ヴォルフスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ヴォルフスブルク 61 17 10 7 61 37 24 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ヴォルフスブルク 2 - 3 マインツ
2021.05.16
27:30
ブンデスリーガ
第33節
RBライプツィヒ 2 - 2 ヴォルフスブルク
2021.05.08
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ヴォルフスブルク 3 - 0 ウニオン・ベルリン
2021.04.24
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ヴォルフスブルク 0 - 2 ドルトムント
2021.04.21
27:30
ブンデスリーガ
第30節
シュツットガルト 1 - 3 ヴォルフスブルク
基本データ

正式名称:VfLヴォルフスブルク

原語表記:VfL Wolfsburg Football Club

愛称:ヴォルフス

創立:1945年

ホームタウン:ヴォルフスブルク

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

兄を追い掛けシティからヴォルフスブルクへ、MFフェリックス・エンメチャが完全移籍

ヴォルフスブルクは21日、マンチェスター・シティの元U-19イングランド代表MFフェリックス・エンメチャ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間。背番号は「22」をつける。 エンメチャはハンブルク出身で、ドイツとイングランドにルーツを持ち、2008年にシティの下部組織に加入した。ファーストチームには昇格していないものの、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグでそれぞれ1試合に出場し1ゴールを記録している。 シティのU-23チームでは47試合に出場し15ゴール5アシスト。トップ下やセントラルミッドフィルダーでプレーした。 また、世代別の代表ではU-16、U-18、U-19のイングランド代表と、U-18、U-19のドイツ代表を経験している。 エンメチャは今回の移籍について「ここに来られて嬉しい。ヴォルフスブルクが僕を信頼してくれたことに感謝する。チームのために最善を尽くし、成功する準備ができている」とコメントしている。 なお、今夏ヴォルフスブルクは兄のU-21ドイツ代表FWルーカス・エンメチャ(22)もシティから完全移籍で獲得しており、兄弟揃ってヴォルフスブルクへと活躍の場を移すこととなった。 2021.07.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シティFWエンメチャ、ヴォルフスブルクに完全移籍で復帰

ヴォルフスブルクは16日、マンチェスター・シティのU-21ドイツ代表FWルーカス・エンメチャ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間で、移籍金は800万ユーロ(約10億4000万円)となっている。 シティの下部組織出身であるアタッカーのエンメチャは、世代別の代表ではイングランドとドイツでプレー。今年3月と6月の変則開催で行われたU-21欧州選手権ではドイツ代表として4ゴールを挙げ、優勝に貢献していた。 2017年12月にシティでプロデビューを飾ったエンメチャはシティでは出番に恵まれず、プレストンへのレンタル移籍を経て2019年夏にヴォルフスブルクにレンタル移籍していた。 そのヴォルフスブルクではブンデスリーガ6試合に出場。しかし半年でミドルズブラにレンタル移籍し、2020-21シーズンはアンデルレヒトにレンタル移籍。アンデルレヒトではジュピラー・プロ・リーグで14ゴールを挙げていた。 2021.07.17 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ケルンのベルギー代表DFボルナウを獲得

ヴォルフスブルクは16日、ケルンのベルギー代表DFセバスティアン・ボルナウ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によればボーナス込みで1700万ユーロ(約22億円)とのことだ。 2019年夏にアンデルレヒトからケルンに加入したセンターバックのボルナウ。ケルンでは在籍2年間で公式戦57試合に出場し、主力として活躍していた。 新シーズン、チャンピオンズリーグに出場するヴォルフスブルクへの移籍についてボルナウは以下のように述べている。 「ヴォルフスブルクへの移籍は僕のキャリアにとってステップアップになると思う。ヴォルフスブルクはドイツでトップレベルのクラブだし、ブンデスリーガだけでなく欧州での戦いがある。この挑戦をとても楽しみにしているよ」 2021.07.17 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

最終ライン再構築のスパーズ、逸材CBラクロワに関心

トッテナムがヴォルフスブルクに所属するフランス人DFマクサンス・ラクロワ(21)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 先日にヌーノ・エスピリト・サント監督の就任が決定したトッテナムは、新シーズンに向けて急ピッチでチーム作りを進めている。 その中で優先事項となっているのが、ディフェンスラインの再構築だ。 ここ数シーズン守備のソリッドさを欠くチームはセンターバックが重要な補強ポイントとなっている上、ここに来てベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)に退団の可能性が浮上している。 ここまではボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(22)、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)らが候補として報じられているが、そこに新たに加わったのがラクロワだ。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムの新マネージング・ディレクターに就任したファビオ・パラティチ氏は、ラクロワを高く評価しており、今後優先事項として交渉を進めていく構えだという。 ソショーでプロデビューを飾った190cmのセンターバックは、昨夏にヴォルフスブルクへ加入すると、デビューシーズンにリーグ戦30試合に出場するなど、すぐさま絶対的な主力に定着。同クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。 昨シーズンのブンデスリーガではバイエルンDFアルフォンソ・デイビス、ドルトムントFWアーリング・ハーランドらに次ぐリーグ4位のスピードを計測するなど、アスリート能力が非情に高く、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドとも比較される逸材だ。 なお、ラクロワに関してはドルトムント、チェルシー、RBライプツィヒがすでに関心を示しており、ヴォルフスブルクの要求額は3000万ユーロ(約39億円)程度と見込まれている。 2021.07.08 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得ヴォルフスブルク、SDシェーファーと2025年まで契約延長

ヴォルフスブルクは28日、スポーツ・ディレクターを務めるマルセル・シェーファー氏(37)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から3年更新した格好だ。 現役時代にヴォルフスブルクで10年プレーし、2008-09シーズンのブンデスリーガ優勝メンバーであるシェーファー氏は、引退後の2018年7月にヴォルフスブルクのSDに就任。 同氏が就任以降、ヴォルフスブルクはブンデスリーガで6位、7位、4位と上位をキープし、来季は7シーズンぶりのチャンピオンズリーグを戦うことになっている。 2021.06.29 00:00 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング