ヴォルフスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 ヴォルフスブルク 45 13 6 10 47 44 3 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-22
27:30
ブンデスリーガ
第30節
ヴォルフスブルク vs フランクフルト
2019-04-28
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ホッフェンハイム vs ヴォルフスブルク
2019-05-04
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ヴォルフスブルク vs ニュルンベルク
2019-05-11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
シュツットガルト vs ヴォルフスブルク
2019-05-18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ヴォルフスブルク vs アウグスブルク
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.13
22:30
ブンデスリーガ
第29節
RBライプツィヒ 2 - 0 ヴォルフスブルク
2019.04.06
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ヴォルフスブルク 3 - 1 ハノーファー
2019.03.30
23:30
ブンデスリーガ
第27節
ドルトムント 2 - 0 ヴォルフスブルク
2019.03.16
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ヴォルフスブルク 5 - 2 デュッセルドルフ
2019.03.09
23:30
ブンデスリーガ
第25節
バイエルン 6 - 0 ヴォルフスブルク
基本データ

正式名称:VfLヴォルフスブルク

原語表記:VfL Wolfsburg Football Club

愛称:ヴォルフス

創立:1945年

ホームタウン:ヴォルフスブルク

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

原口決定機逸のハノーファー、逆転負けで7連敗… 最下位脱せず《ブンデスリーガ》

ハノーファーは6日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ外となっている。 前節シャルケ戦を0-1と敗れて6連敗となり、最下位に転落したハノーファー(勝ち点14)は原口が8試合連続スタメンとなり、契約上の問題で浅野がベンチ外となった。 8位ヴォルフスブルク(勝ち点42)に対し、原口が[4-3-3]の右インサイドでスタートしたハノーファーがハイプレスをかける立ち上がりとしたが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、10分にヴェグホルストに決定的なヘディングシュートを許した。 ここは枠を外れて助かったものの、劣勢が続いたハノーファーは、28分にもシュテフェンのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、30分に先制した。マイナの絶妙なロングスルーパスに抜け出したヴァイダントがボックス内に侵入し、GKとの一対一を制した。 しかし32分、あっという間に同点とされる。ギラヴォギのフィードに反応したボックス内のシュテフェンにバックヘッドで決められた。ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたハノーファーだったが、原口が守備面で奮闘するなど何とか凌ぎ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半6分、原口に決定機。ボックス左でブルックスに競り勝ち、体勢を立て直してシュート。しかし、GKカスティールスにセーブされた。 続く58分にもヴァイダントのパスを受けて巧みにボックス右へ侵入した原口がシュートに持ち込んだが、ややコースが甘く再びGKカスティールスに阻まれた。 すると71分、ギンチェクのダイレクトパスでボックス右へ侵入したシュテフェンにGKとの一対一を制され、逆転されてしまった。 さらに78分、マリのマイナスパスをボックス左のルシヨンに蹴り込まれて1-3とされたハノーファーは、そのまま敗戦。泥沼の7連敗となり最下位を脱せず、降格が近づいている。 2019.04.07 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、来季の指揮官候補にビラス=ボアス氏が浮上

ヴォルフスブルクが今季限りで退任するブルーノ・ラッバディア監督(53)の後任候補にアンドレ・ビラス=ボアス氏(41)が浮上しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2018年2月にヴォルフスブルクの監督に就任したラッバディア監督は、昨季は残留争いに巻き込まれていたチームを降格から救い、今季もここまで8位と上々の成績を収めていたが、ヴォルフスブルクは3月13日に同監督の今季限りでの契約満了を発表していった。 これまで後任候補には、南野拓実の所属するザルツブルクのマルコ・ローズ監督やLASKリンツのオリバー・グラスナー監督が挙がっているが、今回伝えられるところによれば、ビラス=ボアス氏も候補の一人と数えられているようだ。 『キッカー』によれば、ビラス=ボアス氏は以前からブンデスリーガで監督を務めることへ大きな関心を抱いており、すでにドイツ語の個人レッスンを受けて準備を進めているという。 これまでポルト、チェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港の監督を歴任したビラス=ボアス監督は、2017年12月にプロレーサーへの転向を理由に上海上港との契約を解除。2018年1月に行われたダカール・ラリーに出場したが、腰痛を理由にリタイア。その後は、欧州での指導者復帰を模索していたが、現在までフリーとなっている。 2019.04.05 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

後半ATにアルカセルが2発! ドルトムントが勝負強さを見せて首位奪還!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは30日、ブンデスリーガ第27節でヴォルフスブルクをホームに迎え、2-0で辛勝した。 代表ウィーク前に行われた前節ヘルタ・ベルリン戦を2度のビハインドを負う苦しい展開となりながらも、ロイスの追加タイム決勝弾で勝利した2位ドルトムント(勝ち点60)。次節に頂上決戦となる同勝ち点の首位バイエルンとのデア・クラシカーを控える中、負傷明けのヴィツェル、アルカセル、ゲッツェが復帰したものの、子供の誕生が迫るロイスが欠場となった。 欧州カップ戦出場を目指す7位ヴォルフスブルク(勝ち点42)に対し、[4-2-3-1]を採用したドルトムントは最前線にアルカセル、2列目に右からラファエウ・ゲレイロ、ゲッツェ、サンチョと並べた。 サンチョとラファエウ・ゲレイロのポジションを通常とは逆の配置でスタートしたドルトムントが押し気味に試合を進める中、8分にFKからザガドゥが際どいヘディングシュートを浴びせた。 さらに19分、ゲッツェの右クロスからアルカセルが決定的なダイレクトシュートを放ったが、枠を捉えきれなかった。 チャンスを生かしきれなかったドルトムントは28分、ボックス左からヴェグホルストの放ったコントロールシュートが枠を捉えるもGKビュルキがファインセーブで凌ぐ。 ハーフタイムにかけてはこう着状態を打開できない状況が続いた中、41分にFKからフリーとなっていたザガドゥがヘディングシュートに持ち込んだドルトムントだったが、ミートしきれずにゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりに負傷したアカンジに代えてアクラフを投入したドルトムントが徐々に圧力を強めていくと、62分にはボックス右のサンチョがGKを強襲するシュートを浴びせた。 だが、再びこう着状態に陥ったドルトムントは、72分にラファエル・ゲレイロのミドルシュートでゴールに迫るも、直後にアクシデント。途中出場のアクラフが負傷し、ラーセンを投入せざるを得なくなった。 終盤にかけてもゴールに迫れないドルトムントだったが、追加タイム1分に劇的なゴールが生まれる。ペナルティアーク中央で得たFKをアルカセルが強いシュートで狙うと、GKの手を弾いてネットを揺らした。 さらに終了間際、ボックス右のサンチョのグラウンダークロスをアルカセルがダイレクトで流し込んで2-0としたドルトムントがバイエルンとの直接対決を前に首位奪還に成功している。 2019.03.31 01:42 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美が終盤出場のデュッセルドルフ、ヴォルフスブルクに5失点大敗《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは16日、ブンデスリーガ第26節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-5で敗戦した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は78分から出場している。 前節フランクフルト戦を0-3と敗戦した11位デュッセルドルフ(勝ち点31)は、そのフランクフルト戦で出場機会のなかった宇佐美がベンチスタートとなった。 7位ヴォルフスブルク(勝ち点39)に対し、拮抗した展開で推移していた中30分、デュッセルドルフが先制する。ボックス手前左で得たFKをアイハンが直接ゴール左に決めきった。 しかし34分、メーメディにゴールを決められ、すかさず試合を振り出しに戻されてしまった。 1-1で迎えた後半、54分にヴェグホルストに逆転ゴールを決められたデュッセルドルフは、57分にもCKの流れからクノッヘのゴールを許すと、続く59分にもヴェグホルストにゴールを決められ、一気に1-4とされてしまう。 直後、ラマンのゴールで1点を返したデュッセルドルフは78分、宇佐美を右サイドに投入。しかし、88分にヴェグホルストにハットトリックを許してチームは2-5で大敗となった。 2019.03.17 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのラッバディア監督、今季終了後に契約満了で退任へ

ヴォルフスブルクは12日、ブルーノ・ラッバディア監督(53)が今季終了後の契約満了を持って退団することを発表した。 レバークーゼンやハンブルガーSV、シュツットガルトなどで指揮を執り、シュツットガルトとHSV時代には元日本代表DF酒井高徳の指揮官としても知られるラッバディア監督は2018年2月にヴォルフスブルクの監督に就任。 昨季は残留争いに巻き込まれていたチームを降格から救い、今季はここまで7位と上々の成績を収めていた。そんな中、9日に行われた直近のバイエルン戦では0-6の惨敗を喫していたが、ラッバディア監督はこの惨敗が今回の決断に繋がったわけではないと強調している。 「代表ウィーク前に発表したいと思っていた。今は今季を成功で終えることに集中している。ここでの仕事は本当に楽しめている。最後までやり通すよ。バイエルン戦での0-6の敗戦と今回の決定に因果関係はない。素晴らしい成功とともにクラブを離れたいと思ったんだ」 2019.03.13 03:27 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング