サガン鳥栖

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 サガン鳥栖 10 3 1 8 5 17 -12 12
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-05-26
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
サガン鳥栖 vs 鹿島アントラーズ
2019-06-01
16:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
サガン鳥栖 vs セレッソ大阪
2019-06-15
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
浦和レッズ vs サガン鳥栖
2019-06-22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖
2019-06-30
19:30
明治安田生命J1リーグ
第17節
サガン鳥栖 vs 清水エスパルス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.22
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第6節
サガン鳥栖 0 - 1 FC東京
2019.05.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
サンフレッチェ広島 0 - 1 サガン鳥栖
2019.05.11
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
サガン鳥栖 3 - 1 ガンバ大阪
2019.05.08
19:30
YBCルヴァンカップ Bグループ
第5節
サガン鳥栖 0 - 0 柏レイソル
2019.05.04
16:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
大分トリニータ 2 - 0 サガン鳥栖
基本データ

正式名称:サガン鳥栖

原語表記:Sagan TOSU

ホームタウン:鳥栖市

チームカラー:ブルー、ピンク

関連ニュース
thumb

Jリーグにまたしても大物参戦? フアンフランが日本行きを考慮

23日にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表DFフアンフラン(34)がJリーグ参戦の可能性を認めた。スペイン『アス』が伝えている。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンの18年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半にわたってチームを支えてきた。 そのフアンフランが、新天地について言及。盟友である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)がプレーするJリーグに加入する可能性をスペイン『Cadena Ser』でほのめかしている。 「トーレスは僕に一緒に日本でプレーしようと誘ってくれた。僕は彼は僕のことをとても気に入っているんだ。彼のことが好きだから考えてはいる。もちろん、一考の余地があると思っている。ただ、僕にとって重要なのは自分がワクワクできる環境なんだワクワクしているよ」 「本当に現時点で僕はどこに移籍するかわからない。けど、スペイン? わからないではないよ。アメリカやとアジア…。とにかく、多くの選択肢が与えられているから、オファーが届いている」 2019.05.24 20:49 Fri
twitterfacebook
thumb

フル代表初招集の鳥栖DF原輝綺「連携した攻撃など特徴を出せるよう」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となったサガン鳥栖のDF原輝綺がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF原輝綺 「代表に選出していただき光栄に思います。守備ではもちろん、チームメイトと連携した攻撃など特徴を出せるようにしたいと思います。結果で応えられるよう頑張ります」 2019.05.24 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田麻也&トーレスがミズノ「レビュラ3」発表会に登場! 吉田が新スパイク、日本代表、久保建英を語る

23日、ミズノ フットボール新シューズ「レビュラ3」発表会が六本木の東京ミッドタウンで行われた。 イベントには、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也とサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが参加。MCの平畠啓史さんとともにトークセッションを行なった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/mizuno20190523_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> イベントでは、吉田、トーレスの両選手がスパイクへの想いや、新たに開発された『レビュラ3』についてトークを繰り広げた他、ファンからの質問に応対した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/mizuno20190523_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> 質問では、フェルナンド・トーレスがチェルシー在籍時に吉田麻也と対戦した印象などについて答える中、元日本代表DFの加地亮氏、さらには日本代表に招集されたレスター・シティのFW岡崎慎司からの質問も来ており、冗談を交えながらしっかりと答えていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/mizuno20190523_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> イベント終了後、吉田麻也がメディアからの囲み取材に応対。新スパイクや日本代表について、また久保建英や若手について語った他、今シーズンのプレミアリーグについても語った。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/0SV88vcxvWg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> <span style="font-weight:700;">─今回のイベントを振り返って</span> 「僕だけじゃなくて、もちろんトーレス選手だったり、他の日本代表選手だったり、もちろんミズノの技術者の方の熱い気持ちがこもったスパイクです」 「これは「レビュラ3」で、1から2、3と三段階目のものです。本当にいいものに仕上がっていると、僕自身も感じています。ぜひ、たくさんの方にトライしてもらって、みんなが気持ちよくフットボールをプレーできればと思います」 <span style="font-weight:700;">─シーズンが終了しましたが今シーズンを振り返って</span> 「W杯後でチームに合流が遅れて、前半戦はなかなか試合に出られませんでした。難しいなと感じましたけど、監督が代わる前から少しずつ流れが変わってきて、試合に絡めるようになったなと。決して良いシーズンではなかったですが、監督が代わって、新しいビジョンの下でプレーすることによって、将来に希望のあるサッカーをできるようになりました」 「来シーズンに向けてすごくポジティブな状態でいられるというのは、去年と大きく違うと思います」 <span style="font-weight:700;">─今回はコンディション面の影響で日本代表に参加しませんが心境は</span> 「3月も行けていないですし、この6月シリーズも行けないということで、半年以上代表チームから外れるのはおそらく初めてのことだと思うので、非常に悔しいです」 「僕自身が招いたことなので、どうしようもないことですけど、大切なのは新しいシーズンに向けて良い状態でスタートを迎えられるようにコンディションを整えること、そしてサウサンプトンで試合に出ることが、9月から始まる予選に向けて日本代表の力になるために僕が準備するべきことです」 「まずはしっかり休んでコンディションを整えてから、新しいシーズンに向けて良い準備をしたいです」 <span style="font-weight:700;">─日本代表に初招集された久保建英選手の印象は</span> 「正直、あまりプレーを見たことがありませんが、久保くんはW杯の時にU-20で練習の対戦相手としてキャンプ地に来ていましたし、すごく好青年だなという印象があります」 「もちろん頑張って欲しいですし、コパ・アメリカに向けてたくさんの多くの若い選手が日の丸を背負って戦うことになると思うんですけど、親善試合とはまた違う難しさがあると思いますし、このチャンスを何人の選手が生かして今後のスカッドに入っていけるかがカギになると思います」 「僕もそうですし、いつも出ている代表選手がいないというこの状況をポジティブに捉えて、チャンスに捉えて、成長の糧にして欲しいなと思います」 <span style="font-weight:700;">─久保選手をはじめ、若い選手に期待することは</span> 「レビュラ3を履いて欲しいですね(笑)。ウソです、すいません(笑)。が、1人でも多くの選手がA代表に絡んで、今出ている選手のポジションを奪う状況を作っていく。その環境づくりが大事になってくると思いますし、チームも活性化すると思います」 「僕自身も、次に選ばれるようにまた頑張っていかなければいけないです。その繰り返しが、W杯に向けてチームを強くすると思います。今はそういう段階だと思います」 <span style="font-weight:700;">─今シーズン対戦したチームでインパクトがあったのは</span> 「やっぱりシティとリバプールは飛び抜けていました。完成度が物凄く高いです。もちろん、ユナイテッドやチェルシーだったり、スパーズもそうですが、非常に良いチームと感じましたが、その中でもシティとリバプールは群を抜いていたという印象です」 <span style="font-weight:700;">─共演したフェルナンド・トーレスの印象は</span> 「ナイスガイというのは色々聞いていましたし、スペインで一緒にプレーしていた選手もチームにいるので、良い選手であるとは聞いていましたが、色々話してみて、日本の良いところ悪いところを理解していて、Jリーグがどうしなくてはいけないかも理解しているし、ヨーロッパとの違いも理解していて、1年ぐらいで理解しているのは経験がある証拠だなと」 「ワールドカップもチャンピオンズリーグもヨーロッパリーグもプレミアリーグも獲っている選手なので、僕とは比べ物にならない経験があるなと感じました」 <span style="font-weight:700;">─オフでのコンディション調整はどのようにしているか</span> 「トレーニングは長崎でも実家の方でやったり、V・ファーレンのグラウンドを借りてやったりしています」 「日常生活は問題ないですが、ちょっとトップパフォーマンスを出すのには時間がかかるかなと。監督と話し合って、リスクをとるときではないと判断してもらいました」 「休みつつもコンディションを上げつつ、大切なのは良い状態で新しいプレシーズンを迎えて開幕から試合に出るようにすることです。サウサンプトンで試合に出ないと、代表で力になれないですし、これから予選が始まると移動が多くなって、何よりもコンディションが重要になります」 「僕は6月のシーズンを休むのは、代表に呼ばれるようになってから初めてだと思うので、いつも以上に良い準備をします。体重もかなり減ってしまったので、一から体づくりもしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">─チャンピオンズリーグ決勝はポチェッティーノ監督や元チームメイトがたくさん出場しますが、どのような試合を期待しますか</span> 「羨ましいですね(笑)。お互いに手の内は分かっていますし、スカウトのスタッフもかなりいるチーム同士なので手堅い試合になるかと思います。普通に考えればリバプールが優勢かなとは思いますが、今シーズンのチャンピオンズリーグを観ると、番狂わせというかどんでん返しが起きていますし、一発勝負なのでどっちに転ぶか僕もわからないです」 「どちらもイングランドのチームというのは、凄く誇らしくもあり楽しみではあります。ライブでは観ないと思いますが(笑)、楽しみです」 <span style="font-weight:700;">─日本代表の若手という中では、同じDFの冨安健洋も大きく成長していると思いますが、どう感じているか</span> 「ピッチの上での落ち着きだったり、パフォーマンスは素晴らしいなと思いますが、ピッチ外の人間性も眼を見張るものがあるなと思います。ただ、昌子だったり、植田だったり、中山くんも海外に出て色々なことを吸収している段階です」 「新しい環境でどういう風に成長するのは読めないです。急激に成長する選手もいれば、伸び悩む選手もいると思うので、ここからが勝負だと思います。僕自身も彼らに負けないように、彼らにとって良いアドバイザーになれるように、ピッチ内外で自分の価値を証明しなければいけないなと思います」 「ただ、これだけ出てきてくれるのは嬉しい限りです。特にセンターバックはなかなか来なかったので、急になんかいっぱい出てきたことは嬉しいニュースです」 <span style="font-weight:700;">─アジアカップ決勝後にコパ・アメリカに出たいと言っていましたが、改めて今回の代表活動に関しての心境は</span> 「代表に2シリーズ続けていかないというのは、今まで代表に入ってからほとんどなかったと思います。寂しいですね。正直なところ」 「一番は良いコンディションを新しいシーズンを迎えることなので、今は我慢するときだと自分に言い聞かせています」 「色々な難しい状況だったり、環境がコパ・アメリカを取り巻く中にあると思います。選手ももどかしい思いをしているし、協会もJリーグももどかしい思いをしていると思いますけど、そのディスアドバンテージをアドバンテージに変えられる選手が何人出てくるかがカギかなと思います」 「南米のアウェイで戦うというのは、僕もコンフェデレーションズカップとワールドカップでブラジルに行きましたけど、簡単なことではないです。そこでどれだけ自分を出せる選手が出てくるかなというのが一番の見所かなと」 「誰が選ばれるか僕もわかりませんが、キリンチャレンジカップで少しでもみんなが良いパフォーマンスを出せればと思います。大会前に2試合しかないですし、みんなが行くわけではないので、非常に難しいシリーズだなと思います」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/lY1pwX7WxkM" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.24 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

連勝の鳥栖に負傷者…藤田優人が全治4週間、16日に手術

サガン鳥栖は18日、DF藤田優人の戦線離脱を発表した。 藤田は4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の湘南ベルマーレ戦で負傷。右ヒザ外傷性滑膜炎で16日に手術を受け、全治4週間の見込みだ。 鳥栖は17日に行われた第11節のサンフレッチェ広島戦を1-0の勝利で飾り、シーズン初の連勝。26日に行われる次節、鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2019.05.18 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

耐えに耐えた鳥栖が広島撃破で降格圏脱出!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖が17日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 スタートダッシュこそ成功したものの、直近では4連敗中の8位・サンフレッチェ広島(勝ち点17)は、1-2で逆転負けを喫した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを4名変更。佐々木、エミル・サロモンソン、稲垣、渡に代えて荒木、野津田、松本、清水を起用した。 一方、長いトンネルから抜け出した最下位・サガン鳥栖(勝ち点7)は、3-1で勝利した前節のガンバ大阪戦からメンバーを1名変更。金崎に代えて趙東建を起用した。 試合は硬い入りとなり、互いに様子を見合う立ち上がりに。そうした中、先にチャンスを作ったのは広島。26分、ボックス左外でボールを受けた清水がインスイングのクロスを供給。ゴール前に流れてきたボールにドウグラス・ヴィエイラが反応したが、オフサイドの判定となった。 対して鳥栖は43分、後方からのフィードを受けた豊田がバイタルエリア右のスペースにボールを落とす。これを受けた三丸がカットインからスルーパスを送ると、ボックス左に抜け出した趙東建がシュートを放ったが、GK大迫の好セーブに遭った。 ゴールレスドローで試合を折り返すと、48分にホームチームが決定機を迎える。敵陣左サイドの深い位置でパスを受けた荒木がクロスを送る。ニアサイドに走り込んできた柴崎がダイビングヘッド。しかし、GK高丘の好守に遭い、千載一遇のチャンス決めることはできない。 後半に入り、イニシアチブを握る広島は73分、ボックス左に侵攻した柏がクロスを送る。ファーサイドのエミル・サロモンソンには合わず。こぼれ球に反応した柴崎がオーバーヘッドで狙ったが、GK高丘の正面に飛んでしまう。さらに85分には、ボックス右外からエミル・サロモンソンのクロスからゴール前のドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュートを放つも、今度は枠に飛ばない。 試合はゴールレスのまま終盤に。このまま引き分けかに思われた87分、ここまで耐えてきた鳥栖が待望の先制点を奪う。右CKの流れからこぼれ球を拾った小林が左サイドへ展開。ボールを受けた三丸が縦に仕掛けてクロスを送ると、エミル・サロモンソンのクリアミスを誘発し、頭に当てたボールがGK大迫の頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。 終盤に大きな先制点を奪った鳥栖は、その後も広島の攻撃を耐えて1-0で試合終了。勝利した鳥栖は今シーズン初の連勝を飾り、自動降格圏を脱出した。一方の広島は泥沼の5連敗となった。 2019.05.17 21:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング