フルアム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 フルアム 12 2 6 9 14 25 -11 17
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-20
29:15
プレミアリーグ
第18節
フルアム vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-01-26
27:00
プレミアリーグ
第20節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs フルアム
2021-01-31
23:00
プレミアリーグ
第21節
ウェスト・ブロムウィッチ vs フルアム
2021-02-02
28:45
プレミアリーグ
第22節
フルアム vs レスター・シティ
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
フルアム vs ウェストハム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.16
26:30
プレミアリーグ
第19節
フルアム 0 - 1 チェルシー
2021.01.13
29:15
プレミアリーグ
第16節
トッテナム 1 - 1 フルアム
2020.12.26
24:00
プレミアリーグ
第15節
フルアム 0 - 0 サウサンプトン
2020.12.19
29:00
プレミアリーグ
第14節
ニューカッスル 1 - 1 フルアム
2020.12.16
29:00
プレミアリーグ
第13節
フルアム 0 - 0 ブライトン&ホーヴ・アルビオン
基本データ

正式名称:フルアムFC

原語表記:Fulham Football Club

愛称:コテッジャーズ、ホワイツ

創立:1879年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:白

関連ニュース
thumb

10人のフルアムに苦戦もマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星!《プレミアリーグ》

チェルシーは16日、プレミアリーグ第19節でフルアムと対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない9位チェルシー(勝ち点26)が、18位に沈むフルアム(勝ち点12)のホームに乗り込んだ一戦。直近に行われたFAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部)に所属するモアカムに4-0で完勝したチェルシーは、その試合から先発を7人変更。ヴェルナーやハドソン=オドイ、ハヴァーツらに代えてジルーやプリシッチ、ジョルジーニョらを先発で起用した。 3トップにツィエク、ジルー、プリシッチを並べた[4-3-3]で試合に臨んだチェルシーは、立ち上がりからボールを支配すると9分に最初の決定機を迎える。ボックス右でボールを受けたプリシッチの落としからボックス手前のジルーが左足アウトでゴールを狙ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 主導権を握るチェルシーは、25分に左クロスのクリアミスをボックス内で拾ったマウントがワントラップからシュート。さらに26分には、マウントの左CKからリュディガーがヘディングシュートを放ったが、シュートはクロスバーとGKアレオラの好セーブに弾かれた。 相手の勢いに呑まれて防戦一方のフルアムは41分に決定機。左サイドを持ち上がったA・ロビンソンのクロスを逆サイドの駆け上がったテテがゴール前にワンタッチパス。これをカバレイロがダイレクトで合わせたが、シュートは枠に上に外れた。 ピンチを凌いだチェルシーは44分、中盤でのこぼれ球に反応したアスピリクエタがA・ロビンソンに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、チェルシーは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半は数的有利のチェルシーが立ち上がりから押し込む展開となるが、5バックで守るフルアムを攻略できず、決定機まで持ち込めない状況が続く。63分には、ツィエクのパスをゴール前で受けたジルーがチャンスを迎えたが、これはオフサイドの判定となった。 先制点が遠いチェルシーは、65分にジョルジーニョを下げてエイブラハムを投入。さらに75分には、ツィエクとジルーを下げてハドソン=オドイとヴァルナーをピッチに送り出した。 すると78分、ボックス右から侵入したハドソン=オドイが逆サイドへ浮き球のパスを送ると、これをボックス左手前で受けたチルウェルが縦に切り込みクロス。これは相手GKがパンチングで弾いたが、こぼれ球をマウントがハーフボレーでゴール右に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりチェルシーが勝利。10人相手に苦しみながらもマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星を飾っている。 2021.01.17 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ケイン弾で先制も逃げ切り失敗のスパーズ、格下フルアム相手に手痛いドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節延期分、トッテナムvsフルアムが13日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 直近公式戦3連勝で4位に位置するトッテナムは暫定3位浮上を目指す一戦で降格圏の18位に沈む昇格組のフルアムと対戦した。5-0で大勝した直近のFAカップからはムサ・シソコを除く先発10人を入れ替え、ケインやホイビュルク、ソン・フンミンが先発に復帰した。 なお、トッテナムは当初、第18節でアストン・ビラと対戦予定だったが、ビラに新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で開催延期に。その空いた日程に昨年12月30日に開催予定だったフルアム戦を急遽組み込むことになった。 イレギュラーな形での開催となったロンドン・ダービーは、地力で勝るホームチームがボールを握り、アウェイチームが堅守速攻で迎え撃つ形となる。最初の決定機は6分、ボックス中央でオーリエのクロスに反応したレギロンの最初のシュートがDFに当たって再び足元に戻る。そして、すかさず右足を振り抜くが、これは枠を外れる。 一方、粘り強く守りながらカウンターを仕掛けて序盤からセットプレーのチャンスを得るフルアムは15分、右CKの二次攻撃から最後はボックス右のザンボ・アンギサが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKロリスにはじき出された。 15分を過ぎて相手の守備にアジャストし始めたトッテナムは、中間ポジションでボールを引き出すケインやエンドンベレを起点に両サイドバックが良い形で相手の背後を取る。そして、18分にオーリエのクロス、24分にはエンドンベレの浮き球からゴール前のソン・フンミンに続けてビッグチャンスも、GKアレオラのビッグセーブに阻まれる。 しかし、25分にはダイナミックな攻めから見事な先制ゴールが決まる。自陣中央のホイビュルクのロングフィードに抜け出した左サイドのレギロンがワントラップから完璧なクロスをゴール前に供給すると、これをケインがダイビングヘッドで叩き込んだ。 エースのファインゴールで先制に成功したトッテナムはここから完全に主導権を握る。30分には右サイドに抜け出したオーリエの高速クロスをゴール前のケインが頭で合わすが、これはシュートをふかしてしまう。さらに40分、ショートカウンターからケインのラストパスに抜け出したホイビュルクにシュートチャンスも、ここは焦ってシュートを打ったことでGKアレオラに難なくセーブされた。 追加点こそ奪えなかったものの、良い流れで試合を折り返したトッテナムは後半も立ち上がりに個人技でゴール前に侵入したムサ・シソコが決定機を創出。さらに、55分にはセットプレーの二次攻撃からウィンクスのミドルシュートでゴールに迫るが、これは相手GKの好守に遭う。 後半序盤以降はフルアムにボールを握られて押し込まれ始めるトッテナムだが、最後のところでは最終ラインを中心にきっちり身体を張って相手の攻撃を撥ね返す。そして、71分にはエンドンベレのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内で絶好機を迎える。だが、丁寧に右隅を狙ったシュートは右ポストを叩いて絶好機を逸した。 すると、トッテナムはこのチャンスを逃したツケを払うことに。74分、左サイドで仕掛けた途中出場のルックマンがDFサンチェスを振り切ってゴールラインぎりぎりで折り返すと、これを中央でフリーのカバレイロが頭で右隅に流し込んだ。 逃げ切り失敗のトッテナムは勝ち点3を奪いに行くべくすぐさまラメラ、ヴィニシウスと攻撃的な交代カードを切っていく。だが、全体が間延びし始めた中、ボックス内に抜け出したロフタス=チークにあわや逆転ゴールという場面を作られるなど、流れを引き寄せられない。 その後、89分にはボックス手前中央でキープしたラメラの短いスルーパスに抜け出したソン・フンミンの折り返しをゴール前のレギロンが押し込んでゴールネットを揺らす。これが劇的勝ち越しゴールになるかに思われたが、ソン・フンミンが抜け出したタイミングでオフサイドを取られてゴールは認められず。 そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、クラブOBパーカー監督率いるフルアムに手痛いドローを喫したトッテナムの公式戦連勝がストップした。 2021.01.14 07:12 Thu
twitterfacebook
thumb

大晦日にパーティー実施のミトロビッチを糾弾するパーカー監督「ひどく失望した」

フルアムのスコット・パーカー監督がロックダウン規則違反を犯したセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチを批判している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 イギリス国内では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が深刻な状況となっており、プレミアリーグも複数クラブでクラスターが発生。試合の開催が延期されるなど、大きな影響を受けている。 フルアムも新型コロナウイルスの影響を強く受けているクラブの1つであり、クラスター発生により第16節のトッテナム戦と第17節のバーンリー戦の2試合が延期となった。 クラブがこうした状況に陥っているにもかかわらず、軽率な行動をとってしまったのがミトロビッチだ。大晦日の夜に同胞であるクリスタル・パレスのMFルカ・ミリボイェビッチと両家族でホームパーティーを開催したことが発覚。強い批判を浴びている。 ミトロビッチは今季公式戦15試合に出場しており、チームにとって重要な戦力となっているが、パーカー監督はこの行為に「失望している」と容赦なく糾弾した。 「私自身もクラブも、アレクス(アレクサンダル・ミトロビッチ)がパーティーを楽しむ写真を見てひどく失望した。彼も間違いを犯したと理解しているよ。それがとても無責任だったこともね」 「この行為については受け入れられないし、クラブ内で対処した。誰でも間違いは犯すものだが、アレクスはその結果を背負って生きていかなければならない」 また、パーカー監督はミトロビッチに限らず、トッテナムのMFエリク・ラメラやマンチェスター・シティのDFバンジャマン・メンディらプレミアリーグの複数選手がロックダウン規則違反を犯していることに言及。選手たちは自分が犯した過ちの責任を取る必要があると語っている。 「こうした状況のなかでは、選手だけでなく誰であっても責任がある。厳しいガイドラインがあり、制限がかけられているが、理由については誰もが知っていると思う。それは皆のためなんだ」 「我々は週に2回の検査を受けているし、厳密なプロトコルによって何ができて何ができないかもわかっている。だから、選手たちはクラブの外で誰かと会ったり何かをしたりしたとき、その責任は取らなければならない」 2021.01.08 12:16 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ3選手とランシーニが大人数でパーティー! ロンドンのクラブでプレーする一部選手がロックダウン規則違反…

ロンドンのクラブでプレーする一部選手たちが新型コロナウイルスの感染再拡大が続く中、大人数でのクリスマスパーティーに参加するロックダウンの規則違反を犯した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、イギリス国内ではコロナウイルスの深刻な感染拡大が続いており、プレミアリーグでもニューカッスル、マンチェスター・シティ、フルアムの3クラブのチーム内クラスター発生の影響で合計4試合の開催延期を余儀なくされている。 そういった中、警戒レベルが自宅待機を意味する「ティア4」に設定されているロンドンの3クラブでプレーする選手たちが、大人数でのクリスマスパーティーに参加する愚行を犯した。 その当事者となったのが、ウェストハムのアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニ、トッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラ、同MFジオバニ・ロ・チェルソ、スペイン代表DFセルヒオ・レギロンの4選手だ。 4選手は年末年始の期間にロ・チェルソの自宅と思われる場所に家族らと共に集まり、大人15名、子供3名でクリスマスパーティーを行い、その記念写真がSNSに投稿されたことで、ロックダウンの規則違反が発覚。 そして、ウェストハムとトッテナムの両クラブは自クラブの選手たちの愚行を受けて、遺憾の意を表明している。 「クリスマスに家族や友人と一緒にいる一部のプレーヤーを示すこの画像は、特に祝祭期間中に全国のすべての人が安全を保つためにそれを犠牲にしたことを理解しているため、非常に遺憾なことです」 「ルールは明確で例外はありません。私たちは定期的にすべてのプレーヤーとスタッフに、最新のプロトコルを遵守して模範を示す責任について周知徹底しています。なお、この問題はクラブ内部で処理されます」 また、今回のルール違反が発覚したランシーニ、ラメラ、ロ・チェルソのアルゼンチン人選手3名は自身の公式SNSを通じて、自らの行いを全面的に謝罪している。 さらに、トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は2日に行われたプレミアリーグ第17節のリーズ戦(3-0で勝利)後にベンチ外となったロ・チェルソ、ラメラ、ベンチスタートのレギロンの愚行に対して失望を口にしている。 「私は怒っているというよりも、失望していると言いたい。我々はクラブ内部で今回何が起きたかを把握している。したがって、そのことを対外的に広げていく必要はないと思っている。内々でそのネガティブなサプライズにどれだけ深く迫れるかというところだ。とにかく、私は失望している」 また、クラブ内でクラスターが発生したフルアムに所属するセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、クリスタル・パレスの同MFルカ・ミリボイェビッチも大晦日の夜に両家族でホームパーティーを行ったことで多くの批判を浴びている。 2021.01.03 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延のフルアム、スパーズ戦に続きバーンリー戦も延期に

プレミアリーグは2日、3日に開催予定だったプレミアリーグ第17節、フルアムvsバーンリーを延期することを発表した。 フルアムでは現在、複数選手、チーム関係者に新型コロナウイルスの感染が確認されており、12月31日に開催予定だったプレミアリーグ第16節トッテナム戦も延期になっていた。 代替日程は現時点で決まっていないもののプレミアリーグは声明にて「延期された2試合は可能な限り早く再編成する」と発表している。 2021.01.02 22:15 Sat
twitterfacebook

順位表



得点ランキング