ドルトムント

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 ドルトムント 64 20 4 10 75 46 29 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ドルトムント 3 - 1 レバークーゼン
2021.05.16
25:00
ブンデスリーガ
第33節
マインツ 1 - 3 ドルトムント
2021.05.13
27:45
DFBポカール
決勝
RBライプツィヒ 1 - 4 ドルトムント
2021.05.08
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ドルトムント 3 - 2 RBライプツィヒ
2021.05.01
27:30
DFBポカール
準決勝
ドルトムント 5 - 0 ホルシュタイン・キール
基本データ

正式名称:ボルシア・ドルトムント

原語表記:BV Borussia Dortmund

愛称:BVB、BVB09、Die Schwarzgelben

創立:1909年

ホームタウン:ドルトムント

チームカラー:黒、黄

関連ニュース
thumb

ドルトムント、ドイツ代表MFダフードとの契約を2025年まで延長

ドルトムントは29日、ドイツ代表MFマハムド・ダフード(25)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のダフードは、2014年8月にトップチームデビュー。2017年の夏に加入したドルトムントでは、在籍4シーズンで公式戦101試合で3ゴール9アシストを記録していた。 また、U-18から世代別のドイツ代表でプレーしており、2020年10月にフル代表デビュー。ここまで2試合に出場していた。 新契約にサインしたダフードは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ドルトムントのようなビッグクラブでは忍耐強く、自分を主張しなければならない。ここ数年、僕にとって楽ではない時期が続いていたが、このクラブが自分に合っていると信じて疑わなかったよ」 「批判や挫折は僕にとってはむしろ刺激になるし、ドルトムントではいつもとても幸せだと感じている。今は、ここで次のステップに進み、自分の可能性を最大限に発揮したいと思っているよ」 2021.07.30 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レイナがドルトムントの7番継承! サンチョ移籍でクラブが後釜に指名

ドルトムントは28日、アメリカ代表MFジョバンニ・レイナが新シーズンから背番号7を着用することを発表した。 これまで現スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルク氏を始め、トーマス・ヘルマー、アンドレアス・メラー、ステフェン・フロイント、ロベルト・レヴァンドフスキ、香川真司、ウスマーヌ・デンベレといった名手が背負ってきたドルトムントの背番号7。 直近ではイングランド代表MFジェイドン・サンチョが背負ってきたが、マンチェスター・ユナイテッド移籍に伴い、新シーズンに向けては空き番となっていた。 今夏の移籍市場ではPSVのオランダ代表FWドニエル・マレンを同選手の後釜として獲得したが、選んだ背番号は「21」。 そのため、誰が背番号7を受け継ぐかに注目が集まった中、サンチョ不在時には同じポジションで起用されることが多かったアメリカの新星が背番号も継承することになった。 2019–20シーズンにトップチームデビューを飾ったレイナは、昨シーズンの公式戦46試合に出場し、7ゴール7アシストを記録。背番号32からエースナンバーに変更する18歳の躍動に期待したいところだ。 2021.07.29 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラントがイタリア方面への移籍の噂を一蹴、ドルトムント残留宣言

ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラント(25)がミランやラツィオなどイタリア方面への移籍の噂を一蹴した。ドイツ『RTL』のインタビューで答えた。 先日、ミランのポルトガル人FWラファエウ・レオンとの交換トレードの噂があったブラント。しかし、本人は新シーズンもドルトムントでプレーすることに集中しているようだ。 「僕は噂に上がっているような話を聞いていない。それらはイタリアの新聞が報じているものだ。もちろん、他のクラブが興味を持ってくれるのはありがたいことだけど、僕から退団の意思を示したことはない。今季も他の場所でプレーすることはないよ」 2021.07.29 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント加入のマレンが抱く期待「欧州全土が絶賛のファンやスタジアムが楽しみ」

ドルトムントの新戦力であるオランダ代表FWドニエル・マレンが、新天地での活躍を誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 アヤックスとアーセナルでユース時代を過ごしたマレンは、その後PSVに移籍。スピードとテクニックを合わせ持ったストライカーとしてトップチームで主軸に定着すると、公式戦通算116試合出場55ゴール24アシストの成績を残した。昨シーズンも公式戦45試合の出場で27ゴール10アシストをマークしている。 6月のユーロ2020にもオランダ代表として招集されたマレンは、4試合に出場し2アシストを記録。決定機を外したこともありゴールこそ生まれなかったが、高い将来性を示した。 こうした活躍もあり、イングランド代表MFジェイドン・サンチョがマンチェスター・ユナイテッドに去ったドルトムントが、移籍金3000万ユーロ(約39億円)をPSVに提示。交渉は成立し、27日に加入が正式発表された。 マレンはドルトムントの公式サイトにて、移籍の喜びを表明。熱狂的な応援で知られるファンの前でプレーすることを、心待ちにしていると語った。 「ドルトムントは常にブンデスリーガでもトップクラスの位置にいる、ヨーロッパのトップクラブだ。チャンピオンズリーグ(CL)でも、高い期待を受けているね」 「僕は新しいチームメイトと一緒にピッチに立つのが待ち遠しいよ。ベストを尽くして戦っていきたい。そしてもちろん、ヨーロッパ全土から絶賛されているファンやスタジアムを本当に楽しみにしている」 2021.07.28 11:21 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーに227億円を積まれたハーランドが移籍に言及「ただの噂であって欲しい」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)が、噂されるチェルシーへの移籍を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2020年1月にザルツブルクから加入したハーランド。若きストライカーは、ここまで公式戦59試合で57ゴール15アシストという圧巻の成績をドルトムントで残した。 その得点力には多くのビッグクラブが関心を寄せ、移籍市場が開くたびに移籍の噂が浮上。今夏もその噂は数多く出ている。 特に、チェルシーが本気でハーランドを獲得しようと画策。1億7500万ユーロ(約227億円)をも投じて獲得しようとしていると報じられている。 そんな中、現在スイスで合宿中のハーランドがメディア取材に応対。その中で、移籍の噂について質問されて返答。移籍はないと語った。 「これについて言うことはあまりない。契約期間は残り3年で、ここでの時間を楽しんでいる」 「昨日まで僕は1カ月間、代理人とは話をしていないんだ。答えはそこにあると思う」 「あまり気にしていない。それは多くのお金だね…噂であって欲しいよ。それは1人の人間に対してあまりにも大きなお金過ぎるよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドがドルトムントでプレシーズンのトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2NXY1UkxjUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.28 10:05 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング