レバークーゼン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 レバークーゼン 18 5 3 0 16 9 7 8
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-11-29
23:30
ブンデスリーガ
第9節
レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン
2020-12-03
29:00
EL グループC
第5節
ニース vs レバークーゼン
2020-12-07
26:00
ブンデスリーガ
第10節
シャルケ vs レバークーゼン
2020-12-10
26:55
EL グループC
第6節
レバークーゼン vs スラビア・プラハ
2020-12-13
26:00
ブンデスリーガ
第11節
レバークーゼン vs ホッフェンハイム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.26
29:00
EL グループC
第4節
レバークーゼン 4 - 1 ハポエル・ベエルシェバ
2020.11.21
23:30
ブンデスリーガ
第8節
ビーレフェルト 1 - 2 レバークーゼン
2020.11.08
26:00
ブンデスリーガ
第7節
レバークーゼン 4 - 3 ボルシアMG
2020.11.05
26:55
EL グループC
第3節
ハポエル・ベエルシェバ 2 - 4 レバークーゼン
2020.11.01
23:30
ブンデスリーガ
第6節
フライブルク 2 - 4 レバークーゼン
基本データ

正式名称:バイヤー04レバークーゼン

原語表記:TSV Bayer Leverkusen

愛称:ヴェルクスエルフ(工場のイレブン)、バイヤー・ヌルフィア、レーヴェン(ライオン)

創立:1904年

ホームタウン:レバークーゼン

チームカラー:黒、赤

関連ニュース
thumb

レバークーゼン、ベララビの出場停止処分の軽減を発表! 26日のELは出場可能に

レバークーゼンは23日、元ドイツ代表MFカリム・ベララビに科されていた出場停止処分が1試合に軽減されたことを発表した。 ベララビは、10月29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)第2節のスラビア・プラハ戦(0-1で敗戦)に先発出場したが、22分にMFウカシュ・プロヴォドへの危険なタックルで一発退場していた。 UEFAはベララビに対し2試合の出場停止処分を科していたが、レバークーゼンはこの処分を不服とし控訴。そして、23日にUEFAの統制・倫理・規律機関の控訴委員会は、レバークーゼンの申し立てを支持し、出場停止処分を1試合に軽減すると発表した。 なお、ベララビはすでに11日にアウェイで行われたEL第3節のハポエル・ベエルシェバ戦(4-2で勝利)を欠場しており、26日にホームで開催予定のEL第4節のハポエル・ベエルシェバ戦には出場可能となっている。 2020.11.23 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安フル出場も終盤に勝ち越しを許したビーレフェルトが6連敗…《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するビーレフェルトは21日、ブンデスリーガ第8節でレバークーゼンと対戦し1-2で敗戦した。堂安はフル出場している。 5連敗中の15位ビーレフェルトが、ミッドウィークにヨーロッパリーグを控える4位レバークーゼンを本拠地に迎えた一戦。ビーレフェルトの堂安は[4-1-4-1]の右MFで開幕7試合連続スタメンとなった。 立ち上がりから地力で勝るレバークーゼンがボールを保持するが、アタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。それでもレバークーゼンは15分、ドリブルでボックス左から侵入したディアビが縦に切り込みシュート。しかし、これは相手GKのセーブ弾かれた。 膠着状態が続く中、レバークーゼンは27分にボックス右手前でパスを受けたベイリーがヴィルツとのパス交換でボックス右から侵入すると、縦に持ち上がり右足でゴールネットを揺らした。 先制を許したビーレフェルトは30分、右サイドから仕掛けた堂安がボックス内でシンクフラーフェンに倒されたが、主審はノーファウルの判定を下した。 1点のビハインドで後半を迎えたビーレフェルトは、開始早々にラッキーな形で追いつく。47分、シンクフラーフェンのバックパスがGKフラデツキーの手前でイレギュラーすると、フラデツキーが空振りしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 さらに同点に追いつかれたレバークーゼンは、49分にアクシデント。プレー中に左足を負傷したスヴェン・ベンダーがメディカルスタッフに両肩を抱えられてピッチを後に。ドラゴビッチが緊急投入された。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、レバークーゼンは試合終盤に勝ち越しに成功する。88分、左CKからの二次攻撃でヴィルツの上げた左クロスをファーサイドのターが折り返すと、相手DFのクリアボールをボックス右で拾ったヴァイザーがシュート。このシュートは相手GKに弾かれたが、跳ね返りを中央で拾ったドラゴビッチがゴール右下にシュートを流し込んだ。 結局、これが決勝点となりレバークーゼンが2-1で勝利。敗れたビーレフェルトは6連敗となった。 2020.11.22 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表パラシオスが腰椎横突起骨折 パラグアイ戦先発も前半途中に交代

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は13日、同国代表活動に参加中のレバークーゼンに所属するMFエセキエル・パラシオスの負傷を発表した。 アルゼンチンは12日にブエノスアイレスで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第3節のパラグアイ代表戦に臨み、1-1のドロー。追いついたが、勝ち越せず、開幕から続いた連勝が「2」でストップした。 その試合にボランチの一角で先発したパラシオスだが、27分にハーフウェイライン付近の敵陣左サイド側で、浮き球パスをジャンプして頭で繋ごうとした際に相手選手のタックルが背中に直撃。29分にピッチを後にした。 背後から相手FWアンヘル・ロメロのヒザが腰付近に直撃して、無念の途中交代を強いられたパラシオスは腰椎左部に直接外傷を負い、腰椎横突起骨折を確認。今後、入院して、経過を観察することになるという。 パラシオスは今年1月、リーベル・プレートからレバークーゼンに加わり、今季のここまで公式戦6試合に出場。2018年9月にデビューしたアルゼンチン代表でこれまで5キャップを記録している。 2020.11.13 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

問題行動連発のベララビ、レバークーゼン指揮官はELでの退場に「不要のファウル」と苦言

レバークーゼンのピーター・ボス監督がヨーロッパリーグ(EL)で喫した0-1の黒星について、前半に退場者を出した影響があまりに大きかったと話している。ドイツ『キッカー』が伝えた。 レバークーゼンは29日に行われたELグループC第2節でスラビア・プラハと対戦。6-2で大勝した第1節のニース戦で手にした勢いを持ち込みたいところだったが、22分にMFカリム・ベララビが相手MFウカシュ・プロヴォドへのタックルで一発退場となると、その後は苦しい展開を強いられ、80分の失点で敗戦した。 ボス監督は試合後、審判の判定についての言及こそ避けたものの、敗北の原因を作ったベララビに対しては「まったく不要のファウルだった」と苦言。一方で、10人で約70分間を戦い抜き、ボール支配率でもほぼ五分を保ったチームについては称賛している。 「10人になるまでは何の問題もなかった。しかし、その後、10人で試合を続けなければならなくなり、より困難な状況になってしまったよ。レッドカードは間違いなく我々に問題をもたらした。10人になったからといって、負けていいわけではない。だが、(数的不利の状況で)今日のチームは本当に良い仕事をしたと思うよ」 チームの足を大きく引っ張る形となってしまったベララビは3日に行われたブンデスリーガ第3節のシュットガルト戦でも、相手選手の鼻をつまむ問題行動を起こしている。幸いその試合では退場処分を免れたが、ボス監督はその際も「馬鹿げた振る舞いだ」と非難していた。 ベララビはEL初戦のニース戦で2ゴールをマークするなど実力自体は確かだが、現在のチームにとって扱いの難しい選手になってしまっているようだ。 2020.10.30 14:52 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。 ◆強豪は順当に白星発進! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。 グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。 一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。 セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。 また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。 ◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。 その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。 また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。 デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ CSKAソフィア 0-2 クルージュ ◆グループB ダンドーク 1-2 モルデ ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル ◆グループC レバークーゼン 6-2 ニース ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ ◆グループD スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ ◆グループE PSV 1-2 グラナダ PAOK 1-1 オモニア ◆グループF ナポリ 0-1 AZ リエカ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループG ブラガ 3-0 AEKアテネ レスター・シティ 3-0 ゾリャ ◆グループH スパルタ・プラハ 1-4 リール セルティック 1-3 ミラン ◆グループI マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ◆グループJ トッテナム 3-0 LASK ルドゴレツ 1-2 アントワープ ◆グループK ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ ◆グループL ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ リベレツ 1-0 ヘント 2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング