サンフレッチェ広島

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 サンフレッチェ広島 17 4 5 2 15 10 5 11
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡
2021-04-28
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第4節
清水エスパルス vs サンフレッチェ広島
2021-05-01
15:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島
2021-05-05
14:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第5節
サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス
2021-05-08
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.21
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第3節
サンフレッチェ広島 0 - 1 ベガルタ仙台
2021.04.18
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
川崎フロンターレ 1 - 1 サンフレッチェ広島
2021.04.14
19:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
名古屋グランパス 1 - 0 サンフレッチェ広島
2021.04.10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
サンフレッチェ広島 0 - 1 湘南ベルマーレ
2021.04.07
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
横浜FC 0 - 3 サンフレッチェ広島
基本データ

正式名称:サンフレッチェ広島

原語表記:Sanfrecce HIROSHIMA

創立:1938年

ホームタウン:広島市

チームカラー:紫

関連ニュース
thumb

劣勢の広島が川崎Fから勝ち点1奪取!川崎Fは5連勝ストップ、広島は2連敗ストップ【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節、川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島が18日に等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 開幕5連勝から引き分けを挟んで再び5連勝と、破竹の勢いで勝ち点を積み上げる川崎F。1週間前に行われた第9節のFC東京との多摩川クラシコでは、アウェイながら大きな実力差を見せ付け2-4で快勝。その3日後に行われたアビスパ福岡戦も危なげなく勝利を収めた。 一方の広島は、開幕8試合までは4勝4分け無敗で好位置にいたものの、ここ2試合は湘南ベルマーレと名古屋グランパス相手に0-1で連敗し、暫定順位は7位に降下。調子の悪い状態で王者と相まみえることになった。 ホームの川崎Fは、福岡戦からスタメンを5人変更。丹野、車屋、小林、知念、長谷川が外れ、チョン・ソンリョン、ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアン、三笘が入った。広島の変更は3人。柴崎、川辺、エゼキエウに代わり、青山、ハイネル、柏が起用された。川辺はベンチからも外れている。 フォーメーションは[4-3-3]のミラーゲーム。立ち上がりから三笘がボックスに侵入した川崎Fが次々とゴールに迫っていく。4分には遠野のパスから家長がシュート。ここは広島のDFが体をぶつけて枠の外へ。そのCKではファーに流れたボールを遠野がボックス左からシュート。完全にフリーだったが、枠に飛ばすことはできなかった。 13分には、広島は自陣でのパスミスからピンチに。ボールを奪われボックス内から脇坂のシュートを許したが、ここは懸命に戻った東がスライディングブロックで何とか対応した。 しかし、その後もゴール前に釘付けにされる広島。水際で失点は防ぐものの、全く反撃の芽を掴めないまま、失点は時間の問題かという展開に。32分に川崎Fは、L・ダミアンとのワンツーでボックス左を突破した登里がシュートへ。直後に今度はセンタリングを脇坂が頭で捉えるが、2本ともGK大迫に止められた。 すると迎えた38分、ついにホームチームが牙城を崩す。三笘のスルーパスから山根がボックス左に侵入。マイナスの折り返しを脇坂がワンタッチでボックス右に展開すると、最後は家長がゴール右上にシュートを突き刺し、先制に成功した。 前半は全くチャンスのなかった広島だが、後半立ち上がりに森島のクロスをジュニオール・サントスがヘディングシュートに繋げて、この試合初めてゴールに迫る。53分には浅野がミドルシュートで牽制する。 しかし、王者は動じない。55分、登里が左サイドから侵攻しボックスへ侵入。DFのGKの間を抜く見事なクロスを送ると、走り込んだ三笘が詰めてネットを揺らした。しかし、VARで確認した結果、三笘が押し込む手前でオフサイドポジションにいたL・ダミアンが足を出しており、このプレーがボール関与と認められ、オフサイドとなった。 すると、一命拾いした広島が反撃に出る。65分、ジュニオール・サントスが左サイドから速攻を仕掛け、対峙するジェジエウをフィジカルで制しボックスへ侵入。右足で流し込むように狙ったシュートは左ポストを叩いたものの、跳ね返りを拾った森島がゴール前に折り返すと、懸命に戻った田中に当たってゴールイン。圧倒的劣勢の中、オウンゴールで追い付いた。 その直後には、再びジュニオール・サントスが相手の最終ラインの裏へ抜け出すが、ここはジェジエウに軍配。それでも徐々に広島にも追い風が吹く。 広島の同点ゴールから両陣営が積極的に動き出す。80分までに川崎Fは脇坂、遠野、L・ダミアン、家長を下げて塚川、小塚、知念、小林を投入。広島も、柏、ハイネル、浅野を下げて、エゼキエウ、柴崎、鮎川を次々に送り出す。 その後は押し込む川崎Fと、カウンターに徹する広島という構図に。後半はアディショナルタイムが7分と長めに取られた中、最後のセットプレーでは川崎Fがパワープレーに出るも、広島がことごとく撥ね返し続ける。 そして、試合は1-1で終了。22本のシュートを放った川崎Fに対し、6本のシュートにとどまった広島が敵地で王者から勝ち点をゲット。川崎Fは連勝が「5」で止まり、広島は連敗を「2」でストップさせた。 川崎フロンターレ 1-1 サンフレッチェ広島 【川崎F】 家長昭博(前38) 【広島】 森島司(後20) 2021.04.18 16:06 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:川崎Fvs広島】圧倒的強さを見せる川崎F、広島攻撃陣にエンジンはかかるか

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月18日(日) 14:00キックオフ 川崎フロンターレ(31pt/1位) vs サンフレッチェ広島(16pt/7位) [等々力陸上競技場] 目下5連勝中で首位を快走する王者の川崎Fが、無敗から一転、連敗中の広島をホームに迎える。 ◆異次元の強さ、6連勝へ【川崎フロンターレ】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えての一戦。19分に古巣対決の遠野大弥が先制ゴールを決めるも、前半終了間際にエミル・サロモンソンのFKで同点に。さらにハーフタイムに雷雨が強くなった影響で後半開始が遅れるも、2点を追加し見事に勝利を収めた。 ターンオーバーを敷きながらもしっかりと勝利を収めた川崎F。初先発の知念慶にもゴールが生まれるなど、主軸を休ませられた上に控え選手が結果を出すなど、好材料が揃う結果となった。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する関係もあり、開幕から週2試合のペースでリーグ戦をこなしてきた川崎F。その中で無敗を守り、11試合で10勝という結果を残せたことはチーム力が向上している結果とも言えるだろう。 その連戦も今節が終われば一旦ストップ。ACLの開催時期が後ろ倒しになったこともあり、ここで10日以上間隔が空く事になる。 当然のことながら良い形で小休止したい川崎Fとしては、連勝を「6」に伸ばしていきたいところ。堅い広島の守備を相手に、攻撃陣が火を噴くかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆課題は攻撃陣、3連敗回避へ【サンフレッチェ広島】 対する広島は、ここに来て連敗。前々節の湘南ベルマーレ戦がシーズン初黒星だったが、前節も名古屋グランパス相手に敗れて連敗となった。 第2節の横浜F・マリノス戦でこそ3失点を喫したが、それ以外の試合は複数失点はない。守備の堅さは今シーズンも見せている状況だ。 一方で、10試合を戦い4勝しかできておらず、効果的に勝ち点を積み上げているとは言い難い。その最大の理由は、貧弱な攻撃陣だ。 得点数は「14」と少ないわけではないが、チャンスの数に対してゴール数が少ないのが気になるところ。最もゴールを決めているのはMF浅野雄也の3点であり、FWジュニオール・サントスとMF柴崎晃誠が2点という状況だ。 連敗したこの2試合も0-1で敗れており、決定力の欠如が大きな課題となる。攻められていない訳ではないだけに、どうテコ入れするのか。フィニッシュワークの精度を上げなければ、いつでもゴールを狙う川崎Fを相手に勝つのは難題だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、今津佑太、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドジュニオール・サントス、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】川崎Fの遠野大弥が古巣の福岡相手にゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rf7za4w5fv9p1um0fdl314icb" async></script> 2021.04.18 10:10 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1記録の連続クリーンシートを9試合に更新!広島相手に今季5度目のウノゼロ勝利【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が14日に豊田スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの影響で、前倒し開催となった今カード。11日に行われた第9節で大分トリニータに0-3で勝利した名古屋は、第2節以降無失点を継続し、J1新記録となる8試合連続無失点を達成。未だ無敗で首位の川崎フロンターレを猛追している。 一方の広島も、名古屋や川崎F同様無敗を続けていたが、10日の湘南ベルマーレ戦で初黒星。そんな両チームによる上位戦がミッドウィークに行われた。 立ち上がりは名古屋がチャンスを演出。7分に左サイドから仕掛けたマテウスのグラウンダーのクロスに柿谷が反応。ゴール前に飛び込んだが惜しくも合わせられず。 対して、なかなかボールが繋げられない広島はセットプレーから活路を探す。11分、敵陣中央左寄りの位置での浅野のクロスから、ボックス右の今津が折り返し、最後は野上がシュート。だが、ここは今津がオフサイドの判定となった。 試合が動いたのは22分。名古屋の左CKのシーンでマテウスがアウトスイングのクロスを入れると、目測を誤り中途半端に飛び出したGK大迫とDF今津がお見合い。その隙に丸山が頭で合わせてネットを揺らした。 失点後は広島も盛り返したものの、28分に川辺が放ったミドルシュートは枠の上へ。前半は互いに2本ずつのシュートにとどまったものの、唯一の枠内シュートが明暗を分けることとなった。 後半の立ち上がりは広島のペースに。50分過ぎにエゼキエウが放ったミドルシュートはGKの正面に。56分の左CKではジュニオール・サントスをターゲットにしたが、上手く合わせることはできなかった。 その直後に最初の選手交代を行った名古屋も隙を突いてゴールに迫る。58分、敵陣右サイドで稲垣がボールを奪い速攻へ。ボックス手前で柿谷と途中出場の阿部を経由してボックス左へボールが展開されると、最後はマテウスがフィニッシュ。しかし、惜しくも右ポストの外側を掠めた。 広島は64分に浅野と柴崎を下げてハイネルと青山を投入。するとここから広島のペースに。ポゼッションを高めて相手を押し込む中、72分にジュニオール・サントスがボックス手前からループシュートでゴールに迫る。続く74分には、エゼキエウのスルーパスで川辺がGKと一対一になりかけるが、ここは惜しくも追いつけず。 76分のFKの場面では、一度跳ね返されたボールを青山がゴール前に放り込むと、味方の落としを荒木がシュート。しかし、これもネットを揺らすことができず、その後は広島の勢いも衰えていく。 そして、6分の後半アディショナルタイムも逃げ切った名古屋が1-0で勝利。今季5度目のウノゼロ勝利を収めるとともに、J1記録の連続クリーンシートを9試合に更新した。敗れた広島は前節の初黒星から2連敗となった。 名古屋グランパス 1-0 サンフレッチェ広島 【名古屋】 丸山祐市(前22) <span class="paragraph-title">【動画】ウノゼロの真骨頂、名古屋DF丸山祐市の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=b7v8evx09eaf1xya0l0w9stxu" async></script> 2021.04.14 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs広島】J1記録樹立の名古屋は9試合に伸ばすか? 連敗避けたい広島は風穴開けるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:30キックオフ 名古屋グランパス(23pt/2位) vs サンフレッチェ広島(16pt/6位) [豊田スタジアム] J1記録の8試合連続無失点を達成した名古屋が、前節初黒星を喫した広島を迎えての一戦。名古屋の記録は継続するか? ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの大分トリニータ戦となったが、結果は0-3で快勝。堅守を誇るチームは7試合連続無失点でこの試合に臨んだが、見事クリーンシートを達成。J1記録の8試合連続無失点を樹立した。 なお、今季唯一の失点は開幕戦のアビスパ福岡戦でDF吉田豊が記録したオウンゴールであり、相手チームにゴールを決められたことはまだない状況。その堅守で今節も勝利を目指す。 さらに、FW柿谷曜一朗にも移籍後初ゴールが生まれるなど、チームとしては明るい材料が多い。その中で、曲者である広島をホームに迎える。 チームとしてはこれまでと変わらない戦いを見せるだけ。その中でのキーマンになりそうなのは、攻守でチームを支えているMF稲垣祥だろう。日本代表にも選ばれた稲垣は、2、3月のJ1月間MVPも受賞。ノリに乗っている男が古巣相手にどんなパフォーマンスを見せるか楽しみだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆堅守の名古屋をどうこじ開ける【サンフレッチェ広島】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。拮抗した試合となったが、56分にMF田中聡にプロ初ゴールを許し、今季初黒星を喫した。 これまでの広島は4勝4分け1敗と五分の成績を残しているが、安定感がないのが気になるところだ。特に攻撃陣の調子によって結果が変わる中、チャンスメイクまではできるもののフィニッシュの精度が安定しないことが気になる。 今節の相手は名古屋だけに、完璧に封じられてしまう可能性もある中、強力なアタッカー陣がこじ開けることもある状況。どちらの広島が顔を出すのかに注目が集まる。 次節は週末には川崎フロンターレとの一戦も控えており、難敵との連戦。勢いづけるためにも、名古屋の堅守をこじ開けてゴールを奪いきれるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、井林章、荒木隼人、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドウグラス・ヴィエイラ、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】古巣戦を迎える名古屋MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.14 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

FWジュニオール・サントスの広島への移籍で古巣が3250万円をゲット

フォルタレザが、サンフレッチェ広島FWジュニオール・サントス(26)の移籍により170万レアル(約3250万円)を受け取ることになったようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ジュニオール・サントスは、イトゥアーノやポンチ・プレッタ、そしてフォルタレザでプレー。2019年7月にイトゥアーノから柏レイソルへと完全移籍で加入した。 2020年8月に横浜F・マリノスへと期限付き移籍すると、途中加入ながら明治安田生命J1リーグで22試合に出場し13ゴールを記録。チーム内得点王となっていた。 そのジュニオール・サントスは、横浜FMへの期限付き移籍を終えて今シーズンからはサンフレッチェ広島に完全移籍。ここまで明治安田J1で8試合に出場し2ゴール、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 柏に移籍した際に所属していたのはイトゥアーノだったが、フォルタレザはジュニオール・サントスの保有権の25%を持っていたとのこと。そのため、広島へ移籍したことで170万レアルを受け取ることとなった。 フォルタレザは2019年にジュニオール・サントスの保有権の50%を100万レアル(約1910万円)で取得。そのうちの半分を売却したため、合計で270万レアル(約5160万円)をチームにもたらせたこととなる。 2021.04.13 16:40 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング