フルアム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 フルアム 26 7 5 26 34 81 -47 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.01.26
22:00
FAカップ
4回戦
マンチェスター・シティ 4 - 0 フルアム
基本データ

正式名称:フルアムFC

原語表記:Fulham Football Club

愛称:コテッジャーズ、ホワイツ

創立:1879年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:白

関連ニュース
thumb

プレミア昇格のフルアム、一昨季にレンタルで所属したチャンバースを再び狙う?

フルアムは、アーセナルに所属する元イングランド代表DFカラム・チャンバース(25)の再獲得に関心があるようだ。イギリス『サン』が報じている。 チャンバースは2014-15シーズンにサウサンプトンからアーセナルへと完全移籍。元々右サイドバックとして頭角を現していたものの、アーセナルではドイツ代表などでもプレーしたペア・メルテザッカー氏の代替案としてセンターバックで出場するなどポジションの幅を広げつつあった。 しかし好調時と不調時の波の激しさや、度重なる大ケガでの長期離脱で次第に序列を落とし、16-17シーズンはミドルズブラ、18-19シーズンはフルアムにレンタル移籍。今季は主にウナイ・エメリ前監督の下でリーグ戦14試合に出場していたが、今年1月に左ヒザの前十字じん帯を断裂しシーズンを終えていた。 そういった中、プレミアリーグのプレーオフを勝ち抜いて、1年でプレミア昇格を成し遂げたフルアムが再びチャンバースに関心を示しているようだ。 チャンバースが在籍していたシーズン途中で就任したスコット・パーカー監督は同選手を高く評価しており、完全移籍での獲得を望んでいるという。獲得には1200万ポンド(約16億7000万円)ほどの金額が必要になるようだ。 また『サン』は、アーセナルが今季だけで元ブラジル代表DFダビド・ルイスや、スペイン人DFパブロ・マリらを獲得していることもあり、チャンバースの移籍を容認するだろうと推測している。 2020.08.12 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

来季PLのフルアム、昇格に貢献したケバノと2022年まで契約延長

フルアムは5日、DRコンゴ代表MFニースケンス・ケバノ(28)との契約を2022年6月30日まで延長したと発表した。 左右のウイングを主戦場とするケバノは、パリ・サンジェルマンの下部組織で育ち、2011年にトップチームデビュー。その後、カーンやシャルルロワ、ヘンクを経て、2016年夏にフルアムへ加入。 今シーズンはケガの影響もあり、チャンピオンシップ(イングランド2部)のレギュラーシーズンで16試合3ゴール2アシストの成績に留まった。しかし、プレミアリーグ昇格プレーオフ準決勝ではカーディフ・シティを相手に1stレグと2ndレグの両試合でゴールを決める大活躍を披露。ブレントフォードとの決勝でも先発出場し、来シーズンのプレミアリーグ昇格へ大きく貢献した。 今回の新契約に際し、クラブ公式サイトのインタビューに応じたケバノは、自身2度目のプレミアリーグ昇格に続く、愛するクラブとの契約延長という朗報に喜びを露わにしている。 「契約延長の機会を与えてくれたクラブに感謝したい。シーズンが始まってから1年を超える長い道のりを歩んできた。その間に僕らはハードワークを続けてきたけど、それがプレミアリーグ昇格という形で実を結んだ」 「チーム、スタッフ、サポーターのことを考えると、本当に嬉しいよ。僕たちはいつでも一体感を持ってきたし、それがこの結果をもたらしたと思っているよ。僕はこのクラブとファンに多くの愛情を抱いているから、この機会が与えられた段階でサインするのは当然の決断だった。これからあと数シーズン、ここにいられることを嬉しく思うよ」 2020.08.06 22:03 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアムを1年でプレミア復帰に導いたパーカー監督、「少しずつ成長を続けていきたい」

フルアムを1年でのプレミアリーグ復帰に導いたスコット・パーカー監督は、昨シーズンの失敗から多くを学んだことが、今季の躍進に繋がったと考えている。イギリス『BBC』が伝えている。 昨シーズン、5年ぶりのプレミアリーグ復帰を果たしたフルアムは積極的な補強を敢行。しかし、攻守両面でまとまりを欠いたチームは最終的に19位でシーズンを終え、わずか1年でチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。 その中でクラウディオ・ラニエリ前監督の解任に伴い、昨年2月にアシスタントコーチからの昇格という形でチームを任されたパーカー監督は、自身の指揮下でクラブを降格させてしまった。 だが、正指揮官に任命された今シーズンは多くの主力を引き抜かれた中、レギュラーシーズンを昇格プレーオフ圏内の4位で終えると、5位カーディフとのプレーオフ準決勝を制し、3位ブレントフォードとのプレーオフ決勝に駒を進めた。 そして、4日に行われた同試合では終始、拮抗した展開の中で90分間の戦いを終えるも、延長戦でイングランド人DFジョー・ブライアンが挙げた2つのゴールを守り切り、2-1のスコアで勝利。2年前と同様にプレーオフを制して、1年でのプレミアリーグ復帰を成し遂げた。 同試合後、39歳の青年指揮官は昨年の失敗から多くを学んでの昇格に満足感を示している。 「昨年は明らかな間違いが幾つもあった。我々はそこから学んでおり、さらに学ぶ必要を感じている」 「我々が新シーズンに戦うのは、世界最高のプレーヤー、チームが揃う世界最高のリーグだ。非常に残酷なリーグとも言えるが、その先にある挑戦を実感している」 「我々が築き上げようとしているもの、我々がプレーヤーに植え付けようとしているものは、このクラブにおける幾つかの確固たる基盤についてだ。時に、そういったものが人生を大きく前進させてくれる」 「才能というのは幾らでも求めることができるが、コンクリートの上ではなく砂の上にクラブを築く場合、最終的にはジェットコースターのように脆く崩れ去ってしまう」 「だからこそ、個人的に少しずつ成長を続けていきたいと思っている。それは厳しいものになるだろうが、もし実現できなかったとしても、我々には常に立ち帰る確固たる基盤がある」 また、パーカー監督はこの試合の勝利を大きく左右したブライアンの先制点の場面を回想。105分、バイタルエリア中央左寄りの位置で獲得したFKの場面でキッカーのブライアンは明らかにクロスを匂わせながらも、ニアを大きく空けていた相手GKの意表を突き直接左足で狙うと、これがゴール左隅の見事なコースに決まっていた。 パーカー監督はこのセットプレーが予め意図されたものだったことを明かしている。 「我々は相手のゴールキーパーについて十分な分析をしていたし、ゴールキーパーはワイドの位置でのフリーキックに関して非常にアグレッシブで高いスタート位置にいることがわかっていた」 「そして、セットプレーに関するミーティングではその話題に触れ、(メインキッカーの)ジョー(・ブライアン)とハリソン・リードに伝えていた」 「アレキサンダル・ミトロビッチを投入した後、ジョーはクロスを入れることを意識していた。ミトロの特長は明らかにヘディングだからだ。その一方で、ジョーを呼び寄せて指示を出していた」 「ブレントフォードのベンチに感づかれたくなかったから、少しだけハッタリもかましてみたよ。その後に小声で、『ジョー、聞いてくれ。君に直接狙ってほしい。自信を持って蹴ってほしい。まずは本気でやってみて、あとはどうなるかだ』って伝えた」 「その後に本当に決めてくれた。彼の左足は本当に素晴らしいよ」 2020.08.05 16:06 Wed
twitterfacebook
thumb

120分の激闘を制したフルアムが1年でのプレミアリーグ復帰を果たす!《チャンピオンシップ昇格プレーオフ》

チャンピオンシップの昇格プレーオフ決勝、ブレントフォードvsフルアムが4日にウェンブリーで行われ、1-2でフルアムが勝利した。 今季のチャンピオンシップを3位で終えたブレントフォードは、準決勝で6位のスウォンジーを下して決勝に進出。対する今季4位のフルアムは準決勝で5位カーディフをを破って決勝進出を果たした。 76年ぶりの1部昇格を目指すブレントフォードと、1年でのプレミアリーグ復帰を目指すフルアムによる運命の決勝戦。 試合は立ち上がりから主導権争いが続き、ボールが落ち着かない展開となる。そんな中、フルアムが17分に最初の決定機を迎える。トム・カーニーの縦パスをボックス右で受けたオノマーが相手DFに寄せられながら右足を振り抜いたが、シュートは相手GKの好セーブに防がれた。 その後も緊張感のある攻防が続ける両チームだったが、互いに決定機まで持ち込めず前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、も先にチャンスを作ったのはフルアム。48分、ボックス右手前で獲得FKをケバノが直接狙ったが、これはわずかに右サイドネットに外れた。さらに59分にも、右クロスをボックス中央で受けたボビー・リードにチャンスが訪れたが、シュートはゴール右に外れた。 やや押し込まれる時間が続いたブレントフォードは、71分に反撃。イェンセンのパスをボックス左手前で受けたワトキンスが強烈なシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKのセーブに弾き出された。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。 延長戦も一進一退の展開が続く中、スコアを動かしたのはフルアム。105分、バイタルエリア中央左寄りの位置で獲得したFKをブライアンが直接狙うと、GKの意表をついたシュートがそのままゴール左に吸い込まれた。 待望の先制点を奪ったフルアムは、117分にもオーバーラップしたブライアンがバイタルエリアでパスを受けると、ミトロビッチとのワンツーでボックス内まで侵入しシュートを流し込んだ。 その後、ブレントフォードに1点を返されたフルアムだったが、2-1で勝利。120分の死闘を制したフルアムが1年ぶりのプレミアリーグ昇格を決めた。 2020.08.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

1年でのプレミア復帰へあと1つ、フルアムがPO決勝に進出《プレミア昇格プレーオフ》

30日、プレミアリーグ昇格プレーオフの準決勝2ndレグが行われ、フルアムが決勝に駒を進めた。 シーズン4位のフルアムと5位のカーディフの一戦。カーディフのホームで行われた1stレグは0-2でフルアムが先勝していた。 逆転を目指してアウェイゲームに挑んだカーディフ。試合開始早々からスコアを動かす。 8分、右CKを獲得したカーディフは、ゴール前へのインスイングのクロスをネルソンがドンピシャヘッド。開始早々に先制ゴールを奪う。 しかし、ホームのフルアムはすぐさま反撃。9分、ボックス右からのボビー・リードの高速グラウンダークロスを、ダイアゴナルな動きでボックス中央へ入ったケバノがダイレクトで合わせて同点に追いつく。 同点に追いついたフルアムは徐々に落ち着きを取り戻し、カーディフゴールに迫る回数が増えていく。しかし、フィニッシュの精度を欠き、追加点を奪うことができない。 1-1のタイスコアで試合を折り返すと、後半早々にカーディフが再びスコアを動かす。 後半開始に投入されたトムリンがいきなり結果を出す。左サイドからのロングスローをボックス内でつなぐと、最後はトムリンが相手のクリアミスのボールをダイレクトで蹴り込み、1-2と逆転する。 2戦合計スコアでリードを許すカーディフは一気に攻め立てる。53分には右からのクロスを、ボックス中央で待っていたマーフィーがフリーでヘッド。しかし、これはミートしない。 防戦が続いたフルアムだったが、68分に一瞬の隙をついたアブバカル・カマラがボックス手前からミドルシュート。しかし、これは左ポストを叩いてしまう。 カーディフは72分にビッグチャンス。FKの流れからフルアムゴールに迫るが、最後はDFが体を張って防ぎ、ことなきを得る。 後半アディショナルタイム5分にも自陣からのFKから、ダイレクトでつなぎ、最後はボックス内でグラッツェルがボレーで狙うが、枠を外し万事休す。そのまま試合は終了し、1-2でカーディフが勝利。しかし、2戦合計3-2でフルアムが決勝に駒を進めた。 決勝は4日に開催。最後のプレミアリーグ昇格枠をかけてブレントフォードとフルアムが激突する。 フルアム 1-2(AGG:3-2) カーディフ 【フルアム】 ネースケンス・ケバノ(前9) 【カーディフ】 カーティス・ネルソン(前8) リー・トムリン(後2) 2020.07.31 12:50 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング