ヴォルフスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ヴォルフスブルク 17 4 5 0 14 8 6 9
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-12-05
23:30
ブンデスリーガ
第10節
ケルン vs ヴォルフスブルク
2020-12-11
28:30
ブンデスリーガ
第11節
ヴォルフスブルク vs フランクフルト
2020-12-16
28:30
ブンデスリーガ
第12節
バイエルン vs ヴォルフスブルク
2020-12-20
26:00
ブンデスリーガ
第13節
ヴォルフスブルク vs シュツットガルト
2021-01-03
23:30
ブンデスリーガ
第14節
ドルトムント vs ヴォルフスブルク
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.27
28:30
ブンデスリーガ
第9節
ヴォルフスブルク 5 - 3 ブレーメン
2020.11.21
23:30
ブンデスリーガ
第8節
シャルケ 0 - 2 ヴォルフスブルク
2020.11.08
23:30
ブンデスリーガ
第7節
ヴォルフスブルク 2 - 1 ホッフェンハイム
2020.11.01
26:00
ブンデスリーガ
第6節
ヘルタ・ベルリン 1 - 1 ヴォルフスブルク
2020.10.25
23:30
ブンデスリーガ
第5節
ヴォルフスブルク 2 - 1 ビーレフェルト
基本データ

正式名称:VfLヴォルフスブルク

原語表記:VfL Wolfsburg Football Club

愛称:ヴォルフス

創立:1945年

ホームタウン:ヴォルフスブルク

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

大迫が8試合ぶりの先発もヴォルフスブルクとの打ち合いに敗れたブレーメンが開幕戦以来の黒星…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは27日、ブンデスリーガ第9節でヴォルフスブルクと対戦し、3-5で敗戦した。大迫は85分までプレーした。 5試合連続ドロー中の9位ブレーメン(勝ち点11)が、3連勝を狙う6位ヴォルフスブルク(勝ち点14)のホームに乗り込んだ一戦。前節バイエルンとドローに終わったブレーメンは、その試合から先発を2人変更。サージェントとモフワルドに代えて大迫とエンボムを先発で起用した。 大迫を最前線に据えた[3-4-3]で試合に臨んだブレーメンは、立ち上がりからヴォルフスブルクにボールを持たれる展開となる中、13分にチャンスを迎える。敵陣左サイドでラクロワからボールを奪った大迫がボックス内へ侵入すると、中央への折り返しを走り込んだビッテンコートが流し込んだ。 先制したブレーメンだったが、その後もヴォルフスブルクにボールを保持されると22分に失点を許す。バイタルエリア中央でボールを受けたバクがペナルティアーク手前まで持ち上がり左足一閃。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 さらに25分にも、ボックス左横で獲得したFKからトリックプレーを見せたブレカロがボックス内に侵入すると、守備陣のタイミングをずらしたクロスを中央のブルックスにヘディングで決められ、逆転を許した。 逆転されたブレーメンは、32分にエンボムを下げてモフワルドを投入。すると36分、アウグスティンションの右CKをニアのモフワルドがフリック。このボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 7試合ぶりの複数得点で試合を振り出しに戻したブレーメンだったが、直後に失点を許す。37分、ラクロワのロングフィードをボックス右手前でメーメディが落とすと、ボックス右まで侵入したブレカロの折り返しをヴェグホルストに流し込まれた。 1点のビハンドで後半に入ったブレーメンは、開始早々にスコアを動かす。48分、左サイドを持ち上がったラシカが折り返しを供給すると、守備に戻ったブルックスのオウンゴールを誘い、同点に追いつく。 その後は一進一退の展開が続く中、ブレーメンは71分にラシツァとビッテンコートを下げてチョンとアグを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。76分、ヴォルフスブルクはシュラーガーのスルーパスで左サイドを突破したルシヨンのクロスをヴェグホルストがヘディングでゴールに叩き込んだ。 勝ち越しを許したブレーメンは、80分にモフワルドがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となり数的不利に。85分には大迫とグロスを下げてウォルトメイドとゼルケをピッチに送り出した。 攻撃的なカードを投入し同点弾を狙ったブレーメンだったが、試合終了間際の95分にビアリェクにゴールネットを揺らされ、勝負あり。3-5で敗れたブレーメンは、開幕節以来の敗戦。一方、4連勝のヴォルフスブルクはブンデスリーガ300勝を飾った。 2020.11.28 06:36 Sat
twitterfacebook
thumb

引退から3カ月半、新たな人生を迎えたシュールレの心境は?「トレーニングとか制限がなくてハッピー」

7月に現役引退を発表した元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレが、ドイツ『ビルト』の取材で引退を後悔していないことを主張している。 当時ドルトムントに在籍していたシュールレは、2021年まで契約を残していたにもかかわらず現役引退を決断。以前から引退を示唆するコメントはあったものの、29歳の引退は誰もが驚いた。 引退から3カ月半が経ち、再びメディアに現れたシュールレは、引退を全く後悔していないことを主張。新たな生活に満足していることを話した。 「自分の決断に少しでも疑問を感じたら引退なんてしなかっただろう。それほどサッカーには感謝しても仕切れないんだ」 「(引退に)一点の曇りもなかった。家族とか別の人生とか、自分にとってもっと重要なことがあるという気持ちだけだった」 「まだ現役だった頃は、どこかのクラブにもっと長くいられたんじゃないかと時々考えたことがあった。でも、今はそれが自分の進む道だったと信じている。満足しているよ」 「これで終わりだよ。トレーニングや準備をする必要がなくてハッピーさ。体の全ての繊維がそう言っているよ」 「新たなスタートを切った。新しい人生が待っているような気がするよ。すでにルーティーンがあってね、妻と娘が起きる1時間前に起きて、少し自分の時間をとるんだ。最初に冷たいシャワーを浴びて体を動かし、それからトレーニングや瞑想をする。そうしていると子供たちが目を覚ましてるんだ」 2020.11.01 19:34 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安がアシストもビーレフェルトはヴォルフスブルクに敗れて3連敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは25日、ブンデスリーガ第5節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節バイエルン戦を1-4と完敗して2連敗となったビーレフェルトは、バイエルン戦でブンデス初ゴールを挙げた堂安が[4-1-4-1]の右MFで開幕5試合連続スタメンとなった。 4分けスタートのヴォルフスブルクに対し、押し込まれる入りを強いられたビーレフェルトは12分にシュテフェンに決定的なシュートを許すと、19分に先制される。 FKのサインプレーからボックス右に侵入したヴェグホルストにシュートを蹴り込まれた。さらに1分後、GKからのパスがハイプレスを受けてカットされると、最後はアルノルトにシュートを決められ、一気にリードを広げられてしまう。 その後もヴォルフスブルクのプレスをかいくぐれないビーレフェルトは攻撃の形を作ることができない。 42分にはフィリップに際どいミドルシュートを打たれてひやりとしたビーレフェルトは前半に良いところなく0-2で後半へ折り返した。 迎えた後半、2選手を投入したビーレフェルトが前がかるも、57分にピンチ。それでもGKオルテガがヴェグホルストとシュテフェンの決定機をセーブして2点差を保った。 その後、59分に堂安がミドルシュートを狙ったビーレフェルトはボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスを生み出すには至らない。 それでも80分、堂安のアシストからビーレフェルトが1点を返す。ボックス右でパスを受けた堂安が右足で中へグラウンダーのパスを入れると、シプロックがゴール左へダイレクトシュートを蹴り込んだ。 さらに83分、プリートルのボレーシュートが右ポストに直撃したビーレフェルトだったが、反撃はここまで。1-2で敗戦し、3連敗となった。 2020.10.26 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

不幸中の幸い?所属選手の引退によってヴォルフスブルクが1100万ユーロを受け取る

サッカー界全体がコロナ禍による財政難に苦しむなか、ブンデスリーガに所属するヴォルフスブルクにとって思わぬ収入があった。 同クラブに所属していた元スペイン代表イグナシオ・カマーチョが、9月に引退を表明。まだ30歳の若さでありながら怪我を原因とする引退は、本人にとってもクラブにとっても痛恨の極みであったことは間違いない。 しかし、ドイツ『キッカー』によると、カマーチョの引退によって不幸中の幸いと言うべき出来事が起こった。通常、クラブは選手を獲得する際、さまざまな事態が生じることを想定し、保険に加入しているという。 ヴォルフスブルクも例外ではなく、カマーチョをスペインのマラガから1400万ユーロ(約17億円)で獲得した際、その1割を保険にかけていた。その結果、同紙の情報によれば、クラブは今回1100万ユーロ(約13億円)を受け取ったようだ。 カマーチョの無念を思えば手放しで喜ぶことは出来ないかもしれないが、クラブにとって大きな収入となったことは間違いない。何事も「備えあれば患いなし」を証明するような出来事と言えるだろう。 2020.10.07 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがM・フィリップをレンタル! 1年ぶりドイツ復帰

ヴォルフスブルクは2日、ディナモ・モスクワからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(26)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 かつてフライブルクやドルトムントでプレーしたM・フィリップは昨夏の移籍市場でディナモ・モスクワに完全移籍。移籍金はクラブ最高額の2000万ユーロ(約24億6800万円)で、昨季はリーグ戦20試合で8ゴール1アシスト、今季も7試合に出場していた。 ブンデスリーガでは通算88試合20ゴール9アシストの成績を持つM・フィリップ。クラブのスポーツ・ディレクターを務めるマルセル・シェーファー氏は「私たちが探していた高品質の補強が出来た」と満足感を示す。 一方「モスクワでの1年は選手として、特に人として成長出来た素晴らしい経験になった」と語った同選手は、1年ぶりのドイツ帰還に喜びのコメントを残した。 「ここ数週間と数カ月の間にブンデスリーガに戻りたいという気持ちがどんどん高まっていた。それにこのリーグで自分自身をテストしてみたかったんだ」 「ヴォルフスブルクでそのチャンスを得られて嬉しいよ。イェルク・シュマートケ(マネージング・ディレクター)やマルセル・シェーファーと良い話をする前から、ヴォルフスブルクが非常にプロフェッショナルなクラブで、明確な戦略を持って運営されていることを知っていたんだ」 2020.10.03 15:38 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング