ボローニャ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ボローニャ 41 10 11 17 51 65 -14 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
27:45
セリエA
第38節
ボローニャ 1 - 4 ユベントス
2021.05.17
27:45
セリエA
第37節
ヴェローナ 2 - 2 ボローニャ
2021.05.12
27:45
セリエA
第36節
ボローニャ 0 - 2 ジェノア
2021.05.08
22:00
セリエA
第35節
ウディネーゼ 1 - 1 ボローニャ
2021.05.02
22:00
セリエA
第34節
ボローニャ 3 - 3 フィオレンティーナ
基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

ボローニャ主将ポーリ、アンタルヤスポル移籍…2024年までの3年契約

アンタルヤスポルは22日、ボローニャから元イタリア代表MFアンドレア・ポーリ(31)の獲得を発表した。 ポーリは前日にメディカルチェックを受け、22日に2024年までの3年契約を締結。「ここにいられるのは大変光栄で喜び。キャリアの新たな冒険を始められることができて幸せで、ワクワクもする」と喜びの心境を明かした。 通算5キャップのイタリア代表歴を持つポーリは17歳だった2006年にトレヴィーゾでプロデビュー後、サンプドリア、サッスオーロ、インテル、ミランでプレー。2017年に4年契約でボローニャにフリー加入した。 ボローニャでは途中から主将となり、公式戦通算114試合の出場で10得点2アシストをマーク。昨季は2020年8月末に契約を1年延長して迎えたが、ケガの影響もあり、加入後最小となる公式戦19試合の出場に終わった。 ボローニャもクラブ公式サイトで移籍を発表。「フィールド内外でのプロフェッショナリズムと日々示すロッソブルカラーへの深い愛情にボローニャの全員が心を込めて感謝している。今後の活躍を祈る」と綴った。 2021.07.23 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨がセリエAへ? 新ストライカー獲得を望むボローニャが触手を伸ばす

ストライカーの獲得を目指しているボローニャがシント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)を獲得する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が報じた。 2021-22シーズンに向けて補強を進めるボローニャ。日本代表DF冨安健洋のトッテナム移籍が話題となっている中、新たなストライカー獲得を目指している。 今年1月にアトレティコ・マドリーを退団しフリーになっている元スペイン代表FWジエゴ・コスタを2年契約で獲得することが合意に至ったと報じられたが、一転して決裂していた。 ボローニャが獲得を目指しているのは上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとのこと。しかし、クラブ間の交渉が上手くいかず、こう着状態が何週間も続いている状況だ。 そこで新たに3選手を候補に挙げており、そのうちの1人が鈴木とのことだ。 鈴木は2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと加入。2年目となった2020-21シーズンはジュピラー・プロ・リーグで全34試合に出場し17ゴール4アシストを記録。リーグの得点ランキングで4位タイにつける好成績を残した。 今夏は移籍の噂が浮上し、トルコのクラブからオファーがあったりした中、鈴木はセリエAでのプレーを予てから希望しており、移籍実現ならず。シント=トロイデンでプレシーズンを過ごしている。 ボローニャは前述の冨安もシント=トロイデンから2019年夏に獲得しており、クラブ間の関係は良好。日本人ストライカーが久々にセリエAに誕生するか注目だ。 2021.07.21 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋の売却急がす…ボローニャSD「好条件を待ちたい」

ボローニャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるリッカルド・ビゴン氏が日本代表DF冨安健洋(22)の移籍について、「売却を急ぐ必要がない」と話した。 2019年夏にシント=トロイデンから加入して以降、主力に定着する冨安。本職のセンターバックだけでなく、右サイドバックも堅実にこなす器用さも併せ持ち、ボローニャ内での評価だけでなく、他クラブからの関心も高まるばかりだ。 そんな東京オリンピック世代のレギュラーセンターバックを巡ってはアタランタやミランのほか、イングランドからトッテナムの関心報道が浮上。なかでも、トッテナムが獲得に迫っているともいわれるが、ビゴンSDはイタリア『スカイ』で売却を急ぐ必要はないとの姿勢を示した。 「トミヤス? 複数のチームが興味を示しており、我々も売却を急ぐ必要もない。もちろん、プレミアリーグのクラブが声をかけてきたら、選手は確実に無関心ではいられなくなる。しかし、チームにとっても、選手にとっても好ましい条件が整うまで待ちたいのだ」 また、セリエAの少なくとも3クラブが冨安に関心を示していることを示唆。しかし、オリンピックに参加している冨安の状況も考慮して、交渉を急いで進めるつもりはないようだ。 「少なくとも3つのクラブが名乗りを上げ、情報を求めてきた。彼らは今、移籍市場に張り付いている。冨安は現在、オリンピックに参加しており、話し合いを急ぐ必要はないがね」 2021.07.20 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.79】スペイン指揮官に絶賛された22歳の守備の要。東京五輪メダル獲得で名門クラブへ飛躍か?/冨安健洋(ボローニャ/DF)

「基本的に一番よく知っているのは久保(建英=レアル・マドリー)だが、今日は冨安(健洋=ボローニャ)が非常に重要な選手であると見せていたと思う。こういった国際的な試合で戦うことに長けている。非常に目立っていたと思うし、日本の攻撃の中でも非常にいい活躍をしていた」 東京五輪前最後のテストマッチとなった17日のU-24スペイン戦(神戸)。堂安律(PSV)とカルロス・ソレール(バレンシア)のゴールで1-1のドローに終わった一戦の後、敵将のルイス・デ・ラ・フエンテ監督が名指しで絶賛したのが、22歳の若き守備の要だ。 最終ラインからのタテパスに抜け出そうとしたラファ・ミル(ウォルバーハンプトン)の動きを見るや、果敢に体を寄せてピンチを阻止した開始5分のプレーに始まり、この日の冨安はスペインの好機を毎回のようにストップ。「日本の壁」として立ちはだかっていた。キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)の戦術眼と統率力、ダニ・オルモ(RBライプツィヒ)とフアン・ミランダ(レアル・ベティス)を1人で2枚止めた酒井宏樹(浦和)の1対1の強さも追い風になったのだろうが、冨安が強豪国からも一目置かれていることが鮮明になったのは確かだ。 「麻也さんとはA代表でもずっと横で組ませてもらっていますし、そういう先輩が五輪に来てくれてホントに嬉しく思ってます。でも麻也さんに頼ってばかりではなく、麻也さんを超えるような存在の選手が出てこないと日本サッカーのためにならない。自分がそういう存在になっていきたい」と今回の合宿がスタートした時、新たな意欲を口にした冨安。2018年10月のパナマ戦(新潟)でA代表デビューした頃は「まだまだ先輩についていくのがやっとです」という謙虚な口ぶりだっただけに、心身両面での大きな成長を感じさせる。 当時はベルギー1部・シント=トロイデンという小クラブの一員でしかなかったが、2019年夏に赴いたイタリア・セリエAのボローニャでは強国の守備文化を体感。クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)、ロメル・ルカク(インテル)ら世界トップFWと対峙し、駆け引きや体の使い方などに磨きをかけた。さらには左右のサイドバックでもプレーし、サッカー観も大いに広がった。こうした高度な経験値があるからこそ、本人は「世界的に見てもレベルの高いリーグでやっているので、東京五輪でも普段通り、プレーできればいい」と自然体を貫けている。もともと10代の頃からベテラン選手のような落ち着きと冷静さを持ち、成人した頃には「20歳のおじいちゃん」の異名を取っていた男だが、どんな状況になっても動じないのは本当に頼もしい。これまでA代表で今野泰幸(磐田)や森重真人(FC東京)、槙野智章(浦和)、昌子源(G大阪)らとコンビを組んできた吉田もより大きな安心感を持って大舞台に挑めるはずだ。 そこであえて冨安に注文したいのは、自身もコメントしているように、吉田のようなリーダーシップや統率力を示すこと。言葉で周りを説き伏せるタイプではないが、自国開催という特別な重圧のかかる今回の大舞台では本当に何が起きるか分からない。吉田と酒井が揃って出場停止になることもあり得るからだ。 96年アトランタ大会以降の五輪代表を振り返っても、最高成績を残した2000年シドニー五輪のチームも1次リーグ突破のかかるブラジルとの3戦目で中田英寿と森岡隆三(清水アカデミー・ヘッド・オブ・コーチング)の攻守の2枚看板が揃って出場停止になった。そこで中村俊輔(横浜FC)と宮本恒靖が抜擢されたが、ブラジルという難敵には勝てなかった。日本は何とか2位通過を果たしたが、本当に薄氷の突破だった。同じような状況が東京五輪で起きないとも限らないのだ。 そういった時、やはり守備陣を力強く牽引できるのは冨安しかいない。「チームとして金メダルという目標を掲げているので、僕もピッチの上で貢献できればいい」という気合を主体的行動でより示していくべきなのだ。「サッカーに年齢は関係ない」と田中碧(デュッセルドルフ)も強調していたが、冨安はもはや若手ではない。A代表の主力として吉田や酒井同様の立場にいる。そのことをしっかりと示してくれれば、9月から始まる2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選、本大会、そしてその先の日本代表にとっても力強い要素になる。「自分が未来の日本を背負っている」という覚悟を、彼はピッチ内外で今こそ見せつける必要がある。 ここでメダル獲得の原動力になれれば、名門クラブへのステップアップも約束されるだろう。すでにトッテナムへの移籍話が佳境に入っていると言われるが、どこへ行ったとしても定位置争いはこれまで以上に厳しくなる。東京五輪で異彩を放ち、強烈なインパクトを残した状態で新天地に赴けば、周囲も一目置いてくれるだろう。より前向きな環境で新たなキャリアを踏み出せる可能性も高まるのだ。 あらゆる意味で冨安にとって今回の大舞台は重要なターニングポイント。まずは22日の初戦・南アフリカ戦(東京)からスムーズな入りを見せることが肝要だ。 「2017年U-20W杯(韓国)でも同じ南アからスタートしたけど、僕がオウンゴールして失点してから始まった。あの大会自体はいい印象を持っていないし、やられた感覚が強いんで、今回は初戦をしっかり勝ってスタートしたい」と本人も言うように、4年前の苦い過去を糧にすることも大切だ。 来るべき東京五輪は、目覚ましい進化を遂げ、世界トップの仲間入りを果たす冨安健洋の雄姿を目に焼き付けたいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.19 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャがイタリア人GKバルディを獲得、セリエAで51試合出場

ボローニャは17日、フロジノーネからイタリア人GKフランチェスコ・バルディ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 バルディは2012年7月にリヴォルノからインテルへと完全移籍。インテル加入後は、ノヴァーラ、リヴォルノ、キエーボ・ヴェローナ、エスパニョール、フロジノーネとレンタル移籍を繰り返した。 インテルではファーストチームで出場機会がなかった中、2018年7月にフロジノーネへ完全移籍する。 これまでセリエAで51試合、セリエBで204試合に出場。フロジノーネでは公式戦150試合に出場していた。 2020-21シーズンはセリエBを戦ったチームで34試合に出場していた。 また、バルディは世代別のイタリア代表を経験。U-21イタリア代表では2013年のU-21欧州選手権で準優勝していた。 2021.07.17 20:25 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング