レバークーゼン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 レバークーゼン 58 18 4 12 69 52 17 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ヘルタ・ベルリン 1 - 5 レバークーゼン
2019.05.11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
レバークーゼン 1 - 1 シャルケ
2019.05.05
25:00
ブンデスリーガ
第32節
レバークーゼン 6 - 1 フランクフルト
2019.04.26
27:30
ブンデスリーガ
第31節
アウグスブルク 1 - 4 レバークーゼン
2019.04.20
22:30
ブンデスリーガ
第30節
レバークーゼン 2 - 0 ニュルンベルク
基本データ

正式名称:バイヤー04レバークーゼン

原語表記:TSV Bayer Leverkusen

愛称:ヴェルクスエルフ(工場のイレブン)、バイヤー・ヌルフィア、レーヴェン(ライオン)

創立:1904年

ホームタウン:レバークーゼン

チームカラー:黒、赤

関連ニュース
thumb

最終節で5発圧勝のレバークーゼンが来季CL出場権獲得!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節のヘルタ・ベルリンvsレバークーゼンが18日に行われ、1-5でレバークーゼンが勝利した。 リーグ戦6試合無敗中の5位レバークーゼンが、10位ヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ一戦。ボルシアMG、フランクフルトと三つ巴のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げるレバークーゼンは、前節のシャルケ戦で痛恨のドロー。4位浮上を逃したが、4位ボルシアMGが優勝を争うドルトムントと対戦するため、この試合で勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。 ハフェルツ、アラリオ、フォラントを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだレバークーゼンは、10分にヴェンデウのミドルシュートでまずはゴールを脅かす。 その後も押し込む展開が続くレバークーゼンは28分、最終ラインのターが前線にロングフィードを送ると、相手DFの裏に抜け出したハフェルツがボックス右から侵入し、シュートをゴール左に流し込んだ。 先制したレバークーゼンは、34分にピンチを迎える。ボックス左深くでボールキープしたイビセビッチが相手DFを背負いながらオーバーヘッドキックでクロスを供給。逆サイドで受けたドゥダが胸トラップから右足を振り抜くと、最後はゴール前のラザロがプッシュ。ヘルタが試合を振り出しに戻した。 同点に追いつかれたレバークーゼンだが、すぐに突き放す。38分、ヴェンデウのロングスルーパスを最前線で受けたアラリオがトラップでボックス内まで侵入。飛び出したGKの飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。 後半も先にスコアを動かしたのはリードするレバークーゼン。54分、右サイドを抜け出したアランギスがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス手前に走り込んだブラントがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。 リードを広げたレバークーゼンは72分、ヴァイザーの右クロスをアラリオがフリックすると、ファーサイドのフォラントがボレーシュート。右に逸れたシュートが再びアラリオの下へ流れると、トラップミスでバウンドしたボールを頭で押し込んだ。 試合を決定付けたレバークーゼンは、終盤の88分にもハフェルツのパスで右サイド深くまで侵入したL・ベンダーの折り返しをアラリオが押し込み、ハットトリックを達成。 結局、試合は1-5のままタイムアップ。同時刻に行われた試合でボルシアMGがドルトムントに敗戦したため、レバークーゼンは4位に浮上し来季のCL出場権を獲得した。 2019.05.19 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラントの去就は来季CL出場権の行方次第か 本人はプレミア<ドルトムント希望!?

レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)の去就は、ブンデスリーガ最終節の結果で左右されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入。今シーズンは、左ウイングが主戦場でありながら、途中からはアタッキングMFを務め、ここまで公式戦42試合9ゴール17アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、ブラントには現在、トッテナムやリバプール、ドルトムントが関心を寄せている模様。ただ、レバークーゼンがチャンピオンズリーグ(CL)への出場権を獲得できた場合は、来シーズンも同クラブに留まる意向のようだ。 現在、レバークーゼンはブンデスリーガで勝ち点55を積み重ね、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でグループリーグからの出場となる5位に位置。CL出場圏内の4位・ボルシアMGとは同勝ち点で並んでいる一方、EL予選に回る6位のフランクフルト(勝ち点54)には勝ち点1差で迫られている状況だ。 同メディアによると、ブラントはレバークーゼンがCL出場権を逃した場合にも、残留を検討するとのこと。ただ、移籍を決断した場合、本人はプレミアリーグよりも、ドルトムントへの移籍を希望しているようだ。ブラントには、2150万ポンド(約30億1000万円)のリリース条項が契約に盛り込まれているようだが、同選手の去就はいかに…。 2019.05.17 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

CL出場を目指すレバークーゼンはシャルケとドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第33節、レバークーゼンvsシャルケが11日に行われ、1-1で引き分けた。 5位レバークーゼン(勝ち点54)と、15位シャルケ(勝ち点31)の一戦。 残り一枠となったチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すレバークーゼンは、前節にフランクフルトを6-1で粉砕。リーグ戦4連勝で残り2節となった。この勢いのままフィナーレを飾りたい今節のスタメンはフランクフルト戦と同じ11人が起用された。 すでに残留が決定している15位シャルケをレバークーゼンが押し込んでいく。12分、アタッキングサードでの相手のクリアボールが味方に当たってゴール前にこぼれると、拾ったアランギスのシュートはクロスバーを直撃。さらにそのこぼれ球を今度はブラントがボックス右から狙ったが、こちらは右ポストに嫌われた。 21分には、ブラントのクロスをファーサイドでフォラントが頭で落とし、最後はアラリオがフィニッシュ。だが、アウトサイドで狙ったシュートは枠を越えた。 その後も圧倒的スタッツを誇るレバークーゼンは31分、味方のスルーパスからブラントが左サイドを抉ってクロスを供給。これが近くのDFに当たり高く跳ねると、シャルケの選手が咄嗟に頭でクリアするも、ボックス中央のハフェルツのもとに渡り、左足で流し込んでネットを揺らした。 劣勢のシャルケも37分にチャンスを迎える。ゴール前でエンボロが後ろに下げたボールをブジェラブがシュート。ゴール左を捉えていたが、GKフレデツキーのビッグセーブに阻まれた。 それでもシャルケは後半立ち上がりの47分、敵陣中央で相手のチェックを剥がしたブジェラブから縦にスルーパスが贈られると、ブルクシュタラーこのパスで最終ラインを抜け出し、GKとの一対一も制して試合を振り出しに戻した。 さらに、53分のCKの場面に、マッキーニーがフォラントに倒されPKを獲得。しかし、カリジウリがこれを外してしまい、逆転の大チャンスを逃してしまった。 その後はおおよそレバークーゼンのペースに。75%の支配率を誇るレバークーゼンが立て続けにシュートを重ねる。83分と87分にフォラントがゴールに迫るも、GKに防がれる。 紙一重で守るシャルケも89分のFKの場面で、カリジウリのクロスをブルクシュタラーがバックヘッド。これはクロスバーを叩いてしまう。 結局、試合は1-1で終了。チャンピオンズリーグを目指すレバークーゼンは勝ち点1を得るに留まった。 2019.05.12 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、プレミア勢関心のドイツ代表MFデミルバイを獲得!

レバークーゼンは9日、ホッフェンハイムからドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「26」に決定。また、来季から加入となるデミルバイは2024年6月30日までの5年契約にサインした。 ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートしたレフティーのプレーメーカーであるデミルバイは、2016年にホッフェンハイムへ加入。トルコ系のプレーヤーらしい球際の強さとテクニックを武器に、ここまで公式戦86試合に出場し12ゴール26アシストを記録。今季ここまではリーグ戦24試合に出場し4ゴール8アシストの数字を残している。 また、2017年にデビューを飾ったドイツ代表ではここまで2試合に出場。コンフェデレーションズカップ2017ではカメルーン代表戦で代表初ゴールを挙げ、優勝に貢献している。 今夏の移籍市場ではアーセナルやリバプールからの関心も伝えられていたが、ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンが2800万ユーロ(約34億4000万円)の契約解除金を支払い、獲得に漕ぎ着けたようだ。 なお、この移籍金はホッフェンハイムにとって、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノをリバプールに売却した際の推定4100万ユーロ(約50億円)といわれるクラブ史上最高額に次ぐ2番目の数字だという。 来季からのレバークーゼン入りが決定したデミルバイはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「ホッフェンハイムで素晴らしい3年間を過ごして次のステップを踏む時が来たと感じたんだ」 「レバークーゼンは常に魅力的な攻撃的フットボールをしてきたクラブだ。このスタイルは僕に合っていると思うし、このチームの一員になれることを心から楽しみにしているよ」 2019.05.09 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、レバークーゼンに6失点惨敗… 勝ち点で並ばれCL出場に暗雲《ブンデスリーガ》

フランクフルトは5日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-6で惨敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦を引き分け、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ボルシアMGとの勝ち点差を3に広げた4位フランクフルト(勝ち点54)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのチェルシー戦を1-1で引き分けた。そのチェルシー戦のスタメンから4選手を変更。ボランチでフル出場した長谷部は3バックの中央でスタメンとなった。 敗れれば勝ち点で並ばれる6位レバークーゼン(勝ち点51)に対し、ヨビッチをベンチスタートとしたフランクフルトは、開始2分に失点する。左サイドからのアランギスのクロスを受けたハフェルツにペナルティアーク中央からゴール右にシュートを蹴り込まれた。 劣勢が続くフランクフルトは13分、ボックス右のアランギスのシュートをゴール前のブラントにコースを変えられ、追加点を奪われてしまう。 しかし14分、コスティッチのミドルシュートがターの足に当たってコースが変わり、1点を返した。 1点差に詰め寄ったフランクフルトだったが、その後も劣勢を強いられ、17分にはフォラントのシュートが枠を捉えたが、長谷部がゴールライン前でカット。しかし23分、分厚い攻めを受けた流れからルーズボールをボックス右ゴールライン際のL・ベンダーに折り返され、最後はアラリオにヘッドで決められた。 さらに28分、ボックス左にドリブルで侵入してきたアランギスに長谷部が対応できずシュートをねじ込まれると、34分にはフォラントがアブラアムを突破して折り返したクロスをアラリオに押し込まれ1-5とされた。 止まらないレバークーゼンは36分、ブラントのFKがヒンテレッガーのオウンゴールを誘って6点目。6失点を受けてヨビッチとガシノビッチを投入したフランクフルトは迎えた後半、レバークーゼンがボールを持つ流れとなる中、フランクフルトは得失点差も考慮し、これ以上失点しないことを優先したプランで試合を進める。 リスクを負わないフランクフルトに対し、レバークーゼンも無理に攻めることのない試合はスコアが動かず6-1のままタイムアップ。レバークーゼンがシックスポインターを圧勝で制し、フランクフルトに勝ち点で並んでいる。 一方、敗れたフランクフルトはELのチェルシー戦に向けても大きな不安の残る結果となった。 2019.05.06 03:03 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング