サガン鳥栖

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 サガン鳥栖 26 8 2 3 19 5 14 13
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-05-08
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島
2021-05-15
16:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
大分トリニータ vs サガン鳥栖
2021-05-19
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第6節
アビスパ福岡 vs サガン鳥栖
2021-05-22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
サガン鳥栖 vs 鹿島アントラーズ
2021-05-26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.05
14:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
北海道コンサドーレ札幌 2 - 1 サガン鳥栖
2021.05.01
16:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
サガン鳥栖 2 - 0 徳島ヴォルティス
2021.04.28
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
サガン鳥栖 2 - 2 鹿島アントラーズ
2021.04.24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
FC東京 1 - 2 サガン鳥栖
2021.04.21
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
サガン鳥栖 0 - 1 アビスパ福岡
基本データ

正式名称:サガン鳥栖

原語表記:Sagan TOSU

創立:1997年

ホームタウン:鳥栖市

チームカラー:ブルー、ピンク

関連ニュース
thumb

鳥栖が立正大学DF孫大河の来季加入内定を発表、左利きのCB

サガン鳥栖は6日、立正大学のDF孫大河(21)の来季加入内定を発表した。 孫は埼玉県出身で、正智深谷高校から立正大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで5試合に出場し1得点を記録している。 鳥栖は孫のプレースタイルについて「左足から繰り出すロングフィードとショートパスの精度が高いプレイヤー。空中戦の強さと粘り強い守備も持ち味」と紹介している。 孫はクラブを通じてコメントしている。 「この度サガン鳥栖に加入することになりました立正大学の孫大河です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアをサガン鳥栖という素晴らしいクラブでスタートさせる事ができて心より嬉しく思います」 「まず、ここまで支えてきてくれて家族には本当に感謝をしたいです。大好きなサッカーをここまで続けさせてもらったりどんな時でも誰よりも応援してくれて支えてもらいました。これからは私が家族を支えて恩返しできるよう励んでいきたいです」 「そして今まで私に関わってくれた全ての人に感謝をして感動を与えられるようプレーしていきたいです。1日でも早くサガン鳥栖の勝利に貢献して、ファン、サポーターの方々に応援していただけるよう頑張ります。応援よろしくお願い致します」 2021.05.06 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が3試合ぶりのクリーンシートで3連勝! 仙頭のJ1初ゴールなどで徳島下す【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs徳島ヴォルティスが1日に駅前不動産スタジアムで行われ、2-0で鳥栖が勝利した。 2連勝中で暫定4位の鳥栖と、2連敗で11位の徳島の対戦。前節はFC東京から2点を挙げ、逃げ切り勝利を収めた鳥栖は、その試合からスタメンを1人変更。酒井に代わり、山下が入った。対する徳島は、前節は柏レイソルに5-1で大敗。そこから5人のスタメン変更を施して3試合ぶりの白星を目指す。 序盤は互いに中盤での精彩を欠き、なかなかシュートまで運べない時間が続く。先にチャンスを迎えたのはホームの鳥栖。31分、仙頭の縦パスを受けた山下がボックス左でコントロールしシュートに繋げたが、枠を捉えることはできなかった。 その山下は39分にも右サイドから入ったクロスをボックス中央で収めてシュートへ。こちらも決定的なシーンだったが、相手に当たって左に逸れた。 一方、ここまでシュート1本に留まっているアウェイ徳島も44分、ボックス手前のボール奪取からボックス中央の宮代にボールが渡ると、シザーズで相手を躱してシュートへ。しかし、惜しくも枠の左上に外れた。 終盤に白熱した前半戦の勢いのまま後半へ向かうと、55分に均衡が破れる。敵陣中央でボールを奪った鳥栖は素早く攻撃に切り替え、樋口から山下へ。ボックス手前左でボールを持った山下は迷わず右足を振り抜くと、相手の岩尾に当たってゴールイン。コースが変わったことで、GK上福元の逆を突く形でゴールが決まった。 先制したホ-ムチームはさらに75分、樋口が右足で上げた右CKを徳島DF田向がクリアし損ねると、こぼれ球に反応した仙頭がシュート。これはGKに阻まれてしまうものの、その跳ね返りが仙頭に当たり追加点。これがJ1初ゴールとなった。 2点リードで後半アディショナルタイムに突入し、勝利が濃厚となった鳥栖はJ1デビューとなるドゥンガを投入。そしてこのまま逃げ切り3連勝。3試合ぶりのクリーンシートで3位の座を守っている。 サガン鳥栖 2-0 徳島ヴォルティス 【鳥栖】 山下敬大(後10) 仙頭啓矢(後30) 2021.05.01 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs徳島】ハイプレスvsポゼッション、得意のスタイルで上回るのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 16:00キックオフ サガン鳥栖(23pt/3位) vs 徳島ヴォルティス(14pt/11位) [駅前不動産スタジアム] アウェイでの難敵との連戦を連勝で終えた鳥栖と、ダニエル・ポヤトス体制でまだリーグ戦勝利がない徳島。 ハイプレスかポゼッションか、どちらの策が相手を封じるのか。 ◆自信を胸に3連勝へ【サガン鳥栖】 前節はFC東京のホームに乗り込んでの一戦。すると、前半で酒井宣福、樋口雄太がゴールを奪い、1-2での勝利に貢献した。 開幕からの無失点が6でストップした後、4試合で3敗を喫するなど一気に落ち込むかと思われたが、名古屋グランパス、FC東京と難敵とのアウェイゲームで連勝し、しっかりとチームとしての強さを見せる形となった。 堅守をベースに、ポゼッションするスタイルは昨シーズンよりも完成度が上がっている状況。さらに、常に前から奪いに行くことをやめ、相手に合わせてしっかりとタイミングを見てのプレッシングも機能している。 通り一辺倒の戦い方ではなくなったことが結果にも出ており、3位をキープ。首位の川崎フロンターレが独走しかけているだけに、なんとか上位を守りチャンスをうかがいたい。 徳島はボールを保持してポゼッションするスタイルだけに、ボールをしっかり奪うポイントを決めれば封じられるだろう。一方で、剥がされるとピンチを迎えることもあり、集中力高く臨み、3連勝を飾りたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:林大地、酒井宣福 監督:金明輝 ◆プレスを回避し、ポヤトス体制リーグ戦初勝利へ【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイで柏レイソルを相手に5失点を喫して大敗。リーグ戦も2連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が指揮をしてからリーグ戦で勝利がないだけに、早いところ勝利を収めたいところだろう。 柏戦の敗因は今季何度か見られるミスから。GKからビルドアップするスタイルだが、ディフェンスラインや自陣でのビルドアップでミスをすると、失点の確率が上がってしまう。 特に鳥栖は柏と同様にハイプレスをかけてくるだけに、変な失い方をすれば一気に決定機を迎えられてしまう。慎重な戦いを見せる必要があるが、うまくプレスを回避できれば大きなチャンスを迎えることになる。 自陣でのミスを減らし、しっかりと自分たちのペースに持ち込むことができるか。前節の反省を生かした戦いを見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、鈴木大誠、福岡将太、ジエゴ MF:クリスティアン・バトッキオ、岩尾憲 MF:杉森考起、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.05.01 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷川健太監督の意外な采配/六川亨の日本サッカーの歩み

2018年に長谷川健太氏を監督に迎えたFC東京は、翌19年に悲願のリーグ初優勝にまい進していた。残念ながら終盤の失速で横浜FMに優勝を譲ってしまったが、昨シーズンも優勝が期待された。 「ファスト・ブレイク」――前線からの守備によるショートカウンターを武器に、永井とディエゴ・オリベイラの2トップは多少アバウトなロングパスでもマイボールにしてくれる機動力があった。 それまで天敵だったアウェーの浦和戦では、20年9月30日の試合で1-0の勝利を収めた。実に17年ぶりに“鬼門”だった埼玉スタジアムで勝利したのだ。さらに、どのチームにとっても勝つのが難しいカシマスタジアムでも18年に勝利するなど、3シーズンで3勝1分け2敗と勝ち越している。 その一方で、苦手としているのが鳥栖戦だ。とくに昨シーズンはホームで2-3と競り負けると、アウェーでは0-3と完敗。「今日はすべての面で鳥栖が上回った。完敗です」と潔く敗北を認めた。シーズン途中には室屋に続き橋本も海外へ移籍するなどの戦力ダウンに加え、東京五輪の影響から夏場にアウェーの連戦が続くなど、6位と不本意な順位で終えた。 そして迎えた今シーズンの鳥栖戦も、前半に左サイドの攻撃から2失点し、1-2と4連敗を喫した。 鳥栖は左サイドの仙頭と小屋松の京都橘高コンビがFC東京の右SB岡崎とCB渡辺剛にプレスを掛けてビルドアップを封じると、奪ったボールを素早く右サイドに展開して2点を奪った。FC東京の左SB小川とFWアダイウトンはストロングポイントではあるが、小川の攻撃参加によって生まれたスペースを鳥栖は利用した。 そこで長谷川監督が取った采配は、ハーフタイムに岡崎に代え内田、渡辺剛に代えて青木という選択だった。本来、内田はドリブル突破を得意とする攻撃的な選手である。中村帆高が負傷により長期離脱中とはいえ、彼を右SBに起用したことは、守備よりも攻撃を優先するという指揮官からのメッセージだろう。 そしてケガをしたようにも見えない渡辺剛を下げてボランチの青木を起用し、アンカーの森重を右CBに戻した。このコンバートについて森重は「ビルドアップするため、センターバックからのフィードで1枚剥がしたりするとか。前半はスムーズにやれていなかった。落ち着いて回せれば攻撃の時間は増えるかなと意識した」と理由を語った。 反撃するために攻撃的な選手を増やすのは素人目にもわかりやすい。しかし長谷川監督はまず自陣からのビルドアップを優先する一手を打った(その後は三田やレアンドロ、田川ら攻撃的な選手を投入)。確かに渡辺剛はプレスを受けると近くにいる岡崎にボールを預けることが多かった。時折ロングパスを試みるが、その精度は森重とは比べようがない。そこで森重をCBに戻すことでDF陣からのビルドアップを優先した。 この起用を見て思い出したのが、長谷川監督が就任した18年の試合だった。サイドMFでのプレーが多く、「シュートよりもクロスの意識が強かった」(長谷川監督)という永井を2トップで起用し、「シュートで終われ」とアドバイスすることでFW永井を再生した。 そして劣勢になると長身FW前田遼一を起用してパワープレーに出た。その際に、左SB太田に代えて21歳の小川をピッチに送ることが多かった。その理由を聞くと、「太田のクロスはニアの壁を越えていない」というものだった。 確かに試合開始から上下動を繰り返し、セットプレーキッカーも務めれば、蓄積された疲労もかなりのものになるだろう。試合終盤は曲がって落ちるクロスの精度が落ちるのも当然だ。そこで長谷川監督はサイドからのキッカーも交代させたのだ。 似たような話はヨハン・クライフ監督がバルセロナ時代にフリオ・サリーナスを交代で起用するときは、クロスの精度の高いサイドアタッカーも同時に投入すると聞いたことがある。サリーナスに質の高いクロスを供給できなければ、彼を投入した意味がないからだ。 森重をCBに戻したことで後半はFC東京もゲームを支配する。8分にその森重が左CKからヘッドで1点を返すと、その後も永井や小川、さらにアディショナルタイムにはレアンドロが決定的なシュートを放つ。いずれもGK朴一圭のスーパーセーブに阻まれて同点に追いつけなかったが、選手交代の効果はあった長谷川監督の采配だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.27 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

樋口の1G1Aの活躍で好調鳥栖が連勝!FC東京は後1点が遠くリーグ3連敗に…【明治安田J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節、FC東京vsサガン鳥栖が24日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの鳥栖が1-2で勝利した。 リーグ連敗をストップしたいFC東京は、児玉、三田、田川に代えて波多野、安部、永井を起用。波多野は規律違反による謹慎処分後、初のリーグ戦スタメンとなった。システムは変わらず[4-3-3]を採用しており、引き続き森重がアンカーを務めている。 一方、前節名古屋グランパス相手に勝利を収め、リーグ3位と好調を維持する鳥栖。前節からスタメンを2枚変更しており、大畑と本田に代わり中野伸哉と仙頭が入った。システムは [3-4-1-2]から[4-4-2]に変更しており、林と酒井が2トップを組む形となっている。 立ち上がりから激しい球際での攻防が繰り広げられるなか、過去10戦1勝と相性の悪い鳥栖を相手にFC東京が前線からプレスをかけ、攻勢の時間帯が続く。12分には左サイドから崩し、永井がシュートを放ったがこれは松岡がブロック。15分には東が前線でのプレスからボールを奪うと、そのまま持ち運びシュートを放ったがこれも鳥栖守備陣に阻まれた。 なかなかチャンスを作れない鳥栖だったが、18分にチャンスをつかむ。右サイドで仙頭からのパスを受けた樋口が、ノープレッシャーの状態からアーリークロスを送ると、ボックス内に走り込んだ酒井がしっかり頭で合わせ先制に成功した。 勢いづく鳥栖は23分にも左サイドでのFKからエドゥアルドがシュートを打つも、これは波多野がキャッチ。28分には右サイドのFKからファン・ソッコがフリーの状態でヘディングシュートを放ったが、これはボールを叩きつけ過ぎたこともあり枠外に外れた。 攻め続ける鳥栖は34分、素早いプレッシャーにより高い位置でボールを奪うと、中央でボールを受けた樋口がバイタルエリアまで持ち運び、強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺す。2点目を奪った鳥栖は36分にも松岡がシュートを放つなど終始攻勢のまま、前半終了となった。 後半、青木と内田の投入によってシステムを[4-4-2]に変更したFC東京が主導権を握ると、53分に左CKから森重が頭で合わせて1点を返す。得意のセットプレーで息を吹き返したFC東京は、55分に左サイドからボックス内に侵入した小川がシュートを放ったが、これはGK朴に防がれた。 68分には左サイドの小川からのクロスに、永井がフリーの状態でヘディングシュートを放つもこれは枠外に。何としても追い付きたいFC東京は72分にレアンドロと三田を投入。攻撃のバリエーションを増やす采配によってさらに鳥栖を押し込んでいくが、なかなかシュートまでは結びつかない時間が続く。 林に代えて田代を投入し、守備固めの姿勢を明確にする鳥栖に対して、FC東京は83分に安部が中央からシュートを打つも、これは大きく枠外に逸れた。91分、レアンドロが右サイドから切り込みミドルシュートを放ったが、GK朴のビッグセーブによって決め切ることができない。結局FC東京は後半圧倒的に試合を支配しながらも鳥栖の守備陣を攻略し切れず、1-2のスコアでアウェイチームが勝利を収めた。 FC東京 1-2 サガン鳥栖 【FC東京】 森重真人(後8) 【鳥栖】 酒井宣福(前18) 樋口雄太(前34) 2021.04.24 16:26 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング