ベガルタ仙台

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ベガルタ仙台 10 3 1 9 14 23 -9 13
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-06-01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
ベガルタ仙台 vs 名古屋グランパス
2019-06-15
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
松本山雅FC vs ベガルタ仙台
2019-06-23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
ベガルタ仙台 vs FC東京
2019-06-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
ベガルタ仙台 vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-07-06
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
浦和レッズ vs ベガルタ仙台
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.25
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
清水エスパルス 4 - 3 ベガルタ仙台
2019.05.22
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第6節
柏レイソル 1 - 1 ベガルタ仙台
2019.05.18
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
ジュビロ磐田 2 - 0 ベガルタ仙台
2019.05.12
13:05
明治安田生命J1リーグ
第11節
ベガルタ仙台 2 - 1 サンフレッチェ広島
2019.05.08
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第5節
FC東京 0 - 0 ベガルタ仙台
基本データ

正式名称:ベガルタ仙台

原語表記:VEGALTA Sendai

ホームタウン:仙台市

チームカラー:ゴールド、ブルー、レッド

関連ニュース
thumb

清水が仙台との壮絶なシーソーゲーム制す! 篠田体制リーグ初勝利で降格圏脱出《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルスvsベガルタ仙台が25日にIAIスタジアム日本平で行われ、4-3で清水が勝利した。 ここまで最多失点「27」で最下位に沈む清水(勝ち点9)は、1-1で引き分けた前節の大分トリニータ戦からスタメンを1名変更。立田に代わって、出場停止明けのエウシーニョが起用された。 一方、ここ5試合3勝2敗と白黒がはっきりした戦いが続く16位の仙台(勝ち点10)は、0-2で敗れたジュビロ磐田戦からスタメンを2名変更。金正也、ジャーメイン良に代わり、大岩、長沢が先発に名を連ねた。 下位同士の一戦は仙台が幸先の良い入りを見せる。2分、左CKからキッカーの永戸がサインプレーでグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドからボックス中央に走り込んできた松下が左足で合わせて、仙台が先制する。 早くも追いかける展開となった清水だったが、すぐさま反撃。右サイド深くでボールを受けた金子がクロスを供給。ゴール前のドウグラスが強烈なヘディングシュートを放つと、GKシュミット・ダニエルの手を弾いて決まり、追いつく。 同点に追いついたことで勢いに乗る清水。10分にはドウグラスのパスをフリーで受けた北川がボックス中央から狙いすましたシュートを放つも、わずかにゴール左に外れる。続く12分には、ボックス右でルーズボールを拾った北川が右足を振り抜いたが、枠を捉えることができない。 立て続けに決定機を外した北川だったが、20分に汚名返上。左CKの流れから北川が相手DFに倒されてPKのチャンスを獲得すると、自ら決め切り、清水が逆転に成功した。 逆に追いかける展開となった仙台は37分、石原崇兆がドリブルでボックス中央まで持ち運ぶと、DFに防がれてルーズボールになる。これに反応した吉尾が左足を一閃。弧を描いたボールはゴール左上に吸い込まれた。 吉尾のプロ初ゴールで同点に追いつかれた清水は前半アディショナルタイム、ボックス中央手前でボールを受けた北川がボックス右にスルーパス。エウシーニョがDFに競り勝ち、抜け出すと、右足アウトサイドでGKシュミット・ダニエルの股下を射抜くシュートを決め、再び引き離す。 またしても追いかける展開となった仙台は59分、敵陣中央寄りの右サイドでボールを受けた蜂須賀がアーリークロス。このボールに反応した長沢がダイビングヘッドで合わせて、同点に追いつく。 清水はこのまま試合終了かと思われた89分、ボックス左外から松原がクロスを送るもDFにクリアされる。それでも、ルーズボールを拾った北川が、ボックス右からインスイングのクロスを送ると、ニアサイドに走り込んできたドウグラスがヘディングで合わせ、土壇場で勝ち越した。 終了間際に被弾した仙台は、GKシュミット・ダニエルもゴール前に上がり全員でゴールを目指すが、ハモン・ロペスが退場するなど後味の悪いまま試合終了。敗れた仙台は降格圏に転落した。一方、篠田体制のリーグ戦初白星を手にした清水は降格圏を脱出した。 2019.05.25 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】篠田体制リーグ初白星なるか 下位シックスポインター《清水vs仙台》

今シーズンの3分の1を消化した明治安田生命J1リーグ。そのなかで、成績の上がらない最下位の清水エスパルスと16位のベガルタ仙台が25日の第13節でぶつかる。両軍にとって、命運を占うシックスポインターだ。 ◆課題の守備に改善傾向、篠田体制初のリーグ白星なるか〜清水エスパルス〜 篠田監督正式就任後、初陣の前節は大分のホームに乗り込み、1-1のドロー。34分に相手のミスを突いてドウグラスのPK弾で幸先よく先取したが、後半早々に追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。ただ、負傷離脱が続いた竹内涼や六反勇治がその試合で戦線復帰。徐々に戦力も整いつつある。そうした明るい材料があるなかで、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの磐田戦を2-0の勝利で飾り、今シーズンのダービー3連勝。相手も戦力を落としてきたとはいえ、J1最多失点「27」の守備陣が無失点に抑えたことは大きく、篠田体制発足後1勝1分け無敗という公式戦の結果が何よりの良薬だ。着実に守備を改善に導く篠田監督の下、今度は新体制発足後初のリーグ白星を狙う。 ◆ルヴァン杯GS首位突破、その流れをリーグに繋げられるか〜ベガルタ仙台〜 仙台も清水と同様、もがき苦しみ続けている。下位直接対決だった前節の磐田戦、広島を相手に逆転勝利を収めた前々節と同じメンバーで挑んだが、前半に2失点。後半に入って、ギアを上げたものの、ゴールが遠く、シーズン初の連勝を逃した。その流れで迎えたミッドウィークのルヴァンカップではすでにグループステージ突破が決定済みということもあり、先発メンバー全員を入れ替え、柏レイソルと1-1のドロー。追いつく粘り強さを見せ、3勝3分け無敗の首位でプレーオフラウンドに駒を進めた。ただ、これで、先制を許す戦いは3試合連続。もっと遡れば、8日に行われたルヴァンカップのFC東京戦を除いて、直近8試合連続だ。負ければ最下位転落もあり得る今節、守備の立て直しはマストだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆清水エスパルス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190524_25_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:六反勇治 DF:エウシーニョ、ファン・ソッコ、二見宏志、松原后 MF:金子翔太、六平光成、竹内涼、中村慶太 FW:ドウグラス、北川航也 監督:篠田善之<hr>今節も北川航也をトップ下気味に置いた[4-4-2]のシステムを採用か。出場停止明けのエウシーニョが戻ってくる。コパ・アメリカの代表メンバー入りを果たした立田悠悟はベンチスタートが見込まれる。 ◆ベガルタ仙台[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190524_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:シュミット・ダニエル DF:蜂須賀孝治、大岩一貴、常田克人、永戸勝也 MF:吉尾海夏、椎橋慧也、松下佳貴、石原崇兆 FW:ジャーメイン良、ハモン・ロペス 監督:渡邉晋<hr>前節の磐田戦で負傷した金正也に代わり、キャプテンの大岩が8試合ぶりにスタメン復帰か。古巣戦の長沢駿はルヴァンカップを欠場しており、リフレッシュした状態で戦線に復帰する。 【注目選手】 中村慶太(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190524_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>清水の注目選手は新戦力の中村慶太だ。昨年に長崎の一員として7得点を挙げたが、今年はここまで1得点。長崎時代のポジションと異なる左サイドハーフが主戦場だが、運動量を生かした駆け回りで攻撃陣に新たな風を吹き込んでいる。先のルヴァンカップでは右サイドハーフとしてプレー。オウンゴールを誘発したクロスの感触も良い。決定的な仕事に期待だ。 ジャーメイン良(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190524_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>仙台の注目選手はジャーメイン良だ。ここまで11試合に出場しているが、得点数はわずか1ゴール。開幕前、シーズンのキーマンとして名前が挙がった選手としては、やや寂しい数字だ。ただ、自慢のスピードは今シーズンも健在で申し分ない。フィニッシュワークの精度を高められるか。流経大学時代の2年先輩である中村を上回る輝きに注目だ。 ◆下位対決 両者にとって、勝つか、負けるかで、かなり今後の戦局が変わっている一戦。20試合の通算対戦成績で9勝4分け7敗と勝ち越す清水だが、仙台は直近7試合で勝利のない(2分け5敗)相手となる。そうした相手を今シーズンのここまでわずか1勝(4敗)のホームで迎え撃つ清水だが、対する仙台はここまでアウェイ6戦全敗中。ルヴァンカップでこそ3試合1勝2分け無敗だが、Jリーグに舞台を移すと、アウェイでかなり苦労している。そうしたデータを度外視してでも欲しい3ポイントを手にするクラブはいかに。注目の清水と仙台の下位対決は25日、IAIスタジアム日本平で14時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">エスパルスとベガルタの下位シックスポインター!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.25 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

地元での出場に意気込む仙台GKシュミット・ダニエル「皆さんの前でプレーできるよう頑張ります」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)がクラブを通じてコメントしている。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) 「日本代表に選出していただき、大変光栄です。今回の代表活動を通し、少しでも成長してクラブに戻ってきたいと思います。また地元の宮城県で試合が開催されるので、日頃から応援していただいている皆さんの前でプレーできるよう頑張ります」 2019.05.23 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田、仙台との下位対決制す! アダイウトン&中山弾で待望のリーグ戦ホーム初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台が18日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-0で磐田が勝利した。 ここまで2勝3分け6敗で16位に沈む磐田(勝ち点9)と、3勝1分け7敗で14位に位置する仙台(勝ち点10)が相対した。前節のFC東京戦を0-1で敗れ、なかなか勝ち点を積み重ねることができていない磐田は、その試合から先発メンバーを1人のみ変更。上原に代えて荒木を起用した。また、前節は家庭の事情により帰国していたロドリゲスはベンチに入っている。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦を2-1で勝利し、連敗を逃れた仙台は、同試合と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 勝ち点1差の下位対決。試合は互いに主導権を握ろうとする中、ホームの磐田が7分にチャンスを迎える。右サイドでパスを受けた松本がボックス右に侵攻し、右足でシュート。しかし、ここはGKシュミット・ダニエルにブロックされる。 それでも磐田は19分、守護神のキックから先制点が生まれる。GKカミンスキーの前線へのフィードが中盤でワンバウントすると、中途半端な対応をみせた仙台の隙を見逃さず、アダイウトンが相手よりも先に触る。再び中山からのリターンを受けて、相手最終ラインを突破すると、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎え、冷静にゴールへ流し込んだ。 先制点を奪われた仙台も攻勢に転じる。29分、ハモン・ロペスの縦パスをボックス手前のジャーメイン良がポストプレー。最後は吉尾が左足で丁寧にゴールを狙ったが、シュートはゴール左外へ。30分には石原崇兆のスルーパスにジャーメイン良が抜け出し、ボックス左から折り返す。ハモン・ロペスがニアサイドで合わせたが、この動きについていった新里にスライディングで阻まれた。 いくつかピンチを迎えるも体を張ったディフェンスでゴールを許さない磐田。迎えた34分、今シーズンリーグ戦初先発を飾った荒木が敵陣中央左でアダイウトンからパスを受け、ボックス左にスルーパスを送る。ボックス手前中央から斜めに走り込んだ中山が左足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に突き刺さった。 試合を折り返すと、2点を追う仙台が反撃。58分、永戸の右CKをニアサイドの蜂須賀が後ろに逸らし、中央で収めたハモン・ロペスがキープから左足でシュートを放つ。しかし、GKカミンスキーの守備範囲に飛んでしまい、キャッチされてしまう。 仙台の攻撃を耐え凌ぎながらリードを保ち続ける磐田は74分、松本のパスに走り込んだ途中出場の大久保がボックス右に侵攻し、右足でシュート。こぼれたボールをアダイウトンがヘディングで押し込もうとするが、どちらもGKシュミット・ダニエルに防がれる。 トドメを刺したい磐田はさらに80分、途中出場のロドリゲスがドリブルから左サイドを駆け上がり、右サイドの大久保にスルーパス。ボックス右に侵攻した大久保はシュートフェイントで相手をかわし、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎えたが、シュートはGKに当たってしまい、ゴールを外れた。 追加点こそ奪えなかった磐田だが、仙台に反撃を許さず、2-0で試合をシャットアウト。磐田が今シーズン3勝目を挙げ、リーグ戦ホーム初勝利を飾った。一方の仙台は連勝を飾ることができなかった。 2019.05.18 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、GK関憲太郎が全治3カ月 下顎骨折で手術

ベガルタ仙台は13日、GK関憲太郎の戦線離脱を発表した。 関は8日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節のFC東京戦で下顎骨を骨折。10日に東京都内の病院で手術を受け、手術日より全治3カ月の見込みだ。 仙台は現在、明治安田生命J1リーグ3勝1分け7敗の14位。18日に行われる次節、15位に位置するジュビロ磐田とのアウェイゲームに臨む。 2019.05.13 13:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング