京都サンガF.C.

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 京都サンガF.C. 59 16 11 15 47 45 2 42
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-21
18:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
東京ヴェルディ vs 京都サンガF.C.
2021-04-25
14:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
レノファ山口FC vs 京都サンガF.C.
2021-05-01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
京都サンガF.C. vs 愛媛FC
2021-05-05
18:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
FC琉球 vs 京都サンガF.C.
2021-05-09
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
京都サンガF.C. vs モンテディオ山形
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
京都サンガF.C. 6 - 1 ギラヴァンツ北九州
2021.04.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
FC町田ゼルビア 0 - 1 京都サンガF.C.
2021.04.04
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
京都サンガF.C. 2 - 1 ジェフユナイテッド千葉
2021.03.28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
ブラウブリッツ秋田 1 - 0 京都サンガF.C.
2021.03.24
19:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
大宮アルディージャ 1 - 2 京都サンガF.C.
基本データ

正式名称:京都サンガF.C.

原語表記:Kyoto Sanga Football Club

ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市

チームカラー:パープル

関連ニュース
thumb

京都が北九州に6発圧勝!ウタカがハットトリックで本領発揮【明治安田J2第8節】

明治安田生命J2リーグ第8節の10試合が、17日に各地で行われた。 2連勝中の京都はホームのサンガスタジアムbyKYOCERAで北九州と対戦。立ち上がりから押し込むと17分、敵陣左サイドのスローインからワンタッチでパスが繋がり、武田がボックス右のウタカに展開。フリーのウタカはワントラップから右足の豪快なシュートを突き刺し、先制点を挙げた。 さらにウタカは23分、京都が波状攻撃を仕掛ける中で、飯田がボックス右角付近から上げたクロスをファーサイドで左足ボレーで合わせて追加点。これで勢いに乗った京都はその3分後、ボックス右に走り込んだ飯田が宮吉からパスを受けると、右足を振り抜いたシュートは右ポストを当たりながらもゴールに吸い込まれて3点目。飯田はこれはプロ初ゴールとなった。 その後、43分に1点を返されるも今日の京都には焼け石に水。後半立ち上がりの52分、左CKの流れでボックス右の福岡から中央でパスを受けたウタカがゴールに流し込んでハットトリックを達成。さらに72分と75分には、それぞれセットプレーからヨルディ・バイスが2点を決めて、6-1で京都が圧勝。会心の勝利で3連勝を収めた。 これで3位の京都が上位に迫った一方、首位の新潟はホームで金沢と対戦。相手にほとんどシュートを打たせることなく攻勢を維持したまま試合をすすめるが、なかなか肝心の1点が遠い。その中で65分にここまで全試合先発出場のロメロ・フランクが相手との接触で負傷。担架に乗せられ交代を余儀なくされてしまった。 嫌な雰囲気が漂ったが、試合を決定づけたのは、その交代で投入された矢村だった。77分、新潟は相手の攻撃回避のためにGK阿部が前方へロングフィードを送ると、ピッチ中央で高木が競り合ったこぼれ球を本間が前線へ運ぶ。ペナルティーアーク付近で並走する矢村がパスを受け、最後はボックス右からの強烈なシュートでゴールイン。これが決勝点となり、今季7勝目を挙げた。 また、新潟と勝ち点で並ぶ琉球も勝利を収めた。ホームで東京Vを迎えた一戦は、2連勝中と勢いのある相手に苦戦を強いられる。だが、41分に東京Vの佐藤が倒れた際に琉球の富所を足裏で押すように攻撃を妨害。これが一発レッドカードと見なされ退場となると、後半から琉球が徐々に押し込んでいく。 62分、左サイドから沼田が上げたクロスをボックス右の風間宏矢が頭で落とすと、走り込んだ田中が押し込み琉球が先制。さらにその6分後には、ドリブルでペナルティエリアに侵入した富所に対して、平が腕を使って侵攻を阻止したため、琉球にPK献上。これを富所が決めて、2-0で勝利した。 ◆第8節 ▽4/17(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 6</span>-1 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 3-3 ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 0-0 栃木SC 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 東京ヴェルディ ▽4/18(日) SC相模原 - ジュビロ磐田 2021.04.17 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「こっちまで泣きそうになった」失点関与で涙の荻原とウタカのアツい抱擁にファンも感動「いいチームだ」

雷雨の影響で試合途中で中止となっていた明治安田生命J2リーグ第3節の大宮アルディージャvs京都サンガF.C.の一戦が24日にNACK5スタジアム大宮で開催された。 MF武富孝介のゴールにより、京都が1点リードした状態の19分からキックオフする異例なシチュエーションでの一戦。1点リードの京都がボールの主導権を握り、攻め入るが、1点ビハインドでキックオフした大宮も粘りある守備から縦に鋭い仕掛けで応戦する。 その大宮は44分にDF西村慧祐が前線のMF松田詠太郎にロングフィードを出すと、前線の松田が処理に入った京都DF荻原拓也の中途半端なバックパスを前がかった相手GKの前でカット。素早くゴール前に折り返されたボールをFWネルミン・ハスキッチが冷静に流し込み、追いついた。 それでも京都は84分、ボックス右のスペースに出たボールを追ったFWピーター・ウタカが飛び出して処理しようとしたGK上田智輝と交錯してPKのチャンスを獲得。これをピーター・ウタカが右足でゴールど真ん中に決め切り、ピーター・ウタカの今季3ゴール目が決勝点となり、京都が開幕戦以来の白星を掴んだ。 失点に関与した荻原はハーフタイムで交代。チームは勝利したものの、失点の責任を感じてか目に涙を浮かべていたが、試合後には決勝点を奪ったピーター・ウタカが荻原を優しく抱き寄せ、励ます場面もあった。 京都の公式ツイッターでこのやり取りが公開されると、ファンからは「こっちまで泣きそうになった」「ウタカには惚れてしまう」「いいチームだ」と称賛の声が集まったほか、「ミスは誰にでもある」「これを機に強くなれよ」「オギも熱いな」と荻原を励ます声もあった。 浦和レッズからレンタルで加入している荻原は21歳。このミスを糧にさらに成長してほしい。 <span class="paragraph-title">◆ウタカと荻原のアツい抱擁にもらい泣き!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=xqs86t84y6qc1p3oqwexq9o7y" async></script> 2021.03.25 12:43 Thu
twitterfacebook
thumb

【PHOTOギャラリー】明治安田生命J2リーグ第3節 大宮アルディージャ 1-2 京都サンガF.C./NACK5スタジアム大宮

24日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節の大宮アルディージャvs京都サンガF.C.は1-2でアウェイの京都が勝利。前半19分、0-1からの異例の再開となった。 大宮アルディージャ 1-2 京都サンガF.C. 【大宮】 ネルミン・ハスキッチ (前44) 【京都】 武富孝介 (前18) ピーター・ウタカ (後40) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_01.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_02.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_03.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_04.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_05.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_06.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_07.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_08.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_09.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_10.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_11.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_12.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_13.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_14.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_15.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_16.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_17.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_18.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_19.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_20.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_21.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_22.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_23.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_24.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_25.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_26.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_27.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_28.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_29.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1500/img/2021/photo210324omy_kyo_30.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> 2021.03.25 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

雷雨で中止の大宮vs京都は24日に開催、中断時の0-1から試合再開に

大宮アルディージャは14日、13日に中止となった明治安田生命J2リーグ第3節の京都サンガF.C.に関して、開催日が決定したことを発表した。 京都戦は、24日(水)にNACK5スタジアム大宮にて開催。19時キックオフに決定した。 なお、試合は前半19分、0-1の状況から再開することも決定している。 試合の再開方法は「試合を中止した前半19分時点からとし、メインスタンドから見てピッチ左側に大宮、右側に京都が配置し、大宮のキックオフにて再開」とのことだ。 また、メンバーに関しては「原則として、3月13日の試合中止時点で出場していた選手で試合再開」となり、)怪我・疾病等により出場が困難な場合は、中止試合の控え選手から再開試合の出場選手を選出されることとなる。 13日の試合では、試合前から雨が降りしきる中でキックオフ。18分に京都が荻原拓也のシュートのこぼれ球を武富孝介が押し込んで0-1としていた中、雷雨が激しくなり中止の判断が下されていた。 2021.03.14 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

J1通算289試合出場、名古屋のJ1初優勝に貢献したDF増川隆洋が現役引退「ケジメを付けさせていただきます」

京都サンガF.C.は17日、DF増川隆洋(41)の現役引退を発表した。 増川は兵庫県出身で、琴丘高校から大阪商業大学へと進学すると、2002年にアビスパ福岡へ練習生として入団。2003年に正式契約を結んだ。高校時代の同級生には元日本代表FW播戸竜二氏がいた。 2005年には名古屋グランパスへと完全移籍。長身を生かした守備で主力としてプレー。2010年には、DF田中マルクス闘莉王とセンターバックコンビを形成し、チームのJ1リーグ初優勝に貢献し、ベストイレブンにも選ばれていた。 その後、2014年にヴィッセル神戸へ、2016年に北海道コンサドーレ札幌、2018年に京都へと移籍。2019年限りで京都を退団し、所属先を探していた。 J1通算289試合11得点、J2通算110試合6得点、リーグカップ通算47試合2得点、天皇杯通算25試合5得点を記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも19試合に出場していた。 増川はクラブを通じてコメント。ケジメを付けると下。 「本日、私、増川隆洋は現役引退を発表させていただきます。昨年無所属になった後も現役続行の道を熟考しましたが、この場を借りてケジメを付けさせていただきます」 「些細なきっかけで始めたサッカーが、夢を育て、日々の活力となり、そして責任感を与えてくれました。プロになれるチャンスを与えてくれたアビスパ福岡をはじめ、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、北海道コンサドーレ札幌、京都サンガF.C.の5クラブで17年間もプレーさせていただきました。どのクラブでも多くの方のサポートのおかげで充実した現役生活を送ることが出来ました」 「幼い時から私を支えてくれた友人や指導者の方々、各クラブでお世話になったクラブ関係者の皆様、監督、コーチ、チームメイト、スポンサー企業の方々、ファン、サポーターの皆様、私に関わってくれた全ての方々に感謝します。また、このような引退発表の場を与えてくださった京都サンガF.C.さまのご厚意に御礼申し上げます」 「そして最後に…どんな時もそばにいてくれた父、母、兄、妻、子どもたち、本当にありがとう」 2021.02.17 15:15 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング