FC東京

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 FC東京 3 1 0 0 3 1 2 1
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-07-04
19:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
柏レイソル vs FC東京
2020-07-08
19:30
明治安田生命J1リーグ
第3節
FC東京 vs 川崎フロンターレ
2020-07-12
19:30
明治安田生命J1リーグ
第4節
横浜F・マリノス vs FC東京
2020-07-18
19:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
FC東京 vs 浦和レッズ
2020-07-22
19:05
明治安田生命J1リーグ
第6節
北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.02.23
13:00
明治安田生命J1リーグ
第1節
清水エスパルス 1 - 3 FC東京
2020.02.18
19:00
ACL2020グループF
第2節
FC東京 1 - 0 パース・グローリー
2020.02.11
19:30
ACL2020グループF
第1節
蔚山現代 1 - 1 FC東京
2020.01.28
19:00
AFCチャンピオンズリーグ2020 プレーオフ
FC東京 2 - 0 セレス
基本データ

正式名称:FC東京

原語表記:FC TOKYO

ホームタウン:東京都

チームカラー:ブルー、レッド

関連ニュース
thumb

FC東京、今季期限付きで加入したタイ人MFチャヤートンの契約を双方合意で解除

FC東京は26日、バンコク・ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入しているタイ人MFチャヤトーン(20)に関して、6月30日付で契約を解除することを発表した。両クラブ、選手合意のもととのことだ。 チャヤートンは、2019年からバンコク・ユナイテッドFCでプレー。今シーズン開幕前にFC東京へと期限付き移籍で加入していた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響でリーグ戦が中断。さらに、FC東京 U-23チームが明治安田生命J3リーグ不参加となっていた。 チャヤートンはクラブを通じてコメントしている。 「はじめに東京を応援してくださるすべてのファン・サポーターのみなさまに心から感謝を伝えたいです。短い間でしたが、日本でプレーする機会をもらえて本当に嬉しかったですし、日本での時間はとても充実して、楽しく幸せなものでした」 「タイに戻っても、東京でのこの経験を活かして頑張っていきたいと思います。繰り返しになりますが、自分を支えてくれたファン・サポーター、そしてチームメイトやスタッフのみなさんにもとても感謝しています。ありがとうございました」 2020.06.26 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京の韓国代表MFナ・サンホが母国の城南FCへ期限付き移籍

FC東京は10日、韓国代表MFナ・サンホ(23)がKリーグ1の城南FCへ期限付き移籍することを発表した。契約期間は2020年12月31日までとなる。 ナ・サンホは、光州FCから2019年にFC東京へ加入。加入1年目は明治安田生命J1リーグで25試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは7試合で1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 今シーズンは開幕戦に関して出場せず。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も出場はなかった。 ナ・サンホはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、城南FCへ期限付き移籍をすることになりました。今回の決断は簡単ではなかったですが、両クラブからいただいたチャンスをしっかりと活かしていけるように頑張ってきます。半年間、一生懸命努力し、来シーズンは今よりもっと成長して戻ってきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2020.06.10 11:23 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京U-23がスタジアム確保困難でJ3参加辞退…長澤徹氏はコーチとして引き続きトップを指導

Jリーグは5日、明治安田生命J3リーグに属するFC東京U-23の参加辞退を発表した。 理由は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、試合日程が短期間に集中する上、再開後におけるホームゲーム開催時のスタジアム確保が困難なためだという。 感染拡大の影響で開幕が遅延する明治安田生命J3リーグは27日からのスタートが決定。しかし、5日の第3回臨時理事会でFC東京U-23の参加辞退が承認された。 また、FC東京もその旨を発表。代表取締役社長の大金直樹氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「2016年シーズンから育成型クラブとして育成スピード、ボトムアップを目的にU-23チームを編成してJ3リーグ戦に参加させていただきました。今シーズンが最終年でありましたが、上記理由により辞退をさせていただくことになりました」 「新型コロナウイルス感染症の影響で様々な競技の日程が変更となる中、スタジアム確保について困難なことから、無念ではありますがこのような判断をいたしました。引き続き、育成型クラブとして立ち止まることなく前進していきたいと考えております」 「このタイミングで辞退することになり、J3各クラブ及び関係するみなさまには大変なご迷惑をおかけすることになりましたことを心よりお詫び申し上げます」 「最後に、4年間と短い期間でしたが、J3参戦にあたってはJリーグの関係者のみなさま、そして、参戦を承諾いただきましたJ3の各クラブの関係者のみなさまに感謝申し上げます」 なお、FC東京U-23を指揮するはずだった長澤徹氏は「コーチ兼FC東京U-23監督」から「コーチ」となり、引き続きトップチームを指導していく。 2020.06.05 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、26日からトップチームの活動再開!

FC東京は25日、翌日からトップチームの活動を再開することを発表した。 FC東京は、東京都における緊急事態宣言が解除されたことを受け、26日より小平グラウンドでトレーニングを再開することを決定。当面の間はグループごとに時間帯を分けるなどして、選手の体調管理を徹底し、最大限の予防対策を続けていくそうだ。 また、トレーニングもしばらくは非公開で行うと掲載している。 2020.05.25 19:39 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京のMFレアンドロが将来的な母国復帰を希望「いつかまたグレミオで」

FC東京のブラジル人MFレアンドロが将来的な母国復帰願望を明かした。ブラジル『Esporte Interativo』が伝えている。 グレミオでプロキャリアをスタートさせたレアンドロは、2014年にパルメイラス入り。その後、母国の複数クラブでレンタルでプレーした後、2017年に鹿島アントラーズへ期限付き移籍。翌年には完全移籍を果たすと、今季はFC東京に期限付き移籍で加入している。 日本でのプレーは4年目となっているレアンドロだが、やはり母国のクラブへの愛情は大きいようだ。 「いつかまたグレミオでプレーしたい。そのクラブは僕の存在を証明したクラブで、僕がプロになる機会を与えてくれた。ブラジル最大のクラブの1つで、グレミオでプレーしたがらない選手はいない」 「僕は心のクラブのためにプレーするという夢を実現するためにパルメイラスに移籍した。それはすべて信じられないほど、そして魔法のようだった。さらに僕はブラジル・セリエBのチャンピオンになり、クラブのトップスコアラーであった」 また、レアンドロは当時、パルメイラス時代の活躍が認められ、2013年4月にA代表にも招集。バルセロナやミランで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏ともプレーしている。 「ロナウジーニョは、僕が子供の頃から常に、僕のサッカーのインスピレーションだった。彼と一緒に代表チームに参加し、彼と一緒に集中できたことは素晴らしかった。本当に素晴らしかったよ。まるで子供のように、サッカーのアイドルを見ていたようなものだった。信じられないほどの気持ちだった」 2020.05.19 22:00 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング