ホッフェンハイム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ホッフェンハイム 43 11 10 13 52 54 -2 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ホッフェンハイム 2 - 1 ヘルタ・ベルリン
2021.05.15
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ビーレフェルト 1 - 1 ホッフェンハイム
2021.05.08
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ホッフェンハイム 4 - 2 シャルケ
2021.04.24
22:30
ブンデスリーガ
第31節
フライブルク 1 - 1 ホッフェンハイム
2021.04.21
27:30
ブンデスリーガ
第30節
ホッフェンハイム 3 - 2 ボルシアMG
基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

昇格グロイター・フュルト、ホッフェンハイムから若手DFホーフマをレンタル!

グロイター・フュルトは15日、ホッフェンハイムからオランダ人DFユースティン・ホーフマ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ハンブルガーSVで長らくプレーしたニコ・ヤン・ホーフマ氏を父に持つ190cmのセンターバックは、母国のヘラクレスでトップチームデビュー。その後、2017年にホッフェンハイムに完全移籍した。 ただ、トップチームでは思うように出場機会を得られず、ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリ、直近2シーズンは母国のユトレヒトへ2年間の武者修行に。昨シーズンのエールディビジでは足首のケガで離脱を強いられた中、19試合に出場していた。 2021.07.16 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、過去にバルサ関心の19歳ボハルデが新契約にサイン

ホッフェンハイムは6月30日、オランダ人DFメレイロ・ボハルデ(19)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 かつてアヤックスやバルセロナで活躍した元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏を叔父に持ち、フェイエノールトのアカデミー出身のボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバック。 ホッフェンハイムでは昨年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンは公式戦14試合に出場していた。 クラブとの現行契約は今シーズン限りとなっており、昨年にはバルセロナやミランからの関心が伝えられていた。 そういった中でホッフェンハイムでのキャリア継続を選択した19歳は、「過去数年間、クラブから確かな信頼を受け、最高のサポートを受けてきたんだ。だからこそ、ここホッフェンハイムでの未来を楽しみにしているよ」と、今後に向けた意気込みを語っている。 2021.07.01 05:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケと契約解除のルディがホッフェンハイムに加入! 今季はレンタルで加入しリーグ戦27試合に出場

ホッフェンハイムは28日、シャルケと契約を解除した元ドイツ代表MFセバスティアン・ルディ(31)を獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 シュツットガルト下部組織出身のルディは、2010年8月に加入したホッフェンハイムで頭角を現すと、2017年の夏にバイエルンへ移籍。しかし、バイエルンでは分厚い選手層の前に出場機会を失うと、翌年にシャルケへ完全移籍。 シャルケで再び輝きを取り戻すかと思われたルディだが、ここでも実力を発揮しきれず、昨季と今季はホッフェンハイムにレンタルされていた。そのホッフェンハイムでは今季、リーグ戦27試合の出場で1ゴール3アシストと準主力としてプレーした。 ホッフェンハイムはルディの買い取りを見送っていたが、所属元のシャルケは今季のブンデスリーガを最下位で終え、30年ぶりに2部に降格。財政面で圧迫されることが確実なため、16日にルディとの契約解除を発表していた。 引き続きホッフェンハイムでプレーすることの決まったルディは、「ホッフェンハイムに戻ってこれたことを嬉しく思っているし、僕を信頼してくれた皆に感謝しているよ」と喜びを語った。 2021.06.29 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

降格シャルケ、ルディとの契約を解除

ブンデスリーガ2部に降格したシャルケは16日、元ドイツ代表MFセバスティアン・ルディ(31)との契約を解除したことを発表した。ルディは2022年6月までシャルケと契約を結んでいた。 2018年夏にバイエルンからシャルケに加入したルディだったが実力を発揮しきれず、昨季と今季はホッフェンハイムにレンタル移籍していた。 そのホッフェンハイムでは今季、リーグ戦27試合の出場で1ゴール3アシストと準主力としてプレー。 今季、ブンデス1部で最下位に終わったシャルケは30年ぶりに降格。財政面で圧迫されることが確実なため、ルディの放出を選択した格好だ。 2021.06.17 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、守護神オルテガ活躍で引き分け自動残留圏内浮上《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは15日、ブンデスリーガ第33節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーし、MF奥川雅也は79分までプレーしている。 前節ヘルタ・ベルリンとの残留争いをゴールレスで引き分けたビーレフェルト(勝ち点31)は残留プレーオフに回らなければならない16位に位置する中、堂安と奥川が揃って先発となった。 11位ホッフェンハイム(勝ち点39)に対し、[4-3-3]で臨んだビーレフェルトは堂安が3トップの右で、奥川が右インサイドMFの位置でスタートした中、開始5分に失点する。CKをはね返された流れからカウンターを受け、最後はクラマリッチにゴールを許した。 さらに14分にもピンチを迎えたが、ここは守護神のGKオルテガが好守で阻止。その後も押し込まれる時間が続いていたものの、23分に追いつく。奥川がボックス手前左で得たFKをボグルサマーが直接沈めた。 ハーフタイムにかけても押し込まれる展開となったビーレフェルトは39分にピンチを迎えるもボックス右からスコフに打たれた決定的なシュートは枠を外れて助かり、前半を1-1で終えた。 迎えた後半はビーレフェルトがゴールに迫る展開で立ち上がったが、開始3分の相手のバックパスミスをカットしたホグルサマーのシュートはGKベントケの好守に阻止される。 さらに64分、クロスのヘディングシュートが枠に飛んだが、ここもGKベントケのファインセーブに阻まれた。 すると75分には大ピンチを迎えるも、クラマリッチのダイビングヘッドでのシュートをGKオルテガが左手一本で弾き出すビッグセーブで凌ぐ。 そのまま引き分けに持ち込んだビーレフェルトがブレーメンをかわし、自動残留圏内の15位に浮上した。 2021.05.16 00:43 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング