鹿島アントラーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 鹿島アントラーズ 23 7 2 3 21 11 10 12
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-05-22
19:00
ACL2019グループE
最終節
鹿島アントラーズ vs 山東魯能
2019-05-26
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
サガン鳥栖 vs 鹿島アントラーズ
2019-06-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ
2019-06-15
18:30
明治安田生命J1リーグ
第15節
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪
2019-06-29
18:30
明治安田生命J1リーグ
第17節
鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
15:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
鹿島アントラーズ 5 - 0 松本山雅FC
2019.05.12
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
ヴィッセル神戸 0 - 1 鹿島アントラーズ
2019.05.08
21:45
ACL2019グループE
第5節
ジョホール・ダルル・タクジム 1 - 0 鹿島アントラーズ
2019.05.03
15:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
鹿島アントラーズ 3 - 0 清水エスパルス
2019.04.28
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
横浜F・マリノス 2 - 1 鹿島アントラーズ
基本データ

正式名称:鹿島アントラーズ

原語表記:KASHIMA Antlers

ホームタウン:鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市

チームカラー:ディープレッド

関連ニュース
thumb

白崎がバースデーに2発! 鹿島が松本に5ゴールで完勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs松本山雅FCが県立カシマサッカースタジアムで行われ、5-0で鹿島が勝利した。 連勝中の5位・鹿島(勝ち点20)は、1-0で勝利した前節のヴィッセル神戸戦からのスタメン変更はなし。同じメンバーをピッチに送り出した。 一方、3試合未勝利の12位・松本(勝ち点12)は、0-0で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを1名変更。高橋に代わって中美が起用された。 対照的なチーム同士の一戦は鹿島ペースで進んでいく。8分、レオ・シルバが敵陣中央でボールを奪取。土居、セルジーニョを経由して再びパスを受けたレオ・シルバがボックス右へパスを通す。最後はフリーで受けたレアンドロが右足でシュートを放ったが、松本の飯田にライン上でクリアされてしまう。 開始早々にピンチを招いた松本も反撃。14分、バイタルエリア左でボールを奪った杉本がそのままボックス内に侵攻。最後はダブルタッチでDFを交わし、シュートを放つも、ゴール右に外れた。 攻勢を強める鹿島が先に松本ゴールをこじ開ける。25分、オーバーラップで駆け上がってきた永木が敵陣右サイドの深い位置からグラウンダーの高速クロスを入れる。GK守田に触られたが、ファーサイドのレオ・シルバが対面したDFを冷静にかわしてゴールに流し込んだ。 その後も鹿島がイニシアチブを握り、松本ゴールを脅かす。しかし、追加点を奪うことができず、ホームチームが1点をリードして試合を折り返した。 後半開始早々に鹿島がリードを広げる。47分、自陣ハーフウェイライン付近の右サイドでボールを受けたレオ・シルバがダイアゴナルにドリブルで持ち運びボックス左の白崎へパス。フリーで受けた白崎がニアサイドを射貫いてスコアを2-0とする。 追加点を奪った鹿島は攻撃の手を緩めない。54分、ボックス中央手前のレアンドロがバイタルエリア右へ展開。ボールを受けたセルジーニョが左足でシュートを放つと、弧を描いたボールはゴール左に吸い込まれ、リードを3点に広げる。 鹿島はさらに畳みかける。65分、レアンドロのパスをボックス右で受けた土居がトリッキーなターンからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ白崎がヘディングシュートを叩き込み、4点目を決めた。さらに83分には、敵陣中央右サイドからレアンドロがドリブルでボックス中央手前まで持ち運び、パスを供給。これがゴール前でフリーの中村の下へ渡ると、冷静に流し込み、5点目を奪った。 試合は5-0で終了。大勝した鹿島が3連勝で4位に浮上した。一方、敗れた松本は4試合未勝利となっている。 2019.05.18 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島がセルジーニョの技あり弾で連勝! 神戸はトンネル抜け出せず6連敗《J1》

12日、明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1でアウェイの鹿島が勝利した。 現在5連敗と絶不調の13位の神戸は、前節から2枚を変更。橋本和に代えて三原雅俊、田中順也に代えてセルジ・サンペールを起用した。アンドレス・イニエスタはベンチスタートとなった。 一方の8位鹿島は、AFCチャンピオンズリーグから中3日での試合に。前節の清水エスパルス戦から2名を変更。町田浩樹に代えてチョン・スンヒョン、伊藤翔に代えてセルジーニョを起用した。 最初の決定機は神戸。2分、最終ラインからのロングフィードをビジャが右足でダイレクトパス。左サイドを三田が突破するとボックス内左に侵入しクロスを送るも、走り込んだ古橋には合わない。 鹿島は8分、ゴール前で混戦となると、ボックス内でこぼれ球を拾ったセルジーニョが右足でシュート。しかし、これはGKキム・スンギュの正面にとびセーブされる。直後にはボックス手前からレアンドロが右足でミドルシュート。今度はわずかに左に外れる。 高い集中力で守備を見せる鹿島は14分、左サイドの安西からパスを受けたレアンドロが、ボックス手前から右足でシュート。しかし、これもGKキム・スンギュがセーブする。 17分、左サイドの白崎が前線にボールを送ると、三原をブロックしたセルジーニョがボックス内でダイレクトシュート。右足で合わせたボールがゴールに吸い込まれ、鹿島が先制する。 アグレッシブなプレーが目立つ鹿島は22分、セルジーニョのパスを受けた白崎がボックス手前から右足シュート。しかし、これはわずかに右に外れる。 24分に神戸は反撃。縦パスに反応したダビド・ビジャがボックス内でパスを受ける。GKと一対一になるも、GKクォン・スンテが対応しシュートを打たせない。 鹿島は25分、レオ・シルバが絶妙なスルーパス。これにセルジーニョが反応するも、GKキム・スンギュが一足先に飛び出して処理する。 互いに中盤でのパスミスが続き、相手ゴールに迫るシーンが増える中39分、左サイドを仕掛けた安西からのクロスに中央でセルジーニョが合わせようとするも、わずかにDFが触ってクリアする。 ビハインドの神戸にアクシデント40分に古橋が前線へのボールを追いかけると、自らピッチに倒れ込み担架で運び出される。 数的不利の神戸だが、相手のミスから43分にチャンス。山口が運ぶと左の郷家へパス。ビジャとのワンツーで抜け出た郷家がクロスを送るも、DFがクリアする。運び出された古橋はそのまま下がり、安井が投入される。 鹿島は前半アディショナルタイムに決定機。右CKを得ると永木のクロスをセルジーニョがヘッド。これはクロスバーに嫌われると、レアンドロが跳ね返りをヘッド。こぼれ球を犬飼が詰めようとするも、GKキム・スンギュが体を張って守り切る。 鹿島の1点リードで迎えた後半、57分に鹿島がビッグチャンスを迎える。セルジーニョからの折り返しをレアンドロがボックス内でシュート。GKがセーブすると、こぼれ球を拾った土居がボックス内からシュートも、これは大きく外れる。 なかなか得点機が訪れない神戸は65分に左サイドバックの三原に代えて前線の小川を投入。郷家がサイドバックのポジションに下がるシステムに変更する。 さらに68分にはセルジ・サンペールに代わり、アンドレス・イニエスタを投入。鹿島は白崎に代えて安部を投入する。 鹿島は76分、レアンドロが仕掛けて得たFKを永木が直接シュート。右から巻いたシュートがゴールに飛ぶも、GKキム・スンギュがセーブする。 79分、右サイドで得たFKから三田がクロス。ファーサイドで宮が折り返すも、ダンクレーが触れず、ゴールとはならない。 84分、鹿島はカウンター。左サイドを安部がドリブル突破。グラウンダーのクロスが通ると、ボックス内で土居がシュート。しかし、GKキム・スンギュがセーブする。 アディショナルタイムに入っても鹿島が巧みにボールを繋ぎ、神戸は攻撃に転じられず。そのまま終了し、0-1で鹿島が勝利し2連勝。ホームの神戸はドロ沼の6連敗とトンネルを抜け出せなかった。 2019.05.12 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

J1は名古屋戦で独走弾を魅せた鹿島MFレオ・シルバ! J2は岡山MF仲間、J3は熊本DF高瀬《月間ベストゴール》

Jリーグは10日、4度の「月間ベストゴール」として、J1では鹿島アントラーズのMFレオ・シルバ、J2ではファジアーノ岡山のMF仲間隼斗、J3リーグではロアッソ熊本のDF高瀬優孝のゴールを選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 レオ・シルバのゴールは、4月5日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節、名古屋グランパス戦で決めた81分のゴール。レオ・シルバのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FWレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「このゴールが生まれるために協力をしてくれたチームメイト全員と、月間ベストゴールに選んでくれた方々へ感謝したいです。間違いなく、このゴールは自分自身、家族、サポーター、サッカーを愛する人々の心に永遠の記憶として残るだろうと思います。心から感謝しています、ありがとうございました」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 決勝点となった圧巻の長距離ドリブルシュート ◆福西崇史委員 「圧巻のドリブルシュート。スピードが上がっても乱れないボールコントロールと冷静なシュートのテクニック」 ◆柱谷幸一委員 「試合終わりにあの距離のドリブルからのシュートは圧巻」 ◆北條聡委員 「衝撃の単騎突撃。ド真ん中から斬り込み、5人ぶち抜き。J史上空前のゴールか」 ◆寺嶋朋也委員 「派手なテクニックではなく、絶妙なコース取りと緩急で決めた素晴らしいゴール」 仲間のゴールは、4月20日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節、徳島ヴォルティスで決めた75分のゴール。仲間のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MF仲間隼斗(ファジアーノ岡山)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE<hr></div> 「このような賞をいただき、とてもうれしく思っています。こうやって受賞できたのは、チームで積み重ねてきた練習の成果だと思うので、チームメイトに感謝しています。これからもチームとして勝利を重ねられるように、そしてまたこのような賞をいただけるように、練習から全員で頑張っていきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 トップスピードのロングランから繰り出されたゴールに突き刺さる決勝弾 ◆原博実委員 「チェ・ジョンウォンからのロングフィードに抜け出し、トップスピードのまま左足で同サイドのゴールネットに突き刺した。素晴らしいゴール」 高瀬のゴールは、4月28日に行われた明治安田生命J3リーグ第7節、アスルクラロ沼津戦の3分のゴール。高瀬のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆DF高瀬優孝(ロアッソ熊本)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE<hr></div> 「この度は月間ベストゴール賞に選んでいただき、ありがとうございます! 今まで直接フリーキックを決めた事が記憶になく、自分が1番驚いています。そんな自分があのようなゴールを決めることができたのも、ボールにチームメイトやサポーターの勝ちたいという強い想いが込められたからだと思います。そして結果的にチームの勝利に貢献できた事を嬉しく思います。この賞に恥じぬように、これからもサッカーと向き合い、日々精進していきたいです」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 軌道、スピードともに完璧なフリーキック ◆原博実委員 「簡単に蹴ったが、このFKの軌道、スピードは完璧」 2019.05.10 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

前回王者の鹿島が痛恨の連敗でGS突破に黄色信号…最終節は首位の山東魯能と激突《ACL2019》

鹿島アントラーズは8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループE第5節でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦し、0-1で敗戦した。 現在勝ち点7でグループ2位につける鹿島が、最下位のジョホール・ダルル・タクジムのホームに乗り込んだ一戦。今節の結果次第でグループステージ突破の可能性がある鹿島は、直近の清水エスパルス戦からスタメンを4人変更。セルジーニョ、遠藤康、平戸太貴、安部裕葵がスタメンに名を連ねた。 鹿島のファーストチャンスは14分、遠藤のラストパスをボックス左で受けたレオ・シルバが左足を振り抜くも、これはGKタルミジがセーブ。さらにこぼれ球を拾ったセルジーニョがボックス中央からシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。 高い湿度と劣悪なピッチコンディションに苦しむ鹿島は、その後マレーシア王者に主導権を握られると38分にピンチを迎える。カブレラのスルーパスで右サイドを抜け出したマンソルのクロスが直接ゴールに向かったが、これはGKクォン・スンテのセーブで難を逃れた。 守護神の奮起に応えたい鹿島は40分、相手のパスミスに素早く反応した遠藤が左サイドを抜け出すとダイレクトクロスを供給。これをゴール前でフリーの伊藤が左足で合わせたが、シュートは大きく枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、鹿島は開始早々にピンチを招く。47分、ジョホールは自陣からのカウンターを仕掛けると、サファウィ・ラシドのパスを最前線で受けたシャフィク・アフメドがワンタッチでボックス右深くまで侵入しシュートを放ったが、これはサイドネットに外れた。 それでも鹿島は、60分に決定機。遠藤のスルーパスに飛び出したGKタルミジのクリアボールが伊藤に当たると、このボールがゴール方向へ向かったが、わずかに右に外れた。 チャンスを逃した鹿島は、69分に失点を許す。マンソルのスルーパスをボックス左横で受けたシャフィク・アフメドがカットインでボックス左まで切り込みシュート。これがゴール右隅に決まった。 失点を喫した鹿島は、71分に平戸を下げて土居を、75分に遠藤を下げて金森を投入。すると79分、永木の右CKが相手DFに当たりゴール方向へこぼれると、ゴール右から走り込んだ伊藤が反応するも、わずかに詰め切れず。シュートはゴールの右に逸れた。 その後、83分に山口を投入した鹿島は試合終了間際に決定機。93分、安西の左クロスからボックス中央の町田が頭で落とすと、これを受けた伊藤がワントラップから右足で狙ったが、このシュートはゴール右に外れた。 結局、試合は0-1で終了。痛恨の敗戦により今節でのグループステージ突破を逃した鹿島は、最終節で首位通過を決めている山東魯能とホームで対戦する。 2019.05.09 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】勝てば突破の可能性も! アウェイの気候に負けず勝利なるか《ジョホール・ダルル・タクジムvs鹿島アントラーズ》

8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第5節が開催。ディフェンディングチャンピオンの鹿島アントラーズはアウェイでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆勝利でグループ突破の可能性</span> 現在勝ち点7でグループ2位につける鹿島は、アウェイで最下位のジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。最終節は現在首位の山東魯能(中国)と対戦するだけに、しっかりとここで勝ち点3を積み上げていきたいところ。もう1試合の結果次第では、グループステージ突破が決定する一戦だ。 直近のリーグ戦は3-0で清水エスパルスに快勝。しかし、ケガ人、出場停止などの影響もあり、波に乗っているとは言えない状況だ。一方で、チーム力の底上げには徐々に着手できており、しっかりとここで勝利を収めたい。 安定感が出始めている状況だけに、鹿島らしさという点では結果が必要となるだろう。リーグ戦で上位に浮上するためにも、まずはACLでしっかりとグループステージ突破を手中に収めたい。 <span style="font-weight:700;color:#593fa6;font-size:1.1em;">◆地の利を生かして初勝利なるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対するジョホール・ダルル・タクジムは、初のACLでここまで1分け3敗。2連勝でわずかながらグループステージ突破の可能性が残っているため、残りの2試合は必勝で来るはずだ。 国内リーグであるマレーシア・スーパーリーグでは9勝3分けと強さを見せているが、やはりアジアの壁は厚く、さらに今節はエースであるジオゴが出場停止と苦しい状況だ。 一方で、気温30度超という気候面では地の利がある。鹿島にとってはネックとなる高温多湿の条件で、体力勝負を挑めば勝機も見られるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:遠藤康、レオ・シルバ、名古新太郎、白崎凌兵 FW:土居聖真、金森健志 監督:大岩剛 前節の慶南FC戦からは若干のメンバー変更を予想。センターバックには出場停止だった犬飼智也と町田浩樹が復帰。また、ボランチにはレオ・シルバが入ると予想する。また2トップにはACLで出場機会がある金森健志と土居聖真が入ると予想する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> DF安西幸輝(23) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190508_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 鹿島の注目選手は、DF安西幸輝をピックアップ。今シーズンは左右のサイドバックとしてフル稼働。攻守において目立った活躍を見せ、チームを支える大きな存在となっている。 マレーシアの気候を考えれば消耗戦になることは容易に想像がつく。また、守備だけでなく攻撃面でも違いを見せる必要があり、攻守でチームを支える安西の活躍は必要不可欠となるだろう。 左サイドのコンビネーションも白崎凌兵、安部裕葵ともに問題なく、どちらも安西を生かせるプレーをする。鹿島の左サイドからの崩しにも注目だ。 2019.05.08 15:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング