名古屋グランパス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 名古屋グランパス 26 8 2 1 14 3 11 11
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-22
19:30
明治安田生命J1リーグ
第11節
名古屋グランパス vs ガンバ大阪
2021-04-29
15:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
名古屋グランパス vs 川崎フロンターレ
2021-05-04
15:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
2021-05-08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
名古屋グランパス vs セレッソ大阪
2021-05-12
19:30
明治安田生命J1リーグ
第21節
名古屋グランパス vs 鹿島アントラーズ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.18
15:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
名古屋グランパス 1 - 2 サガン鳥栖
2021.04.14
19:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
名古屋グランパス 1 - 0 サンフレッチェ広島
2021.04.11
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
大分トリニータ 0 - 3 名古屋グランパス
2021.04.07
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
湘南ベルマーレ 0 - 0 名古屋グランパス
2021.04.03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
名古屋グランパス 0 - 0 FC東京
基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

創立:1991年

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:名古屋vsG大阪】1カ月半越しの開催、木曜夜の珍しい一戦を制するのは?

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2021年4月22日(木) 19:30キックオフ 名古屋グランパス(2位/26pt) vs ガンバ大阪(17位/6pt) [豊田スタジアム] 前節はサガン鳥栖を相手にシーズン初黒星を喫した名古屋。対するG大阪は、決定機を作りながらもゴールが遠く連勝を逃した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する両者が、木曜夜に激突する。 ◆無失点も無敗も止まりリスタート【名古屋グランパス】 前節はホームにサガン鳥栖を迎えると、9試合続いた無失点がストップ。さらに、2点目も奪われると、チームは盛り返せずに1-2で今季初黒星を喫することとなった。 堅い守備に特徴がある両者の対決。常に相手にリードされてこなかった名古屋にとっては、開始早々に失点したことが重くのしかかることとなった。 無失点であまり目立っていなかったが、今シーズンも攻撃陣の得点力不足は深刻。“ウノゼロ”をメインに勝ち点を重ねてきただけに、リードされると厳しいことを露呈した。 攻撃の形は作れど、フィニッシュの精度がないために攻めあぐねる展開に。最後は稲垣祥がセカンドボールを蹴り込んでゴールを奪ったが、難しさを感じさせた。 そこから中3日での試合。ホームでの連戦となるが、堅守が揺らぐことはないはず。再びクリーンシートを重ねられるか。リスタートの大事な一戦となる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆堅守を破り今季2点目を奪えるか【ガンバ大阪】 前節はホームに清水エスパルスを迎えた一戦。ホームでの勝利に向けて攻勢を強めるG大阪だったが、宇佐美貴史のシュートがポストに嫌われるなどツキもなく0-0のゴールレスドローに終わった。 ようやく初勝利を挙げたものの、また無得点で勝利できなかったG大阪。今季のゴールは「1」と、まだまだ調子が上がっているとは言えない状況だが、下位から脱出するためには、とにかくゴールが必要だ。 その中で対戦するのは堅守の名古屋。前節は複数失点を喫したが、そこにヒントはあると言えるだろう。相手の守備がセットできる遅行はあまり有効ではないと言える。推進力を持ち、スピードを生かした攻撃ができるか。G大阪のカギはそこにあるだろう。 様々な選手を試して組み合わせを変えながら戦っているG大阪。まだまだ最適解を見つけることはできていないだろうが、難敵・名古屋をどう攻略するか見ものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:井手口陽介、山本悠樹 MF:小野瀬康介、宇佐美貴史、チアゴ・アウベス FW:パトリック 監督:宮本恒靖 2021.04.22 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋がついに初黒星!9戦連続無失点の相手に2得点の鳥栖が暫定3位浮上【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節、名古屋グランパスvsサガン鳥栖が18日に豊田スタジアムで行われ、1-2で鳥栖が勝利した。 4日前に行われた第19節分のサンフレッチェ広島戦で、J1記録の連続無失点記録を9試合に伸ばした名古屋。失点は開幕戦のオウンゴールのみで、ここまでわずか1失点という脅威の堅守を誇っている。 対する鳥栖も守備が売りのチーム。失点数では名古屋に次ぐ3失点という少なさで、初失点を喫した第7節のセレッソ大阪戦まで開幕から無失点を続けていた。だが、4日前に行われた第18節分のガンバ大阪戦は0-1で敗れており、G大阪の今季初ゴールを許した試合でもあった。 そんな鉄壁を誇る両チームによる一戦は、意外にも開始早々に動いた。6分、左サイドで大畑のスルーパスに反応した酒井が深い位置からクロスを供給。これに対し、丸山の前に飛び込んだ林が頭で合わせると、シュートは右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 あっさりとクリーンシート記録が破られた名古屋。得意のウノゼロ勝利の可能性はこれでなくなったため、ボールを握って攻勢を仕掛けていく展開に。だが、ポゼッションでは勝るものの、やはり相手は守備が自慢の鳥栖。なかなかシュートまで運べない時間が続く。 その中で相手のFKを奪ってロングカウンターに出る場面もあったが、最後のマテウスのシュートは大きく枠を外れた。 ホームチームが攻めあぐねる中、アウェイチームは強かにゴールを狙う。45分、敵陣中央でFKを獲得した鳥栖は、樋口がゴール前に送ったボールは一度返されるも、頭で繫いで再びゴール前へ。すると、長澤のクリアミスを酒井がペナルティアークからダイレクトシュート。これがゴール右に決まり、わずか1失点だった名古屋から2点目を奪った。 後半から名古屋は阿部と長澤を下げて柿谷と米本を投入。対して、本田と仙頭を入れ替えた鳥栖が先にチャンスを迎える。52分、敵陣左サイドの深い位置でボールを奪った酒井からボックス中央の林へ。林は粘り強いキープから左足でゴールを狙ったが、惜しくも枠の右へ。決定的な3点目とはならなかった。 名古屋は54分にも2枚替え。宮原と前田に代わり、森下と相馬がピッチへ。今季加入の森下は、昨季にプロデビューした古巣の鳥栖で移籍後初出場となった。 柿谷の投入で攻撃に深さが加わった名古屋。68分には森下と柿谷の交代選手がチャンスを作るが、ここはGKに阻まれる。さらにそのCKでマテウスのクロスに合わせたのは米本。ここも外してしまったものの、投入された選手がゴールに迫っていく。 すると迎えた85分、終盤にかけて攻撃のギアを上げた名古屋は、相手のゴールキックを奪い、素早く速攻に転じた森下が右サイドからクロス。これは相手に跳ね返されるが、そのセカンドボールに稲垣がダイレクトボレーでシュートを放つと、ゴール前にDFに当たってゴールイン。稲垣の今季4点目で1点差に詰め寄った。 しかし、名古屋の反撃はここまで。6分と長めに取られた後半アディショナルタイムも鳥栖がきっちりと凌ぎ切り、1-2で勝利。名古屋に初黒星を付けると共に、暫定で3位に浮上した。 名古屋グランパス 1-2 サガン鳥栖 【名古屋】 稲垣祥(後40) 【鳥栖】 林大地(前6) 酒井宣福(前45) 2021.04.18 17:02 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:名古屋vs鳥栖】堅い守備を持つ両者、そこに風穴を空けるのは?

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月18日(日) 15:00キックオフ 名古屋グランパス(26pt/2位) vs サガン鳥栖(17pt/5位) [豊田スタジアム] ここまで無敗で2位につける名古屋と徐々に負けがこむも上位を争う鳥栖の一戦。堅守が売りの両者、こじ開けるのは。 ◆どこまで伸びる無失点記録【名古屋グランパス】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えての一戦。この試合でも堅守が冴え渡り1-0で勝利。J1連続無失点記録を「9」に伸ばした。 ここまで無敗をキープしており、素晴らしい成績を残しているが、首位に立つことができていない。それを上回るのが王者の川崎F。直接対決で勝利し抜く以外の方法はない状況だ。 その川崎Fとはなんの巡り合わせか4月最後と5月最初の連戦という日程。そこまで負けることは許されないと考えているだろう。 無失点記録を伸ばしている以上は負けることはないが、大事なのは白星にすること。攻撃陣のパフォーマンスは決して良いとはいえず、チャンスを効率的に生かして得点を増やしていきたいところだ。 中3日でのゲームだが、ホーム連戦はプラス材料。開幕から6試合連続無失点の鳥栖を迎えるが、そのゴールを今の名古屋攻撃陣がこじ開けられるか。川崎Fの背中を追うには勝利が必要だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆こじ開ける力はあるのか【サガン鳥栖】 前節はホームに今季未勝利のガンバ大阪を迎えての一戦。堅い守備でG大阪に良い形をあまり作らせず。攻撃を受けてもしっかりと守っていたが、一方で仕留めることがなかなかできず、最終的には宇佐美貴史にゴールを許して0-1で敗戦。今季初勝利を献上してしまった。 開幕から6試合続いた無失点だが、C大阪に初失点を喫してから4試合で3失点。失点した試合は全て敗戦という状況だが、まだまだ上位争いに入っている状況だ。 一方で、その結果からも分かる通り、攻撃陣の奮起無くしては上位争いからは一気に脱落してしまう可能性もあるということ。失点をしなければ負けないが、失点しては勝てないという状況からは脱却したいところだ。 今節の相手は名古屋。鋭いカウンターを持っており、中途半端なプレーやビルドアップ時にミスが出ては一気にゴールを奪われる可能性はある。インテンシティの高さを見せつつ、しっかりと正確なプレーを攻守で見せられるか。わずかな精度の差が勝敗を分けかねない対決となるだろう。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】名古屋グラパスvsサンフレッチェ広島</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=5hokunwvy7oy1p60uhap3uxxd" async></script> 2021.04.18 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1記録の連続クリーンシートを9試合に更新!広島相手に今季5度目のウノゼロ勝利【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が14日に豊田スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの影響で、前倒し開催となった今カード。11日に行われた第9節で大分トリニータに0-3で勝利した名古屋は、第2節以降無失点を継続し、J1新記録となる8試合連続無失点を達成。未だ無敗で首位の川崎フロンターレを猛追している。 一方の広島も、名古屋や川崎F同様無敗を続けていたが、10日の湘南ベルマーレ戦で初黒星。そんな両チームによる上位戦がミッドウィークに行われた。 立ち上がりは名古屋がチャンスを演出。7分に左サイドから仕掛けたマテウスのグラウンダーのクロスに柿谷が反応。ゴール前に飛び込んだが惜しくも合わせられず。 対して、なかなかボールが繋げられない広島はセットプレーから活路を探す。11分、敵陣中央左寄りの位置での浅野のクロスから、ボックス右の今津が折り返し、最後は野上がシュート。だが、ここは今津がオフサイドの判定となった。 試合が動いたのは22分。名古屋の左CKのシーンでマテウスがアウトスイングのクロスを入れると、目測を誤り中途半端に飛び出したGK大迫とDF今津がお見合い。その隙に丸山が頭で合わせてネットを揺らした。 失点後は広島も盛り返したものの、28分に川辺が放ったミドルシュートは枠の上へ。前半は互いに2本ずつのシュートにとどまったものの、唯一の枠内シュートが明暗を分けることとなった。 後半の立ち上がりは広島のペースに。50分過ぎにエゼキエウが放ったミドルシュートはGKの正面に。56分の左CKではジュニオール・サントスをターゲットにしたが、上手く合わせることはできなかった。 その直後に最初の選手交代を行った名古屋も隙を突いてゴールに迫る。58分、敵陣右サイドで稲垣がボールを奪い速攻へ。ボックス手前で柿谷と途中出場の阿部を経由してボックス左へボールが展開されると、最後はマテウスがフィニッシュ。しかし、惜しくも右ポストの外側を掠めた。 広島は64分に浅野と柴崎を下げてハイネルと青山を投入。するとここから広島のペースに。ポゼッションを高めて相手を押し込む中、72分にジュニオール・サントスがボックス手前からループシュートでゴールに迫る。続く74分には、エゼキエウのスルーパスで川辺がGKと一対一になりかけるが、ここは惜しくも追いつけず。 76分のFKの場面では、一度跳ね返されたボールを青山がゴール前に放り込むと、味方の落としを荒木がシュート。しかし、これもネットを揺らすことができず、その後は広島の勢いも衰えていく。 そして、6分の後半アディショナルタイムも逃げ切った名古屋が1-0で勝利。今季5度目のウノゼロ勝利を収めるとともに、J1記録の連続クリーンシートを9試合に更新した。敗れた広島は前節の初黒星から2連敗となった。 名古屋グランパス 1-0 サンフレッチェ広島 【名古屋】 丸山祐市(前22) <span class="paragraph-title">【動画】ウノゼロの真骨頂、名古屋DF丸山祐市の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=b7v8evx09eaf1xya0l0w9stxu" async></script> 2021.04.14 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs広島】J1記録樹立の名古屋は9試合に伸ばすか? 連敗避けたい広島は風穴開けるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:30キックオフ 名古屋グランパス(23pt/2位) vs サンフレッチェ広島(16pt/6位) [豊田スタジアム] J1記録の8試合連続無失点を達成した名古屋が、前節初黒星を喫した広島を迎えての一戦。名古屋の記録は継続するか? ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの大分トリニータ戦となったが、結果は0-3で快勝。堅守を誇るチームは7試合連続無失点でこの試合に臨んだが、見事クリーンシートを達成。J1記録の8試合連続無失点を樹立した。 なお、今季唯一の失点は開幕戦のアビスパ福岡戦でDF吉田豊が記録したオウンゴールであり、相手チームにゴールを決められたことはまだない状況。その堅守で今節も勝利を目指す。 さらに、FW柿谷曜一朗にも移籍後初ゴールが生まれるなど、チームとしては明るい材料が多い。その中で、曲者である広島をホームに迎える。 チームとしてはこれまでと変わらない戦いを見せるだけ。その中でのキーマンになりそうなのは、攻守でチームを支えているMF稲垣祥だろう。日本代表にも選ばれた稲垣は、2、3月のJ1月間MVPも受賞。ノリに乗っている男が古巣相手にどんなパフォーマンスを見せるか楽しみだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆堅守の名古屋をどうこじ開ける【サンフレッチェ広島】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。拮抗した試合となったが、56分にMF田中聡にプロ初ゴールを許し、今季初黒星を喫した。 これまでの広島は4勝4分け1敗と五分の成績を残しているが、安定感がないのが気になるところだ。特に攻撃陣の調子によって結果が変わる中、チャンスメイクまではできるもののフィニッシュの精度が安定しないことが気になる。 今節の相手は名古屋だけに、完璧に封じられてしまう可能性もある中、強力なアタッカー陣がこじ開けることもある状況。どちらの広島が顔を出すのかに注目が集まる。 次節は週末には川崎フロンターレとの一戦も控えており、難敵との連戦。勢いづけるためにも、名古屋の堅守をこじ開けてゴールを奪いきれるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、井林章、荒木隼人、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドウグラス・ヴィエイラ、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】古巣戦を迎える名古屋MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.14 17:05 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング