鹿島アントラーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 鹿島アントラーズ 0 0 0 1 0 3 -3 1
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-07-04
19:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ
2020-07-08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第3節
鹿島アントラーズ vs 北海道コンサドーレ札幌
2020-07-12
19:00
明治安田生命J1リーグ
第4節
浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ
2020-07-18
18:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス
2020-07-22
19:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
湘南ベルマーレ vs 鹿島アントラーズ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.02.23
14:00
明治安田生命J1リーグ
第1節
サンフレッチェ広島 3 - 0 鹿島アントラーズ
2020.01.28
19:00
AFCチャンピオンズリーグ2020 プレーオフ
鹿島アントラーズ 0 - 1 メルボルン・ビクトリー
基本データ

正式名称:鹿島アントラーズ

原語表記:KASHIMA Antlers

ホームタウン:鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市

チームカラー:ディープレッド

関連ニュース
thumb

アトレチコ・ミネイロが鹿島DFブエノの加入を正式発表、2021年6月までのレンタル

アトレチコ・ミネイロは27日、鹿島アントラーズからブラジル人DFブエノ(24)が加入することを発表した。2021年6月30日までのレンタル移籍となる。 ブエノはアトレチコ・ミネイロの公式サイトを通じて、ファンへ挨拶をした。 「こんにちは、マッサ・アトレチカーナ。僕はこのクラブに加入できてとても嬉しく思っています。素晴らしい仕事を一緒にするため、サポートを期待しています」 ブエノは、ルイス・アントニオFCやボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しプロキャリアをスタートさせると、ヴィッセル神戸への期限付き移籍を経て、2016年に鹿島入りした。 2018年には徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経験。2019シーズンは鹿島に復帰すると、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し1得点を記録。通算ではJ1で27試合1得点、リーグカップで5試合1得点、天皇杯で8試合に出場していた。 ブエノはブラジルでのプロキャリアはなく、今回が初めてのこととなる。なお、この中断期間では4人目の新加入選手となっている。 2020.06.28 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島が大阪体育大学DF林尚輝の来季加入内定を発表、昨年の関西大学リーグベスト11

鹿島アントラーズは25日、大阪体育大学のDF林尚輝(22)の2021シーズン加入内定を発表した。 林は立正大淞南高校から大阪体育大学へと進学。全日本大学選抜にも選ばれ、2019年は関西大学リーグベストイレブンにも選出されていた。 鹿島は林の特長を「対人プレーとヘディングの強さが特長のセンターバック」と紹介している。 2020.06.25 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島DFブエノが母国のアトレチコ・ミネイロへ期限付き移籍で合意「必ず成長できるよう全力を尽くす」

鹿島アントラーズは16日、DFブエノ(24)がアトレチコ・ミネイロに期限付き移籍することで合意したことを発表した。 クラブの発表によると、ブエノは16日に離日。現地でメディカルチェックを受け、正式契約を結ぶとしている。 ブエノは、ルイス・アントニオFCやボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しプロキャリアをスタートさせると、ヴィッセル神戸への期限付き移籍をへて、2016年に鹿島入りした。 2018年には徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経験。2019シーズンは鹿島に復帰すると、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し1得点を記録していた。 鹿島ではJ1で27試合1得点、リーグカップで5試合1得点、天皇杯で8試合に出場していた。ブエノはクラブを通じてコメントしている。 「ブラジルでプレーができる機会を、非常に嬉しく思っています。アントラーズには感謝しかありません。僕を信じてくれたフロント、スタッフ、特に昨シーズン、自分を信じて起用してくれたスタッフたちには感謝でいっぱいです」 「どこにいても、僕は常にアントラーズとともにあり、一生僕の心に生き続けます。また皆さんの前でプレーできることを信じ、必ず成長できるよう全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」 アトレチコ・ミネイロは、かつてチリ代表やアルゼンチン代表を指揮し、セビージャ時代にはMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)も指導したホルヘ・サンパオリ監督が指揮。元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリやチェルシーなどでもプレーした元アルゼンチン代表FWフランコ・ディ・サント、レアル・ベティスやミランなどでプレーした元ブラジル代表FWリカルド・オリベイラなどが所属している。 2020.06.16 15:06 Tue
twitterfacebook
thumb

16歳から日本でプレーする鹿島DFブエノ、姉がブラジル復帰の可能性を明かす

鹿島アントラーズのブラジル人DFブエノ(24)の姉であるレジアーネさんが弟とのやり取りについて明かしている。ブラジル『Hoje em Dia』が伝えている。 ブエノは、ルイス・アントニオFCやボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しプロキャリアをスタートさせると、ヴィッセル神戸への期限付き移籍をへて、2016年に鹿島入りした。 2018年は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍したものの、鹿島に復帰した2019シーズンはJ1リーグ17試合に出場し1ゴールを記録。後半戦は守備面で重要な役割を担っていた。 最近は、ブラジルのアトレチコ・ミネイロのホルヘ・サンパオリ監督が、鹿島のテクニカルディレクター(TD)を務めるジーコ氏の推薦を受け、ブエノを2021年末までのローンでの移籍を画策していると報じられていた。 若くして母国を離れ、遠い日本で暮らすブエノだが、レジアーネさんが弟の日本行きを回想した。 「私がボタフォゴにいたとき、ブラジルに日本語学校があり、オーナーはルイス・アントニオの少年たちのサッカーの試合を観に行っていました。ちょうど弟がU-20にいたころです。スカウトマンは彼のプレーを観る前から、そのフィジカル面を評価していました。弟は、16から17歳の時には世界の反対にいて、彼がアスリートとして成功できるかどうかの確証はありませんでした」 「小さい頃から、母を助けるために、私たちは働いていました。今は弟が助けてくれます。彼はいつも選手になることを夢見ていた。彼は末っ子ですが、今では一家の大黒柱です」 ブエノは、日本での給料を家族をサポートすることに充てていたという。母に車を買い与え、家の改築もプレゼントしていたようだ。 一方で、母国ブラジルでの初めてのプロ契約になるかもしれないアトレチコ・ミネイロからのオファーについては、「彼にとって挑戦であり、そして家族の人生の新しいステップになる」と考えているようだ。 「彼はブラジルの外に旅立ち、私たちが想像していなかったものを与えてくれました。ですが、彼が近くにいることは私たちが常に望んでいたことです」 また、レジアーネさんによれば、オファーの話を聞いたブエノからはすぐに電話があり「飛行機に乗りサッカーの国に戻ることが待ちきれない」と話していたという。 再び家族がいるブラジルでプレーするチャンスを得たブエノだが、母国復帰を選択する可能性は高そうだ。 2020.06.15 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島DFブエノに元アルゼンチン代表監督が興味、アトレチコ・ミネイロが接触

鹿島アントラーズのブラジル人DFブエノ(24)にアトレチコ・ミネイロが接触しているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジル出身のブエノは、ボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しキャリアをスタート。ヴィッセル神戸への期限付き移籍をへて、2016年に鹿島入りした。 2018年は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍したものの、鹿島に復帰した昨シーズンはJ1リーグ17試合に出場し1ゴールを記録。後半戦は守備面で重要な役割を担っていた。 『グローボ』によれば、ホルヘ・サンパオリ監督が指揮するアトレチコ・ミネイロが2021年末までのローンでの移籍を画策しているとのこと。サンパオリ監督は、サントスを指揮していた2019年にもブエノ獲得を目指していた過去がある。 サンパオリ監督は、スピードとパスに優れているディフェンダーを探しており、そのターゲットとして、ブエノとリールに所属するパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(27)にもオファーを提示している模様だ。 2020.06.12 10:55 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング