ジュビロ磐田

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ジュビロ磐田 6 1 3 4 6 8 -2 8
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-24
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第4節
ガンバ大阪 vs ジュビロ磐田
2019-04-28
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-05-03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
浦和レッズ vs ジュビロ磐田
2019-05-08
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第5節
ジュビロ磐田 vs 松本山雅FC
2019-05-12
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
FC東京 vs ジュビロ磐田
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
名古屋グランパス 1 - 0 ジュビロ磐田
2019.04.14
15:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
ジュビロ磐田 1 - 2 清水エスパルス
2019.04.10
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第3節
松本山雅FC 1 - 3 ジュビロ磐田
2019.04.06
16:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
湘南ベルマーレ 0 - 2 ジュビロ磐田
2019.03.30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
ジュビロ磐田 1 - 1 鹿島アントラーズ
基本データ

正式名称:ジュビロ磐田

原語表記:Jubilo IWATA

ホームタウン:磐田市

チームカラー:サックスブルー

関連ニュース
thumb

ジョー2戦連発の名古屋が上位追撃へ! 磐田破り3試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日に豊田スタジアムで行われ、名古屋グランパスがジュビロ磐田に1-0で勝利した。 上位を追走する名古屋は脳振とうのランゲラックが欠場となり、武田がスタメン入り。前節のダービーを落とした磐田は、大久保が今シーズン初めてベンチスタートとなり、2試合連続途中出場で2戦連発中のロドリゲスを5試合ぶりに先発起用するなど、数点の変更を施した。 入りからボールの主導権を握った名古屋だが、磐田も徐々に盛り返していく展開に。そのなかで、局面を細かなパスワークで崩しにかかる名古屋が定期的にゴールマウスに迫るが、磐田の粘り強い守備に手を焼いて、なかなか決定機らしい決定機を作りだすことができない。 迎えた後半も一進一退の攻防が続き、流れも前半と同様、名古屋がボールの主導権を握る展開になるが、守りから攻めの活路を見いだし続ける磐田が57分に決定機。波状攻撃からエレンと山田が立て続けにシュートを試みるが、いずれも決め切れず、先制機を逸してしまう。 さらに、63分にも磐田に敵陣左サイドで獲得したFKからチャンス。キッカーのエレンが左足でクロスを供給すると、アダイウトンがヘディングで合わせる。これが枠に飛び、武田の弾いたボールに新里が反応するが、米本にクリアされ、再びゴールチャンスを逃す。 すると、和泉と長谷川に代えて、相馬と前田を立て続けに投入した名古屋は75分、バイタルエリア中央のガブリエル・シャビエルが浮き球で単騎突破を試みると、大南のクリアミスを誘発。これに反応したゴール前のジョーが浮き球シュートを決め、名古屋が先制する。 ジョーの2戦連発となるシーズン4得点目で均衡を破った名古屋だが、76分にガブリエル・シャビエルが右ハムストリングを痛めて杉森と負傷交代。そうした逆境に苛まれながらの戦いを強いられたが、集中を高めた守備陣が踏ん張り、磐田に反撃のチャンスを与えない。 何とか追い付きたい磐田はアダイウトンと山田を下げて、小川航基とムサエフを立て続けにピッチに送り出して反撃に出たが、ロドリゲスのヘディングシュートは無情にもクロスバーを直撃。名古屋が3試合ぶりの白星を掴み、上位を追走した。 2019.04.20 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

平成最後の静岡ダービーを制した清水が待望の今季初勝利! 磐田はロドリゲスの2戦連発も実らず《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のジュビロ磐田vs清水エスパルスが14日にエコパスタジアムで行われ、アウェイの清水が1-0で勝利した。 連勝を目指す14位・磐田(勝ち点6)は、2-0で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節の湘南ベルマーレ戦と同じスタメンを起用した。 一方、ここまで勝利のない18位・清水(勝ち点2)は、1-2で敗れた前節のFC東京戦から1名変更。石毛に代えて中村慶太を起用した。 平成最後となった静岡ダービーは、清水が先にチャンスを作る。14分、ボックス右に抜け出した鄭大世が後方にボールを落とす。これを受けた金子がボックス右手前からクロスを供給すると、ニアサイドの北川がヘディングシュートを放つが、GKカミンスキーのセーブに遭う。 対する磐田は18分、ボックス右外でボールを受けた小川大貫がマイナス方向にボールを折り返す。走り込んだ山田がボックス中央から狙ったが、ブロックされる。だが、ゴール前のアダイウトンがこぼれ球に反応したが、枠を大きく外した。 すると36分、初勝利を目指す清水に先制点が生まれる。GK六反のフィードをバイタルエリア右で鄭大世が競り勝ち、ボックス中央の北川にパスを送るが、DFにクリアされる。しかし、このクリアボールがゴール前に飛ぶと、走り込んでいた鄭大世が反応してヘディングシュート。これがゴールネットを揺らして先制に成功する。 先制に成功した清水はさらに39分、金子の右CKからファーサイドの鄭大世が折り返す。ゴール前でフリーになっていた北川がシュートを放つが、ブロックされた。続く44分には、ルーズボールを拾った北川がバイタルエリア中央でDFを一人かわし、シュートを放つも、GKカミンスキーの攻守に遭う。追加点とはならなかったが、清水ペースで前半を終えた。 後半に入っても清水が攻勢な展開は変わらない。この状況に磐田は攻撃の活性化を図るべく、森谷に代えてロドリゲスを投入する。 それでもペースを渡さない清水が追加点。58分、敵陣中央で横パスをカットした中村慶太がすぐさまスルーパス。ボックス左に走り込んできた北川が左足でシュートを打つと、GKカミンスキーに当たったがゴールに吸い込まれた。 この失点を受け磐田は、大久保に代えて荒木、山田に代えてエレンと攻撃的なカードを切り、交代枠を使い切る。 すると磐田は71分、敵陣左サイドの深い位置まで駆け上がった途中出場のエレンがクロスを送る。ゴール前でフリーになっていた途中出場のロドリゲスが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、1点を返した。 追いつきたい磐田は終盤、イニシアチブを握り猛攻を仕掛ける。だが、ゴール前での精彩を欠き、シュートを打つことが出来ない。結局、最後までゴールを割ることができず試合が終了。2-1で勝利した清水は7戦目で待望の今季初勝利を飾った。敗れた磐田は連勝とはならなかった。 2019.04.14 17:21 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】平成最後の静岡ダービーで反撃の狼煙を上げるのは?《磐田vs清水》

明治安田生命J1リーグ第7節が13日から14日にかけて開催。14日のエコパスタジアムでは、13位・ジュビロ磐田(勝ち点6)と、最下位・清水エスパルス(勝ち点2)の静岡県を本拠地とする両チームが激突する。平成最後となった今回の静岡ダービーは今後、新時代を迎える今シーズンを戦い抜く上で、重要な一戦となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">平成最後の静岡ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ダービー最大の屈辱払しょくで波に乗るか</span>~ジュビロ磐田~ 3分け2敗と勝てない時期が続いた磐田だが、ようやく光が見えてきた。前節の湘南ベルマーレ戦(〇2-0)ではしぶとく攻勢を続け、オウンゴールで先制。試合終了間際にはGKカミンスキーの正確なスローからFWロドリゲスがダメ押しゴールを決め、今シーズン初の複数得点と4試合ぶりの無失点でついに初白星を掴んだ。さらに、ミッドウィークに開催されたYBCルヴァンカップの松本山雅FC戦でも3-1で勝利し、初めての連勝。ムードは間違いなく良くなっている。 そんな中で迎える静岡ダービーは何がなんでも勝利したい一戦。昨シーズン、J1リーグ第29節でのダービーマッチでは、1-5で大敗と大きな屈辱を味わった。それだけにリベンジへのモチベーションは高い。嫌な過去を払しょくし、公式戦3連勝で波に乗っていきたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆内容より結果…巻き返しへの一歩なるか</span>~清水エスパルス~ 一方の清水は、2分け4敗で最下位。前節は2位のFC東京相手にその立ち位置の差を感じさせない好試合を演じた。初先発を飾ったMFヘナト・アウグストの攻守への可能性、FW北川航也の開幕戦以来のゴールなど、ポジティブな収穫もあった。リーグ最多失点の守備はもちろん、攻守において露呈している勝負所でのミスや課題を修正する必要があるが、ヤン・ヨンソン監督が語るように徐々に「内容のある試合」はできている。 その上で今節は内容よりも結果が必要だ。どれだけ内容が良くなろうとも、結果が伴わなければ自信を失う。逆に、未勝利からの呪縛から解き放たれることで、一気に好転する可能性もある。ダービーによるものであれば尚更だ。ライバル撃破だけを目指し、今シーズン初の歓喜を手にすることで巻き返しへの一歩を踏み出したい。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ジュビロ磐田</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190414_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:大南拓磨、新里亮、高橋祥平 MF:松本昌也、森谷賢太郎、田口泰士、小川大貴 MF:山田大記、大久保嘉人 FW:アダイウトン 監督:名波浩<hr>初勝利を飾った前節と同様の先発メンバーを起用することを予想。前々節にはゴールを決め、前節にはオウンゴールを誘うなど、好調のMF松本昌也は、右サイドで先発する。1トップは3試合連続でアダイウトンが濃厚。守備に不安を抱える清水をかき乱せるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆清水エスパルス</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190414_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:六反勇治 DF:エウシーニョ、立田悠悟、ファン・ソッコ、松原后 MF:金子翔太、ヘナト・アウグスト、竹内涼、石毛秀樹 FW:鄭大世、北川航也 監督:ヤン・ヨンソン<hr>一方の清水も前節から変更なしか。前節、攻守両面で活躍したヘナト・アウグストは、MF竹内涼とボランチでコンビを組む。2トップには、北川とFW鄭大世。初白星へゴールを奪えるか。また、FWドウグラスもベンチ入りが濃厚。昨シーズンは北川と共に大勝に貢献しただけに、出番があるか注目が集まる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">平成最後の静岡ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF山田大記</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190414_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>昨シーズンのリベンジへカギを握るのは、MF山田大記だ。昨シーズン、チームが味わったダービーでの屈辱。その光景を山田はピッチの外から見ることしかできなかった。同試合前のリーグ戦で消化されるはずだった累積警告による出場停止が、台風での延期によって繰り越されたためだ。抗うこともできなかっただけに、この一戦にかける思いは強い。献身的なプレーで勝利に導けるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FW北川航也</span>(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190414_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、清水の注目選手は北川だ。昨シーズン、キャリアハイの13ゴールを決めた若きエースは、日本代表にも初選出。しかし、今シーズンは周囲からのプレッシャーが増したことやFWドウグラスの不在によるタスクの増加からか開幕戦以降、ネットを揺らすことができず。それでも前節、今シーズン2点目を記録すると、ミッドウィークのカップ戦でもゴール。徐々に復調しつつある。5-1と大勝したリーグでの前回対戦時には、2ゴール2アシスト。自身の活躍で清水を初勝利に導けるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ダービー勝利を浮上のきっかけに</span> 前節、リーグ6戦目にしてようやく初白星を飾った磐田と、未だ勝利がない清水。スタートに失敗している両者にとって、今回の“静岡ダービー”は、勝利で浮上のきっかけを手にしたい重要な一戦だ。 チームの勢いや状況を考えれば、磐田にやや分があると思われる。しかし、そういったものが意味をなさないのもダービーの醍醐味でもある。昨シーズンに味わった屈辱を払しょくしたい磐田と、初勝利を渇望する清水。意地とプライドを懸けた平成最後の静岡ダービーで笑い、反撃の狼煙を上げるのは…。注目の一戦は、14日の15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">平成最後の静岡ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.04.14 08:01 Sun
twitterfacebook
thumb

今季磐田加入のMF森谷賢太郎に第一子が誕生

ジュビロ磐田は11日、MF森谷賢太郎に第一子となる長女が誕生したことを発表した。 森谷はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ですが、このたび第一子(女の子)が誕生しました。今まで以上に責任感を持って、日々精進していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 森谷は2019年に川崎フロンターレから磐田に完全移籍。開幕前のケガで出遅れたものの、3月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節の鹿島アントラーズ戦で新天地デビューを飾り、2試合連続で先発出場している。 2019.04.11 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田、大井健太郎&川又堅碁の攻守柱が負傷…共に全治最低2週間の見込み

ジュビロ磐田は7日、DF大井健太郎と日本代表FW川又堅碁の負傷離脱を報告した。 2日の練習中に負傷した大井は全治3~4週間程度の右内側ハムストリングス肉離れ。3月27日に受傷した川又は左ヒラメ筋肉離れと診断され、トレーニング合流まで2~3週間の見込みだ。 磐田は6日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節の湘南ベルマーレ戦でシーズン初勝利。10日に行われる次戦、JリーグYBCルヴァンカップで松本山雅FCとのアウェイゲームに臨む。 2019.04.07 10:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング