鹿島アントラーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 鹿島アントラーズ 14 4 2 2 11 9 2 8
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-24
19:00
ACL2019グループE
第4節
鹿島アントラーズ vs 慶南FC
2019-04-28
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ
2019-05-03
15:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス
2019-05-08
21:45
ACL2019グループE
第5節
ジョホール・ダルル・タクジム vs 鹿島アントラーズ
2019-05-12
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
15:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
鹿島アントラーズ 1 - 0 ベガルタ仙台
2019.04.14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
FC東京 3 - 1 鹿島アントラーズ
2019.04.09
18:30
ACL2019グループE
第3節
慶南FC 2 - 3 鹿島アントラーズ
2019.04.05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
鹿島アントラーズ 2 - 1 名古屋グランパス
2019.03.30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
ジュビロ磐田 1 - 1 鹿島アントラーズ
基本データ

正式名称:鹿島アントラーズ

原語表記:KASHIMA Antlers

ホームタウン:鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市

チームカラー:ディープレッド

関連ニュース
thumb

犬飼の今季初ゴールを守り切り鹿島が5位浮上! 仙台は6敗目《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ここまで3勝2分け2敗で8位につける鹿島(勝ち点11)と、1勝1分け5敗で17位に沈む仙台(勝ち点4)が激突した。前節のFC東京戦を1-3で敗れ、開幕戦以来の黒星を喫した鹿島は、その一戦から先発メンバーを3人変更。GK曽ヶ端、レアンドロ、セルジーニョに代わりGKクォン・スンテが復帰し、安部、白崎が先発に名を連ねた。 一方、前節の大分トリニータ戦を0-2で敗れ、5敗目を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。兵藤に代えて松下を起用した。 巻き返しを図りたい両者の一戦は、落ち着いた立ち上がりを見せる中で徐々に鹿島がじわりじわりとゴールに迫る。11分、安西がボックス左外でボールを持った安部を追い越してパスを呼び込み、GKとDFの間に鋭いクロスを供給。ニアサイドに土居が飛び込んだが、わずかに合わない。 冷や汗をかいた仙台は16分にビッグチャンス到来。敵陣中央左からハモン・ロペスがゴール前にクロスを送る。ニアサイドでジャーメインが潰れると、ファーサイドでフリーになっていた松下が一対一に。しかし、GKクォン・スンテのブロックに遭い、先制点のチャンスで決めきることができない。 難を逃れた鹿島はその後、土居とレオ・シルバが立て続けにゴールを狙うが、脅かすには至らず。34分には土居からパスを受けた白崎がうまく体を使ってボックス右に侵攻し、中央へ折り返す。最後は安部がボックス中央で合わせるも枠を捉えることができない。 後半に入ると、ホームで負けられない鹿島が攻勢を強める。53分、永木の右CKに犬飼が頭で合わせる。62分にも白崎のクロスから伊藤がヘディングでゴールを狙うが、どちらも枠を捉えることができない。 それでも66分、鹿島に待望の先制点。左CKを獲得すると、キッカーの永木がファーサイドにクロスを送る。この位置に犬飼が飛び込んで、ヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 先制点を奪われた仙台は72分に梁、74分に道渕を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、鹿島の巧みなボール保持に悩まされ、思うようにチャンスを作り出すことができない。 それでも仙台は83分、道渕が右サイドを突破し、ゴール前に鋭いクロスを供給。だが、ニアサイドに走り込んでいた石原直樹とハモン・ロペスには合わず。最後は石原崇兆が詰めるもシュートは枠の外へと外れた。 順調に時間を消費する鹿島。しかし、試合終盤に嫌なアクシデントが。86分、ボックス右に侵攻した安部が梁勇基との接触で下腹部を痛めて、起き上がることができず。担架で運ばれてそのまま途中交代となった。 急な事態に金森を投入した鹿島はその後、危なげなく試合をシャットアウト。犬飼のゴールを守り切った鹿島が、1-0で勝利し、5位に浮上した。一方の仙台はこれで6敗目となり、降格圏内から脱出することはできなかった。 2019.04.20 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表候補の筑波大DF角田涼太郎が離脱…鹿島のルーキーDF関川郁万を追加招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は15日、14日から行われているるU-20日本代表候補トレーニングキャンプにおいて、筑波大学のDF角田涼太郎がケガにより離脱することを発表。代わりに鹿島アントラーズに所属するDF関川郁万を追加招集することも併せて伝えている。 関川は2019年に流通経済大柏高校から鹿島に入団。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 トレーニングキャンプは14日から16日に行われ、16日には全日本大学選抜との練習試合が行われる。 U-20日本代表は、今年5月末から6月にかけてポーランドで行われるU-20ワールドカップに出場。5月中旬に直前キャンプを行い、本大会では エクアドル代表、メキシコ代表、イタリア代表と対戦する。 2019.04.15 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が首位戦線へ! 前半3発でアジア王者鹿島攻略《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節が14日に味の素スタジアムで行われ、FC東京が鹿島アントラーズに3-1で勝利した。 開幕から6試合を4勝2分けで首位争いを演じるFC東京。今節に向けては、ミッドウィークのルヴァンカップでシーズン初ゴールの久保が先発するなど、現状のベストメンバーをピッチに送り出した。 対する鹿島はここ公式戦2試合で逆転勝利。シーズン2度目のリーグ連勝がかかる今節に向けては、ベテランGKの曽ヶ端がシーズン初先発を果たしたほか、3年目の小田もリーグ初スタメンを勝ち取った。 上位争いの今後を占う一戦は、ホームのFC東京が立ち上がりからアグレッシブな姿勢を押し出すと、5分に左サイドの小川がゴール前に左足でクロス。DF間に陣取る永井が頭で合わせ、FC東京が先制する。 鹿島の守りから入るプランを狂わせたFC東京は続く16分、ロングカウンター。永井からパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス左で町田を振り切り、右足シュートを決め、鹿島を引き離す。 反撃を試みた鹿島だが、29分に久保が前線に出したアバウトな浮き球ボールを犬飼が痛恨の処理ミス。これを見逃さずのディエゴ・オリヴェイラが制止を狙った町田を突破して、GKとの一対一も制した。 良いところなしの鹿島は前半終了間際、相手に狙われ続けた右サイドバックの小田を下げて三竿を投入。さらに、ハーフタイム明けのレアンドロに代えて安部をピッチに送り込み、流れを掴みにかかる。 すると、55分、バイタルエリア左でボールを受けたレオ・シルバが相手の甘い寄せに乗じて、遠目の位置から右足のコントロールショット。これがGK林の守るゴール右隅を貫き、鹿島が1点を返してみせる。 盛り返した鹿島は64分に追加点のチャンス。ボックス右深くのグラウンダークロスに伊藤がワンタッチで合わせ、これが枠に飛ぶが、GK林のブロックに阻まれ、1点差に詰め寄るチャンスを逃してしまう。 攻め続ける鹿島は71分、最後の交代枠でセルジーニョから山口にスイッチするが、嫌な展開を悟ったFC東京も永井と久保に代えて、ジャエルと大森を立て続けに起用。鹿島は攻め切れない展開が続く。 結局、前半3発が勝負の行方を決定づけたFC東京がシーズン2度目のリーグ2連勝を成し遂げ、首位戦線へ。屈したアジア王者の鹿島は6試合ぶりの黒星となり、上位争いから後退した。 2019.04.14 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】長谷川トーキョーの真価は アジア王者を迎え撃つ《FC東京vs鹿島》

開幕から6戦無敗で首位争いを演じるFC東京。明治安田生命J1リーグ第7節では味の素スタジアムにACL王者の鹿島アントラーズを迎え撃つ。 ◆チーム状況上々〜FC東京〜 FC東京は開幕から6試合を4勝2分け。前節のホームで行われた清水エスパルス戦は長谷川監督の采配がハマり、2-1の逆転勝利で飾った。そして、ミッドウィークに行われたルヴァンカップのサガン鳥栖戦も1-0で勝利。しかも、待ちに待った久保建英が直接FKからシーズン初ゴールを決め、今後の戦いに向けて好材料も手にしている。唯一気がかりといえば、清水戦で決勝点を挙げたものの、終了間際にハムストリングを痛めて負傷交代したディエゴ・オリヴェイラの状態。チーム最多3得点のブラジル人ゴールゲッターを欠くとなれば痛手だが、強敵鹿島の壁を乗り越えられるか。 ◆再びの上位叩きなるか〜鹿島アントラーズ〜 鹿島は3勝2分け1敗の6位に位置。Jリーグ最多20冠のタイトルホルダーとして、らしい勝負強さで勝ち点を着実に積み上げている。開幕戦で黒星を喫するなど第3節まで勝利がなかったが、それ以降は無敗を継続。ホームで行われた前節の名古屋グランパス戦でも首位堅持を狙う相手に2-1の逆転勝利を収め、成熟度の部分で格の違いを見せつけた。そして、ミッドウィークに行われたACLの試合でもクォン・スンテの負傷交代や退場者、2点ビハインドの相次ぐ逆境を見事に跳ねのけて逆転勝利。故障者が相次ぐ苦しい台所だが、チーム状況は悪くない。さらに勝利を積み上げられるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190412_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:久保建英、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>ルヴァンカップを休養に充てた主力が続々先発復帰の見込み。ハムストリングを痛めたディエゴ・オリヴェイラもスタメン入りするとみられる。 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190412_0_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:小田逸稀、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:レアンドロ、永木亮太、レオ・シルバ、土居聖真 FW:セルジーニョ、伊藤翔 監督:大岩剛<hr>クォン・スンテに代わり、曽ヶ端準のシーズン初先発が濃厚。右サイドバック先のACLで決勝アシストを記録した3年目の小田逸稀が抜擢されそうだ。 【注目選手】 東慶悟(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190412_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FC東京の注目選手は東慶悟だ。今シーズンから背番号「10」を受け継いだ新主将は、攻守にわたる献身性だけでなく、気迫溢れるプレーでチームをリード。「ファストブレイク」を真髄とする長谷川サッカーの体現者として、抜群の存在感を示している。今節の鹿島戦でも輝けるか。 レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190412_0_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>鹿島の注目選手はレオ・シルバだ。直近2試合で連発中であり、優良助っ人ぶりを遺憾なく発揮。徐々に上昇傾向にある現在のチームにとって、無尽蔵のスタミナを生かしたダイナモとしての働きが活力となっていることは間違いない。この男が躍動できれば、勝利は自ずと近づいてくる。 ◆FC東京が鹿島を攻略中! 両者の通算対戦成績は19勝8分け9敗で鹿島が大きくリード。大きく負け越しているFC東京にとって、鹿島は浦和に次いで2番目に勝率の低い相手(25%)であり、天敵だ。ただ、直近の5試合においてはFC東京の4勝1分け無敗。昨年はクラブ初の対鹿島戦シーズンダブルを成し遂げており、苦手意識が緩和傾向にある。そんな両者の勝敗はいかに──。注目の上位対決は14日、14時にキックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">長谷川トーキョーと大岩アントラーズが激突!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.04.14 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J1は川崎F戦で華麗なトラップから決めた鹿島FW伊藤翔! J2は徳島FW清武、J3は讃岐FW福家《月間ベストゴール》

Jリーグは11日、2月・3月度の「月間ベストゴール」として、J1では鹿島アントラーズのFW伊藤翔、J2では徳島ヴォルティスのFW清武功暉、J3リーグではカマタマーレ讃岐のFW福家勇輝のゴールを選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 伊藤のゴールは、3月1日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節、川崎フロンターレ戦で決めた21分のゴール。伊藤のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW伊藤翔(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「J1月間ベストゴール賞を頂き、誠にありがとうございます! この賞は、内田選手のロングパスと自分のシュートの合わせ技で頂けたと思っています。川崎Fという難敵に対して、前半ビハインドからゴールを奪えたことは自分にとって自信になりますし、チームにとっても価値あるゴールだと感じてもらえていたらうれしいです。今後もベストゴール賞を貰えるような得点、そしてチームが勝つためのゴールを奪い続けたいと思います!」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 冷静なプレーで決めた超絶ゴール ◆原博実委員 「内田選手からのロングパスをトップスピードの状態にもかかわらず、見事なファーストタッチで受けて冷静な対処をしたことを評価。全盛期のアンリ選手(フランス)を彷彿とさせるプレーだった」 ◆北條聡委員 「超絶ゴール。落下点への先回り、絶妙トラップ、シュートコース、どれも完璧だった」 清武のゴールは、3月3日に行われた明治安田生命J2リーグ第2節、FC岐阜戦で決めた95分のゴール。清武のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW清武功暉(徳島ヴォルティス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_32_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE<hr></div> 「このたびはベストゴールに選出していただきありがとうございます。このゴールは自分だけでとったゴールではなく、チーム全員が最後まで諦めずに戦ってもぎ取ったゴールだと思います。またこういう重要な場面でゴールを決められるように日々のトレーニングからしっかり努力していきたいと思います。チームの目標を達成出来るように今後も全力を尽くしていきます!」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 シーズン初勝利をもたらしたジャンピングボレーシュート ◆福西崇史委員 「バイシクルを打つ発想と、うまく当たらなかったもののゴールを決めて結果を出したこと」 ◆北條聡委員 「引き分け濃厚だった後半アディショナルタイムに、ジャンピングボレーで決め、チームにシーズン初勝利をもたらしたゴールはとても印象的だった」 福家のゴールは、3月10日に行われた明治安田生命J3リーグ第1節、いわてグルージャ盛岡戦の27分のゴール。福家のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW福家勇輝(カマタマーレ讃岐)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE<hr></div> 「たくさんの素晴らしいゴールがあった中で、月間ベストゴールに自分のゴールを選んでいただき、大変感謝しています。得点をしたのは自分ですが、みんなの想いであったり、そういった色々なものがあって、取らせていただいたものなので、大変有難く思っています。また、次もチームの勝利に貢献できるようなゴールを取れるように、また練習から日々しっかりと取り組んでいきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 チームを勢いに乗せた見事なロングシュート ◆原博実委員 「ハーフライン近くでのボールの奪い合いの直後に、50m近い距離のシュートを決めた。文句なしの見事なゴール」 ◆福西崇史委員 「後ろ向きの状態から、相手とぶつかりながらもキーパーの位置を見て決めた見事なロングシュートだった」 ◆北條聡委員 「あっと言わせる意外性のロング一発。狙って決まるシロモノではなかった」 ◆寺嶋朋也委員 「一進一退の中で迎えた27分、中盤でボールを奪いゴールまで約40メートルの位置から放ったロングシュート。思い切りの良さが光ったシュートで、チームを勢いに乗せる一発だった」 2019.04.11 20:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング