ジュビロ磐田

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 ジュビロ磐田 14 4 2 3 11 10 1 9
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-08-08
19:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
ジュビロ磐田 vs 松本山雅FC
2020-08-12
19:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
大宮アルディージャ vs ジュビロ磐田
2020-08-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
ジュビロ磐田 vs ジェフユナイテッド千葉
2020-08-19
19:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
FC町田ゼルビア vs ジュビロ磐田
2020-08-23
18:30
明治安田生命J2リーグ
第14節
ジュビロ磐田 vs ツエーゲン金沢
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.08.02
19:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
愛媛FC 1 - 2 ジュビロ磐田
2020.07.29
19:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
FC琉球 2 - 2 ジュビロ磐田
2020.07.25
19:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
ジュビロ磐田 0 - 2 徳島ヴォルティス
2020.07.19
18:30
明治安田生命J2リーグ
第6節
ジュビロ磐田 2 - 0 ギラヴァンツ北九州
2020.07.15
19:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
アビスパ福岡 1 - 0 ジュビロ磐田
基本データ

正式名称:ジュビロ磐田

原語表記:Jubilo IWATA

ホームタウン:磐田市

チームカラー:サックスブルー

関連ニュース
thumb

ウタカ2発で磐田撃破の京都が實好体制&新本拠地初白星! 琉球vs福岡は痛み分け《J2》

28日、明治安田生命J2リーグ第2節の2試合が開催された。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2020シーズンのJ2リーグは2月23日に開幕節を開催も、その後中断。約4カ月を空けて今週末から再開となった。 サンガスタジアムbyKYOCERAで初めての公式戦となった京都サンガF.C.vsジュビロ磐田は、ホームの京都が2-0で勝利した。 開幕戦でレノファ山口FCに敗れた京都は、實好新体制と新本拠地での初勝利を目指し、ピーター・ウタカやヨルディ・バイス、森脇と経験豊富な新戦力をスタメン起用。対してモンテディオ山形相手の開幕戦を快勝した磐田は、1年でのJ1復帰に向け若きエースの小川航基とルキアンの強力2トップを軸に開幕連勝を目指した。 リモートマッチ、新たなプロトコルと、手探りの状況で戦う再開初戦だが、立ち上がりから積極的な攻防となる。互いに後方から丁寧にビルドアップを試みるが、前線のルキアンのキープ力を生かしたアウェイチームが先に主導権を掴む。そして、サイドを起点に2トップが幾度か相手ゴールに迫るが、決定機までには至らず。 一方、相手にボールを持たれる状況が続く京都だったが、頼れるエースストライカーがワンチャンスをモノにする。28分、相手陣内中央左の金久保から浮き球のフィードが出ると、これにうまく反応したウタカがゴール前に抜け出し、左足の丁寧なシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 サンガスタジアムの歴史に名を刻む公式戦初ゴールに気を良くする元ナイジェリア代表FWは、その後もうまくボールを引き出しながら宮吉らとの好連係で攻撃を牽引。前半のうちに追加点こそ奪えなかったものの、京都が流れを掴んだまま試合を折り返した。 すると、迎えた後半、スコアを動かしたのはまたしてもウタカ。47分、古巣初対戦の荒木が左サイドからボックス付近までボールを運び、ボックス手前右でフリーの宮吉へ繋ぐ。これを宮吉がダイレクトで中央へ折り返すと、ボックス中央のウタカが巧みな反転からの左足シュートで再びゴールネットを揺らした。 拙い入りで出ばなを挫かれた磐田は宮崎、大武に代えて櫻内と針谷を同時投入。さらに、切り札のルリーニャや山田をピッチへ続けて送り込み、試合終了まで20分近くを残した中、5枚の交代カードを使い切る。しかし、5バック気味に守るホームチームの堅守を崩し切れない。逆に、相手の反撃に遭い、ウタカや黒木に3点目を奪われそうになる場面も。 一方、殊勲のウタカらを下げて逃げ切りに入る京都は関西大学からの特別指定選手の長井をJリーグデビューさせるなど、今後を睨んだ用兵もみせ、このまま試合をクローズ。ウタカ躍動の京都が實好新体制と新本拠地での初勝利を手にした。 また、タピック県総ひやごんスタジアムで行われたFC琉球vsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。 ジェフユナイテッド千葉との開幕戦を0-1で落とした琉球は、すでに梅雨明けとなった中で待望のホーム開幕を迎えることに。対する福岡はギラヴァンツ北九州との開幕戦を1-0で制しており、長谷部新体制での開幕連勝を狙った。 試合は地の利を生かしたホームチームが主導権を握る展開に。セットプレーから沼田のポスト直撃のヘディングシュートや、茂木がGKセランテスを脅かす直接FKなど幾度かゴールに迫っていく。すると32分、自陣からのロングカウンターで阿部がドリブルで相手陣内に侵攻すると、ボックス手前から強烈な右足のミドルシュート。GKの手を弾いたボールが右ポストの内側を叩きゴールネットを揺らした。 阿部の個人技が光ったスーパーゴールによって琉球の1点リードで折り返した後半、今度は立ち上がりに福岡の助っ人ストライカーが魅せる。50分、前、重廣、フアンマ・デルガドと縦パスが繋がると、ペナルティアーク付近からドリブルで仕掛けたフアンマが中央をこじ開け、強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 フアンマの加入後初ゴールによって一気に流れを掴んだ福岡は、ここから攻守にギアを上げて逆転を目指していく。だが、効果的な選手交代で全体の強度を落とさないホームチームにややボールを持たされる展開が続き、徐々に攻撃が停滞してしまう。 試合終盤にかけても両チームは勝ち点3を目指して白熱の攻防を見せたものの、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップ。両チームのエースストライカー候補にゴールが生まれたものの、痛み分けのドローとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第2節 ▽6/28(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 ジュビロ磐田 FC琉球 1-1 アビスパ福岡 ▽6/27(土) 東京ヴェルディ 1-1 FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 3-3 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 0-0 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 4</span>-3 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 栃木SC ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ファジアーノ岡山 2-2 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 2020.06.28 20:44 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田、MF山本康裕とDF小川大貴が静岡の地元に消毒液を寄贈

ジュビロ磐田は4日、新型コロナウイルス感染予防の支援としてMF山本康裕とDF小川大貴が、それぞれの地元へ消毒液を寄贈したことを発表した。 山本は出身地である浜松市浜松北区に次亜塩素酸消毒液980リットルを寄贈、小川も出身地の富士市へ次亜塩素酸消毒液860リットルを寄贈したという。どちらも小中学校などの教育機関に配布される予定だ。 山本と小川はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしてる。 ◆山本康裕 「自分が生まれ育った町に、微力ですが、何か手助け出来ればと思い、次亜塩素酸消毒液の寄付をさせて頂くことになりました」 「これからを担う子供たちが、誰一人欠けることなく、安心・安全に生きていける状況を作っていくことが大人の役目だと思うので、これで一人でも多くの子供たちの笑顔を増やすことが出来ればいいなと思いますし、また、サッカーでも恩返しが出来るように頑張ります」 ◆小川大貴 「新型コロナウイルスの影響で学校にも行けず、友達にも会えない子供たちが多くいたと思います」 「非常事態宣言が解除された今、子供たちに少しでも安心して学校生活を送ってほしい、そして生まれ育った富士市に何か恩返しがしたい、そう思い、今回次亜塩素酸消毒液を寄付させて頂きました」 「まだまだ予断を許さぬ状況が続くと思いますが、全員で支え合い、この状況を乗り越えていければと思います。またスタジアムで共に戦える日を楽しみに、Jリーグ再開に向けて頑張ります」 2020.06.04 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田、1カ月ぶりにトップチーム活動再開を発表

ジュビロ磐田は22日、トップチームが25日から活動を再開することを発表した。 先月25日から新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりトップチームの活動を休止していた磐田。今月14日に静岡県が緊急事態宣言から解除されたことを受け、約1ヶ月ぶりに活動を再開する予定だ。当面の間はトレーニングは非公開で行うという。 クラブは、引き続き一層の注意を払って予防対策を行い、グループを分けるだけでなく時差を設けてトレーニングを行うと伝えている。 2020.05.22 19:49 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田が支援! 近隣の保健所や医療機関にマスク2万枚

ジュビロ磐田は20日、新型コロナウイルス感染予防の支援として、近隣の保健所および医療機関に対する2万枚のマスク寄付を発表した。 寄付先は静岡県西部保健所、浜松市保健所、磐田市立総合病院、聖隷浜松病院。選手会はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ジュビロ磐田選手会として上記医療機関・保健所にマスクを寄付させて頂きます。現在もまだ、多くの医療従事者の方々が新型コロナウイルスの脅威と闘ってくれています」 「静岡県内でのコロナ新規感染者も減りつつありますが、まだ予断を許さぬ状況には変わりないと思います。医療従事者の方々や保健所の方々を、ジュビロ磐田選手会として、微力ながらもサポートしていきたいと思います」 2020.05.20 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

静岡のJ4クラブが『One Shizuoka Project』を発足! 「静岡県のために自分たちができることを…」

静岡県を拠点とするジュビロ磐田、清水エスパルス、アスルクラロ沼津、藤枝MYFCのJリーグ4クラブの選手会は15日、新型コロナウイルスの支援を行うべく『One Shizuoka Project』の発足を発表した。 賛同者は磐田からDF櫻内渚、DF小川大貴、MF山田大記、FW中野誠也、清水からMF竹内涼、MF金子翔太 MF西澤健太、藤枝からGK杉本拓也、MF松岡亮輔、MF片岡爽、沼津からDF尾崎瑛一郎、MF前澤甲気の12名となる。 山田は『One Shizuoka Project』の設立理由として次のように説明している。 「ジュビロ磐田選手会の中で、地域の皆さんのために何かできないかと思っていました。そのなかで、県内のJ4クラブ何かできれば良いねという話が出ました。各クラブの選手にお声がけをして、1度ミーティングをオンラインで行ったのがきっかけです」 「僕らとしては4クラブの全員が出てきて、メッセージ動画を撮ったりしたら良いよねというぼんやりしたものでした。選手方に集まっていただいて、話し合いを行っていく中で、より多くの方に支援やメッセージを届けていきたい。地域にいろんなものを返していきたい気持ちが強い選手が多かったです」 「今後も静岡県のために自分たちができることを模索し、行動していこうという話になり、プロジェクトを立ち上げることになりました」 静岡県のJ4クラブ選手会が主導となり、活動していくという今回のプロジェクト。1つ目の取り組みとして、クラウドファンディングを行うという。2週間の期間で、目標金額は500万円。静岡県コロナ対策部に寄付して、県内PCR検査体制の拡充費用に充ててもらうことを目指す。また、リターンとしてユニフォームやグッズをプレセントが予定され、選手とオンラインで話せる特典も検討されているようだ。 もう1つは、『YouTube』チャンネルの開設。コンテンツの軸は2つで、1つ目は教育系のコンテンツだという。新型コロナウイルスの影響でインターハイや中体連が中止の中高生を中心とした悩みなどに答えていくようだ。また、エンタメ系に関しては、各クラブでの対決企画などを用意しており、ファンに投票形式で勝敗を決めてもらうとのこと。小学生以下の人たちにはQ&Aをオンラインで行うことも明らかにしている。 各クラブの選手会長を務める4選手は以下のようにコメントしている。 ◆小川大貴(ジュビロ磐田) 「サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔や元気を届けられないかがきっかけでした。4クラブで何かできないかと話が出た時に合同プロジェクトを行うこことは難しいことだったと思います。ですが、始動できたことを嬉しく思います。各クラブにも大変協力を頂いた部分もあったので感謝しています」 「このプロジェクトを通して、サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔を届けることが大切だと思います。その上で4クラブが垣根を超えて、こういったプロジェクトをできたことが本当に意味のあることだと思っています。普段はピッチ上でしのぎを削り会う相手ですけど、ピッチ外では手と手を取り合って助けていく姿勢は、見てくださる皆さんに大きな影響を与えることができると思います」 ◆金子翔太(清水エスパルス) 「今回、静岡合同でプロジェクトを立ち上げることができて嬉しく思います。清水エスパルスというクラブが成り立っているのは、まぎれもなくサポーターの皆さんやスポンサー、パートナーさん、地域の方々の支援だと思っています。そういった方達にエスパルス単体だけでなく、県内4つのJクラブで力を合わせることによってできあがる特別な力があると思っています。今後さまざな形でメッセージや支援などを届けられたらと思います」 ◆松岡亮輔(藤枝MYFC) 「この時期にみんな自粛生活のなかで、それぞれ選手が何かできないかと思っています。何かできないかと思うだけで、日常が過ぎていくだけではなく、山田選手を中心に各クラブに声をかけ、企画をしています。始動したのが2週間くらい前ですけど、かなりスピード感を持っているのは、山田選手を中心としたジュビロ勢のスピード感と実行力のおかげだと思っています。僕たちはそれに感謝しています」 ◆尾崎瑛一郎(アスルクラロ沼津) 「大変な状況のなか、どのクラブもどの選手もみなさんの声援によって日々やれていると思っています。そんな僕たちが何ができるかを考えていた時に、山田選手のプロジェクトのお話を聞いて、素晴らしいなと思いました。そのプロジェクトに参加できることを嬉しく思っています。僕たちだから必ずできることはあると思いますし、4クラブで力を合わせられるのは静岡ならではだと思います。強い思いを持ってプロジェクトをやっていきたいと思っています」 2020.05.15 18:30 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング