サガン鳥栖

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 サガン鳥栖 14 3 5 6 13 18 -5 14
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖
2020-09-27
16:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
サガン鳥栖 vs FC東京
2020-09-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
横浜F・マリノス vs サガン鳥栖
2020-10-03
17:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖
2020-10-07
19:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
サガン鳥栖 vs ガンバ大阪
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.19
16:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
サガン鳥栖 1 - 3 横浜F・マリノス
2020.09.16
19:30
明治安田生命J1リーグ
第12節
サガン鳥栖 0 - 2 北海道コンサドーレ札幌
2020.09.13
18:45
明治安田生命J1リーグ
第16節
サガン鳥栖 2 - 1 柏レイソル
2020.09.09
19:30
明治安田生命J1リーグ
第15節
浦和レッズ 2 - 2 サガン鳥栖
2020.09.05
18:45
明治安田生命J1リーグ
第14節
サガン鳥栖 3 - 0 横浜FC
基本データ

正式名称:サガン鳥栖

原語表記:Sagan TOSU

ホームタウン:鳥栖市

チームカラー:ブルー、ピンク

関連ニュース
thumb

外国人3トップが揃い踏みの横浜FM、鳥栖撃破で連勝! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが19日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-1でアウェイの横浜FMが勝利した。 前節の北海道コンサドーレ札幌戦で大幅なターンオーバーを敢行した鳥栖は0-2で敗戦。中2日で迎える今節はメンバーを総入れ替えしてホーム3連戦の締め括りに勝ち点3を目指す。 対する横浜FMは前節の清水エスパルス戦で3-0で勝利し、連敗を「3」でストップ。そこから畠中、扇原、高野、仲川、オナイウ阿道に代えて伊藤、ティーラトン、和田、マルコス・ジュニオール、ジュニオール・サントスを起用して連勝を狙う。 2試合ぶりに先発に顔を揃えた横浜FMの強力3トップがキックオフから猛威を振るう。フィールド中央のティーラトンのロングフィードに抜け出したエリキ。巧みなトラップでGKと一対一の場面を作り出し、左足を振り抜いて先制ゴール。開始1分も経たないうちにアウェイチームがリードを得た。 エリキ3試合連続ゴールで絶好のスタートを切った横浜FMはさらに13分、再びティーラトンの左足が決定機を作り出す。左サイドからのロングパスをボックス右のエリキが頭で折り返すと、ゴール前でジュニオール・サントスがボレーシュート。相手と左ポストに当たってゴールに入った。 最悪の立ち上がりとなった鳥栖は21分に反撃。敵陣でのボール奪取から石井がボックス方向へパス送ると、ペナルティエリア左に抜け出した林がニアサイドを撃ち抜き1点を返した。 逆転負けが多い横浜FMはその後押され気味になるも34分にその流れを断ち切る。敵陣深くの右サイドから水沼が鋭いクロスを供給すると、マルコス・ジュニオールが身体を投げ出して押し込み、再びリードを広げた。 劣勢で試合を折り返した鳥栖は48分にチャンス。森下のクロスのこぼれ球に反応した原川がシュートを狙うも枠を捉えられない。その後は横浜FMの猛攻が続く中、趙東建、梁勇基、金森、本田らを投入しながら活性化を図る。しかし、リスクマネジメントを怠らない横浜FMを前にスコアを動かせず。 結局、前半のままスコアは変わらずアウェイの横浜FMが3-1で勝利し連勝を飾った。一方、鳥栖は連敗となった。 サガン鳥栖 1-3 横浜F・マリノス 【鳥栖】 林大地(前21) 【横浜FM】 エリキ(前1) ジュニオール・サントス(前13) マルコス・ジュニオール(前34) 2020.09.19 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:鳥栖vs横浜FM】攻撃スタイル貫く両者、共にチーム力が問われる大事な一戦

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2020年9月19日(土) 16:00キックオフ サガン鳥栖(15位/14pt) vs 横浜F・マリノス(8位/24pt) [駅前不動産スタジアム] ◆ターンオーバーが裏目に、3連戦をどう締めくくる【サガン鳥栖】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えた一戦。活動停止を挟み、復活後の連戦となっているた9名も先発メンバーを変えたが、これが完全に裏目に出た試合だった。 後方からのビルドアップで攻撃を組み立て、ポゼッションを行いたいと巣立ったが、札幌のハイプレスを受けて沈黙。ビルドアップがままならず、0-2で敗れた。 札幌の策にハマったこともあったが、やはり気になったのはクオリティの低下。これまで見せてきた戦い方を出せなかったのは、やはりメンバーを大きく入れ替えたことが要因といえるだろう。 コンディション面だけでなく、試合勘という点でも他チームより遅れをとることとなってしまった鳥栖としては、過密日程のシーズンを乗り切るために均衡した戦力を準備する必要がある。今節で3連戦が終わるため、良い形で1週間後を迎えるためにも結果にこだわって戦いたい。 似たスタイルの横浜FMが相手だが、攻撃力では相手が上手。スキを突いて効率よくゴールを奪い主導権を握っていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆久々の快勝、これを続けられるか【横浜F・マリノス】 前節は清水エスパルスをホームに迎えての一戦。互いに結果が出ていない中での試合となったが、試合巧者ぶりを見せて3-0で快勝を収めた。 しかし、手放しで喜べない部分もある。開始早々にDF畠中槙之輔が負傷交代。ケガ人続出の最終ラインにまた1名加わってしまった。さらに、前半で3ゴールを奪いながら、後半は無得点。まだまだ本来のパフォーマンスとは言い切れない状況だ。 ここ数試合は3バックを採用し続けている横浜FMだが、今節も3バックの可能性が高い。簡単な失点が目立つ反面、攻撃は形作りという点では機能している。フィニッシュの精度がまだ足りていない印象だが、清水戦の3ゴールで切り替えられるかがカギとなるはずだ。 今節の相手である鳥栖は似たような戦い方を見せる相手。特に形を変えて攻撃を仕掛けてくるだけに、対応を間違えれば主導権を握られそのまま押し切られる可能性もゼロではない。 連戦が続く中で選手のやりくりも非常に難しい中、王者として上位に返り咲くためにも負けられない一戦となる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:伊藤槙人、喜田拓也、チアゴ・マルチンス MF:小池龍太、和田拓也、扇原貴宏、ティーラトン MF:マルコス・ジュニオール、前田大然 FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.09.19 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

駒井のスーパーミドル炸裂の札幌、好調・鳥栖を下して10試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が16日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で札幌が勝利した。 鳥栖で発生した新型コロナウイルスの集団感染により延期されていた一戦。ホームに迎え撃つ鳥栖(勝ち点14)は、直近5試合は3勝1分け1敗と好調が続く。3日前に行われた前節は柏レイソルに逆転勝利し、ホームで連勝を収めている。 札幌(勝ち点14)は対照的に9戦未勝利と泥沼にはまっている。同じく3日前の前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。ジェイが2ゴールの活躍を見せたが、今節はベンチ外となっている。 まずは3試合連続ゴール中の林をベンチスタートとした鳥栖の攻撃。7分、ボックス左でボールを受けた大畑のパスを安庸佑がシュート。巧みにマークを外してチャンスを作ったが、シュートは上に外れてしまう。 一方、不調から脱却したい札幌は、27分にアンデルソン・ロペスのパスでボックス左に抜け出した菅が相手との接触で倒れるがPKは貰えず。 両チームとも決定機を迎えるもなかなかネットを揺らせないでいる中、シュートを重ねる札幌は40分、駒井のボックス内からシュートがクロスバーを直撃。42分のチャナティップのミドルシュートはGKのファインセーブに遭った。 互いに交代カードを1枚切って迎えた後半、前半の勢いそのままに札幌が攻勢を続ける。49分には右サイドを突破した白井からパスを受けたアンデルソン・ロペスがボックス右からシュート。さらに54分には、再び白井のパスから高嶺がボールを持つと、キックフェイントで相手を躱しボックス手前からシュートを放つ。しかし、どちらもわずかに左に外れてしまった。 劣勢の鳥栖は60分に安庸佑を下げて好調の林を投入。しかし、先手を取ったのはアウェイの札幌だった。61分、相手の最終ラインからの縦パスを進藤が頭で跳ね返すと、フリーでボールを持った駒井がボックス手前から右足一閃。アウト回転のかかった強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 63分にも速攻から駒井のシュートが右ポストを直撃した札幌は菅を下げてドウグラス・オリヴェイラを投入。するとその1分後の66分、カウンターからそのドウグラス・オリヴェイラがドリブルで持ち上がると、ゴール前に走り込むアンデルソン・ロペスにラストパス。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスは飛び出したGKの脇を通すちょこんと浮かしたシュートを流し込んだ。 10試合ぶりの勝利を大きく手繰り寄せた札幌。完全にペースを握る中で、対する鳥栖は途中出場の豊田がフィジカルを生かしてヘディングシュートを狙う。 しかし、余裕の生まれた札幌を脅かすまでには至らず、試合はこのまま終了。0-2で勝利した札幌が10試合ぶりの白星をあげた。 サガン鳥栖 0-2 北海道コンサドーレ札幌 【札幌】 駒井善成(後16) アンデルソン・ロペス(後21) 2020.09.16 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs札幌】ホーム3連勝目指す鳥栖、札幌は連敗ストップで10戦ぶり白星なるか

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2020年9月16日(水) 19:30キックオフ サガン鳥栖(14位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(15位/14pt) [駅前不動産スタジアム] ◆復帰後は無敗、ホームで3連勝なるか【サガン鳥栖】 前節はホームに上位の柏レイソルを迎えた一戦となったが、2-1と勝利。ホームでの連勝を飾った。 最も警戒しなければいけないFWオルンガにゴールを許し先制されたものの、しっかりと逆転勝利。上位相手にもポゼッションを高める戦いができており、活動停止による不安要素を感じさせない戦いぶりを見せている。 再開後の3試合で7ゴール、活動停止前の9試合で5ゴールしか挙げていなかったチームからは考えられない好調ぶりだ。特に、ルーキーのFW林大地が3戦連発中で攻撃陣を牽引。チーム全体として攻撃時の意思統一ができていることで、しっかりと得点を積み上げられている。 今節の相手は札幌。強力なストライカーに加え、セットプレーという武器もある。特にサイド攻撃をどう止めるのか。中2日での試合となり、19日(土)にも試合があるだけに、連戦をどう乗り越えていくのかが課題となりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆9戦未勝利、苦境を乗り越えられるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。3連敗となり、これで9戦未勝利となった。 浦和戦では簡単に2失点を喫してしまったが、ジェイの高さを生かしたプレーで同点に。オウンゴールで逆転したものの、終盤に浦和の圧に押され結局敗戦となった。 同点に追いついて逆転したところまではよく、試合の展開も悪くなかったが、セットプレーとオープンな展開になったことで押し込まれてしまった。この点を2日で解消することは難しいかもしれないが、メンタル面の回復が必要だ。 北海道、佐賀県、北海道と長距離移動を伴う3連戦となる札幌にとって、この悪い流れを断ち切れないとズルズルいってしまう可能性もある。得意のサイド攻撃を生かしながら、しっかりとゴールを決められるかどうか。ボールを握られる展開になる可能性が高いだけに、しっかりと守ってから攻撃につなげたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:白井康介、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:ドウグラス・オリヴェイラ、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.16 14:36 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖、オルンガに得点許すも逆転勝利! 林の3戦連発に原川のゴラッソで3戦無敗に《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節のサガン鳥栖vs柏レイソルが行われ、2-1でホームの鳥栖が勝利した。 2試合負けなしの鳥栖は2-2で引き分けた浦和レッズ戦から3バックと樋口以外の7名を入れ替え、現役高校生の中野や石井など若手を起用。一方、リーグ戦連勝中の柏は3-0で快勝を収めたガンバ大阪戦と同様のスタメンを起用した。 開始直後ににオルンガがオーバーヘッドから鳥栖ゴールを脅かした柏は12分、敵陣深い位置で原のミスパスを誘発。ボックス手前でボールを拾ったオルンガが素早く左足シュートを放つも、GK守田の好対応に遭ってしまう。 さらにチャンスを作る柏は25分、敵陣右サイド深くから三原がクロス。ニアサイドの江坂が逸らすと、ファーサイドのオルンガが押し込んで先制に成功する。 追いかける展開となった鳥栖だったが、43分にボックス左で突破を試みた林が古賀に倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めると、GKキム・スンギュの逆を突くシュートをゴール右下に決めて、同点で前半を終える。 後半立ち上がりに江坂のシュートをGK守田の好守で凌いだ鳥栖が48分に勝ち越す。左サイド敵陣深くから内田のパスを受けた原川がボックス左から右足でコントロールショット。カーブのかかったボールがゴール右隅吸い込まれた。 60分以降はボールを保持されながらもアグレッシブな守備からカウンター攻撃を狙う鳥栖に対して、柏は江坂とオルンガにボールを集めて、鳥栖DF陣の打破を試みる。 そのなかで柏は85分に北爪のクロスをオルンガがゴール前からヘディングシュート。DF森下に当たってコースが変わったボールは右ポストに嫌われてしまい同点ならず。 後半アディショナルタイムも柏の猛攻を耐え抜いた鳥栖が柏に2-1で勝利。3試合負けなしとしている。一方、柏の連勝は2で止まり、3試合ぶりの黒星を喫した。 サガン鳥栖 2-1 柏レイソル 【鳥栖】 林大地(前45) 原川力(後3) 【柏】 オルンガ(前25) 2020.09.13 21:22 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング