名古屋グランパス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 名古屋グランパス 33 10 3 5 30 19 11 18
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス
2020-10-04
17:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
浦和レッズ vs 名古屋グランパス
2020-10-10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
名古屋グランパス vs セレッソ大阪
2020-10-14
19:30
明治安田生命J1リーグ
第22節
名古屋グランパス vs 北海道コンサドーレ札幌
2020-10-18
19:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.26
14:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
名古屋グランパス 3 - 1 清水エスパルス
2020.09.23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
ガンバ大阪 2 - 1 名古屋グランパス
2020.09.19
17:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
名古屋グランパス 2 - 1 ヴィッセル神戸
2020.09.13
18:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
横浜FC 3 - 2 名古屋グランパス
2020.09.09
19:30
明治安田生命J1リーグ
第15節
名古屋グランパス 2 - 1 横浜F・マリノス
基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース
thumb

名古屋がホーム戦3連勝で仕切り直しの1勝! 清水に3発快勝劇《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の名古屋グランパスvs清水エスパルスが26日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が3-1で勝利した。 前節、ガンバ大阪に1-2の逆転負けを喫した名古屋はその一戦からスタメンを3名を変更。最前線に山崎を起用し、トップ下に阿部を配置した。一方、浦和レッズに1-2で敗れた清水は4名が変更となり、カルリーニョス・ジュニオの相棒にティーラシン・デーンダーをチョイスしている。 連敗阻止を狙う両チームの一戦は名古屋がいきなり試合を動かす。2分、敵陣中央でボールを奪った流れからボックス中央手前付近のマテウスが左サイドへ展開。ボールを受けた阿部が対峙したDFのマークを外して、右足コントロールショットを放つと、ゴール右に吸い込まれて先制に成功する。 19分には敵陣中央で得たFKをマテウスがGKを強襲する左足シュートを放つなど主導権を手にした名古屋。すると25分、バイタルエリア右の山崎がスルーパスを供給すると、ボックス右でボールを受けた前田がGK大久保をかわして無人のゴールに左足シュートを蹴り込み、追加点を手にする。 前半の終盤にかけて、清水がポゼッション率を高めるも、統率された名古屋の守備を崩すことができず、試合を折り返す。両チーム交代なしで迎えた後半の序盤は目まぐるしく攻守が入れ替わりながら時間が進んでいく。 2点リードの名古屋は左CKを獲得した74分に試合を決定づける。マテウスがインスイングのクロスを供給すると、ファーサイドの丸山がバックしながらヘディングシュート。これがゴール左に決まり、リードを3点とした。 82分に河井がバイタルエリア左からフィニッシュまで持ち込むなど、一矢報いようとした清水は88分、立田からのパスを受けた西澤がボックス左外から右足クロス。GKランゲラックの前に飛び込んだカルリーニョス・ジュニオが頭で合わせて、1点を返してみせる。 このゴールにより勢いづく清水はアディショナルタイムにかけて猛攻を仕掛ける。ボックス左に抜け出したカルリーニョス・ジュニオが至近距離からシュートを放つも、丸山のスライディングブロックに遭い、追加点までとはいかず。その直後に得たCKでは後藤が最後に反応するも、放ったヘディングシュートは枠を大きく外してしまう。 堅守速攻を披露し、前半のリードを守り切った名古屋が3-1の勝利を収め、ホーム戦3連勝。2試合ぶり白星を手にした。敗れた清水は2連敗。連敗は今季3度目となる。 名古屋グランパス 3-1 清水エスパルス 【名古屋】 阿部浩之(前2) 前田直輝(前25) 丸山祐市(後29) 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後43) 2020.09.26 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs清水】連敗は避けたい両者、それぞれの強みを出すことが勝利への近道

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(6位/30pt) vs 清水エスパルス(16位/12pt) [豊田スタジアム] ◆バランスを保ち粘り強く守れるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでガンバ大阪と対戦。アウェイゲームながら先制したものの、後半に2ゴールを許し逆転負けを喫した。 8月の第11節の湘南ベルマーレ戦(1-0○)、第12節の川崎フロンターレ戦(1-0○)と連勝したものの、それ以降の6試合は[△●○●○●]とオセロ状態。連敗もないが連勝もないというどっちつかずの状況となっている。 その間の負け試合は全て複数失点。堅守を誇ってきた序盤戦から比べると、ややバランスを失うことが増えている状況だ。勝ち試合はいずれも2-1と最少失点に抑えているだけに、いかに守備の安定感を取り戻すかが、白星を積み上げていくことに繋がるだろう。 攻撃面の破壊力不足は否めないが、ここにきてFW金崎夢生が2試合連続ゴールと調子を上げてきている。しっかり守り、しっかり攻撃を完結させられれば、勝機が訪れるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:前田尚紀、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆主導権を握り、チャンスを仕留めろ【清水エスパルス】 前節はホームに浦和レッズを迎えた一戦。長いトンネルを抜け出した後の試合だったが、1-2で浦和を相手に敗れてしまった。 再びホームで勝てなかったことは悔しさが残るが、悪いサッカーをしているわけではない。チームとしての方向性はしっかりと見せており、焦れずに継続していくことが重要となるだろう。 しかし、今節はヴァウドが出場停止。安定感を取り戻しつつあった守備の要が居なくなる。チーム力を試される一戦となるが、しっかりと名古屋の攻撃陣を止め、自分たちの形に持っていけるかが勝敗を分けるだろう。 ヴァウドの代わりは六平光成になるとみられるが、しっかりとビルドアップし、主導権を握りながら押し込んでいけるか。我慢しながらチャンスをしっかりと仕留めていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大久保択生 DF:ヘナト・アウグスト、六平光成、立田悠悟 MF:エウシーニョ、竹内涼、西澤健太 MF:鈴木唯人、後藤優介 FW:カルリーニョス・ジュニオ、ジュニオール・ドゥトラ 監督:ピーター・クラモフスキー 出場停止:ヴァウド 2020.09.26 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋MFジョアン・シミッチに第二子誕生 「日本との繋がりがずっと思い出に」

名古屋グランパスは25日、ブラジル人MFジョアン・シミッチ(27)の第二子誕生を報告した。 ジョアン・シミッチは昨年から名古屋でプレー。今季はここまで明治安田生命J1リーグ15試合1得点を記録している。24日に第二子となる女子が誕生したことを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「第2子の娘が誕生し、私も妻も最高に幸せです。家族と一緒に日本での生活を始めてから色々なことを学び、今回のお産も含め日本の人々の優しさを深く感じています。そして、この素晴らしい国で娘が誕生することで家族にとって日本との繋がりがずっと思い出に残ります。これからは二人の可愛い娘と妻と幸せを感じながら過ごしたいと思います」 2020.09.25 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が後半2発で名古屋に逆転勝利! ホームでの連敗を「3」で止める《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節のガンバ大阪vs名古屋グランパスがパナソニックスタジアム吹田で行われ、2-1でホームのG大阪が勝利した。 前節連敗を「2」で止めたG大阪は、1-0で勝利を収めた北海道コンサドーレ戦からスタメンを3名変更。負傷した三浦に代わって昌子がセンターバックの一角に入り、宇佐美が今季初のベンチスタートとなった前線にはパトリックが6試合ぶりにスタメン入りした。 一方、前節ヴィッセル神戸に2-1の逆転勝利を収めた名古屋はその一戦からスタメンを1名変更。ガブリエル・シャビエルに代わって、相馬が起用されている。 両チームとも試合序盤からフィニッシュまで持ち込むオープンな展開になると、名古屋は11分に敵陣中央左サイドの吉田から送られてきたクロスをボックス中央で収めた金崎が反転して左足シュート。だが、GK東口の好セーブに遭う。対して、G大阪は15分に井手口が敵陣中央からミドルシュートを放つも枠を捉えられない。 そのなかで名古屋は21分に相手の連係ミスから右CKを獲得。相馬がインスイングのクロスをニアサイドの米本が頭で逸らすと、最後はゴール前に走り込んだ金崎がダイレクトで押し込んでアウェイの名古屋が先制に成功する。 金崎の2試合連続ゴールでリードを手にした名古屋は36分にも決定機。吉田のロングフィードに抜け出したマテウスが左足シュートを放つも、GK東口に触られたボールはクロスバーに当たり、追加点のチャンスを逃した。 1点ビハインドで試合を折り返したG大阪は後半立ち上がりの52分にボックス手前中央でアデミウソンが倒されてFKを獲得。山本が直接狙ったシュートは相手の壁に当たり、コースが変わってゴール左に吸い込まれた。 この同点ゴールにより勢い付くホームチームは、55分に井手口がミドルシュートで強襲すれば、61分にはボックス右からパトリックがライナーの強烈な右足シュートを放つなど、名古屋を圧倒。しかし、GKランゲラックの冷静な対応もあり、逆転するまでには至らない。 それでも76分に遠藤、宇佐美、渡邉を投入したG大阪はこの交代策が的中する。87分、遠藤からのパスを受けた小野瀬がボックス右に抜け出すと、GKランゲラックを釣り出してマイナスへパス。フリーでボール受けた宇佐美がニアサイドに強烈なシュートを蹴り込み、逆転に成功する。 ホームで3連敗中だったG大阪がこのまま2-1で逃げ切り、今季2度目の連勝を達成。名古屋は連勝を逃している。 ガンバ大阪 2-1 名古屋グランパス 【G大阪】 山本悠樹(後8) 宇佐美貴史(後42) 【名古屋】 金崎夢生(前21) 2020.09.23 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

金崎が2つのPKを決めて逆転! 名古屋が神戸破り2試合ぶりの白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が19日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋グランパスがヴィッセル神戸を2-1で下した。 ここ3試合で7失点を記録する守備の乱れもあり、9月の戦いで1勝2敗と黒星先行の4位名古屋と、ここ6試合で白星から遠ざかる11位神戸の一戦。1週間ぶりの今節に向け、前節の先発から3枚を変更した名古屋は負傷欠場が続いた前田が3試合ぶりの復帰。一方、中2日の神戸は2選手をメンバーチェンジ。チーム2位5得点のドウグラスが6試合ぶりに先発復帰を果たした。 入りから神戸がボールの主導権を握りにかかるなか、金崎が相手のハイラインを抜ける場面を作り出すなど、ゴールの向かう姿勢を押し出した名古屋。後ろから丁寧にボールを繋ぎ、組織を崩そうとしてくる神戸に対して、名古屋も鋭いカウンターで攻撃に怖さを出していく。 しかし、神戸が技ありゴールでリードする。15分、自陣右サイドの西が相手最終ラインの背後にロングボールを供給すると、山口が絶妙な飛び出しで反応。ボックス右でやや前がかる相手GKのポジションニングを見逃さず、右足のループシュートを流し込み、神戸が先取する。 リードを許した名古屋はパスワークで相手守備網を崩しにかかった25分、ボックス中央に侵攻したマテウスが右足でフィニッシュ。続く33分にもボックス右の前田にシュートチャンスが巡ってくるが、ゴール左を狙い澄ました左足のフィニッシュもGK前川の牙城を崩すに至らない。 それでも、40分にバイタルエリア右からマテウスが左足シュートを放つと、ボックス内でブロックに入った大崎の腕に当たり、神戸がPKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた金崎が相手GKの逆を取る右足シュートをゴール右に決め切り、前半のうちに追いついてみせる。 すると、その名古屋は後半の頭から攻撃のギアを上げ、55分にボックス右深くでセルジ・サンペールをドリブルで抜き去りにかかった前田がファウルを受けて、この試合2つ目となるPKのチャンス。金崎が相手GKに反応されながら再びゴール右に沈め、名古屋が逆転に成功した。 志向するボールの主導権を握る戦いに持ち込みこそしているものの、追う展開を強いられた神戸は63分に最初の交代カードで渡部を下げ、郷家を投入。攻撃の枚数を増やして、前に圧力を強めるが、攻め切れない流れが続くと、74分に藤本と初瀬を同時に送り込み、活性化を促す。 逆転してから守勢に回る時間が増えつつある名古屋も75分、阿部と相馬を投入してテコ入れ。続く86分には逆転の殊勲者である金崎に代えて山崎を送り込み、試合を終わらせにかかる。それに対して、小川を送り込み、さらに反撃の一手を講じた神戸だが、名古屋を攻め切れない。 結局、神戸に反撃を許さなかった名古屋が金崎のPK弾2つで逆転勝利を収め、2試合ぶりの白星。先制した流れを生かせなかった神戸は今季初の2連敗となり、7試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 2020.09.19 18:57 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング