鹿島アントラーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 鹿島アントラーズ 30 9 3 6 30 25 5 18
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
鹿島アントラーズ vs 湘南ベルマーレ
2020-09-27
17:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
鹿島アントラーズ vs 大分トリニータ
2020-10-03
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ
2020-10-10
16:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
鹿島アントラーズ vs 横浜FC
2020-10-14
18:45
明治安田生命J1リーグ
第22節
サガン鳥栖 vs 鹿島アントラーズ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.19
18:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
セレッソ大阪 1 - 2 鹿島アントラーズ
2020.09.12
18:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
清水エスパルス 1 - 2 鹿島アントラーズ
2020.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
鹿島アントラーズ 2 - 1 ベガルタ仙台
2020.09.05
18:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
名古屋グランパス 1 - 3 鹿島アントラーズ
2020.08.29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
柏レイソル 2 - 3 鹿島アントラーズ
基本データ

正式名称:鹿島アントラーズ

原語表記:KASHIMA Antlers

ホームタウン:鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市

チームカラー:ディープレッド

関連ニュース
thumb

鹿島がC大阪との好調対決制す! ファン・アラーノ&エヴェラウド弾で4年ぶり6連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節のセレッソ大阪vs鹿島アントラーズがヤンマースタジアム長居で行われ、2-1でアウェイの鹿島が勝利した。 6連勝中の2位C大阪は1-0で勝利したヴィッセル神戸戦からスタメンを5人変更し、坂元や清武など主力が復帰したほか、左サイドバックには片山をチョイス。一方、5連勝中の鹿島は1-0で勝利した前節の清水エスパルス戦から2名入れ替え、永戸と関川が2試合ぶりに先発に名を連ねた。 好調同士の両者が相まみえた一戦。サイドから攻撃を仕掛けるC大阪に対して、鹿島は中央で細かいパスを繋ぎ、相手ゴールに迫る展開となる。 その中で先に決定機を迎えたのは鹿島。32分、土居からのパスをボックス中央で受けた和泉が粘りながら左足でシュートを放つ。DF片山にゴールライン上でクリアされたが、詰めていたファン・アラーノに当たってゴールイン。先制に成功した。 C大阪もすぐさま反撃。右サイドで松田からのパスを受けた奥埜がダイレクトで前方へ。飛び出した坂元がボックス右からグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前でフリーのブルーノ・メンデスが左足インサイドで合わせて、失点から4分後に同点とする。 追いつかれて試合を折り返した鹿島だったが、後半立ち上がりの46分に勝ち越す。ボックス手前でルーズボールを拾った和泉が対峙したDFと入れ替わり左足シュート。GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールをエヴェラウドが押し込んだ。 C大阪は後方でボールを回して攻撃の糸口を探すも、前線から連係した守備を構築する鹿島の前に効果的な縦パスを供給することはできず。それでも、70分に敵陣右サイド深くで坂元が獲得したFKからチャンス。清武のクロスをボックス中央のマテイ・ヨニッチが打点の高いヘディングシュートを放ったが、GK沖のファインセーブに遭ってしまう。 その後、鹿島が時間を上手く使いながら試合は推移。レオ・シルバに決定機を作られたC大阪は、後半アディショナルタイム2分に左サイド深くから丸橋が供給したクロスから木本がヘディングシュートを放つも、クロスバーに嫌われてしまい同点に追いつくことはできない。 そのまま試合は1-2で終了。試合巧者ぶりを見せつけた鹿島が4年ぶりの6連勝を達成した。一方、C大阪はクラブタイ記録の7連勝を逃している。 セレッソ大阪 1-2 鹿島アントラーズ 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(前36) 【鹿島】 ファン・アラーノ(前32) エヴェラウド(後1) 2020.09.19 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:C大阪vs鹿島】6連勝vs5連勝、勢いそのままに勝ち点3を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2020年9月19日(土) 18:00キックオフ セレッソ大阪(2位/39pt) vs 鹿島アントラーズ(5位/27pt) [ヤンマースタジアム長居] ◆首位を追い続ける中で負けれらない一戦【セレッソ大阪】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。前半途中にFW都倉賢が一発退場となり数的不利に陥るも、FW柿谷曜一朗のゴールを守りきって連勝を「6」に伸ばした。 この試合では主力のMF清武弘嗣、MF坂元達裕を休ませることもできた。前々節の横浜F・マリノス戦では2人の活躍で逆転勝利を収めており、苦しい中でも連勝を伸ばしているところに真の強さが垣間見える。 首位の川崎フロンターレも勝ち点を落とさないため、10月の直接対決まで遅れを取るわけにはいかない。今節もしっかりと勝ち点3を積み上げ、首位に立つ時を虎視眈々と狙う。 対戦相手の鹿島はシーズン当初の絶不調ぶりがウソのような好調ぶりを見せている。難敵との対戦が続く中で7連勝となれば15年ぶりの偉業。翌日に試合がある川崎Fに大きなプレッシャーを与えることはできるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、木本恭生、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆最後尾から追い上げ中、難所乗り越え6連勝へ【鹿島アントラーズ】 ミッドウィークに試合がなかった鹿島は前節の清水エスパルス戦で1-2と勝利。連勝を「5」に伸ばした。 4連敗と最悪のシーズンスタートとなった今シーズンの鹿島だったが、8月に入っってからの10試合で7勝2分け1敗。勝ち点23を積み上げ、気がつけば5位。5連勝中と一気に調子を上げた。 ポゼッションサッカーという新しい取り組みも功を奏し、試合を追うごとにチーム内に浸透。崩しの幅ができたことに加え、サイド攻撃が結果を出していることもあり、相手としては抑えどころがない状態となっている。 カギを握るのはシャドーのポジションを務める土居聖真。さらに、中央に入ってプレーする際のサイドの選手や、左サイドバックのDF永戸勝也も大きな役割を担う。リーグ最少失点のC大阪が相手だけに、簡単にはゴールを与えてくれないが、これまで積み上げ、自信を持ちつつあるポゼッションサッカーで6連勝といきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.09.19 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

華麗なパスワークから鹿島が2発! 苦境・清水に競り勝ち5連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節の清水エスパルスvs鹿島アントラーズが12日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-1でアウェイの鹿島が勝利した。 5試合で18失点と守備に問題を抱えている清水。7試合ぶりの勝利を目指して、1-4の大敗を喫した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを6名入れ替え、金井、岡崎、河合、中村、鈴木、金子を起用した。 一方、4連勝と好調の鹿島は2-1で競り勝った前節のベガルタ仙台戦から4名変更。杉岡と町田が久々の起用となり、レオ・シルバと和泉が2試合ぶりにスタメンに名を連ねた。 対照的な両チームの一戦。序盤はホームの清水がボールを保持する展開となり、左CKを獲得した21分に決定機を迎える。西澤の供給したインスイングのクロスがゴールへ直接向かうも、GK沖に弾き出されてしまう。 対して鹿島は29分に決定機。杉岡が高い位置でボールを奪うと、ファン・アラーノを経由してボックス中央手前のレオ・シルバが左斜めにダイレクトパス。フリーで受けたエヴェラウドがワントラップから右足シュートをゴールに流し込み、先制に成功する。 さらにその3分後には、敵陣中央左サイドでインターセプトした犬飼がダイレクトでボックス左へパスを送る。ボールを受けたエヴェラウドが真横にパスを送ると、和泉がヒールパス。ボックス中央から土居が右足コントロールショットを決めて、リードを広げる。 前半終盤にかけては、土居がポスト直撃のシュートを放つなど鹿島がイニシアチブを握って試合を折り返す。50分にも土居が個人技からフィニッシュまで持ち込むなど、後半に入っても鹿島がペースを掴む。 その後、両チームは攻撃陣をメインに選手交代。この交代策が的中したのは清水だった。79分、途中出場のティーラシン・デーンダーがボックス右で鈴木からのボールを受ける。DFを背負いながらも、反転して右足シュートを放つと、これがゴール左に吸い込まれて1点差に詰め寄る。 後半アディショナルタイムには、清水は中村が個人技でボックス中央まで持ち運んでループパス。ボックス左で反応した2種登録の成岡が左足でボレーシュートを狙うも枠を大きく外してしまう。 その直後に試合終了の笛。2-1で勝利した鹿島が5連勝を達成した。一方で清水は6連敗となっている。 清水エスパルス 1-2 鹿島アントラーズ 【清水】 ティーラシン・デーンダー(後34) 【鹿島】 エヴェラウド(前29) 土居聖真(前32) 2020.09.12 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:清水vs鹿島】5連敗と4連勝、対照的な両者はそれぞれの想いで勝利を目指す

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2020年9月12日(土) 18:00キックオフ 清水エスパルス(17位/9pt) vs 鹿島アントラーズ(6位/24pt) [IAIスタジアム日本平] ◆今季2度目の5連敗、400勝達成でストップを【清水エスパルス】 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、4-1で敗戦。開幕から喫した5連敗に並ぶ敗戦となってしまった。 8月8日の第9節北海道コンサドーレ札幌戦で、J1通算400勝に王手をかけながら早1カ月が経過。すでに6試合足踏みしている状況だけに、早く達成したいところだ。 開幕からの5連敗を抜けた際に一度は掴みかけた自分たちの形だが、この5連敗中は守備陣が崩壊。5試合で18失点、全ての試合で複数失点を喫しているだけに、まずは落ち着いて守備を固めるところからスタートしたい。 5連敗中でも無得点だった試合は1試合のみと、攻撃陣は一定の結果を出しているだけに、カギとなるのは守備。特にセットプレーから得点を奪えているだけに、粘り強い戦いをしながら、その時を待つことが勝利へのカギとなるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大久保択生 DF:宮本航汰、ヴァウド、立田悠悟、奥井諒 MF:ヘナト・アウグスト、後藤優介、竹内涼 FW:金子翔太、カルリーニョス・ジュニオ、西澤健太 監督:ピーター・クラモフスキー ◆最下位からの巻き返し中、気がつけば上位が見えるいちに【鹿島アントラーズ】 開幕4連敗を喫していた頃のチームとは大きく異なり、しっかりと新たなスタイルを手にしつつある鹿島。前節はホームにベガルタ仙台を迎え、2-1で勝利を収め、4連勝を達成した。 直近の10試合ではわずか1敗、6勝3分け1敗と勝ち点を一気に積み上げ、気がつけば6位に浮上。このままの勢いを維持し、トップ3の背中を捉えたいところだ。 連戦の疲労も見えるなか、ターンオーバーをしながらも勝ち点を重ねてきているが、やはりケアも必要。仙台戦ではフィニッシュの精度を欠いた場面も見られ、もう少しうまく試合を運べた点は反省点だ。 一方で、若手選手も徐々にチームに馴染み、ピッチ上で能力を発揮している状況。ゴールという目標に向けてチーム全体が連動できつつあるだけに、常勝軍団としての強さを取り戻すべく、まずは5連勝を達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.09.12 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

復活の鹿島がエヴェラウド&上田弾で4連勝達成!仙台は5戦未勝利《J1》

9日、明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利を収めた。 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、1-3で勝利した鹿島。3連勝と調子を上げる中、スタメンを2名変更。レオ・シルバ、和泉竜司が外れ、永木亮太、ファン・アラーノが起用された。 対する仙台はホームでガンバ大阪に1-4で敗戦。前節から2名を変更し、平岡康裕、蜂須賀孝治が外れ、シマオ・マテ、ジャーメイン良を起用。蜂須賀は試合前のウォーミングアップで負傷し、急遽メンバーから外れた。 試合は3連勝中の鹿島が先に決定機。9分、ハーフウェイライン付近で相手のパスを荒木がカットすると、ドリブルで持ち出しパス。これを受けた土居がボックス手前からシュートも、コースを狙ったシュートは右ポストに嫌われ、ゴールとはならない。 16分にも鹿島が決定機。またしても相手のパスをカットすると、土居からのスルーパスを受けたファン・アラーノがボックス右からクロス。ファーサイドでエヴェラウドがヘディングで合わせるが、タイミングが合わずにミートしない。 23分にはドリブルで持ち上がった永戸がボックス手前からクロス。これをファーサイドでエヴェラウドが合わせようとしたが、わずかに届かない。 仙台は攻め込むものの鹿島の落ち着いた守備の前にチャンスを作れず。すると29分には、鹿島がチャンス。永木のクロスをボックス中央でエヴェラウドが2人のDFに囲まれながらもヘッド。しかし、ヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は浮き球の処理をした際に吉野が負傷。31分にアクシデントで金正也と交代する。 仙台は35分にチャンス。右CKの流れからクロスが流れると、ボックス手前で西村がダイレクトシュート。鋭いシュートだったが、枠を外れていく。 鹿島は攻め込みながらもゴールが奪えないまま前半が終わるかと思われたが、アディショナルタイムに先制。小泉が土居とのパス交換から最後は荒木が浮き球のパス。これに走り込んだ小泉がGKヤクブ・スウォビィクの対応をよく見ると、落ち着いて浮き球のパス。これをエヴェラウドがヘディングで合わせて、鹿島が先制し前半を終える。 共に交代なしで迎えた後半、鹿島は48分にチャンス。ハーフウェイライン付近でこぼれ球を拾った荒木がドリブルを仕掛けると、ボックス手前まで持ち上がり自らシュート。ディフレクトしたボールが枠に飛ぶものの、GKヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は63分にチャンス。右サイドを仕掛けた真瀬がクロス。長沢に合わないものの、その後ろの関口が合わせにいくが、ファウルを取られシュートに行けない。 鹿島は左サイドに展開。永戸がグラウンダーのクロスを送ると、ディフレクトしたボールをファン・アラーノがボックス中央でダイレクトシュート。しかし、バウンドが合わずにシュートをふかしてしまう。 仙台は71分に3枚替え。兵藤、中原、石原を起用。すると72分にビッグチャンス。右サイドのスルーパスに出た兵藤がヘッド。シュートはクロスバーに嫌われるも、こぼれ球をフリーの長沢が頭で合わせるが、これも枠に嫌われてゴールとはならない。 鹿島は74分、永木からのクロスをファーサイドで和泉がヘッド。しかし、これがクロスバーにあたり、ゴールとはならない。 83分、自陣からの永戸のフィードを上田がトラップ。対峙した金正也を振り切り、ボックス内左から右足一閃。鋭いシュートがゴール右に決まり、鹿島がリードを2点に広げる。 2点ビハインドとなった仙台だが87分、右CKを獲得するとクロスボールが混戦に。最後は、長沢がこぼれ球を蹴り込み、仙台が1点を返す。 追いつきたい仙台だったが、その後は鹿島が落ち着いて時計を進めて試合終了。鹿島が2-1で勝利し、4連勝を達成。仙台は連敗で5試合未勝利となった。 鹿島アントラーズ 2-1 ベガルタ仙台 【鹿島】 エヴェラウド(前47) 上田綺世(後38) 【仙台】 長沢駿(後42) 2020.09.09 21:01 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング