでもポドルスキとケルンの関係は深く、いずれ復帰することは間違いなさそう。あと1年はトルコでプレーすることになりそうだが、もしかしたら前倒しで復帰する可能性もあるかもしれない。 2020.07.13 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫弾で目覚めたブレーメン攻撃陣が大爆発! ケルンに圧勝し逆転で入れ替え戦進出を決める!!《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは27日、ブンデスリーガ第34節でケルンと対戦し、6-1で勝利した。大迫は87分までプレー、22分と58分にゴールを記録。 17位ブレーメン(勝ち点28)が、14位ケルン(勝ち点36)をホームに迎えた一戦。リーグ戦連敗中のブレーメンは、前節のマインツ戦からスタメンを3人変更。サージェント、ビッテンコート、グロスに代えてラシツァ、フュルクルク、フォクトが先発で起用された。 残留へ望みを繋ぐ入れ替え戦圏内の16位を目指すブレーメンは6分、ペナルティアーク手前でボールを受けた大迫が反転からミドルシュート。7分には、大迫からのパスを受けたラシカがペナルティアーク左横からシュートを狙ったが、これは共に相手GKのセーブに阻まれた。 良い入りを見せたブレーメンだが、9分にピンチを迎える。ヤーコブスの左クロスを中央のモデストが絶妙なトラップで収めると、反転からシュート。しかし、このシュートはGKパブレンカが好セーブ。 ピンチを凌いだブレーメンは22分、M・エッゲシュタインのミドルシュートがゴール前の大迫に渡ると、完璧なトラップでボールの勢いを殺すとゴール右上にシュートを突き刺した。 先制に成功したブレーメンは、27分にもドリブルで仕掛けたラシツァがボックス左まで侵攻し左足を振り抜くと、このシュートが相手GKの股を抜きゴールネットを揺らした。さらに30分には、フリードルの左クロスをフュルクルクがダイレクトでゴールに流し込み、3点目を奪った。 その後、ケルンに攻め込まれるに場面時間の続いたブレーメンだが、集中した守備でゴールを守り抜き、3点リードで前半を終えた。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはブレーメン。55分、ドリブルで持ち上がったラシツァのミドルシュートを放つと、相手DFに当たったボールが右ポストを直撃。このこぼれ球をクラーセンが押し込んだ。 勢いの止まらないブレーメンは、58分にもロングパスで右サイドを駆け上がったゲブレ・セラシェの折り返しを大迫がダイレクトで流し込み、ドッペルパックを達成。 その後、ドレイクスラーのゴールで1点を返されたブレーメンだったが68分、最終ラインからのロングフィードをサージェントが頭で繋ぐと、最前線で受けたラシツァが粘りからボックス手前にパスを送ると駆け上がったサージェントがそのままボックス内まで侵入すると、飛び出したGKをかわすチップキックでゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま6-1でブレーメンが大勝。なお、16位デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに0-3で敗戦したことにより、ブレーメンが逆転でブンデス2部との入れ替え戦進出を決めた。 2020.06.28 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルンとの打ち合いを制したライプツィヒがリーグ10戦無敗!《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは1日、ブンデスリーガ第29節でケルンとアウェイで対戦し、4-2で勝利した。 リーグ戦9試合負けのない5位ライプツィヒ(勝ち点55)は、前節のヘルタ・ベルリン戦から先発を2人変更。出場停止のハルステンベルクやアダムスに代えてアンヘリーニョとムキエレを先発で起用した。 立ち上がりから積極的な姿勢を見せたライプツィヒだったが、7分に先制を許す。カインツのスルーパスに抜け出したレジュベツァイにゴールエリア右からシュートを放たれると、左ポストに当たった跳ね返りをコルドバに流し込まれた。 失点するも主導権を握るライプツィヒは、すぐに反撃を開始。すると20分、バイタルエリアまでオーバーラップしたアンヘリーニョの左クロスをシックがヘディングで叩き込み、同点に追いついた。 さらにライプツィヒは、38分にもライマーの絶妙なパスに抜け出したエンクンクが飛び出したGKをかわすチップキックでゴールネットを揺らし、逆転に成功した。 迎えた後半も早い時間帯にスコアが動く。50分、ケルンが右サイドで獲得したFKからクロスを上げると、飛び出したGKグラーチがキャッチ。そのまま素早く最前線にロングフィードを供給すると、これに反応したヴェルナーがボックス内まで持ち上がり、ゴール右隅にシュートを流し込んだ。 55分にモデストのコントロールショットで1点を返されたライプツィヒだが、57分に再びリードを広げる。エンクンクの左CKのこぼれ球をペナルティアーク右で拾ったダニ・オルモがワントラップから素早く右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。 後半も主導権を握るライプツィヒだが72分、ボックス内でクロステルマンがモデストを倒したとの判定でPKを献上。しかし、VARのレビューの結果、足はかかっておらずPKは取り消しとなった。 ライプツィヒは87分にも、DFの裏に抜け出したモデストに決定機を許したが、3点目は許さず4-2で勝利。リーグ戦の無敗を「10」試合に伸ばしたライプツィヒが、3位に浮上している。 2020.06.02 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム戦で退場のボルナウが2試合の出場停止に…

ケルンは29日、DFセバスティアン・ボルナウが2試合の出場停止処分を受けたことを発表した。 ボルナウは27日に行われたブンデスリーガ第28節のホッフェンハイム戦に先発出場したが、26分にクリストフ・バウムガルトナーのふくらはぎを踏みつけてしまうと、その後にVAR検証が行われ、レッドカードを提示された。 そして、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は、ボルナウに対して2試合の出場停止処分を言い渡した。 なお、ケルンは今回の処分を受け入れており、同選手は6月1日に行われるブンデスリーガ第29節のライプツィヒ戦と、7日に行われる第30節のアウグスブルク戦を欠場することが確定している。 2020.05.30 00:30 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング