ギャンガン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ギャンガン 27 5 12 21 28 68 -40 38
基本データ

正式名称:アナヴォン・ドウ・ギャンガン

原語表記:En Avant de Guingamp

愛称:EAG

創立:1912年

ホームタウン:ギャンガン

チームカラー:赤・黒

関連ニュース
thumb

王者リール、かつてギャンガンでクープ・ドゥ・フランスを制覇したグーヴェネック氏を新指揮官に招へい

リールは5日、新監督にフランス人指揮官のジョスリン・グーヴェネック氏(49)を招へいしたことを発表した。 2020-21シーズン、ガルティエ体制4年目で10年ぶり4度目のリーグ・アン制覇を成し遂げたリール。しかし、その偉業達成に導いたガルティエ監督は新たな挑戦を求めて、今シーズン限りでの退任を発表した。 その後任候補にはパトリック・ヴィエラ氏(44)やクラウディオ・ラニエリ氏(69)の名前が挙がっていたが、最終的にギャンガンやボルドーで監督を歴任したグーヴェネック氏となった。 グーヴェネック氏は、2010年7月に当時フランス全国選手権(フランス3部)にいたギャンガンの指揮官に就任。攻守のバランスに長けたチームを作り上げると、就任初年度にリーグ・ドゥ(フランス2部)へ、就任3年目にリーグ・アン昇格に導いた。また、翌年の2013-14シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を果たすなどの手腕を発揮した。 その後、2016年夏にボルドーの監督に就任したが、成績不振で2018年1月に解任されると、同年11月にギャンガンの監督に復帰。しかし、チームは最下位でリーグ・ドゥ降格となり、2019年5月に双方合意の上で契約を解除していた。 なお、リールは契約期間を明かしていないが、『transfer market』によれば、契約期間は2023年6月30日までとなるようだ。 2021.07.06 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トレーニングからの帰り道で…フランスで23歳のFWが交通事故死

痛ましい事故が起こった。フランス、リーグ・ドゥ(フランス2部)のギャンガンに所属するフランス人FWナサエル・ジュランが、自動車の交通事故に遭い、23歳の若さで命を落とした。 イギリス『BBC』によると、ジュランは3日にチームのトレーニングに参加。その帰り道で車を運転中に事故に遭ったという。 ジュランは、ル・アブールの下部組織で育ち、2016年7月にトップ昇格。2018年1月にギャンガンへと完全移籍。2019年1月からヴァランシエンヌへとレンタル移籍し、6月に復帰していた。 リーグ・アンでは10試合に出場。リーグ・ドゥでは53試合に出場し9ゴール1アシストを記録していた。 なお、所属元のギャンガンは「ギャンガンは喪に服している。この悲劇的な日に、クラブの全ての人が一緒になり、ナサエルの家族へ哀悼の意を表します」と声明を発表している。 現在はウインターブレイク中のギャンガンは、4日にコンカルノーとの親善試合を行う予定だったが、キャンセルされたという。 2020.01.04 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが元フランス代表テュラムの息子を獲得! 昨季はフランスで13ゴールをマーク

ボルシアMGは22日、ギャンガンからU-21フランス代表FWマルクス・テュラム(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となる。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cmを超える恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。 ギャンガンでは2シーズンで公式戦72試合に出場し17ゴールをマーク。昨シーズンは本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦38試合に出場し13ゴールを挙げる活躍を見せてた。 また、フランスの世代別代表の常連である同選手は、U-21フランス代表としてU-21欧州選手権のグループステージと準決勝の4試合に出場していた。 2019.07.23 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、テュラム息子の獲得に関心か? フランスで躍動する新進気鋭のアタッカー

アーセナルがギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 今夏の移籍市場で個での打開力に長けたドリブラーの獲得を目指すアーセナルでは、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やローマのトルコ代表MFジェンギズ・ウンデル(21)ら逸材レフティの獲得を目指している。 しかし、競合クラブの存在や高騰する移籍金の影響もあってオペレーション実現には相当な努力や運が必要となる。 そのため、前述の2選手に代わる選手の発掘に余念がないアーセナルは、パリ・サンジェルマン監督時代の経験からリーグ・アンに精通しているウナイ・エメリ監督のツテを使って、より獲得が容易な21歳のアタッカー獲得に関心を強めているようだ。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cm近い恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。今季は本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦29試合に出場し11ゴールを挙げる活躍を見せている。また、フランスの年代別代表チームでは常に主力を担ってきた逸材だ。 なお、アーセナルはマルクス獲得に向けて順調に準備を進めている一方、同選手に対してはドルトムントなどブンデスリーガ勢も熱視線を送っているようだ。 2019.03.25 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ギャンガンのいぶし銀MFディドが今季限りで現役引退

ギャンガンのフランス人MFエティエンヌ・ディド(35)が今シーズン限りでの現役引退を発表した。同選手が自身の公式ツイッターを通じて明かした。 スタッド・レンヌの下部組織出身のディドは2002年にトップチームデビュー。その後、2008年にトゥールーズに完全移籍を果たすと、卓越した戦術眼と攻守に渡る献身的なプレーを武器に8シーズンに渡ってセントラルMFの主力として活躍。 2016年夏からはギャンガンに移籍を果たし、今季ここまでは公式戦27試合に出場し1ゴール2アシストの数字を残している。 また、フル代表でのプレー経験はないものの、U-21フランス代表では主力としてプレーしていた。 ※写真はトゥールーズ時代 2019.03.24 13:24 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング