ベガルタ仙台

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ベガルタ仙台 11 2 5 8 15 28 -13 15
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-20
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
FC東京 vs ベガルタ仙台
2020-09-23
19:30
明治安田生命J1リーグ
第18節
横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台
2020-09-27
13:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
ベガルタ仙台 vs セレッソ大阪
2020-10-03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
北海道コンサドーレ札幌 vs ベガルタ仙台
2020-10-10
18:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
川崎フロンターレ vs ベガルタ仙台
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.13
18:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
ベガルタ仙台 0 - 3 大分トリニータ
2020.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
鹿島アントラーズ 2 - 1 ベガルタ仙台
2020.09.05
18:30
明治安田生命J1リーグ
第14節
ベガルタ仙台 1 - 4 ガンバ大阪
2020.08.29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
サンフレッチェ広島 1 - 1 ベガルタ仙台
2020.08.23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
セレッソ大阪 2 - 1 ベガルタ仙台
基本データ

正式名称:ベガルタ仙台

原語表記:VEGALTA Sendai

ホームタウン:仙台市

チームカラー:ゴールド、ブルー、レッド

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:FC東京vs仙台】上位追走へ3戦ぶり勝利なるか、6戦未勝利の仙台は光を見出せるか

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2020年9月20日(日) 19:00キックオフ FC東京(3位/32pt) vs ベガルタ仙台(17位/11pt) [味の素スタジアム] ◆疲労困憊、主導権を握って勝ち切れるか【FC東京】 ミッドウィークに行われた前節はホームに大分トリニータを迎えたが、2-3で敗戦。勝ちにいった展開をひっくり返されての黒星となった。 前半は焦れずに戦ったものの先制されて追いかける展開に。一度は追いついたものの、勝ち越しを狙いにいくと、ラスト10分間で2失点を喫してしまった。 大型連戦中のチームには明らかな疲労の色が見え、パフォーマンスの低下が顕著に。90分間戦い抜くことが難しく、後手を踏む展開はより疲労を生むこととなる。 気がつけば今節が連戦の11試合目。フィジカル面だけでなく、メンタル面、そして頭の中も疲れが溜まっている状況。相手は下位で苦しむ仙台だが、勝ち切るにはまずは先手を奪って主導権を握ることだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、高萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆光見えない中、求められる粘り強さ【ベガルタ仙台】 前節はホームに大分トリニータを迎えたが、3失点で完敗。チームは3連敗となり、6戦未勝利となった。 この6試合では1試合で1ゴールが最多。試合中もチャンスを作れないわけではないが、ゴールを奪えるイメージが見えてこないのが正直なところだ。 サイドを使って崩す場面はあるものの、フィニッシュワークの乏しさが気になるところ。また、アタッキングサードに限らず、どの局面でもデュエルでの弱さが目立ち、相手に主導権を握らせてしまう場面が散見される。 球際で強さを見せられなければボールを保持できず、自分たちの戦い方もできない状況だ。 上位との対決となるが相手は連戦真っ只中。若干のアドバンテージがあるコンディション面を生かし、球際の勝負で勝つことが、白星をつかむキッカケとなるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:ジャーメイン良、長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 ※契約上の理由でDF柳貴博は出場不可 2020.09.20 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

5戦未勝利同士の対決は、効率よくゴールを奪った大分が今季最多3発快勝!仙台は3連敗でホーム未勝利継続《J1》

13日、明治安田生命J1リーグ第16節のベガルタ仙台vs大分トリニータがユアテックスタジアム仙台で行われ、0-3で大分が勝利を収めた。 ミッドウィークに行われた前節は、アウェイで鹿島アントラーズと対戦し2-1で敗戦。5戦未勝利となっている仙台は、スタメン4名を変更。吉野恭平、真瀬拓海、関口訓充、西村拓真が外れ、金正也、パラ、長沢駿、石原崇兆を起用。ボタフォゴから加入したパラはJ1初出場を果たした。 対する大分は、ミッドウィークに湘南ベルマーレとホームで対戦し2-2のドロー。同じく5戦未勝利となっている中、スタメンは3名変更。松本怜、島川俊郎、知念慶が外れ、前田凌佑、香川勇気、伊佐耕平を起用した。 互いに勝利が欲しい状況での一戦。大分は、擬似カウンターから逆サイドを使っての攻撃を展開。すると6分、ハーフウェイライン付近でボールを持った岩田がサイドチェンジ。これを香川が受けると、ボックス左からのクロスを、最後は三平がヘッド。しかし、これは枠を外れていく。 仙台は大分のビルドアップ奪い、カウンターを目指す戦い。しかし、なかなかプレスがハマらず、良い攻撃の形を作ることができない。 大分は28分、スルーパスから右サイドを崩すと、田中のクロスをボックス内で香川がダイレクトボレー。しかし、これはミートせずに枠を外れる。 仙台はその直後のプレーでアレクサンドレ・ゲデスがボールを奪うと、左サイドへ展開。グラウンダーのクロスに対し長沢が飛び込むが、わずかに届かない。 再三ゴールに迫っていた大分は34分、左サイドをコンビネーションで崩すと、持ち込んだ町田がボックス内左でスルーパス。オーバーラップした三竿がグラウンダーのクロスを上げると、ニアに走り込んだ三平が合わせ、大分が先制する。 大分のリードで迎えた後半、交代なしで迎える中、仙台が徐々にペースを握り始める。右サイドを中心に大分ゴールに徐々に迫る仙台。しかし、フィニッシュワークの稚拙さが目立ち決定機を作れない。 それでも仙台は66分、右サイドを仕掛けると、グラウンダーのクロスを関口が落としフリーの長沢がボックス中央でシュート。しかし、精度を欠き大きく枠を外す。 後半はペースを握られていた大分だったが、77分にチャンス。こぼれ球を拾った知念がドリブルで持ち込み強引にシュート。これはGKヤクブ・スウォビィクがセーブ。こぼれ球に田中が詰めるも、しっかりとキャッチする。 徐々に攻め込むシーンが増える大分は80分。ハーフウェイライン付近でルーズボールを前線に送ると、バウンドしたボールをシマオ・マテとの競り合いを制した知念が拾い、GKヤクブ・スウォビィクの動きをよく見て流し込んで追加点を奪う。 前掛かりになる仙台を尻目に大分は85分に追加点。前線でボールをキープした知念が上がってくる田中にパス。GKと一対一になった田中は、GKヤクブ・スゥオビィクの動きをよく見てシュート。試合を決める3点目を奪った。 3点ビハインドとなった仙台は、少ない残り時間も諦めずに大分ゴールに迫るがゴールは奪えず。そのまま大分が逃げ切り、0-3で勝利。6試合ぶりの勝利となった。対する仙台はこれで6戦未勝利、3連敗と苦しい状況が続いている。 ベガルタ仙台 0-3 大分トリニータ 【大分】 三平和司(前34) 知念慶(後35) 田中達也(後40) 2020.09.13 19:53 Sun
twitterfacebook
thumb

復活の鹿島がエヴェラウド&上田弾で4連勝達成!仙台は5戦未勝利《J1》

9日、明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利を収めた。 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、1-3で勝利した鹿島。3連勝と調子を上げる中、スタメンを2名変更。レオ・シルバ、和泉竜司が外れ、永木亮太、ファン・アラーノが起用された。 対する仙台はホームでガンバ大阪に1-4で敗戦。前節から2名を変更し、平岡康裕、蜂須賀孝治が外れ、シマオ・マテ、ジャーメイン良を起用。蜂須賀は試合前のウォーミングアップで負傷し、急遽メンバーから外れた。 試合は3連勝中の鹿島が先に決定機。9分、ハーフウェイライン付近で相手のパスを荒木がカットすると、ドリブルで持ち出しパス。これを受けた土居がボックス手前からシュートも、コースを狙ったシュートは右ポストに嫌われ、ゴールとはならない。 16分にも鹿島が決定機。またしても相手のパスをカットすると、土居からのスルーパスを受けたファン・アラーノがボックス右からクロス。ファーサイドでエヴェラウドがヘディングで合わせるが、タイミングが合わずにミートしない。 23分にはドリブルで持ち上がった永戸がボックス手前からクロス。これをファーサイドでエヴェラウドが合わせようとしたが、わずかに届かない。 仙台は攻め込むものの鹿島の落ち着いた守備の前にチャンスを作れず。すると29分には、鹿島がチャンス。永木のクロスをボックス中央でエヴェラウドが2人のDFに囲まれながらもヘッド。しかし、ヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は浮き球の処理をした際に吉野が負傷。31分にアクシデントで金正也と交代する。 仙台は35分にチャンス。右CKの流れからクロスが流れると、ボックス手前で西村がダイレクトシュート。鋭いシュートだったが、枠を外れていく。 鹿島は攻め込みながらもゴールが奪えないまま前半が終わるかと思われたが、アディショナルタイムに先制。小泉が土居とのパス交換から最後は荒木が浮き球のパス。これに走り込んだ小泉がGKヤクブ・スウォビィクの対応をよく見ると、落ち着いて浮き球のパス。これをエヴェラウドがヘディングで合わせて、鹿島が先制し前半を終える。 共に交代なしで迎えた後半、鹿島は48分にチャンス。ハーフウェイライン付近でこぼれ球を拾った荒木がドリブルを仕掛けると、ボックス手前まで持ち上がり自らシュート。ディフレクトしたボールが枠に飛ぶものの、GKヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は63分にチャンス。右サイドを仕掛けた真瀬がクロス。長沢に合わないものの、その後ろの関口が合わせにいくが、ファウルを取られシュートに行けない。 鹿島は左サイドに展開。永戸がグラウンダーのクロスを送ると、ディフレクトしたボールをファン・アラーノがボックス中央でダイレクトシュート。しかし、バウンドが合わずにシュートをふかしてしまう。 仙台は71分に3枚替え。兵藤、中原、石原を起用。すると72分にビッグチャンス。右サイドのスルーパスに出た兵藤がヘッド。シュートはクロスバーに嫌われるも、こぼれ球をフリーの長沢が頭で合わせるが、これも枠に嫌われてゴールとはならない。 鹿島は74分、永木からのクロスをファーサイドで和泉がヘッド。しかし、これがクロスバーにあたり、ゴールとはならない。 83分、自陣からの永戸のフィードを上田がトラップ。対峙した金正也を振り切り、ボックス内左から右足一閃。鋭いシュートがゴール右に決まり、鹿島がリードを2点に広げる。 2点ビハインドとなった仙台だが87分、右CKを獲得するとクロスボールが混戦に。最後は、長沢がこぼれ球を蹴り込み、仙台が1点を返す。 追いつきたい仙台だったが、その後は鹿島が落ち着いて時計を進めて試合終了。鹿島が2-1で勝利し、4連勝を達成。仙台は連敗で5試合未勝利となった。 鹿島アントラーズ 2-1 ベガルタ仙台 【鹿島】 エヴェラウド(前47) 上田綺世(後38) 【仙台】 長沢駿(後42) 2020.09.09 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:鹿島vs仙台】アウェイ3連勝でホーム帰還の鹿島、悩める仙台を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2020年9月9日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(9位/21pt) vs ベガルタ仙台(15位/11pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆3連勝でホーム帰還、上位への足掛かりに【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、1-3で勝利。これでアウェイ3連勝を全勝で終えることに成功した。 開幕4連敗、最下位と最悪のスタートを切った鹿島だったが、気がつけば中位まで浮上。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が目指すサッカーも着実に定着しており、チーム、選手の成長は試合を重ねるごとに増していっている状況だ。 特にカギを握っているのが土居聖真だろう。今シーズンは序盤こそ出場機会が限られていたものの、先発に復帰。さらに右サイドでの起用から、現在はシャドーの位置にポジションを変えた。この結果、チームのパス回しの精度が上がっただけでなく、フィニッシュまでスムーズにいく形が作れるようになり、結果としてチームも勝ち点を重ねられるようになった。 今節の相手は低迷する仙台。内田篤人の引退試合以来のホームゲームとなる鹿島としては、4連勝を目指して戦う。守備面も安定感を見せはじめている状況だけに、しっかりと下位を叩いて上位進出の足掛かりとしたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆苦しい戦いが続く仙台、キッカケを掴みたい【ベガルタ仙台】 木山隆之監督が就任して臨んでいる今シーズンだが、ここまでわずかに2勝。なかなか結果がでず、下位に低迷している。 前節はホームにガンバ大阪を迎えたが、1-4で完敗。チームとして戦い方に自信がみられず、終始相手に押し込まれている印象を受ける試合が多い。現在は4戦未勝利と結果が出ず、シーズン序盤の良さを出せていない状況だ。 特に攻撃面ではフィニッシュの精度もさることながら、強度も足りない印象。コンディション面以上に、メンタル面がカギを握っていると感じる。 ケガ人が徐々に戻ってきているものの、チームとしての自信を取り戻さなくては結果はついてこない厳しい状況。その中で調子を上げている鹿島と対戦するため難しい試合になるが、ここで結果を出せれば大きな自信となるはずだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、吉野恭平、シマオ・マテ、柳貴博 MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:真瀬拓海、アレクサンドレ・ゲデス、西村拓真 監督:木山隆之 2020.09.09 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪が今季最多4ゴールで4試合ぶり白星! 大卒ルーキーの山本弾などで仙台に逆転勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合がユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイのガンバ大阪がベガルタ仙台を4-1で下した。 15位仙台は負傷離脱が続いたシマオ・マテが開幕戦以来のベンチ入り。8位G大阪は2試合連続で招集外だった遠藤やU-23の一員として活躍を続ける川崎がベンチ入りとなり、初先発となる大卒ルーキーの山本を抜擢した。 試合は開始4分に動く。仙台が左CKのチャンスを獲得した4分、キッカーの浜崎がインスイングのクロスを供給。ゴール前の密集地帯を掻い潜ったフリーのアレクサンドレ・ゲデスが頭で合わせ、ホームの仙台が早々に先取する。 今季のここまで6戦未勝利のホーム戦初白星を目指して幸先よく先制した仙台だが、G大阪も鋭い攻守の切り替えを際立たせて反撃。仙台が追加点を目指して前に圧力を強めるなか、G大阪も積極果敢に相手のゴールマウスに迫る。 すると、8分にボックス右からゴールに迫った宇佐美はシュート機を逸するが、バイタルエリア中央の山本がこぼれ球に反応。寄せにきた相手をワンフェイントでかわすと、右足を一閃。これがボール左下に突き刺さり、追いつく。 大卒ルーキーの一撃で早々に振り出しに戻すと、右CKのチャンスを獲得した15分に勝ち越す。キッカーの宇佐美が上げたアウトスイングのクロスにゴール前の三浦が頭で合わせ、流れ弾をアデミウソンがプッシュ。早い時間帯で逆転する。 連続失点で追いかける展開を強いられた仙台は17分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからボックス左のゲデスが右足シュートでゴールに襲いかかるが、GK東口が好守。その後もゴールに迫る形を作るが、こじ開けられない。 そのなか、39分に右CKのキッカーを務めた浜崎のクロスがボックス内で対応に入った小野瀬のハンドでPKのチャンス。決まれば同点の場面だったが、GK東口がキッカーを務めた西村のゴール左下を狙う右足シュートを止め、立ちふさがる。 1点を追う展開で試合を折り返した仙台はその後半も入りから前がかるなか、49分に右サイドをドリブルで駆け上がった柳がクロスを供給。これに反応したファーサイドの西村が頭で合わせにかかるが、ミートし切れず、不意にする。 攻勢の仙台は66分に兵藤を投入するが、68分に渡邉とパトリックを送り出したG大阪が3点目。73分、バイタルエリア左でボールを回収した倉田が右足のコントロールショットをゴール右に沈め、出足が鈍り、守勢だったG大阪が引き離す。 守りが崩れた仙台はすかさず復帰戦のシマオ・マテと古巣戦の長沢を途中起用。続く82分に石原と飯尾を送り込み、すべての交代カードを使い切るが、息を吹き返したG大阪も再び鋭い攻守の切り替えから試合を終わらせにかかる。 そのG大阪は85分に渡邉のボックス左深くからの折り返しに反応したパトリックが潰れ役となり、こぼれ球を井手口がプッシュして、ダメ押し。その後、高尾とユース育ちのルーキー川崎を送り込み、時間も有効に使っていく。 結局、攻撃陣の奮起が求められたG大阪は今季最多4得点で仙台を撃破。4試合ぶりの白星を手にして、上位を追走している。 2020.09.05 20:26 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング