京都サンガF.C.

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 京都サンガF.C. 48 14 6 3 35 16 19 23
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-08-09
18:30
明治安田生命J2リーグ
第24節
京都サンガF.C. vs FC町田ゼルビア
2021-08-14
18:00
明治安田生命J2リーグ
第25節
松本山雅FC vs 京都サンガF.C.
2021-08-22
19:00
明治安田生命J2リーグ
第26節
水戸ホーリーホック vs 京都サンガF.C.
2021-08-28
18:30
明治安田生命J2リーグ
第27節
京都サンガF.C. vs 東京ヴェルディ
2021-09-04
明治安田生命J2リーグ
第28節
ヴァンフォーレ甲府 vs 京都サンガF.C.
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.07.17
18:30
明治安田生命J2リーグ
第23節
京都サンガF.C. 1 - 1 アルビレックス新潟
2021.07.11
19:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
ギラヴァンツ北九州 0 - 2 京都サンガF.C.
2021.07.03
18:30
明治安田生命J2リーグ
第21節
京都サンガF.C. 0 - 2 V・ファーレン長崎
2021.06.26
18:30
明治安田生命J2リーグ
第20節
京都サンガF.C. 2 - 0 ファジアーノ岡山
2021.06.19
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
ツエーゲン金沢 1 - 2 京都サンガF.C.
基本データ

正式名称:京都サンガF.C.

原語表記:Kyoto Sanga Football Club

ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市

チームカラー:パープル

関連ニュース
thumb

山形がクラブ記録の6連勝で磐田の無敗ストップ! 新潟とドローの京都が首位で中断期間へ【明治安田J2第23節】

明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が17日に各地で行われた。 前節、レノファ山口FCと引き分け連勝が「8」でストップした首位のジュビロ磐田(勝ち点48)は、東京オリンピック開催に伴う中断前最後の一戦でピーター・クラモフスキー体制移行後9戦無敗(8勝1分け)で6位に付けるモンテディオ山形(勝ち点39)との上位対決に臨んだ。 試合はキックオフ早々にいきなり動く。開始30秒、ハーフウェイライン付近の右から半田の縦パスに抜け出した中原がボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返すと、中央に走り込んだ林が右足のダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。 電光石火のゴールで勢いづくアウェイチームは以降もファジーなポジショニング、相手の布陣とのミスマッチを生かしながらボールの主導権を握る。これに対して磐田は徐々に落ち着きを取り戻すと、11分にはボックス付近で松本と短いパス交換を行った山本康がグラウンダーの左足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 以降は磐田がボールを握り返して押し返していくが、ルキアンらをうまく抑え込まれてなかなか決定機まで持ち込めない。すると、37分には右サイドの半田からの斜めのパスをボックス手前の林が絶妙なワンタッチで落とすと、最後は中原が完璧な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、起点となった半田を含め林と中原のコンビで2点を奪って試合を折り返した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きビハインドの磐田がボールを保持して相手を押し込む。立ち上がりこそ山形の鋭いカウンターに晒されたが、53分にはボックス右で大津が放ったシュートのこぼれ球をルキアンが押し込み、得点ランキング単独トップとなる12ゴール目を挙げた。 早い時間帯に1点を返して勢いづく磐田は相手陣内でハーフコートゲームを展開。防戦一方の山形に対して、ボックス内で幾度も際どいシュートシーンを作り出すが、GKビクトルや相手守備陣の再三の攻守に阻まれる。 その後、小川航や大森、ファビアン・ゴンザレスと攻撃的なカードを切った磐田は力業で相手ゴールをこじ開けにかかるが、山形の粘りが勝って試合はこのままタイムアップを迎えた。 この結果、前回対戦に続き磐田を破った山形が2008年以来となるクラブ記録となる6連勝を達成した。一方、磐田は13戦ぶりの黒星を喫している。 また、サンガスタジアム by KYOCERAで行われた2位の京都サンガF.C.(勝ち点47)と、3位のアルビレックス新潟(勝ち点44)の上位対決は、1-1のドローに終わった。 共に前半戦最終戦を落とすも、後半戦を白星スタートで飾った両雄による注目の直接対決は、前回対戦同様に球際のバトルが強調される白熱の展開に。ホームの京都がアグレッシブな前からの守備で主導権を掴むと、15分には古巣対戦の荻原の鋭い左クロスからゴール前に攻め残っていたヨルディ・バイスに続けて決定機が訪れる。だが、ここはGK小島のビッグセーブなどに阻まれ、早い時間帯の先制点とはならず。 それでも、攻勢を続ける京都は30分過ぎにゴールをこじ開ける。34分、武田からの短い縦パスを収めたピーター・ウタカが左サイドのスペースに走り込む荻原に丁寧なパスを通すと、荻原がボックス左で得意の左足を振り抜き古巣のゴール右隅へ突き刺した。 荻原のJ2初ゴールで先手を奪ったホームチームは以降もウタカ、福岡のシュートで2点目に迫るが、新潟も攻撃こそ停滞したものの粘りの守備で追加点は許さずに前半を終えた。 迎えた後半は選手交代とハーフタイムの修正によってビルドアップを改善した新潟が相手を押し込んでいく。京都は前半のようになかなか良い形でボールを奪えなくなるが、粘りの守備で決定機を許さず。 その後は互いに交代カードを積極的に切って行く中、藤原がボックス内で倒される際どい場面があったもののPKは与えられず。そして、微妙なレフェリングが続いたこともあり、試合はカードが飛び交う荒れ模様の展開に。 そういった中、75分には左サイドを打開した途中出場の本間からの折り返しに反応した高木がペナルティアーク付近から右足を振ると、コース自体は甘かったものの、ボールをキャッチにいったGK若原が痛恨のファンブル。そのままゴールネットに吸い込まれた。 1-1の振り出しに戻った試合は終盤にかけても一進一退の攻防が続く。互いに幾度か相手ゴールに迫るが、身体を張った粘りの守備を崩し切れず。後半アディショナルタイムには新潟がボックス手前左の好位置でFKを獲得したが、本間が右足で直接狙ったシュートは壁に阻まれた。 この結果、新潟との上位対決をドローで終えた京都が勝ち点で並んだ磐田を得失点差で抜き、首位で中断期間を迎えることになった。 その他の試合では8位のV・ファーレン長崎(勝ち点37)と、18位のギラヴァンツ北九州(勝ち点19)の“九州ダービー”は、ウェリントン・ハットのJ初ゴールを含む2ゴールの活躍により、長崎が3-2で競り勝っている。。また、3連勝で5位に付けるヴァンフォーレ甲府(勝ち点40)と、7戦未勝利で降格圏手前の17位に位置する栃木SC(勝ち点21)の一戦は、鳥海の前半序盤のゴールを守り切った甲府が豊田陽平スタメンデビューの栃木を破り、4連勝を達成した。 ◆第23節 ▽7/17(土) 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 ツエーゲン金沢 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> 京都サンガF.C. 1-1 アルビレックス新潟 ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-2 ギラヴァンツ北九州 ▽7/18(日) 《18:00》 ファジアーノ岡山 vs ザスパクサツ群馬 《19:00》 大宮アルディージャ vs FC琉球 FC町田ゼルビア vs SC相模原 愛媛FC vs 東京ヴェルディ 2021.07.17 21:07 Sat
twitterfacebook
thumb

京都が福島の主砲イスマイラ獲り! 「自分にとって大きな挑戦」

京都サンガF.C.は9日、福島ユナイテッドFCからFWイスマイラ(22)の完全移籍加入を発表した。14日からチームに合流する見込みだ。 ナイジェリア国籍のイスマイラは身長188cmの長身ストライカー。U-17ナイジェリア代表歴も持ち、2019年4月の福島入りを機に来日した。 初年度こそ明治安田生命J3リーグで4得点に終わったが、昨季は得点ランキング4位の13得点を記録。今季はここまで2位タイの6得点だった。 FWピーター・ウタカに続くセンターFWとして、J2リーグ2位の京都入りが決まったイスマイラ。京都公式サイトを通じて意気込みを語った。 「この移籍は、自分にとって大きな挑戦になります。京都サンガF.C.という新たなチームで、自分の力を発揮することで、チームの力になって、共に目標を達成できると信じています」 一方、福島の公式サイトを通じてはシーズン途中の移籍を詫び、これまでのサポートとともに新天地での活躍を誓った。 「シーズン途中にチームを離れることになり、福島の皆さんに非常に申し訳なく思っています。ただ、もっと自分の力を示すために、上のステージでプレーしてみたいと思いました。福島の皆さんにはとても感謝しています。またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました」 2021.07.09 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟を振り切った磐田が怒涛の8連勝で首位浮上!【明治安田J2第21節】

3日、明治安田生命J2リーグ第21節の10試合が各地で行われた。 エコパスタジアムでは2位の磐田(勝ち点44)と、3位の新潟(勝ち点41)が激突。7連勝中の磐田は勢いそのままに上位対決でも猛威を振るう。 まずは6分、オフサイドギリギリで左サイドを抜け出した松本がボックス左から右足でゴールを沈めて先制。早々にゴールを奪うと、18分には大津が左サイドから上げたクロスを、ボックス右でフリーとなっていたルキアンが右足で合わせて追加点を挙げる。 さらに32分には、FKのセカンドボールを拾った大津がボックス手前からシュートを放つと、当たり損なったところを森岡が拾い、ゴールに流し込んだ。 これで大きく勝利に近づいた磐田は、35分に相手の直接FKがクロスバーに救われながらも無失点で後半へ。追加点は奪えずも失点も許さず試合を進めていたが、79分にハンドでPKを献上。 これをロメロ・フランクに決められ1点を返されると、90分には谷口にもゴールを許し、1点差に。結局は辛勝となってしまったものの、破竹の8連勝を収めた。 一方、前節終了時点で首位の京都(勝ち点44)は、ホームのサンガスタジアムで8位の長崎(勝ち点33)を迎撃。16分の宮吉のシュートで先にチャンスを迎えたが、22分に自陣左サイドの深い位置でボールを奪われたところからカイオ・セザールのゴールを許してしまう。 このゴールでリードして後半を迎えた長崎は、京都の攻撃を耐えつつ次以下店のチャンスを窺う。すると56分、今度は右サイドの高い位置でボールを奪い、エジガル・ジュニオがボックス左から流し込み追加点。 その後は守りを固め、2点リードを保ったまま試合終了。白星を奪われた京都は、磐田に首位の座を明け渡している。 ◆第21節 ▽7/3(土) 水戸ホーリーホック 0-0 レノファ山口FC 栃木SC 1-1 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 ザスパクサツ群馬 SC相模原 0-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 東京ヴェルディ 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 モンテディオ山形</span> ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-2 アルビレックス新潟 ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽7/4(日) 愛媛FC vs ブラウブリッツ秋田 2021.07.03 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟と京都が揃って勝点逸…遠藤保仁J通算700試合到達の磐田が2位浮上【明治安田J2第18節】

13日、明治安田生命J2リーグ第18節の全試合が各地で行われた。 ここ数試合で調子を落とす京都と新潟は今節も苦しむことになった。群馬をホームに迎えた2位の京都(勝ち点37)は、12分にバイスのロングボールを起点に味方の落としを受けたウタカのシュートというシンプルな展開で先制。しかし、前半アディショナルにPKを献上し、同点とされてしまう。 それでも64分に、ボックス中央のこぼれ球を拾ったウタカのゴールで勝ち越し。だが、77分の群馬のCKで渡辺にヘディングシュートを流し込まれ再び同点に持ち込まれると、結局2-2で決着。3試合連続ドローとなった。 一方、首位の新潟(勝ち点37)も岡山とのホーム戦。前半に再三のチャンスを作りながらもゴールレスで後半を迎えると、68分に上門に守備ラインの隙を突かれ失点。 その後、島田と藤原がミドルシュートを狙うも、GK金山がゴールに蓋をする。さらに後半アディショナルタイムでは、CKから鈴木がヘディングシュートを放つが、左ポストに嫌われ万事休す。0-1で敗れ、ここ5試合で3敗目を喫した。 そして、そんな上位2チームの喉元に食らいついたのが3位の磐田(勝ち点35)だ。5位の甲府(勝ち点30)との上位戦となったなか、この試合で遠藤保仁がJ通算700試合出場を達成。 そんな記念すべき試合は意外なスタートを切る。4分、クリアボールからルキアンにボールが渡って一気にチャンスを迎えた磐田。ここにチェックにいったメンデスがボックス手前で背後から倒してしまい一発退場に。 これで大きなアドバンテージを得たホームの磐田は15分、遠藤の左CKのセカンドボールを拾った大津が、ボックス中央から強烈なシュートをGKの頭上に突き刺し先制。 最後までこのゴールを守り切り、磐田が破竹の5連勝。京都と勝ち点38で並び、2位に浮上している。 その他では、霜田正浩監督を迎え、新体制となった大宮がホームで栃木と対戦。開始5分にイバのゴールで幸先よく先制するも、40分に矢野にゴールを許し1-1のドロー。連敗は回避したものの、14試合未勝利となった。 ◆第18節 ▽6/13 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-0 SC相模原 ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> 京都サンガS.C. 2-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 松本山雅FC FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 愛媛FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> 大宮アルディージャ 1-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 ギラヴァンツ北九州 2021.06.13 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、2試合連続のゴールレスドローで首位浮上のチャンス逃す…金沢は8試合ぶり白星【明治安田J2第17節】

6日、明治安田生命J2リーグ第17節の3試合が各地で行われた。 前日に首位の新潟が引き分けたため、再びテーブルのトップに立つチャンスが巡ってきた京都(勝ち点36)は、アウェイで16いの栃木(勝ち点18)と対戦。34分に荒木のスルーパスから武富がシュートに繋げるが、ここは惜しくも枠の右へ。 続く36分には、中川がボックス手前左からのミドルシュートでGKを強襲。前半はアウェイチームが押し込む展開に。 引き続き後半も京都の攻勢が続く中、77分に最大の決定機。途中出場の中野克哉が右サイドから上げたクロスをボックス中央の武富が胸トラップからシュートへ。しかし、栃木GK川田のファインセーブに遭ってしまった。 結局、シュート2本の栃木に対し、京都の10本はどれも実らず2試合連続のゴールレスドローに。新潟と同じ勝ち点37で2位につけている。 その他、7試合未勝利の金沢(勝ち点19)と、11試合白星から遠ざかっている大宮(勝ち点11)の一戦は、30分に13試合ぶりのゴールを決めた瀬沼の活躍で、ホームの金沢に軍配が上がった。なお、大宮はこの結果、クラブ史上最長となる未勝利記録に並んでしまっている。 ◆第17節 ▽6/6 栃木SC 0-0 京都サンガF.C. ジェフユナイテッド千葉 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 大宮アルディージャ ▽6/4 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 2</span>-1 水戸ホーリーホック ▽6/5 レノファ山口FC 2-2 愛媛FC ヴァンフォーレ甲府 2-2 アルビレックス新潟 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 FC町田ゼルビア</span> ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジュビロ磐田</span> ブラウブリッツ秋田 1-1 FC琉球 SC相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> 2021.06.06 17:24 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング