ガンバ大阪

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ガンバ大阪 7 2 1 5 13 17 -4 8
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-28
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
ベガルタ仙台 vs ガンバ大阪
2019-05-04
16:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
ガンバ大阪 vs FC東京
2019-05-08
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第5節
ガンバ大阪 vs 清水エスパルス
2019-05-11
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
サガン鳥栖 vs ガンバ大阪
2019-05-18
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
ガンバ大阪 vs セレッソ大阪
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.24
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第4節
ガンバ大阪 4 - 1 ジュビロ磐田
2019.04.20
16:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
ガンバ大阪 1 - 1 大分トリニータ
2019.04.14
16:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
ガンバ大阪 0 - 1 浦和レッズ
2019.04.10
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第3節
清水エスパルス 1 - 1 ガンバ大阪
2019.04.06
14:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
サンフレッチェ広島 3 - 0 ガンバ大阪
基本データ

正式名称:ガンバ大阪

原語表記:GAMBA OSAKA

ホームタウン:吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市

チームカラー:ブルー&ブラック

関連ニュース
thumb

3勝1分けの仙台が決勝T一番乗り!大阪の2クラブは首位に浮上《YBCルヴァンカップ》

2019JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第4節が24日に各地で開催された。 ▽4/24(水) 【グループA】6発勝利の札幌が無敗で首位キープ 1勝2分け同士の対戦となったV・ファーレン長崎vs北海道コンサドーレ札幌は、6-3で札幌が勝利した。開始5分で鈴木武蔵のゴールで先制した札幌はその後も順調に得点を重ね、3-1で試合を折り返す。後半に入っても勢いは衰えず、48分と49分に立て続けにネットを揺らし大量リード。その後、2点を奪われるも、さらに得点を伸ばし、最終的に6-3で勝利。首位をキープした。 同組もう一方の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレのダービーは、1-0で横浜FMが勝利した。互いに一進一退の攻防が続いた前半、均衡を破ったのは横浜FMの大津だった。41分、遠藤が倒されて得たPKを大津が決めて先制。後半は横浜FMが試合を支配し1-0で逃げ切り、2位に浮上した。 V・ファーレン長崎 3-6 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">北海道コンサドーレ札幌</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス</span> 1-0 湘南ベルマーレ<hr> 【グループB】仙台4連勝ならずも突破決定! 開幕3連勝のベガルタ仙台と、1勝2敗のサガン鳥栖の一戦は1-1の引き分けに終わった。先制は鳥栖。43分、敵陣でボールを奪った安庸佑から右サイドでパスを受けた趙東建がボックス右に侵入してGKとの一対一を制した。だが仙台も後半立ち上がりから攻勢を強めると、58分の右CKでファーで照山が折り返したボールを平岡がオーバーヘッド。さらにそれをゴール前で長沢がヘディングでコースを変えてゴールイン。このまま試合はタイムアップを迎え、勝ち点を10に伸ばした仙台がグループステージ突破を決めた。 NACK5スタジアム大宮で行われた1勝2敗同士のFC東京と柏レイソルの一戦は2-0でFC東京が勝利した。序盤からペースを掴んだFC東京は50分、左サイドの大森晃のクロスをナ・サンホが頭で決めて先制。さらに89分には途中出場のディエゴ・オリヴェイラの公式戦5試合連続ゴールでダメ押し。単独2位となった。 ベガルタ仙台 1-1 サガン鳥栖 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京</span> 2-0 柏レイソル<hr> 【グループC】連勝のC大阪が首位浮上 ダービーマッチとなったセレッソ大阪vsヴィッセル神戸は1-0でC大阪が勝利した。積極的な入りを見せたC大阪が勢いそのままに先制。22分、右CKの場面で、一度相手にクリアされてしまうものの、ボックス手前左でこぼれ球を拾った田中が胸トラップから左足でシュートを沈めた。後半からウェリントンを投入した神戸は前半よりもチャンスは増えたものの、最後までゴールを奪うことは出来ず試合終了。連勝を収めたC大阪が首位に浮上した。 大分トリニータvs名古屋グランパスは2-2の引き分けに終わった。前半に1点ずつ取り合って迎えた後半、48分に右サイドのティティパンからスルーパスを受けた後藤がGKと一対一を制して勝ち越し弾を決める。逆転を許した名古屋は53分、千葉が2枚目の警告を受けて退場に。それでも数的不利の中互角の試合を演じる名古屋は83分、右サイドのスローインを受けた前田がクロス。相手のカットしたボールを相馬がもう一度中に折り返すと、赤崎が見事に流し込んで同点に。試合はこのままタイムアップを迎えた。 大分トリニータ 2-2 名古屋グランパス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪</span> 1-0 ヴィッセル神戸<hr> 【グループD】G大阪が首位に立つ ガンバ大阪vsジュビロ磐田は4-1でG大阪が勝利した。公式戦5試合白星がないホームのG大阪は10分にエースのファン・ウィジョのゴールで先制。さらにその2分後、左サイドを突破した田中がボックス左で相手を躱し、右足で流し込んで追加点を挙げた。61分に1点を返されるものの、この日のG大阪は折れずに得点を重ね、最終的に4-1で勝利。首位に浮上した。 もう一方の試合の清水エスパルスvs松本山雅FCは2-2のドローとなった。試合はアウェイの松本が23分までに2点のリードを得る展開に。しかし、ここから勢いは下火となり、43分に相手のロングボールからポストプレーを許すと、滝に決められ1点差に。さらに前半アディショナルタイムにも楠神のゴールを許し同点に。試合はそのまま終了した。 清水エスパルス 2-2 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 4-1 ジュビロ磐田 2019.04.24 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤保仁がJリーグ22年連続ゴールの大記録

ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(39)がJリーグ歴代最長記録となる22年連続ゴールの大偉業を成し遂げた。 G大阪は20日、ホームで行われた明治安田生命J1リーグ第8節で大分トリニータと激突。開幕から全試合で先発出場を続ける遠藤は1点ビハインドの71分、バイタルエリア中央でクリアボールに反応して右足ダイレクトでシュートを放つと、DF鈴木義宜に当たったボールがGKの逆を突いてゴールマウスに決まった。 鹿児島実業高校出身の遠藤は、1998年の横浜フリューゲルス入団後、1999年の京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)移籍を経て、2001年からG大阪でプレー。G大阪がJ2リーグを戦った2013年以外は、全てJ1リーグでの得点となる。 なお、今年が30代ラストシーズンの遠藤は現在、フィールドプレーヤー最多のJ1リーグ通算610試合に出場。あと21試合に出場すれば、昨年限りで現役を引退した元日本代表GKの楢崎正剛氏が持つ最多出場記録(631試合)に並ぶ。 2019.04.20 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

逆境にめげずのG大阪がヤット弾で連敗ストップ! 後半失速の大分は連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs大分トリニータは1-1のドローに終わった。 3連敗中のG大阪は3バックを初使用。先発メンバーにおいても、負傷欠場の藤春やファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬に代わり、菅沼や渡邉、田中、藤本淳吾を抜擢した。2連勝中の大分は、三平と星に代えて、高山とオナイウ阿道をスタメン起用した。 互いに立ち上がりから探り合いの様相を呈した試合は、大分がボールの主導権を握り、G大阪が守備に重きを置く構図に。そのなかで、21分、シーズン初先発だった渡邉が相手との交錯により、ファン・ウィジョとの負傷交代を余儀なくされてしまう。 そのわずか4分後、G大阪に不運が重なる。松本が右サイドからゴール前に上げたクロスをGK東口が弾き出すと、オナイウ阿道の左肩付近にディフレクトしたボールがゴールマウスへ。左腕に当たったようにも見えたが、G大阪陣営の猛抗議も実らず、大分が先制する。 ラッキーな形だが、オナイウ阿道の2試合連続ゴールで先制点を奪い取り、より勢いづく大分。その攻撃を凌ぎながら反撃に出たG大阪だったが、相手の勢いを削ぐようなボール回しにもリズムを狂わされ、アタッキングサードでシュートの形もままならない。 追うG大阪はハーフタイム明け、移籍後初先発だった田中を下げてアデミウソンを送り込み、布陣も従来の4バックに。前半と打って変わり、入りからアグレッシブな入りをみせると、59分に小野瀬も送り出して、より大分を守備に走らせる展開に持ち込む。 波状攻撃を転じるG大阪はファン・ウィジョのシュートが右ポストに嫌われる不運もあったが、71分にバイタルエリア中央でクリアボールに反応した遠藤が右足シュート。鈴木に当たったボールがGKの逆を突き、ゴールマウスに吸い込まれ、G大阪が遂に追いつく。 遠藤にシーズン初ゴールを許した大分は76分、オナイウ阿道を下げて後藤を投入。この交代策後、相手のプレッシャーが弱まったことでリズムを取り戻し始め、83分にボックス中央の後藤がヘディングシュートで勝ち越しゴールを狙うが、枠の上に外れてしまう。 その後、残る交代カードで三竿と小手川を送り出した大分が上位を追走すべく勝ち点3を目指したが、後半に意地をみせたG大阪が凌ぎ切り、連敗を「3」でストップ。大分は連勝が「2」で止まった。 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪に痛手…DF藤春廣輝が左鎖骨骨折で全治約10週間

ガンバ大阪は18日、DF藤春廣輝が左鎖骨骨折と診断されたことを発表した。全治は約10週間の見込み。 藤春は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節の浦和レッズ戦に先発出場。しかし、前半終了間際にDF森脇良太と接触し、転倒した際に左肩を痛めて負傷交代していた。 藤春は2011年に大阪体育大学からG大阪に入団。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 2019.04.18 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

守りの浦和がエヴェルトン決勝V弾! 一発に泣いたG大阪失意のホーム4戦全敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節が14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、浦和レッズがガンバ大阪に1-0で勝利した。 2連敗中の悪い流れに歯止めをかけたいG大阪は前節からスタメンを2名変更。今野がリーグ4試合ぶりの先発復帰となり、布陣も[4-2-3-1]から当初の[4-4-2]に戻した。 浦和はここ2試合で勝利なし。3試合ぶりの勝利を目指す今節に向けては前節から先発1名の変更にとどめ、最近の試合で使う4バックでなく、当初の3バックに立ち返った。 ナショナル・ダービーとしても注目が集まる一戦は、G大阪が開幕から3戦全敗のホームで初勝利を掴むべく、入りからボールの主導権を握り、浦和を揺さぶる展開となる。 ただ、守備陣に5バックを敷く浦和も守りを意識しつつ、シュートで終わる攻撃に持ち込み、反攻。前に勢いづくG大阪に試合のイニシアチブを執拗以上に握らせない。 そうしたなか、G大阪にアクシデント。左サイド深くをえぐる動き出しで存在感を高めた藤春が前半終了間際に左肩を痛めて、米倉との交代を余儀なくされてしまう。 互いに激しい攻防を繰り広げるものの、波に乗り切れない戦況が続く試合は53分、G大阪に決定機。遠藤の右CKから今野がヘディングシュートを放つが、GK西川が立ちはだかる。 攻勢のG大阪は続く73分、アデミウソンに決定機。個人技で左サイドから中に切り込み、右足シュートを放つと、DFにディフレクトしてゴールに向かうが、惜しくも左に外れる。 守りの時間が多い浦和は80分、ロングカウンターに持ち込み、左サイドからボールを持ち上がった柏木が逆サイドの武藤に展開。だが、シュートはDFのブロックに引っかかる。 だが、83分にマルティノスとアンドリュー・ナバウトの同時投入に動いた浦和は87分、右CKのクリアボールからボックス手前のエヴェルトンが右足一閃。これが決まり、浦和が先制した。 結局、守りに守った浦和がセットプレーのチャンスを生かしてG大阪を破り、3試合ぶりの白星。セットプレー一発に泣いたG大阪は3連敗となり、ホーム4試合で4敗目を喫した。 2019.04.14 18:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング