ホッフェンハイム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ホッフェンハイム 50 13 11 6 65 41 24 30
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-28
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ホッフェンハイム vs ヴォルフスブルク
2019-05-04
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ボルシアMG vs ホッフェンハイム
2019-05-11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ホッフェンハイム vs ブレーメン
2019-05-18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
マインツ vs ホッフェンハイム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
27:30
ブンデスリーガ
第30節
シャルケ 2 - 5 ホッフェンハイム
2019.04.14
20:30
ブンデスリーガ
第29節
ホッフェンハイム 2 - 0 ヘルタ・ベルリン
2019.04.07
22:30
ブンデスリーガ
第28節
アウグスブルク 0 - 4 ホッフェンハイム
2019.03.29
28:30
ブンデスリーガ
第27節
ホッフェンハイム 4 - 1 レバークーゼン
2019.03.16
23:30
ブンデスリーガ
第26節
シュツットガルト 1 - 1 ホッフェンハイム
基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

アーセナル、ラムジー後釜はブンデスから?

アーセナルが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してイギリス『90min』が伝えている。 2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。今シーズンのブンデスリーガでは22試合で4ゴール6アシストを記録している。 そんなデミルバイにアーセナルが関心を示しているようだ。同クラブでは既にウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのユベントス移籍が内定しており、現在はその後釜を探しているところだ。だが、トルコにルーツを持つデミルバイには、ガラタサライとベシクタシュも注視しているという。 記事によると、デミルバイの契約解除金は2000万ユーロ~3000万ユーロ(約25億円~約37億円)に設定されているようだ。アーセナルは他にも、マインツのコートジボワール代表MFジーン=フィリップ・グバミン(23)にも関心を示しているとのことだ。 2019.04.18 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ホッフェンハイムのニコ・シュルツ獲得で原則合意か

ドルトムントが、ホッフェンハイムのドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)獲得で選手と原則合意に達したという。ドイツ『SportBild』が伝えている。 シュルツはウイングからサイドバックまでこなせる左サイドのエキスパート。これまでヘルタ・ベルリンやボルシアMG、そして現在のホッフェンハイムと、母国で活躍を続けている。今季、ホッフェンハイムでは中盤の左サイドで起用されることが多く、ここまで公式戦33試合で2ゴール8アシストを記録している。 左サイドの補強を目指すドルトムントにとって、シュルツはうってつけの存在。昨年9月にドイツ代表デビューも果たした同選手に2500万から3000万ユーロ(約31億から38億円)程の移籍金を用意しているという。 記事によれば、両者はすでに基本合意に達していると言われているが、2021年まで契約を残すホッフェンハイムが首を縦に振るかは不明なところだ。 2019.04.18 17:34 Thu
twitterfacebook
thumb

EL出場権を争う両チームの一戦はホームのホッフェンハイムが快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節のホッフェンハイムvsレバークーゼンが29日に行われ、4-1でホッフェンハイムが勝利した。 9位ホッフェンハイム(勝ち点38)のホームに6位レバークーゼン(勝ち点42)が乗り込んだ一戦。試合が動いたのは10分、ホッフェンハイムはヒュブナーのロングスルーパスで左サイドを抜け出したクラマリッチの折り返しをペナルティアーク内で受けたベルフォディルがボックス内まで持ち込み、シュートをゴール左に決めた。 先制を許したレバークーゼンだが、すぐに反撃。すると17分、左クロスのセカンドボールをボックス手前で拾ったブラントの右クロスをゴール左に走り込んだフォラントがヘディングで叩き込んだ。同点に追いついたレバークーゼンだが、24分にアクシデント。右モモ裏を負傷したベララビがそのままピッチを後にし、アランギスが緊急投入された。 追い付かれたホッフェンハイムは29分、デミルバイのパスで左サイドを抜け出したビッテンコートがボックス左から侵入しラストパス。しかし、クラマリッチのシュートはGKフラデツキーがファインセーブ。さらに32分には、左CKからヒュブナーがヘディングシュート。GKフラデツキーの弾いたボールをベルフォディルが押し込んだが、これもオフサイドは判定となった。 ピンチを凌いだレバークーゼンだが、35分に再びアクシデント。浮き球を処理しようとしたラース・ベンダーが着地の際に足を負傷。プレー続行が不可能となり、ヴァイザーとの交代を余儀なくされた。 迎えた後半、ホッフェンハイムは51分に左足を負傷したジョエリントンに代えてアミリを投入。すると直後のプレーでスコアが動く。アミリのパスで右サイドを抜け出したカデラベクの折り返しをボックス内に走り込んだアミリがダイレクトシュート。これがブロックに入ったスベン・ベンダーのオウンゴールを誘い、ゴールネットを揺らした。 勝ち越しに成功したホッフェンハイムは61分、自陣からのロングパスでカウンターを仕掛けるとこれを受けたベルフォディルがボックス左から切り込みシュートをゴール左隅に突き刺した。 さらに79分にも、カウンターから持ち上がったオットのスルーパスに抜け出したベルフォディルがボックス左からシュート。これをゴール右に駆け上がったクラマリッチが押し込み、ホッフェンハイムが4点目を奪った。 結局、試合はそのまま終了。来季のヨーロッパリーグ出場権を争う両チームの一戦は、ホームのホッフェンハイムに軍配が上がった。 2019.03.30 06:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、来季新指揮官にアヤックスコーチのスロイデル氏が内定! 昨年1月までナーゲルスマン監督の下でコーチを歴任

ホッフェンハイムは19日、現在アヤックスでアシスタントコーチを務めているアルフレッド・スロイデル氏(46)を来季からの新指揮官に迎えることが内定したことを発表した。契約期間は2019年7月1日からの4年間となる。 ホッフェンハイムでは昨年6月に、ここまで3年間に渡ってチームを指揮して2017-18シーズンにはクラブ史上初となるチャンピオンズリーグの出場権獲得に導いたユリアン・ナーゲルスマン監督(31)の今季限りでの退任を発表していた。 そして、その後任に任命されたのは、2015年10月から2018年1月までナーゲルスマン監督の下でアシスタントコーチを務めた経験があるスロイデル氏。 スロイデル氏は今回の発表に際して、ホッフェンハイム公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでの挑戦は私にとってとても魅力的で素晴らしいチャレンジになると思っている。今から本当に楽しみだよ」 「私はホッフェンハイムの監督になることを望んでいた。私のエッセンスを加え、これまで以上の成績残したいと思っている。また、すでにクラブの構造や関係するすべての人々について知っていることもプラスに働くと思っているよ」 現役時代、フェイエノールトででキャリアをスタートさせたスロイデル氏は、トゥベンテやフィテッセなどオランダ国内のクラブで活躍。現役引退後は古巣のフィテッセでアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタートし、2013年2月にトゥベンテの暫定監督に就任すると、一度はアシスタントコーチに戻ったが2014年7月に正式監督に就任し監督業初挑戦。その後はホッフェンハイムとアヤックスでアシスタントコーチを歴任していた。 2019.03.20 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

久保が4試合連続先発のニュルンベルク、クラマリッチの2発に沈み19戦勝利なし《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは10日、ブンデスリーガ第25節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ニュルンベルクのFW久保裕也は76分まで出場している。 前節ライプツィヒ戦を0-1と敗れ、18試合勝利のない最下位ニュルンベルク(勝ち点13)は、久保が4試合連続スタメンとなった。 9位ホッフェンハイム(勝ち点34)に対し、[4-1-4-1]の左MFで久保が先発したニュルンベルクは、開始4分にエヴェルトンがボックス内でクラマリッチを倒してPKと判定されてしまう。しかし、VARの末にノーファウルの判定に覆って助かった。 そのニュルンベルクはホッフェンハイムの前に劣勢を強いられ続けると、24分に正真正銘のPKを献上してしまう。クラマリッチのシュートをボックス内のエラスがハンドで止めてしまった。このPKをクラマリッチに決められ、ニュルンベルクは先制される。 その後も押し込まれるニュルンベルクは、33分にベルフォディルに左ポスト直撃のシュートを浴びせられると、43分にもサイドを崩され、カデラベクに決定的なシュートを打たれてしまう。 何とか劣勢の前半を1点ビハインドで終えたニュルンベルクは、後半も引き続き押し込まれる時間が続く。 それでも61分、ワンチャンスで同点とした。ティルマンの左クロスをボックス内のイシャクが受けて横へパス。これに反応したベーレンスが左足ダイレクトでネットを揺らした。 追い付いたニュルンベルクだったが76分に久保を交代させると、78分に勝ち越される。ボックス右からベルフォディルにクロスを入れられると、ルーズボールをクラマリッチにヒールシュートを流し込まれた。 終盤にかけてはチャンスを作れなかったニュルンベルクは結局、試合終了間際のエラスのシュートはわずかに枠の右に外れて1-2で敗戦。19戦勝利から見放されている。 2019.03.11 01:28 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング