松本山雅FC

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 松本山雅FC 54 13 15 14 44 52 -8 42
基本データ

正式名称:松本山雅FC

原語表記:Matsumoto Yamaga FC

ホームタウン:長野県/松本市、塩尻市、山形村、安曇野市、大町市、池田町、生坂村、箕輪町、朝日村

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

昨季広島で15ゴールのレアンドロ・ペレイラがG大阪に加入!

ガンバ大阪は22日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラ(29)が松本山雅FCから完全移籍で加入することを発表した。 2019年に松本に加入し、ブラジルから地球の反対側からやってきたレアンドロ・ペレイラ。同年8月に期限付き移籍でサンフレッチェ広島に加入すると、移籍後のJ1リーグ9試合で4ゴールを記録。97分に1ゴールという得点力の高さを見せつけた。 昨シーズンは期限付き移籍を延長し広島に残留。チームは8位という結果だったが、個人としては得点ランキング3位の15ゴールを挙げる活躍を披露した。それでも完全移籍には至らず、松本に復帰していた。 そしてこの度、昨季2位のガンバ大阪への移籍が決定。クラブ公式サイトで「ガンバに加入できる事になってグループの一員になれて嬉しいです。そして全ての皆さんの期待に応えられるように頑張ります。早くチームメイトのみんなに会える事を楽しみにわくわくしています」とコメントを残した。 一方で、松本のサポーターに向けては別れの挨拶を残すとともに、J1で戦えることを今の夢だと語った。 「松本山雅で僕の日本でのキャリアをスタートできたことを感謝してます。温かく迎え入れてていただき嬉しく思いましたし、アルウィンのサポーターの熱量は一生忘れません!僕の今の夢は、J1の舞台で松本山雅とアルウィンで対戦することです。また会いましょう!」 2021.01.22 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

「J2昇格・J3優勝」長野が松本DF山本龍平を育成型期限付き移籍で獲得

AC長野パルセイロは21日、松本山雅FCのDF山本龍平(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2021年2月1日~2022年1月31日までとなり、松本との公式戦には出場できない。背番号は「33」をつける。 山本は四日市中央工高校から2019年に入団。シーズン途中にモンテディオ山形へ期限付き移籍を経験。2020シーズンは松本でプレーしていた。 2020シーズンは明治安田J2で8試合に出場していた。 山本はクラブを通じてコメントしている。 ◆AC長野パルセイロ 「松本山雅FCから来ました山本龍平です。J2昇格・J3優勝し選手・サポーターの皆さんと一緒に喜びを分かち合えるよう、全力を尽くします」 ◆松本山雅FC 「また、この松本の地でサポーターの皆さんと勝利を分かち合える日を迎えられるように、精一杯頑張ってきます」 2021.01.21 15:41 Thu
twitterfacebook
thumb

キャンプ実施中の松本でトップチーム選手1名が新型コロナウイルスに感染… 選手2名が濃厚接触者に

松本山雅FCは20日、トップチーム選手1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が下ったことを報告した。 現在静岡県内にてキャンプを実施している松本。18日に行われたJリーグ提供によるPCR検査を受検した結果、選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたとのことだ。当該選手に発熱や体調不良等の症状はない。 また、保健所による調査の結果、トップチーム選手2名が濃厚接触者と判断され、後日PCR検査の実施が決定しているという。 この結果を受け、クラブは20日、前述した3名を除くキャンプ参加中の全選手・スタッフを対象に改めてPCR検査を実施。全員が陰性判定を受けたとのことで、20日の午後から練習を再開している。 2021.01.20 18:09 Wed
twitterfacebook
thumb

松本、鹿島からFW山口一真を完全移籍で獲得! 昨季は水戸で15ゴールとブレイク

松本山雅FCは13日、鹿島アントラーズからFW山口一真(24)の完全移籍加入を発表した。なお、背番号は「45」を着用する。 阪南大学から2018年に鹿島へ入団した山口は、在籍2年間で明治安田生命J1リーグ17試合で1ゴールと結果を残せず。しかし、昨季にレンタル移籍で加わった水戸ホーリーホックでは明治安田生命J2リーグ35試合で得点ランキング4位となる15ゴールを決めてブレイクを果たしていた。 左ヒザの負傷で昨年12月から欠場が続いていた山口は、3クラブ公式サイトを通じて感謝の言葉を残している。 ◆松本山雅FC 「はじめまして、山口一真です。まずは、左ひざの大怪我をしている自分に声を掛けてくれた松本山雅に心から感謝しています。このクラブの加入できて、本当にうれしいです。僕は父親、母親、親戚、すべて長野県出身で、僕自身も長野県の佐久市で生まれました。松本山雅という多くのサポーターが応援してくださるクラブで、たくさんのゴールを決め、皆さんに喜びを与えられるような選手になることが目標です。必ず勝利に貢献し、自分の目標を結果で証明してみせます」 ◆鹿島アントラーズ 「大学生の時、鹿島アントラーズというビッグクラブから声を掛けていただいた時の嬉しさと興奮、2018年のホーム名古屋戦でプロ初アシストをした時のスタジアムの大声援と鳥肌が立ったことは、一生忘れられません。アントラーズでたくさんのゴールを決め、このクラブで活躍する選手になることはできませんでしたが、2年間プレーできたことは一生の財産です。この先、アントラーズの対戦相手として、カシマスタジアムでゴールを決められるような選手に成長したいと思います」 ◆水戸ホーリーホック 「僕は鹿島アントラーズで2年間満足に試合に出ることができず、自分のサッカーキャリアにおいて自信をなくしていました。水戸はそんな僕に声をかけてくれ、信頼して使い続けてくれたおかげで、自分は結果を出し、勝利に貢献することができました。本当に感謝しています。シーズン終盤に左ひざの大怪我を負い、入院中、試合会場に掲げられた励ましの横弾幕を映像で見た時は、グっときました。唯一、心残りなことは、アツマーレの体育館でサポーターの方々とした『J1昇格』という約束を守れなかったことです。本当にすみません。この1年間で、水戸は自分にとって心から大切なクラブとなりました。どこへ行っても、温かく応援してほしいです」 2021.01.13 15:43 Wed
twitterfacebook
thumb

松本が山本真希の現役引退を発表 「またどこかで会いましょう」

松本山雅FCは10日、MF山本真希(33)の現役引退を発表した。 山本は2005年に清水エスパルス下部組織からトップチーム昇格後、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、川崎フロンターレ、ジェフユナイテッド千葉を経て、2019年夏から松本でプレー。完全移籍に移行した2020年は明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。 通算成績はJ1リーグ160試合11得点、J2リーグ75試合5得点、Jリーグカップ44試合2得点、天皇杯19試合2得点、AFCチャンピオンズリーグ6試合。現役引退に際して、クラブ公式サイトで感謝の言葉を綴っている。 「ご報告が遅くなってすみません。このたび引退する決断をしました。松本山雅で過ごした1年半は数えるほどしか試合に出ることができず、チームの目標達成の力になれなかったことを申し訳なく思っています。ただ、このクラブにきて改めて感じたことは、サポーターの偉大さです。移籍してきた初日から家族も含め温かく迎え入れていただきました」 「松本の街全体からは大きな期待を感じることができ、2020年こそコロナウイルスの影響で満員のアルウィンでプレーすることは叶いませんでしたが、あの雰囲気は間違いなく選手の後押しとなり相手チームにとっては脅威になります。そんなパワーをこれからも選手達に送ってください。そしてその声援の中で、松本山雅の一員として一緒に戦えた時間は僕の宝物です」 「15年間選手生活が続けられたのは、今まで関わったチームメート、監督、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、クラブスタッフの方々、スポンサーの皆様そしてサポーターの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。清水エスパルス、コンサドーレ札幌、川崎フロンターレ、ジェフユナイテッド千葉、松本山雅FCでプレーできて幸せでした。またどこかで会いましょう」 2021.01.10 13:15 Sun
twitterfacebook

順位表



得点ランキング